アガルート司法試験予備試験講座の口コミ評判|答練やテキストを受講生がレビュー

りこ
アガルートの司法試験・予備試験講座の口コミ評判ってどんな感じ?

 

こもり

工藤先生の講義とテキスト、答練添削は口コミでもかなり評判良いよ。

新年度版の講座もいち早くリリースして注目度も高いね。

 

司法試験予備試験ルートで司法試験合格を目指す人の大半は、予備校などの講座を受講しています。

8つの予備校・通信講座が司法試験予備試験講座を開講していますが、特に注目されているのがアガルートです。

合格率の高さや有名講師による講義、辰已法律事務所と提携した模試の実施など人目を引くポイントが多く、良い意味で何かと評判になっています。

 

この記事では、アガルートの司法試験・予備試験講座の口コミ評判と向いている人を紹介します。

 

・予備試験の通信講座を受講したい人
・アガルートの予備試験講座に興味がある人
・口コミ・評判を踏まえて受講する講座を決めたい人

 

こもり
私は、2021年度予備試験の合格に向け、アガルートの予備試験1年合格カリキュラムを受講中です。
この記事は、受講生の視点で書いています。

 

最短ルートで合格したい社会人向け

 

アガルートの司法試験予備試験講座

アガルートとは、司法試験・予備試験の対策講座などを開講しているオンライン予備校です。

元LEC講師の工藤(岩崎)北斗先生が2013年に独立・開業し、予備試験をはじめとする数々の難関資格の講座を開講しています。

口コミでは、大手予備校並みの質の高い講義とサポート体制、高い合格実績が評判です。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座は、代表講師の工藤先生を筆頭とする14人の講師陣や、講師が自作するフルカラーテキストに定評があります。

また、オンライン予備校では屈指のサポート体制やスタッフ陣の対応も人気です。

 

こもり

私も受講前に何度も相談しましたが、講師が親身に相談に乗ってくれて、講座の課題も踏まえて丁寧に説明してくれるのが印象的でした。

 

 

アガルート司法試験・予備試験講座の特徴(初学者向け、2022年度試験の合格を目指す人向け)

アガルート特徴
講座名【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラム
価格(税込)オプション無し:932,800円(652,960円
マネジメントオプション(通信指導):1,845,800円(1,292,060円
マネジメントオプション(ラウンジ指導):1,922,800円(1,345,960円
赤字2021年6月末までの割引セール価格
運営会社株式会社アガルート
実績2019年度予備試験の最終合格率は17.7%(全国平均4.04%の4.4倍)
※マネジメントオプション利用者2019年度の司法試験合格者占有率34.8%
(523名/1,502名)
講座の質講師工藤北斗、谷山政司、丸野悟史など11名
講師全員が司法試験合格者
教材フルカラーテキスト
講師自作の冊子版
講義形式:ストリーミング再生
音声ダウンロード:可
収録:通信講座専用に収録
進行:講師が説明しながらテキストにマーカーを引いていく
長さ:1chapter10分~20分
カリキュラム講義時間:650時間
特徴:大手予備校並みに論文式対策が充実
オンライン学習サポート機能:有
Webテキストが講義画面に表示される
サポートFacebookグループ:回数無制限、講師対応、受講生の質問・回答を閲覧可
添削通数:100通(オプションなし)、150通(オプションあり)
カウンセリング:月1回30分(オプション無し)
個別指導:週1回1時間(オプション・通信指導orラウンジ指導)
講師による進捗管理・答案指導:(オプション・通信指導orラウンジ指導)
総合評価アガルート予備試験講座
公式サイト

税抜価格で安く見せているブログ・サイトが多くなっています。
注意してください。

アガルート司法試験・予備試験講座の一覧

アガルートでは次のような司法試験・予備試験講座を開講しています。

 

初学者向け(2022年度試験の合格を目指す人向け)

講座内容価格
予備試験1年合格カリキュラム法律初学者が司法試験予備試験を目指すためのカリキュラム932,800円
652,960円
マネジメントオプション(通信指導)上記プランにプロ講師による週1回の個別指導をつけたオプション1,845,800円
1,292,060円
マネジメントオプション(ラウンジ指導)同上
(指導場所が通信ではなく専用ラウンジ)
1,922,800円
1,345,960円
論文基礎力養成カリキュラム論文式試験を突破するための基礎力を付けるカリキュラム503,800円
352,660円
総合講義300/全7科目司法試験の合格に必要な知識を300時間で習得するための講座323,400円
291,060円

2020年10月時点の税込価格(赤文字はセール価格、青字は旧年度講座の価格)です。

総合講座は科目別でも受講できます。

 

法律初学者向けの基本講座は「予備試験1年合格カリキュラム」です。

マネジメントオプションをつけると、添削通数やカウンセリングなどのサポートがかなり充実するので、手厚いサポートを受けたい人に向いています。

 

こもり

オプションをつけると講座価格は高くなりますが、大手予備校並みのサポートを受けられるようになります。

また、セール期間中は10~30%割引で購入できるので、他のオンライン講座との差もかなり縮まりますよ。

 

中上級者向け

中上級者(司法試験予備試験の学習経験のある人)向けの講座は、受講者のレベルや苦手分野に応じて細分化されています。

  • 総合対策:法律学の理解を総合的に深めながら合格力をつける
  • 論文対策:論文式試験を突破するために必要な答案作成の方法論や技術を習得する
  • 論文答練:答案作成の方法論や技術を実戦形式で習得する
  • 短答対策:短答式試験で問われる知識を習得する
  • 過去問対策:過去問を解いて知識を確認し、出題傾向を掴む
  • 法律実務基礎科目・一般教養科目対策:法律実務基礎科目・一般教養科目の対策をする
  • 特別対策:模擬試験、判例百選、基本書、演習書解析などで特定の科目や問題などを重点的に取り扱う

アガルート公式サイトを確認し、自分に合った講座を選びましょう。

 

こもり
事前に無料講義を視聴したりサンプルテキストを閲覧したりするとイメージがつかみやすくなります。

 

選択科目に対応

2022年度以降、予備試験の論文式試験の一般教養科目が廃止される代わりに、選択科目が追加される予定です。

つまり、予備試験でも次の8つから受験科目を自分で決めて勉強する必要が生じます。

  • 労働法
  • 経済法
  • 倒産法
  • 知的財産法
  • 租税法
  • 国際関係法(公法系)
  • 国際関係法(私法系)
  • 環境法

2020年10月時点では、試験時間や出題のされ方について具体的な内容は明らかにされていません。

でも、選択科目が2022年度以降の試験の合否に影響するのは間違いありませんし、そこを踏まえた受験勉強が必要になります。

 

アガルートの【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラムには選択科目対策も含まれます。

具体的な内容は試験の詳細が明らかになってから決まるはずですが、カリキュラムでは2021年10月から選択科目対策が盛り込まれています。

 

選択科目の詳細は、アガルート公式サイトで確認してください。

 

こもり
司法試験予備試験の選択科目については、新しい情報が入り次第追記します。

 

アガルート司法試験予備試験の合格率

アガルートの司法試験・予備試験講座は、司法試験の合格者占有率を公表しています。

アガルート司法試験予備試験の合格率

合格者のうち34.8%(523名/1502名)がアガルートの講座を受講していたということです。

合格者数は公表されていませんが、アガルートの公式サイトには合格者の声が多数掲載されており、相当数の合格者がいることが分かります。

 

また、2019年度予備試験の最終合格率は17.7%(全国平均4.04%の4.4倍)と公表されています。

マネジメントオプション利用者の合格率ですが、全国平均の4.4倍という高い数値です。

 

こもり
開校から10年未満なので大手予備校には及びませんが、ここ数年の成長で合格実績の差を縮めています。

 

アガルートの司法試験予備試験講座の気になる口コミ評判(デメリット)

アガルート司法試験予備試験講座

アガルートの司法試験・予備試験講座の気になる口コミ評判は次のとおりです。

  • 講師の説明が聞き取りづらい
  • 他のオンライン予備校より高い
  • マネジメントオプションなしだとサポートが不十分

 

講師の説明が聞き取りづらい

口コミ

ブログ
アガルートはカリキュラムもテキストも最高なんですが、講義が聞き取りづらいことがあります。

特に工藤先生の話し方が聞き取りづらく、「もったいないな~」と思っています。


Twitter
工藤先生の講義、うまく聞き取れないときがある…

テキスト見れば分かるんだけど、動画講義で聞き取りづらいのは地味にツラい

アガルートのオンライン講義について、講師の説明が聞き取りづらいという口コミ評判があります。

特に、看板講師である工藤先生の講義について「聞き取りづらい」という口コミが多めです。

 

こもり

私は問題なく聞き取れますし、私の周りの受講生に聞いてみても聞き取りにくいという人はいません。

感じ方は個人差が大きいので、口コミを鵜呑みにせず自分で無料講義をチェックしてみてください。

 

他のオンライン予備校より高い

口コミ

ブログ
アガルートで注意したいのは、マネジメントオプションをつけると価格が倍増することです。

通常セットなら資格スクエアより安いのですが、オプションをつけると伊藤塾レベルの強気な価格になるので、ためらう人も多いのではないでしょうか。


Twitter
アガルート受講したいんだけど、講師にガッツリサポートしてもらうとなるとオプションいるんだよな…

そしてオプションはめちゃ高いという。

もう少しリーズナブルにならんかな。

 

アガルート司法試験予備試験講座のマネジメントオプションは、大手予備校並みのサポートが受けられると評判ですが、一方で価格が高いという意見もあります。

他校の司法試験・予備試験講座とも比べてみましょう。

予備校スタディング資格スクエアアガルートLEC伊藤塾
価格142,780円
(129,800円)
877,800円
(798,000円)
932,800円
(848,000円)
652,960円
(593,600円)
1,062,870円
(966,245円)
1,114,900円~
(1,044,545円)

いずれも初学者が一から学んで合格力を身につけるための講座の価格です。

価格表示は黒字が税込定価(カッコ内は税抜)、赤字が2020年10月時点の税込価格(カッコ内は税抜)です。
定価と2020年10月時点の価格が同じ場合は、赤字で表示しています。
青字は、講座の入れ替えなどの事情により2020年10月時点で販売されていない講座)

オプションなしだと税込932,800円で、資格スクエアと大きな差はありません。

でも、マネジメントオプションをつけると税込1,845,800円~1,922,800円と大手予備校を超える価格に跳ね上がります。

「アガルートは高い」という口コミ評判がSNSやブログに多いのは、こうした定価の高さによるものです。

 

でも、アガルートは10~30%の割引セールやキャンペーンを頻繁に実施しています。

また、割引制度も充実しているので、マネジメントオプションをつけても定価よりかなり安く受講できます。

 

アガルート予備試験講座の割引セール・キャンペーン

アガルートには大きく3つの割引セール・キャンペーンがあります。

割引セール・キャンペーン割引率
新年度版リリース記念セール30%off
アウトプットセール30%off
臨時セール10~30%off

オプション付きだと定価は税込1,845,800円~1,922,800円ですが、セール中なら1,292,060円~1,345,960円まで下がります。

各種割引制度を併用すれば、さらに低価格で受講可能です。

 

こもり
割引セールが実施されている期間が長く、定価で購入する人はほとんどいません。

 

また、マネジメントオプションをつけるとサポート機能が充実しますが、合格に必須と言うわけではありません。

 

アガルート費用がアウトレットセールで30%割引き【2020年10月最新版】

 

マネジメントオプションなしだとサポートが不十分

口コミ

ブログ
アガルートの司法試験講座は、オプションのあるなしでサポートが大きく変わります。

オプションなしにすると、答練添削の回数やカウンセリングが減るのです。

ただし、オプション無しでも質の高い講義とテキストがあれば合格は可能なので、予備校並みのサポートが必要と言う人以外は必須ではありません。


Twitter
マネジメントオプションは高すぎる。

オプション無しでも合格できるんだろうけど、オプション付けるのが当たり前みたいな感じもあり、不安になる。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座は、オプションの有無で講師によるサポート内容が大きく変化します。

項目
オプションなし
マネジメントオプション
通信指導ラウンジ指導
通信講座
音声ダウンロード
添削通数100通程度150通程度150通程度
ラウンジ利用××
講師の個別指導月1回カウンセリング
(30分)
週1回の通信指導
(1時間程度)
週1回のラウンジ指導
(1時間程度)
講師の進捗管理・答案指導×

オプションありだと添削通数が100通程度から150通程度になり、月1回のカウンセリングから週1回の個別指導になります。

また、講師が進捗管理や答案指導までしてくれるので、勉強に集中することが可能です。

こうした差があるので、「オプションなしだとサポートが不十分」という口コミが出回っています。

 

でも、添削を100通受ける人ってそう多くありません。

添削を作成・送信・解答を見て修正という一連の作業は時間がかかるので、働きながら100通も添削を受ける余裕はないからです。

まったく添削を受けないのは不安が残りますが、通常は100通もあれば十分すぎるでしょう。

 

こもり

働きながらだと50通も利用すれば多い方です。

私の周りの受験生に聞いてみても、添削を50通以上出した人はいませんでした。

 

また個別指導についても、大学受験や他の資格試験の勉強に慣れた人なら必ずしも重要とは言えません。

勉強を始めたての頃は週1で指導を受ける必要性はなく、試験が近くなると自分で追い込みをかけた方がはかどります。

勉強方針や講義への質問はオプションなしのサポートでも聞けるので、講師と二人三脚で勉強したいという人でなければオプションなしで問題ありません。

 

講師による進捗管理についても同じことが言えます。

 

こもり
予備校の通学講座と同じレベルのサポートを求めるならマネジメントオプションを利用する価値がありますが、そうでなければオプションなしで問題ありません。

 

アガルートの司法試験予備試験講座の良い口コミ評判(メリット)

アガルート司法試験予備試験講座を受講するPC

アガルートの司法試験・予備試験講座には、良い口コミ評判がたくさんあります。

  • 合格特典が豪華
  • 圧倒的な講師陣
  • テキストが分かりやすい
  • 1年合格に特化したカリキュラムが優秀
  • 論文式試験の対策(答練)が充実している
  • サポートが充実(マネジメントオプション利用)
  • スタッフが丁寧(私個人の意見)

 

合格特典が豪華

口コミ

ブログ
アガルートの講座は、合格特典のすごさに定評があります。

司法試験講座でも「合格すれば全額返金+お祝い金5万円」という驚くべき合格特典が準備されています。


Twitter
予備試験の勉強はアガルートに決めた。

理由は合格特典w

全額返金と合格お祝い金5万円て、講座受けてプラスになるやん!

 

アガルートは、とにかく合格特典が豪華なことで有名です。

司法試験・予備試験講座の合格特典はなんと「お支払金額全額返金」+「合格お祝い金5万円」+「司法試験対策講座無料受講」の3つ

アガルート司法試験講座の合格特典

出典:アガルート公式サイト

 

講座費用が全額キャッシュバックされるうえ、5万円のお祝い金で黒字になります。

しかも、司法試験対策講座が無料受講できるので、費用負担なしで司法試験合格を目指すことが可能です。

 

対象となる講座は、司法試験予備試験1年合格カリキュラム(マネージメントオプションを含む)です。

特典を受けるには次の条件を満たす必要があります。

・短答式試験、論文式試験、口述試験の各試験の成績通知書データの提出
・合格体験記の提出
・合格者インタビューを引き受けること

注意したいのは、合格者インタビューはアガルートのラウンジ(飯田橋、早稲田、日吉)で収録され、そこまでの交通費は自己負担になることです。

東京近辺なら大きな問題はありませんが、地方在住の場合は合格お祝い金以上に交通費がかかることがあります。

 

こもり

司法試験・予備試験の講座の合格特典でアガルート以上のところは見当たりません。

一定の条件はありますが、高額な講座費用が戻ってきてお祝い金までもらえるのは大きなメリットです。

 

圧倒的な講師陣

口コミ

ブログ
アガルートの司法試験予備試験講座の魅力は何といっても圧倒的な講師陣です。

総勢11名、看板講師の工藤先生を筆頭に他校で活躍されていた講師がズラリと揃っています。


Twitter
司法試験講座を講師で選ぶなら伊藤塾かアガルートだよなあ。

資格スクエアは二枚看板が有名だけど、講師力じゃアガルートに一歩及ばない感じ。

 

アガルートの司法試験予備試験講座は、大手予備校並みの講師陣が揃っています。

看板講師はアガルート代表の工藤先生。

LECの看板講師として多くの司法試験合格者を輩出した実績をもってアガルートを立ち上げ、現在も看板講師として司法試験・予備試験講座の多くを担当されています。

 

谷山先生や石橋先生といった有名講師も多く在籍しています。

講師11名というのは大手予備校の伊藤塾に次ぐ多さです。

しかも、講師全員が新司法試験合格者という徹底ぶりです。

 

なお、少し古い口コミや記事を見ると「工藤先生以外はあまり講義を担当されていない」という内容も見かけます。

でも近年は、工藤先生以外も講座を担当し、それぞれ一定の評価を得るようになっています。

 

こもり

講師で選ぶなら予備校は伊藤塾、オンラインはアガルートと言われるレベルになっています。

他のオンライン予備校と比べても2~5倍くらいの講師数ですね。

 

テキストが分かりやすい

口コミ

ブログ
アガルートの予備試験講座は、何といってもフルカラーテキストの分かりやすさが魅力。

合格に必要な情報だけがまとめてあるから分厚さからくる威圧感がないし、ちょっとした時間でもパラパラめくって読めます。


Twitter
去年は予備校に通ってたんだけど、とにかくテキストが分厚くて持ち歩きがしんどかった。

今年はアガルートだからテキスト薄くて楽々!

届いた時は「これだけ?」って心配になったけど、ポイント押さえてあるし今じゃ手放せないよ。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座で特に評判なのが、テキストの分かりやすさです。

アガルートのテキストは全て講義を担当する講師の手作りです。

フルカラーでイラストや図表もたくさん使われているので、難しい法律の概念や用語が見て分かります。

 

法律初学者にありがたいのがテキストの薄さ。

アガルートの講座は満点ではなく「合格点を取ること」を目標にしているので、必要最低限の情報だけが掲載されています。

他講座のテキストと比較すると驚くほど薄く、「こんなに薄くて大丈夫?」と不安になる人もいますが、合格に必要な情報を厳選した結果なので全く問題はありません。

 

オンライン講義でもテキストが表示されるのですが、講義レジュメのように眺めているだけで内容が頭に入ってくるようになっています。

講義後に復習するときも重宝します。

 

こもり

分厚いテキストは威圧感がハンパないですが、アガルートのテキストは学校の教科書レベルなので取っつきやすいです。

あと、持ち運びが楽なのも女性にはありがたいところですね。

 

1年合格に特化したカリキュラムが優秀

口コミ

ブログ
司法試験って何年も勉強してやっと合格できるレベルだと思っていましたが、アガルートの講座を真剣にやれば本気で1年合格が目指せます。

短期合格するためのカリキュラムが組まれていますし、それを実現できるだけの講義やテキストが準備されています。


Twitter
アガルートの講座を受講してたら、なんか来年合格できる気がしてきた!

 

アガルート司法試験・予備試験講座は、1年合格に特化したカリキュラムを採用しています。

アガルート司法試験講座カリキュラム

出典:アガルート公式サイト

 

6月から勉強を始めても翌年5月の短答式試験に間に合うようなカリキュラムで、「司法試験の勉強は数年がかり」という常識をくつがえす内容です。

それでも、実際にアガルートのカリキュラムで一発合格する受験生が毎年たくさんいます。

 

こもり
講座自体は目標とする年度の試験の約1年半前にはリリースされますが、約1年の勉強期間でも合格できるカリキュラムとなっています。

 

「社会人だと難しそうだ」と思うかもしれませんが、アガルートの受講者や合格者は学生よりも社会人の方が多いです。

スキマ時間を利用して勉強できるオンライン講義なので、社会人や子育て中の主婦などに人気があります。

 

論文式試験の対策(答練)が充実している

口コミ

ブログ
アガルートの論文式試験対策は大手予備校並みに充実しています。


Twitter
オンライン予備校の論文対策って不安があったけど、去年受講してたLEC並みに充実してて驚いた。

 

予備試験で最も受験者を苦しめるのが論文式試験です。

論文式試験の対策次第で合否が決まると言っても過言ではないのですが、対策が手薄な講座が多いのが実情です。

 

でもアガルートの講座は違います。

1年という短期間での合格を目指すカリキュラムなので、早いうちから論文答案を使った対策が始まります。

論文の作り方を早いうちに習得できるので、後半は演習や答練・添削に集中して得点力をつけることができます。

 

他講座を見ると、基礎講座に時間をかけすぎて論文式試験の対策が不十分であったり、2年越しの合格を念頭に1年目は論文対策に力を入れていなかったりする講座があります。

アガルートのカリキュラムはこうした講座とは正反対なので、早期合格を目指す人にはありがたい内容です。

 

基礎講座はコンパクトにまとまっている

アガルートでは、司法試験・予備試験に必要な知識のインプットを300時間で習得することを目指します。

大手予備校では基礎講座に500時間以上かけるところもありますが、時間がかかりすぎて短期合格は困難ですし、記憶を維持しておくことも簡単ではありません。

インプットばかりだと勉強へのモチベーションの維持も難しいです。

 

そこで、基礎講座を300時間に圧縮して合格に必要な知識だけを効率的にインプットできるようにし、アウトプットや各試験対策により多くの時間を充てているのです。

効率化に特化したアガルートらしいやり方と言えるでしょう。

 

短答式試験対策も効率化重視

アガルートの司法試験・予備試験対策では、勉強開始から5ヶ月目(6月開始の場合は10月)から短答式試験の対策を始めます。

論文式試験の対策が受講後すぐ始まるのとは対照的なのですが、これには理由があります。

簡単に言えば、論文式試験の対策にあてる時間を増やすためです。

 

短答式試験の対策を初期から始める講座が多いなか、アガルートでは論文式試験の対策に十分な時間をかけるために短答式試験の対策の開始時期が遅めになっています。

「論文式試験の対策はアガルートが良い」という口コミ評判は多いのは、こうしたカリキュラムの影響もあります。

 

「短答式試験の勉強時間が短くならないの?」と思うかもしれませんが、短答対策って効率的にやればそれほど時間をかけずにできるものです。

むしろ初期から取り組んでも試験前には覚えた内容を忘れがちなので、試験の半年ほど前から集中して取り組むのが効率的と言われています。

 

アガルートのカリキュラムでは「短答知識完成講座」や「短答過去問解析講座」で集中的に対策できるので、試験の時期に最も良い状態に仕上げやすいです。

 

一般教養対策もある

アガルートには「一般教養科目対策講座」があります。

対策講座がない講座もありますが、アガルートでは一般教養対策も万全です。

「一般教養なんて大したことない」と軽く考えて足元をすくわれる受験者も毎年たくさんいるので、対策があるのは安心です。

 

サポートが充実(マネジメントオプションを利用した場合)

口コミ

ブログ
アガルートの講座にマネジメントオプションをつけると、予備校並みのサポートを受けられるようになります。

講師による進捗管理から定期的な個別指導まで至れり尽くせりで、勉強だけに集中することが可能です。


Twitter
アガルートの司法試験講座、迷ったけどオプション付けて良かった。

頻繁に講師と話して学習方針とか修正できるし、「いざとなれば相談できる」って安心感がハンパない。

 

マネジメントオプションをつけると価格が跳ね上がりますが、オプションを利用した人の満足度は総じて高いです。

例えば、「余計なことを気にせず勉強に集中できる」、「相談する相手がいるので安心」という口コミ評判はたくさん見かけます。

答練・添削の回数も講師によるサポート頻度もLECや伊藤塾などの大手予備校と同じかそれ以上で、オンライン予備校の中では最高レベルです。

 

こもり

価格を見ると思わず躊躇してしまいますが、司法試験予備試験は合格すれば人生を大きく変えることができる試験です。

少しでも合格率を高めるためにオプションを利用するという人も少なくありません。

 

スタッフが丁寧

最後に、私がアガルートを利用した感想です。

司法試験・予備試験の講座選びをするときに無料講座を視聴し、スタッフに何度も質問・相談をしましたが、その時に感じたのがスタッフの対応の素晴らしさです。

しつこい質問や相談にイヤな顔一つせず応じてくれましたし、説明も分かりやすく丁寧でした。

 

また、知り合いにアガルートで予備試験に合格した人がいるのですが、「スタッフが良いのよ」と言っていました。

講座選びでは、講師のサポートはもちろん運営を支えるスタッフの質も同じくらい重要で、その点においてアガルートはとても魅力的と言えます。

 

アガルートの司法試験予備試験講座が向いている人

アガルート司法試験予備試験講座

メリットやデメリットを踏まえると、アガルートの司法試験予備試験の講座が向いているのは次のような人です。

  • 通信講座で予備試験の勉強をしたい人
  • 忙しくても最短ルートで合格したい人
  • スキマ時間を活用して効率的に学習したい人

オンライン講義で勉強したい人にはアガルートが選択肢に入ります。

仕事や家事育児が忙しい人でもスキマ時間にいつでもどこでも学習できるので、働きながら司法試験・予備試験の合格を目指すことが可能です。

アガルートは最短ルートでの合格を目指せるカリキュラムを組んでいるので、学生のように十分な学習時間がとれなくても問題ありません。

 

こもり
実際のところ、アガルートの受講者は学生よりも働いている人や主婦・育休中の人が多くなっています。

 

また、工藤先生などの有名講師の講義を視聴したり、伊藤塾と比較されるレベルで評判の高いテキストを使いたい人も向いています。

 

向いていない人

一方で、次のような人にはアガルートは向いていません。

  • 予備校に通って勉強したい人
  • 網羅的に法律の勉強をしたい人
  • スマホを使った学習が中心になる人

アガルートはオンライン専門なので、通学して勉強したい人には向きません。

また、合格後に役立つレベルの網羅的な法律知識を得たい人は、伊藤塾など大手予備校に通う方が良いです。

 

オンラインはオンラインでもスマホ学習を中心に考えている人にも、アガルートはおすすめできません。

アガルートのオンライン講義もスマホ視聴できますが、PC画面と比べると見やすさや操作性がガタッと落ちます。

そのため、スマホに特化したオンライン学習システムを採用しているスタディングが有力な候補になります。

 

アガルートの司法試験予備試験講座のまとめ

アガルートの司法試験予備試験のメリット・デメリットは次のとおりです。

アガルート内容
メリット
  • 合格特典が豪華
  • 圧倒的な講師陣
  • テキストが分かりやすい
  • 1年合格に特化したカリキュラムが優秀
  • 論文式試験の対策(答練)が充実している
  • サポートが充実(マネジメントオプション利用)
  • スタッフが丁寧(私個人の意見
デメリット
  • 講師の説明が聞き取りづらい
  • マネジメントオプションが高い
  • オプションなしだとサポートが不十分

 

メリットとデメリットを踏まえると、アガルートの司法試験・予備試験講座が向いているのは次のような人です。

  • 通信講座で予備試験の勉強をしたい人
  • 忙しくても最短ルートで合格したい人
  • スキマ時間を活用して効率的に学習したい人

 

ただし、口コミ評判や向き不向きだけで講座を選ぶのはおすすめできません。

どれだけ有名な講師でも評判の良いテキストでも、自分に合わなければ学習効率が落ちます。

まずは講座を体験受講し、テキストの内容を確認して、自分に合うかどうか確認してみてください。

 

自分の目で見て耳で聞いてチェックした講座なら、受講して後悔することはないはずです。

 

予備試験に最短ルートで合格したい社会人向け