フォーサイトとスタディングの行政書士を比較!合格者が選ぶおすすめ講座【2021年向け】

りこ
行政書士の通信講座、フォーサイトとスタディングで迷ってるんだけど。

 

こもり

フォーサイトとスタディングの行政書士講座は似てるところがあるから迷うよね。

基準を決めて比較すると向いている講座が分かるよ。

 

行政書士講座のある予備校・通信講座のなかで、働きながら試験合格を目指したい人に人気なのがフォーサイトとスタディング。

どちらも短期間で合格を狙えるカリキュラムと優れたeラーニングシステムが評判ですが、詳しく見ると違いがあります。

 

この記事では、行政書士試験の合格者が、フォーサイトとスタディング(STUDYing)の行政書士講座を徹底的に比較します。

 

  • フォーサイト
    4.0

    フォーサイトの行政書士講座は、通信講座としてはトップレベルの合格実績と、法律初学者でも「見て分かる」テキスト、学習サポートシステム・問題演習機能などが一元化されたオンライン学習システム「道場破り」が魅力です。

  • スタディング
    4.5

    行政書士

    スタディング行政書士講座は、圧倒的な安さと手軽に勉強できることが魅力です。徹底的に効率化されたカリキュラムと短い講義が特徴で、仕事や家事育児で忙しい人でもスキマ時間に勉強できます。スマホでも快適に学習できるのはスタディングのオンライン学習システム暗いです。

  • アガルート
    4.5

    アガルートアカデミー

    アガルート行政書士講座は、大手予備校並みに充実したカリキュラムが魅力です。看板講師の豊村慶太先生の講義は法律初学者にも分かりやすく、講師で講座を選ぶ人がいるレベルです。

 

フォーサイトとスタディングの行政書士講座

フォーサイトとスタディングの行政書士講座の比較をするPC

まず、フォーサイトとスタディングの行政書士講座の特徴を確認しておきます。

 

フォーサイトの行政書士講座

フォーサイトは、行政書士講座を含む資格試験の対策講座がある通信講座です。

累計受講者数が27万人を超える老舗で、毎年多くの受験生がフォーサイトを受講しています。

 

フォーサイトの行政書士講座は、全国平均の3.7倍という高い合格率(42.6%)と、それを支える初学者向けの講義・テキストが魅力です。

業界トップレベルのeラーニングシステムにも定評があります。

一方で、過去問の掲載数が少ない、応用力が身につきにくいカリキュラムになっているという課題が指摘されています。

 

メリットデメリット
・合格実績が高い
・講義とテキストが初学者向け
・eラーニング「ManaBun」と「道場破り」が優秀
・過去問の掲載数が少ない
・応用力が身につきにくい

 

フォーサイト
4.0

フォーサイトの行政書士講座は、通信講座としてはトップレベルの合格実績と、法律初学者でも「見て分かる」テキスト、学習サポートシステム・問題演習機能などが一元化されたオンライン学習システム「道場破り」が魅力です。

 

スタディングの行政書士講座

スタディングは、2008年にサービスを開始したオンライン学習サービスです。

働きながら資格取得を目指す人向けのサービスで、スマホ一つで学習が完結する手軽さから社会人の人気を集めています。

 

スタディングの行政書士講座は、行政書士講座のなかで最も価格が安く、スキマ時間にスマホで学習するだけで合格力が身につくのが魅力です。

効率的な学習を支えるeラーニングシステムは業界トップレベルで、スマホ学習の使い勝手はフォーサイトを上回ります。

一方で、サポート体制が手薄で、スマホ学習が中心になるならWi-Fiやバッテリーなどの備品が必要です。

 

メリットデメリット
・行政書士講座で最も低価格
・スマホ一つが学習が完結する
・スキマ時間の学習で合格力が身につく
・サポート体制が手薄
・スマホ学習メインだとWi-Fiやバッテリーが必要

 

スタディング
4.5

行政書士

スタディング行政書士講座は、圧倒的な安さと手軽に勉強できることが魅力です。徹底的に効率化されたカリキュラムと短い講義が特徴で、仕事や家事育児で忙しい人でもスキマ時間に勉強できます。スマホでも快適に学習できるのはスタディングのオンライン学習システム暗いです。

 

フォーサイトとスタディングの行政書士講座を6つの基準で比較

フォーサイトとスタディングの行政書士講座の比較をする女性

フォーサイトとスタディングの行政書士講座を「6つの基準」で比較します。

基準内容
価格講座の購入にかかる費用
運営会社講座を運営する会社の業績など
実績過去の合格者数など
講座の質教材の質
オンラインオンライン講義の質
サポート学習サポート体制
それぞれの比較規準を3段階で評価しています。
・◎:とても良い
・〇:普通
・△:イマイチ

 

価格

フォーサイトスタディング

115,280円

65,780円

2020年9月時点の税込定価です。

価格表示している講座のコースは次のとおりです。
・スタディング:行政書士総合コース[2021年合格目標]
・フォーサイト:バリューセット3 2021年試験対策(基礎+過去問+直前対策+答練)

講座価格が安いのはスタディングです。

税込定価では約2倍の差があります。

 

フォーサイトには、基礎+過去問だけのバリューセット1、直前対策も加わったバリューセット2もありますが、いずれもスタディングの総合コースより高額です。

ただし、時期によっては、行政書士講座の割引セール・クーポンを利用してスタディング並みの価格で受講できます。

 

こもり
他の予備校はフォーサイトと同じ価格帯が多いので、スタディングの安さは例外的です。

 

運営会社

フォーサイトスタディング

株式会社フォーサイト

KIYOラーニング株式会社

フォーサイトとスタディングを運営する会社の経営状態に大きな問題は認められません。

フォーサイトは2020年9月現在、累計受講者数27万人を突破しており、安定した伸びを続けています。

スタディングは累計受講者数8万人を突破しており、2008年のサービス開始から急速に受講者数が増加中です。

 

こもり
運営会社の経営状態は講座のサービスの質に直結する大事な項目です。
過去には経営が悪化してサービスが縮小・改悪された予備校もあるので、チェックしておきましょう。

 

実績

フォーサイトスタディング

2019年度行政書士試験の合格率42.6%
(全国平均の3.7倍)

非公表

行政書士講座の合格実績が優秀なのはフォーサイトです。

2019年度の行政書士試験では、全国平均の3.7倍の42.6%を記録しています。

フォーサイト行政書士通信講座の合格実績

 

フォーサイトでは、合格者と不合格者といったローデータも詳しく公表されています。

2019年度の場合は、合格者が177人、不合格者は294人で合格率が42.6%です。

フォーサイトの行政書士通信講座の合格実績

合格率だけを公表している予備校もあるなかで、ローデータを公表しているフォーサイトの合格率は高い信頼性があります。

 

スタディングの行政書士講座は、合格実績を公表していません。

新しい講座なので仕方ない部分はありますが、フォーサイトと比較するとどうしても見劣りしてしまいます。

 

講座の質

フォーサイトスタディング
総    合:〇
講    師:〇
教    材:◎
講    義:〇
カリキュラム:〇
総    合:〇
講    師:〇
教    材:〇
講    義:〇
カリキュラム:〇

フォーサイトとスタディングの講座の質は、「講師」「教材」「講義」「カリキュラム」に細分化して評価します。

 

講師

フォーサイトは看板講師の福澤茂樹先生が有名です。

初学者に分かりやすいことはもちろん、明るくハキハキとした語り口や受講生のモチベーションを高めてくれる話に定評があります。

 

スタディングのメイン講師は竹原健先生です。

インプットとアウトプットを重視するスタディングのカリキュラムに合ったコンパクトな講義が人気を集めています。

スタディングの講義はスライドを見ながら講師の説明を聴くスタイルなのですが、竹原先生の話し方は上手くマッチしており、スッと頭に入って来やすいです。

 

教材

教材は、フォーサイトが優れています。

効率特化のカリキュラムに即した「合格に必要な情報だけ」が掲載されているフルカラーテキストで、見やすさや記憶定着度の高さが強みです。

フォーサイト行政書士講座のテキスト

近年はフルカラーテキストを採用する講座が増えていますが、フォーサイトは特に見やすさに定評があります。

 

スタディングでは、講義中はスライドを見ながら講義を聴くのでテキストが必要なく、復習用のWebテキストもスマホ視聴するのが基本です。

オプションで製本版のテキストを入手できますが、フォーサイトと比べるとテキストが占めるウェイトは大きくありません。

とはいえ、合格に必要な情報がコンパクトにまとめてあるので、講座の振り返りをするには便利です。

 

こもり

私はスタディングの講座で行政書士に一発合格しました。

製本テキストが欲しかったのでオプションを申し込みましたが、スキマ時間でも無理なく読める情報量なのが良かったです。

ただ、フォーサイトのテキストと比較すると図表やイラストによる説明は少し足りない気がしました。

 

講義

フォーサイトもスタディングも、他の行政書士講座とは一線を画した独特な講義スタイルを採用しています。

フォーサイト
フォーサイト行政書士講座の動画講義
スタディング
スタディングの通信講座

出典:フォーサイト(左)、スタディング(右)

 

フォーサイトの講義は、専用のスタジオや機器を使って収録されており、画質と音質が桁違いに高いのが特徴です。

マンツーマン指導の感覚で受講できますし、講義に関連するテキストが画面に映し出されるので、講師が板書で時間を取ることもありません。

「講師がテキストを読んでいるだけ」という口コミも見かけますが、それだけ重要な情報がテキストにまとまっているということです。

 

スタディングの講義は、スマホ視聴に特化したつくりが特徴です。

スライドを見ながら講師の説明を聴くスタイルで、スマホさえあればいつでもどこでも視聴できます。

竹原先生の説明はスライドと連動していて分かりやすく、同じ情報を目と耳で得られて記憶に定着しやすいです。

 

カリキュラム

フォーサイトもスタディングも、通信講座らしく効率性を重視したカリキュラムを組んでいます。

大手予備校の行政書士講座は、得られる情報量は多いですが、受講時間が膨大で効率性は決して高くありません。

 

でも、フォーサイトやスタディングの行政書士講座なら、大手の1/2~2/3程度の受講時間で合格に必要な情報が得られます。

また、1講義あたりの時間が短く、スキマ時間で学習しやすいのも魅力です。

 

こもり

大手予備校のカリキュラムは網羅性を重視したものが多く、効率的に学習して短期合格を目指すのは難しいです。

また、1講義が1~2時間あるところが多く、十分な時間を確保する必要があるのも社会人には向きません。

 

オンライン

フォーサイトスタディング

フォーサイトとスタディングは、どちらも行政書士講座のなかでトップレベルのオンライン学習システム(eラーニングシステム)を備えています。

マルチデバイス対応で、講義視聴以外にも学習サポート機能を豊富に取り揃えているのが特徴です。

 

フォーサイトのeラーニングは、「道場破り」から「ManaBun」に進化し、さらに使い勝手が向上しています。

また、スタディングはスマホに特化したシステムで、スマホ学習がメインになるならスタディング一択と言っても過言ではないレベルです。

 

こもり

フォーサイトとスタディングのオンライン学習システムは、他の行政書士講座と比較してずば抜けた性能の高さです。

オンラインを重視して選ぶならフォーサイトかスタディング、スマホ学習メインならスタディングを選んでおけば間違いありません。

 

サポート

フォーサイトスタディング

サポート体制が優れているのは、フォーサイトです。

質問サービス(10回まで無料)やメルマガ配信など、他の通信講座にあるサービスは一通り利用できます。

 

一方のスタディングには質問サポートがありません。

低価格を実現するために徹底的なコスト削減をしており、人の手がかかるサポートは極力省いているからです。

 

こもり

スタディングと比較するとフォーサイトのサポート体制は優れていますが、他の予備校・通信講座と比較するとイマイチです。

手厚いサポートを求めるなら大手予備校の講座を検討するのが一般的でしょう。

サポート体制で通信講座を選ぶなら、クレアールアガルートが候補になります。

 

フォーサイトとスタディングの行政書士講座はどっちがおすすめ?

フォーサイトとスタディングの行政書士講座の比較をする女性

6つの基準でフォーサイトとスタディングの行政書士講座を比較した結果をまとめました。

講座フォーサイトスタディング
価格
運営会社
実績
講座の質
オンライン
サポート

「実績」で選ぶならフォーサイト、「価格」で選ぶならスタディングです。

オンライン学習サービスの質はどっちも最高レベルですが、スマホ学習が多くなるならスタディングが優勢でしょう。

ただし、画質や音質の高さはフォーサイトの方が上で、パソコンやタブレットでは快適に視聴できます。

 

どちらの行政書士講座も効率を重視したカリキュラムを採用しており、短期間でも効率的に合格する力を身につけることが可能です。

まずは気になる講座の公式サイトを閲覧し、無料講義やサンプルテキストをチェックしてみましょう。

 

フォーサイトの行政書士講座がおすすめな人

フォーサイトの行政書士講座をおすすめできるのは、次のような人です。

・高い合格実績のある通信講座で学びたい人
・講義の画質や音質、マンツーマン感を重視する人
・学習サポート機能が充実したeラーニングを利用したい人

高い合格実績を誇るフォーサイトなら、「この講座で勉強すれば合格できる」という安心感が得られます。

また、高性能なeラーニングや質の高い講義も魅力的です。

自宅で学習する時間を確保できるなら、フォーサイトの行政書士講座がまず有力な選択肢になるでしょう。

 

スタディングの行政書士講座がおすすめな人

スタディングの行政書士講座をおすすめできるのは、次のような人です。

・仕事が忙しくてスマホ学習がメインになる人
・学習コストを抑えて合格したい人
・スキマ時間でも学習したい人

スタディングの行政書士講座をおすすめできるのは、社会人の中でも特に忙しく、自宅で机に向かって勉強する時間が十分にモテない人です。

スマホ特化のeラーニングシステムが優秀なスタディングなら、通勤中でも短い休憩時間でもスマホさえあれば学習できます。

また、業界No.1の安さを誇るので、学習コストをかけたくない人にもおすすめです。

 

フォーサイトとスタディングはどっちが合格しやすい?

合格実績があるのはフォーサイトの講座で、受講して勉強を続ければ合格できる確率は高くなるでしょう。

でも、スタディングの講座も質では負けておらず、合格することは十分可能です。

 

こもり

行政書士試験を受験したころは、とにかく仕事が忙しくて残業や休日出勤が当たり前だったので、自宅でなくてもスキマ時間に学習できるスタディングを受講しました。

通勤中や昼食時、残業の休憩中などスキマ時間を見つけては勉強を続けたところ、スタディングだけで一発合格できました。

 

重要なのは、講座が自分に合うかどうかです。

いくら合格実績があっても、あなた自身に合わない講座では学習効率は上がりません。

そのため、まずは自分の目や耳で講座の特徴を知ることから始めることをおすすめします。

 

フォーサイトとスタディングの行政書士講座のまとめ

フォーサイトとスタディングの行政書士講座は、どっちも効率特化のカリキュラムを組んでおり、eラーニングの質が高いという点で共通しています。

でも、価格はスタディングの方が安く、合格実績はフォーサイトの方が上です。

また、講師や講義の特徴も異なるので、人によって合う合わないもあるでしょう。

 

まずは気になる講座の公式サイトを覗いてみて、自分の学習スタイルに合いそうなら受講を検討し、合わなさそうならもう一方の講座を覗いてみてください。

 

圧倒的な合格実績と業界トップレベルのeラーニング

業界No.1の低価格とスマホ特化のeラーニング