アガルート 口コミ・評判|受講生(2021年司法試験・予備試験)が徹底調査

アガルートの司法試験・予備試験講座の口コミ・評判

【2022年合格目標】予備試験1年合格カリキュラムが30%OFF

2021年6月末まで

 

【2021年合格目標】アウトレットセールで30%OFF

2021年5月16日まで

この記事は、2021年版(2022年合格目標)予備試験1年合格カリキュラムの情報をメインに書いています。

2021年「予備試験」の合格を目指している人は、アガルートの予備試験(総合講義・短答・論文)講座まとめを読んでください。

2021年「司法試験」の合格が目標の人は、アガルートの司法試験(論文・過去問)講座まとめに「今」が始めどきの講座をまとめています。

 

りこ

アガルートの口コミ・評判ってどう?

司法試験・予備試験講座が人気だって聞いたんだけど。

 

こもり

高い合格率を出せる講座の質やテキストが評価されているね。

伊藤塾より手厚いサポートも人気だよ。

 

司法試験・予備試験は合格率3~4%の難関資格なので、法学部生でも予備校を利用して勉強するのが一般的です。

司法試験・予備試験講座がある予備校・通信講座のなかで、特に注目されているのがアガルートアカデミー。

合格率の高さや、それを支える質の高い講義と工藤北斗先生のテキストが評判です。

 

でも、「通信講座で合格できるのか」「伊藤塾の方が良いんじゃないか」などと思う人もいるでしょう。

実際のところ、口コミをチェックすると気になる評判も見つかります。

 

そこで、この記事では、アガルートアカデミーの口コミ評判と特徴、向いている人を紹介します。

 

こもり

私は、来年の予備試験突破を目指し、アガルートの1年合格カリキュラムを受講中です。

 

・予備校選びで迷っている人
・アガルートの口コミ・評判が知りたい人
・アガルートの司法試験・予備試験講座が気になる人

 

|お得に受講する|

まずは講師に受講相談してみる

 

アガルートの口コミ・評判の後に、司法試験・予備試験の初学者向け講座の特徴をまとめています。

先に特徴を把握したい場合は、目次から「アガルートアカデミーの司法試験・予備試験講座の特徴」に移動してください。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座の特徴一覧を示しておきます。

アガルートの司法試験・予備試験の口コミ・評判

 

アガルートの口コミ評判(デメリット)

アガルート司法試験予備試験講座

まず、アガルートの気になる口コミ・評判を見ていきます。

  • 講師の説明が聞き取りづらい
  • オプションの価格が高い
  • オプションなしだとサポートが不十分

 

アガルートの評判①:講師の説明が聞き取りづらい

口コミ

東京都:エムワン(20代・女性)
アガルートは、講義もテキストもハイレベルで満足しているのですが、たまに工藤北斗先生の声が聞き取りづらいことがあります。


埼玉県:M・R(30代・男性)
ダウンロードした講義音声を聴いていると、工藤北斗先生の声が聞き取りにくいと感じることが何度かありました。

講義動画の視聴では気にならないのですが。

工藤北斗先生の説明が聴き取りづらいという口コミ・評判が散見されます。

「声が小さくて聴こえない」「早口なのが気になる」という口コミもありました。

ただし、いずれも2018年以前の口コミで、2019年以降の口コミでは見当たりませんでした。

 

こもり

私は自宅でも通勤電車内でも視聴していますが、聞き取りにくいと感じたことはありません。

ただし、感じ方は個人差が大きいので、気になる場合はアガルートの公式サイトで視聴してみてください。

 

アガルートの評判②:マネージメントオプションの価格が高い

口コミ

大阪府:門田(20代・男性)
アガルートは、マネジメントオプションをつけると価格が跳ね上がります。

オプションなしだと資格スクエアと同じ価格帯なのに、オプションをつけると予備校以上に高くなるのがネックです。

マネージメントオプションを利用して一発合格したので満足していますが、お財布には厳しかったです。


千葉県:Z・M(20代・女性)
アガルート受講を考えているのですが、講師の手厚いサポートを受けるにはマネージメントオプションが必要で、そうなると価格が高くなるので悩んでいます。

多分、分割で購入することになると思います。

 

アガルートの口コミ・評判で最も多いのが、「マネージメントオプションをつけると高い」という口コミ・評判です。

マネージメントオプションが高いというのも、アガルートの口コミで見かけます。

他校の司法試験・予備試験講座の価格と比較してみましょう。

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエア スタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
価格
(税込)
1,062,870円~1,114,900円~932,800円
652,960円
877,800円142,780円835,300円
896,170円
649,000円
589,000円
分割払い有(最大36回)有(最大60回)有(最大60回)有(最大:不明)有(最大36回)有(最大60回)有(最大:不明)有(最大36回)

各予備校・通信講座の初学者向けコースの価格です。
価格表示は税込定価(赤字は割引価格)です。

オプションなしだと税込932,800円で、資格スクエアと大きな差はありません。

でも、マネージメントオプションをつけると、税込1,845,800円~1,922,800円と予備校を超える価格に跳ね上がります。

「アガルートは高い」という口コミ評判が個人ブログやSNSに多いのは、こうした定価の高さによるものです。

 

でも、アガルートは大幅割引セールやキャンペーンを頻繁に実施しています。

その他の割引制度も充実しているので、実際は予備校より安く利用できることが多いです。

 

こもり

もちろん、決して安い買い物ではありません。

でも、人生を左右する試験に合格するための講座なので、妥協したくないところです。

 

アガルート予備試験講座の割引セール・キャンペーン

アガルートには、大きく3つの割引セール・キャンペーンがあります。

割引セール・キャンペーン割引率
早期申込割引30%off
リニューアルセール10%off
アウトプットセール30%off
臨時セール10~30%off

初学者向けカリキュラムのマネージメントオプション付きの定価は、税込1,845,800円~1,922,800円です。

でも、30%offセール中なら1,292,060円~1,345,960円になります。

各種割引制度を併用すれば、さらに安く受講可能です。

 

こもり
割引セールが実施されている期間が長いので、定価での購入が必要になる人はほとんどいません。

 

アガルートの割引情報は、アガルートの割引セール・クーポンにまとめています。

 

マネージメントオプションは合格率が跳ね上がる

マネージメントオプションは高さだけが悪目立ちしがちですが、実はコスパが高いオプションです。

アガルート司法試験予備試験

 

マネージメントオプション「なし」と「あり」の違いは次のとおりです。

  • 添削通数:100通→150通
  • 講師による指導:月1回30分のカウンセリング→週1回1時間の個別指導
  • 講師による進捗管理:答案指導等:「なし」→「あり」

 

週1回、1時間も講師による個別指導が受けられるなんて、家庭教師並みのサポート体制です。

 

驚くのは、オプションありを利用した受講生の合格率。

アガルートの合格実績

2019年度試験では、全国平均4.04倍の4.4倍にあたる17.7%の合格率を叩き出しています。

価格は確かに高くなりますが、受講生の5.6人に1人が合格できており、コスパは高いと言えるでしょう。

 

こもり
分割払いが利用できるので、習い事の月謝感覚で利用できるのも嬉しいところです。

 

|マネージメントオプションをチェックする|

公式サイト:アガルートの分割払いシミュレーション

 

予備校で同じサービスを受けるより割安

「予備校でも同じレベルのサポートが受けられるのではないか」と思うかもしれません。

確かに、同じサポートを受けることは可能です。

でも、アガルートのマネージメントオプションよりはるかに高くなります。

 

例えば、伊藤塾。

マンツーマン指導を受けるには、有料オプションを利用する必要があります。

伊藤塾の司法試験・予備試験講座マンツーマン指導

予備論文の添削指導が7回で226,800円なので、アガルートのように毎週1回の指導を1年間続けると合計1,587,600円かかります。

初学者向けコースが110~135万円程度なので、合計すると250万円を超える計算です。

 

マンツーマン指導の合計価格は次の条件で計算
・1ヶ月4週(=1年間48週とする)
・毎週マンツーマン指導を利用
・1年間で7回(指導回数は49回):226,800円×7=1,587,600円

 

こもり

同じサービスは受けられますが、かかる費用が倍くらい違います。

こうして比較すると、マネージメントオプションは価格だけ見ると高いけど、中身が充実したオプションであることが分かりますね。

 

|マネージメントオプションをチェック|

 

アガルートの評判③:マネージメントオプションなしだとサポートが不十分

口コミ

宮城県:徳井(20代・女性)
アガルートの講座は、オプションがないと答練添削が少なくなります。

答練添削は予備試験の合格に欠かせないので、通数が少ないのはネックです。


京都府:E・K(20代・男性)
アガルートは、マネジメントオプションをつけないと講師による手厚いサポートが受けられません。

サポートがなくても頑張れる人はOKですが、講師と密に関わりながら勉強したい人には厳しいです。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座は、オプションの有無で講師によるサポート内容が大きく変化します。

項目
オプションなし
マネジメントオプション
通信指導ラウンジ指導
通信講座
音声ダウンロード
添削通数100通程度150通程度150通程度
ラウンジ利用××
講師の個別指導月1回カウンセリング
(30分)
週1回の通信指導
(1時間程度)
週1回のラウンジ指導
(1時間程度)
講師の進捗管理・答案指導×

オプションありだと添削通数が100通程度から150通程度になり、月1回のカウンセリングから週1回の個別指導になります。

また、講師が進捗管理や答案指導までしてくれるという徹底したサポートぶりです

こうした差があるので、「オプションなしだとサポートが不十分」という口コミが出回っているわけです。

 

マネージメントオプションは、司法試験講座で最も充実したサポートを受けることができ、合格率も跳ね上がる魅力的なオプションです。

でも、オプションの有無でカリキュラムの内容は変わりません。

そのため、学習スケジュールやモチベーションを自己管理できるなら、オプションなしで合格を目指すことは可能です。

 

添削指導については、はっきり言って100通あれば十分です。

答案作成から添削までの一連の過程は時間がかかるので、よほど勉強時間を確保できる人でないと1年で100通も利用できません。

まったく添削を受けないのは不安が残りますが、通常は80通もあれば十分です。

 

こもり

働きながら勉強している場合、1年間で50通も利用すれば多い方です。

知り合いの社会人受験生に聞いてみても、添削を50通以上使った人はいませんでした。

 

アガルートの良い口コミ評判(メリット)

アガルートの司法試験・予備試験講座には、良い口コミ評判がたくさんあります。

  • 講師力が高い
  • テキストの質が高い
  • 1年合格に特化したカリキュラムが優秀
  • 論文式試験の対策(答練)が充実している
  • サポートが充実
  • スタッフが丁寧

 

アガルートの評判④:講師力が高い

口コミ

福岡県:E・E(20代・女性)
アガルートの司法試験予備試験講座の魅力は、何といっても圧倒的な講師陣です。

看板講師の工藤北斗先生を筆頭に、人気講師がズラリと揃っています。


東京都:O・W(30代・男性)
予備試験講座を講師で選ぶなら、伊藤塾かアガルートです。

資格スクエアは高野泰衡講師が有名ですが、講師層の厚さではアガルートが上でしょう。

無駄を削ぎ落した講義が評判の工藤北斗講師、オプションでの手厚いサポートに定評がある谷山政司講師など魅力的な講師がたくさんいます。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座は、総勢11名の講師を揃えています。

 

特に評判が高いのが、アガルート代表の工藤北斗先生です。

LECの人気講師として多くの合格者を輩出した実績をもってアガルートを立ち上げ、現在も講師として司法試験・予備試験講座を担当しています。

徹底的に無駄を削ぎ落した効率特化の講義は、LEC時代からさらにブラッシュアップされています。

 

谷山先生や石橋先生なども人気です。

講師11名というのは大手予備校の伊藤塾に次ぐ多さで、講師全員が新司法試験合格者です。

 

少し古い口コミや記事を見ると、「工藤先生以外はあまり講義を担当されていない」という内容も見かけます。

確かに、メイン講義の多くを工藤先生が担当しているのは事実です。

でも、演習や過去問解析講座、サポート対応など各講師が適材適所で活躍しています。

 

こもり

講師で選ぶなら予備校は伊藤塾、通信講座はアガルートと言われるレベルです。

個人的には谷山先生がイチオシ(私見)

 

アガルートの評判⑤:テキストの質が高い

口コミ

東京都:大友(30代・男性)
アガルートの予備試験講座は、何といってもフルカラーテキストの分かりやすさが魅力です。

合格に必要な情報だけコンパクトにまとめてあるから薄いし、分厚さからくる威圧感もありません。


群馬県:Z・K(20代・男性)
去年は某予備校に通っていましたが、テキストが分厚く毎回開くのに勇気がいりました。

アガルートのテキストは薄くて開きやすいし、持ち運びも楽ちんです。

届いた時は「これだけ?」って心配になりましたが、ポイント押さえてあるし今じゃ手放せません。

アガルートの口コミ評判で特に多いのが、テキストの質の高さです。

アガルートのテキストは講義を担当する講師が手作りしており、インプット講座のテキストは全てフルカラーになっています。

イラストや図表が多く、難しい法律の概念や用語を見て理解できるのも大きな魅力です。

 

また、法律初学者にありがたいのがテキストの薄さです。

アガルートのカリキュラムは合格を目標にしているので、テキストにも合格に必要な情報だけが厳選して掲載してあります。

 

他講座のテキストと比較すると驚くほど薄く、「こんなに薄くて大丈夫?」と不安になる人もいるほどです。

もちろん、必要な情報は漏れなく載っているので全く問題はありません。

 

動画講義でもWebテキストが画面に表示され、講義レジュメのように眺めているだけで内容が頭に入ってきます。

講義後に復習するときも、重要ポイントが一目で分かるので重宝します。

 

こもり

分厚いテキストは威圧感がありますが、アガルートのテキストは学校の教科書レベルなので取っつきやすいです。

持ち運びが楽なのも女性にはありがたいですね。

 

アガルートの評判⑥:1年合格に特化したカリキュラムが優秀

口コミ

北海道:中根(20代・男性)
司法試験って何年も勉強してやっと合格できるレベルだと思っていましたが、アガルートの講座なら本気で1年合格が目指せます。

短期合格するためのカリキュラムなのはもちろん、知識を効率的にインプットできる講義やテキストが準備されています。

私は働きながら勉強しましたが、アガルートのお陰で1年間の勉強で一発合格できました。


東京都:Y・F(30代・女性)
初めてアガルートの予備試験講座のカリキュラムを見たときは、「こんなの1年では無理」と思いました。

でも、意を決して受講してみると、驚くほどサクサク講義を消化できて、実力も目に見えて上がりました。

おかげで2019年度の試験に無事合格し、今は司法試験の勉強中です。

 

アガルート司法試験・予備試験講座は、1年合格に特化したカリキュラムを採用しています。

アガルート司法試験講座カリキュラム

出典:アガルート

 

6月から勉強を始めて翌年5月の短答式試験に間に合うカリキュラムで、「司法試験の勉強は数年がかり」という常識をくつがえしています。

「本当に合格できるのか」と不安になるかもしれません。

でも、アガルートのカリキュラムで一発合格する受験生は年々増え続けており、カリキュラムの質の高さを証明しています。

 

こもり
講座は試験の約1年半前にリリースされるので、じっくり勉強したい人も安心です。

 

また、アガルートの受講者や合格者は、学生よりも社会人の方が多いです。

スキマ時間を利用して勉強できるので、働きながら勉強したい人に好まれているんです。

 

アガルートの評判⑦:論文式対策(答練)が充実している

口コミ

大阪府:都築(20代・女性)
アガルートの論文式試験対策は、大手予備校並みに充実しています。

基礎講座が300時間にまとめてあるのは某通信講座と同じですが、論文式や短答式対策の充実度はアガルートが一歩上です。


大分県:A・K(30代・男性)
オンライン予備校の論文式対策には不安があったのですが、受講してみたら杞憂でした。

講義は昨年度に受講した予備校よりも手厚く、答練添削も一通一通とても丁寧で、受講して良かったです。

 

予備試験で最も受験者を苦しめるのが、論文式試験です。

論文式試験の出来で合否が決まるのですが、対策が手薄な講座が少なくありません。

 

でも、アガルートの講座は違います。

1年という短期間での合格を目指すカリキュラムなので、早いうちから論文答案を使った対策が始まります。

論文の作り方を早いうちに習得でき、後半は演習や答練・添削に集中して得点力をつけることが可能です。

 

他講座を見ると、論文式対策が手薄だったり、基礎講座が長大で論文式対策を始める頃には知識が抜けていたりする講座が多いです。

アガルートは、こうした講座とは正反対で、1年という最短ルートで合格を目指す人にはピッタリの内容と言えます。

 

基礎講座はコンパクトにまとまっている

アガルートでは、司法試験・予備試験に必要な知識のインプットを300時間で習得することを目指します。

基礎講座に500時間以上かける講座もありますが、時間がかかりすぎて短期合格は困難ですし、記憶の維持も簡単ではありません。

インプットばかりだと、勉強へのモチベーションの維持も難しいです。

 

そこで、基礎講座を300時間まで圧縮し、論文式の対策により多くの時間を充てています。

効率化と短期合格を目指すアガルートらしいカリキュラムと言えるでしょう。

 

短答式試験対策も効率化重視

アガルートの司法試験・予備試験対策では、勉強開始から5ヶ月目(6月開始の場合は10月)から短答式試験の対策を始めます。

論文式試験の対策が受講後すぐ始まるのとは対照的ですが、これには理由があります。

一言で言えば、論文式試験の対策にあてる時間を増やすためです。

 

短答式対策を初期から始める講座が多いなか、アガルートでは論文式試験の対策に時間をかけるために短答式対策の開始時期が遅めです。

「論文式試験の対策はアガルートが充実している」という口コミ評判は多いのは、こうしたカリキュラムの影響もあります。

 

「短答式試験の勉強時間が短くならないの?」と思うかもしれませんが、短答式対策は短期集中でやるのが合格者のセオリーです。

初期から取り組んでも試験前に覚えた知識を忘れるので、試験の半年前から集中して取り組むのが効果的と言われています。

 

アガルートのカリキュラムでは「短答知識完成講座」や「短答過去問解析講座」で集中的に対策できるので、試験の時期に最も良い状態に仕上げやすいです。

 

一般教養対策もある

アガルートには「一般教養科目対策講座」があります。

対策講座がない講座もありますが、アガルートでは一般教養対策も万全です。

「一般教養なんて大したことない」と軽く考えて足元をすくわれる受験者も毎年たくさんいるので、対策があるのは安心です。

 

こもり
2022年度試験から一般教養がなくなるので、対策講座もなくなる見込みです。

 

アガルートの評判⑧サポートが充実

口コミ

東京都:田所(20代・男性)
アガルートの講座にマネージメントオプションをつけると、予備校並みに充実したサポートを受けられます。

週1の個別指導に進捗管理、答案チェックまで講師が手取り足取りやってくれるので、勉強だけに集中できます。


大阪府:T・E(20代・女性)
アガルートの司法試験講座、迷ったけどオプション付けて良かったです。

頻繁に講師と話して学習方針とか修正できますし、「いざとなれば相談できる」って安心感も嬉しいところです。

 

マネジメントオプションをつけると価格が跳ね上がりますが、利用者の満足度は総じて高くなっています。

例えば、「勉強だけに集中できる」、「常に相談しながら勉強できるので安心」という口コミ評判は多いです。

個別指導や進捗管理などの講師によるサポートは、司法試験講座で最も手厚くなっています。

 

こもり

予備試験の勉強は長丁場なので、二人三脚で勉強を支えてくれる講師の存在はとても大きいと言えます。

 

アガルートの評判⑨:スタッフが丁寧

最後に、私がアガルートを利用した感想です。

講座選びをするときに無料講座を視聴し、スタッフに何度も質問・相談をしたときに感じたのがスタッフの対応の素晴らしさです。

しつこい質問や相談にイヤな顔一つせず応じてくれましたし、説明も分かりやすく丁寧でした。

 

講座を利用するときは、講師のサポートはもちろん運営を支えるスタッフの質も同じくらい重要で、その点においてアガルートはとても魅力的と言えます。

 

|詳しくはこちら|

 

アガルートの司法試験・予備試験講座が向いている人

アガルート司法試験予備試験講座

口コミ・評判を踏まえると、アガルートの司法試験・予備試験講座が向いているのは次のような人です。

  • 法律初学者で一から予備試験にチャレンジする人
  • 効率的に学習して最短ルートで一発合格したい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人

 

法律初学者で一から予備試験にチャレンジして合格したい人には、アガルートが有力な選択肢に入ります。

講義時間が短くスキマ時間に視聴できますし、効率特化のカリキュラムなので働きながら学習を進めることが可能です。

専業の受験生はもちろん、働きながらでも予備試験合格を狙えます。

 

アガルートが向いていない人

一方で、次のような人にはアガルートは向いていません。

  • 大手予備校に通って勉強したい人
  • 合格後を見すえた知識まで得たい人
  • 講師による手厚いサポートを受けたい人

 

アガルートは通信講座なので、予備校に通学して勉強したい人には向きません。

また、合格後後に役立つレベルの法律知識を得たい人は、網羅的なカリキュラムで知られる伊藤塾が向いています。

スマホ学習を中心に考えている人は、アガルートよりスタディングの方が快適に学習できるはずです。

 

こもり

私は予備試験チャレンジ1年目にスタディングを利用しました。

基礎講座はポイントを押さえた内容でしたが、短答式や論文式の対策は手薄に感じました。

 

アガルートの司法試験・予備試験講座の特徴

こもり

アガルートの司法試験・予備試験講座の特徴をまとめています。

口コミ・評判と合わせて、講座選びの参考にしてください。

 

アガルートは、元LEC講師の工藤北斗先生が立ち上げた資格対策講座を提供している通信講座です。

口コミでは、大手予備校並みの質の高い講義とサポート体制、高い合格実績が評判になっています。

 

司法試験・予備試験講座は、代表講師の工藤先生を筆頭とする11名の講師陣や、講師が自作するフルカラーテキストに定評があります。

また、司法試験講座で最も手厚いサポート体制やスタッフ陣の対応も人気です。

 

こもり

講義の内容やスケジュール管理のことなど何度も相談していますが、毎回、講師が親身に相談に乗ってくれます。

 

アガルートの特徴(2022年合格を目指す初学者向け)

アガルートの初心者向けカリキュラムの特徴について、「価格」「運営会社」「実績」「講座の質」「オンライン」「サポート」の6つに分けて見てきます。

 

対象講座

講座名【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラム

アガルートの初学者向け講座は、「予備試験1年合格カリキュラム」です。

1年という最短ルートで予備試験の合格を目指せるカリキュラムで、通信講座では屈指のカリキュラムと高い合格率を誇ります。

価格

価格
  • オプション無し:932,800円(652,960円
  • マネージメントオプション(通信指導)1,845,800円(1,292,060円【人気】
  • マネージメントオプション(ラウンジ指導)1,922,800円(1,345,960円
価格は税込(赤字は割引価格)です。

アガルートには3つのプランがあり、それぞれ利用できるサービスが異なります。

 

こもり

マネージメントオプションをつけると大手予備校並みの価格になりますが、アガルートは頻繁に30%offの割引セールを実施しています。

そのため、実際は通信講座とそう変わらない価格で利用できます。

 

運営会社

運営会社株式会社アガルート

株式会社アガルートの基幹事業は、アガルートアカデミーの運営です。

予備校や通信講座の運営母体としては小規模ですが、経営状態に問題はありません。

2020年8月には、士業や管理部門などに特化した転職エージェント「アガルートキャリア」を立ち上げ、さらなる事業拡大が見込まれています。

 

実績

実績
  • 予備試験:2019年度試験の最終合格率:17.7%(全国平均4.04%の4.4倍)
  • 司法試験:2019年度試験の合格者占有率:34.8%(523名/1,502名)

アガルートが公表しているのは予備試験の最終合格率と、司法試験の合格者占有率です。

2019年度の予備試験の最終合格率は17.7%で、全国平均の実に4.4倍という驚きの結果です。

公表されている合格率はマネージメントオプションを利用した受講生の数値で、手厚いサポートが合格に直結していることが分かります。

 

|マネージメントオプションをチェックする|

 

講座の質

講座の質
  • 講師
    ・講師数:11名
    ・看板講師:工藤北斗
  • 教材
    ・テキスト:講師自作のフルカラー・オリジナルテキスト、冊子あり
    ・問題集:冊子あり
  • 講義
    ・収録:通信講座専用
    ・形式:Webテキスト+講師の説明
    ・時間:1チャプター:10~20分前後
  • カリキュラム
    ・講義時間:約700時間
    ・基礎講義は300時間
    演習や過去問解析、答練・添削が充実

アガルートの予備試験講座は、看板講師の工藤北斗先生を含め、11名の講師全員が司法試験の合格者です。

メイン講義は工藤先生が担当し、他の10名のサブ講義やサポート、演習講座などを担当して講座を回しています。

 

テキストは、基礎講義などは講師自作のフルカラーで、テキスト・問題集ともに冊子版が付属します。

 

講義は、通信講座専用に収録された画質・音質の高い動画講義です。

講義画面には講師とWebテキストが同時に表示され、テキストに沿って講師が説明したり板書したりするスタイルで進行します。

1チャプターが10~20分程度なので、スキマ時間の学習に向いています。

 

こもり

予備校の講義は1つ150~180分もあるので、まとまった時間がないと視聴しにくいのですが、アガルートはチャプターごとに話が完結するのがうれしいです。

通勤中や仕事の昼休みでも1チャプターくらい視聴できますよ。

 

オンライン

オンライン
  • マルチデバイス対応:有
    (スマホ、タブレット、パソコン)
  • 学習サポート機能:有
    ・テキスト同時表示
    ・webテキスト
  • 音声ダウンロード:有

アガルートのオンライン学習システムは、通信講座のなかでは標準的なレベルです。

マルチデバイス対応なのでスマホやタブレットでも動画は視聴できますが、学習サポート機能は最低限しかありません。

 

音声ダウンロードが無料なので、オフラインや電波の悪い場所で講義を視聴する人にはありがたいです。

 

こもり
私は通勤で地下鉄を利用しているので、音声ダウンロードをフル活用しています。

 

サポート

サポート
  • 質問サポート:有
    ・Facebookグループ
    ・回数無制限、講師対応、受講生の質問・回答を閲覧可
  • 添削
    ・オプションなし:100通
    ・オプションあり:150通
  • 講師による指導:
    ・オプションなし:月1回30分のカウンセリング
    ・オプションあり:週1回1時間の個別指導(通信またはラウンジ)
  • 講師による進捗管理・答案指導:(オプションありのみ)

 

アガルートのサポート体制は、通信講座のなかで最も充実しています。

オプションなしでも、100通の添削や月1回のカウンセリングなど充実したサービス内容です。

 

マネジメントオプションをつけると、添削通数が150通に増え、講師による週1回の通信指導や学習指導、進捗管理などが受けられるようになります。

価格が高くなりますが、モチベーション維持やスケジュール管理が格段に楽になり、より勉強に集中できます。

 

こもり
予備校の通信コースと比較しても、アガルートの方が充実しています。

 

アガルート司法試験・予備試験講座の一覧

初学者向け講座を含め、講座とカリキュラム一覧をまとめました。

 

初学者向けカリキュラム(2022年度試験の合格を目指す人向け)

講座内容価格(税込)
予備試験
1年合格カリキュラム
法律初学者が司法試験予備試験を目指すためのカリキュラム932,800円
652,960円
マネジメントオプション
(通信指導)
上記プランにプロ講師による週1回の個別指導をつけたオプション1,845,800円
1,292,060円
マネジメントオプション
(ラウンジ指導)
同上
(指導場所が通信ではなく専用ラウンジ)
1,922,800円
1,345,960円
論文基礎力
養成カリキュラム
論文式試験を突破するための基礎力を付けるカリキュラム503,800円
352,660円

価格は税込価格(赤字はセール価格)です。

 

こもり

オプションをつけると講座価格は高くなりますが、予備試験講座では講師による手厚いサポートが受けられます。

また、セール期間中は10~30%割引で購入できるので、他のオンライン講座との差もかなり縮まりますよ。

 

中上級者(法律学習経験者)向け

講座内容価格(税込)
予備試験
インプットカリキュラム
知識の再インプットに重点を置いたカリキュラム409,200円
予備試験
アウトプットカリキュラム
論文式試験に重点を置いたカリキュラム530,200円
個人別マネジメントオプション※条件あり月額66,000円
週1回1時間の指導
※以下の講座のうち3講座以上の受講が必要。
・総合講義300
・総合講義100
・論証集の「使い方」
・論文答案の「書き方」
・重要問題習得講座
・旧司法試験・予備試験型答練
・司法試験型答練
・旧司法試験 論文過去問解析講座
・予備試験 論文過去問解析講座
・司法試験 論文過去問解析講座
・法律実務基礎科目対策講座
・法律実務基礎科目答練

 

こもり
講座を決める前に無料講義を視聴したりサンプルテキストを閲覧したりすると、自分に合っ他講座かどうかが分かります。

 

アガルートの単品講座一覧

単品講座は、6つに分類できます。

  • 総合対策:法律学の理解を総合的に深めながら合格力をつける
  • 論文対策:論文式試験を突破するために必要な答案作成の方法論や技術を習得する
  • 論文答練:答案作成の方法論や技術を実戦形式で習得する
  • 短答対策:短答式試験で問われる知識を習得する
  • 過去問対策:過去問を解いて知識を確認し、出題傾向を掴む
  • 法律実務基礎科目・一般教養科目対策:法律実務基礎科目・一般教養科目の対策をする

 

価格表示は、黒字が税込定価、赤字がアウトレットセール(30%off)価格。

 

総合対策

講座内容価格(税込)
総合講義300300時間で合格に必要な知識をインプットできる講座【全7科目】
323,400円
226,380円
【1科目】
45,650円~68,420円
45,650円~68,420円
総合講義100100時間で合格に必要な知識を再インプットできる講座【全7科目】
156,200円
109,340円
【1科目】
24,200円~36,300円
16,940円~25,410円
論証集の「使い方」論証集の使い方を解説している講座【論証集あり】
35,750円
25,025円
【論証集なし】
22,550円
15,785円

 

論文対策

講座内容価格(税込)
論文答案の「書き方」論文答案の基礎知識が分かる講義とオンライン添削のセット74,800円
52,360円
重要問題習得講座【人気】法律基本7科目の重要問題450問の解説講義と模範解答のセット
(オンライン添削オプションあり)
【全7科目】
107,800円
75,460円
【1科目】
15,400円~23,100円
10,780円~16,170円

 

こもり

重要問題習得講座は、アガルートの講座のなかでも特に人気が高い講座です。

重要問題のポイントを10~15分くらいで解説してもらえるので、論文に必要な知識と論点が漏れなく身につきます。

 

論文答練

講座内容価格(税込)
旧司法試験・予備試験型答練オリジナル問題の解説とオンライン添削のセット82,500円
司法試験型答練オリジナル問題の解説とオンライン添削のセット(司法試験向け)38,500円
旧司法試験 論文過去問セレクト答練旧司法試験の過去問18問の解説とオンライン添削のセット38,280円
予備試験 論文過去問セレクト答練予備試験の過去問18問の解説とオンライン添削38,280円

 

短答対策

講座内容価格(税込)
2021司法試験|短答知識完成講座Ⅰ憲法・民法・刑法の短答対策【全3科目】
59,400円
41,580円
【1科目】
16,500円~33,000円
11,550円~23,100円
司法試験 短答知識完成講座Ⅱ行政法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の短答対策109,560円

 

過去問対策

講座内容価格(税込)
旧司法試験 論文過去問解析講座旧司法試験の論文過去問を分析・解説する講座118,800円
予備試験 論文過去問解析講座予備試験の論文過去問を分析・解説する講座118,800円
司法試験 論文過去問解析講座司法試験の論文過去問を分析・解説する講座200,200円
短答過去問解析講座 憲法・民法・刑法司法試験・予備試験の全問題・全肢を開設する講座109,560円

 

法律実務基礎科目・

講座内容価格(税込)
法律実務基礎科目対策講座法律実務基礎科目に必要な知識が身につく講座各35,200円
セットは66,000円
法律実務基礎科目答練法律実務基礎科目の答練を受けられる講座
一般教養科目対策講座一般教養の知識を身につける講座21,780円

 

アガルートは選択科目に対応

2022年度以降、予備試験の論文式試験の一般教養科目が廃止される代わりに、選択科目が追加される予定です。

つまり、予備試験でも、次の8つから受験科目を自分で決めて勉強する必要が生じます。

  • 労働法
  • 経済法
  • 倒産法
  • 知的財産法
  • 租税法
  • 国際関係法(公法系)
  • 国際関係法(私法系)
  • 環境法

 

現時点では、試験時間や出題のされ方について具体的な内容は明らかにされていません。

でも、選択科目が2022年度以降の試験の合否に影響するのは間違いなく、勉強は必要になります。

 

アガルートの【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラムには、選択科目対策も含まれます。

具体的な内容は試験の詳細が明らかになってから決まるはずですが、カリキュラムでは2021年10月から選択科目対策が盛り込まれています。

 

こもり
司法試験予備試験の選択科目については、新しい情報が入り次第追記します。

 

アガルートアカデミーの司法試験・予備試験講座のまとめ

アガルートアカデミーの司法試験予備試験のメリット・デメリットは次のとおりです。

アガルート内容
メリット
  • 講師力が高い
  • テキストの質が高い
  • 1年合格に特化したカリキュラムが優秀
  • 論文式試験の対策(答練)が充実している
  • サポートが充実(マネジメントオプションを利用した場合)
  • スタッフが丁寧(私個人の意見)
デメリット
  • 講師の説明が聞き取りづらい
  • マネージメントオプションの価格が高い
  • マネージメントオプションなしだとサポートが不十分

 

口コミ評判やメリット・デメリットを踏まえると、アガルートの司法試験・予備試験講座が向いているのは次のような人です。

  • 法律初学者で一から予備試験にチャレンジする人
  • 1年間という最短ルートで合格したい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人

 

今なら、アガルートの2022年合格目標の新講座が30%offで購入できます。

選択科目にも対応した充実のカリキュラムで、旧年度の講座以上にサポート体制も充実しているので、本気で予備試験合格を考えるなら要チェックです。

 

|詳しくチェックしてみる|

「資格のこもり部」の司法試験・予備試験コンテンツ

 

こもり
司法試験・予備試験の予備校・通信講座の比較レビューです。
司法試験の予備校比較
予備校8校の比較アガルートvs資格スクエア
伊藤塾vsアガルート伊藤塾vs資格スクエア
「人気予備校ランキング」と「おすすめ予備校ランキング」も作成しています。

・人気予備校ランキング:受験生へのアンケート結果を元に作成
・おすすめ予備校ランキング:6つの基準で予備校を比較した結果に基づいて作成

 

こもり
各予備校の口コミ・評判と特徴をまとめた記事はこちらです。
予備校の特徴と口コミ・評判
伊藤塾アガルート
LEC資格スクエア
辰已法律研究所スタディング
WセミナーBEXA

 

こもり
予備校をお得に利用するための割引情報も、講座ごとにまとめてあります。
お得な割引情報
アガルート資格スクエア
スタディングオンライン説明会

資格スクエアは、オンライン説明会の参加特典が豪華です。

お得に利用したいなら、参加特典で割引クーポンなどをもらっておきましょう。

また、アガルートは、「アガルート講師が相談に乗ってくれる」受講相談が人気です。

資格スクエアほどの特典はありませんが、受講を考えているなら参加してみる価値はあります。

 

こもり
私のような社会人受験生が司法試験・予備試験の合格を目指す方法についても書いています。