アガルートの評判 予備試験【申込特典あり】マネオプなしの口コミと悪い評判

アガルートの評判と口コミ
・アガルートアカデミーの評判・口コミ
・限定キャンペーン(申込特典)の案内

 

司法試験予備試験の通信講座で評判・口コミが良いのがアガルートアカデミー。

2020年度の予備試験の利用者合格率(マネオプ生)が20%を超えたことで注目され、人気でも実績でも伊藤塾に並ぶ勢いを見せています。

 

この記事では、実際に予備試験1年合格カリキュラムを受講している私がアガルートの良い評判と悪い口コミを紹介します。

 

アガルートの評判のテキスト

【アガルートの評判のテキスト】

 

こもり

資格のこもり部では、アガルート対象カリキュラムの申込みでAmazonギフト券をプレゼントする「限定キャンペーン」を実施中です。

詳細はコチラ

 

\30%割引中【2022年6月30日まで】/

W2454464 Q

 

アガルートの評判 予備試験の良い口コミ|テキストやマネオプなし

早速、アガルートの良い評判や口コミを見ていきます。

  • 講師力が高い
  • テキストの評判が高い
  • 個別指導(マネオプ)が充実
  • カリキュラムが優秀
  • 論文式対策が充実

 

アガルートの評判①:講師力が高い

アガルートの予備試験講座は総勢16名の講師が担当しており、全員が新司法試験の合格者です。

アガルートの講師は、「法学のプロ」であると同時に「教えるプロ」でもあることが求められています。

講師になるには厳しい研修をパスする必要があり、講師になった後も定期的に研修を受けて研鑽を続けているので、どの講師も最新の知識を分かりやすく説明してくれます。

 

アガルートの講師で特に人気なのが、アガルート代表の工藤北斗先生です。

LECの人気講師として多くの合格者を輩出した実績をもってアガルートを立ち上げ、講師としてメイン講義を担当しています。

徹底的に無駄を削ぎ落とした効率特化の講義は、LEC時代からさらにブラッシュアップされていると口コミで評判です。

 

少し古い口コミや記事を見ると、「工藤先生以外はあまり講義を担当されていない」という内容も見かけます。

確かに、メイン講義の多くを工藤先生が担当しているのは事実です。

でも、講師一人ひとりに確かな実力を持ち、得意分野を活かした講義を担当しています。

 

例えば、受講相談や個別サポートで人気の谷山政司先生は、オリジナル予想問題を使った予備試験答練や難関法科大学院入試の過去問解析講座の担当です。

司法試験に総合4位で合格した渡辺悠人先生は、短答対策講座や司法試験答練を担当しています。

また、「型」講座が人気の石橋侑大先生、一問一答の評判が高い渥美雅大先生といった人気講師も、それぞれ講師として活躍しています。

 

こもり
講師一人ひとりが「強み」を活かせる講義を担当し、オリジナリティあふれるコンテンツを提供しているのがアガルートの特徴です。

 

アガルートの大きな魅力が、通信講座ながら個別指導や通学指導に力を入れていることです。

月1回の定期カウンセリングやマネオプ生限定の週1回の個別指導では、電話または対面で話しながら講師に指導してもらえます。

人気講師による「オンライン講義」と「直接指導」の両方を受けられるのが魅力です。

 

全国7か所にあるラウンジを利用すれば、校舎に通学して講師から指導を受けることもできます。

  • 飯田橋ラウンジ
  • 早稲田ラウンジ
  • 日吉ラウンジ
  • 駒場ラウンジ
  • 国立ラウンジ
  • 大阪ラウンジ
  • 京都ラウンジ

Skypeを使った通信講座でも指導は受けられますが、講師の熱意や指導の本気度がより伝わってきて、自ずとモチベーションも上がります。

しかも、講義ではなくマネオプや個別指導に特化した空間なので、家庭教師や塾の個別指導のような密度の濃い学習が可能です。

 

2022年1月1日現在、マネージメントオプションは通信、ラウンジともに販売を中止しています。

 

アガルートの評判②:テキストの評判が高い

口コミ・評判で最も多いのが、予備試験講座のテキストや教材の質を評価する内容です。

 

アガルートでは、総合講義300や重問(重要問題習得講座)などの講義を担当する講師がテキストを手作りしています。

予備試験講座では、工藤先生を含む講師がテキストの企画から制作まで一貫して関わるので、記載されている情報を信頼できます。

作成したテキストには講師名が印字され、製本された後も講師が責任をもって内容を更新する徹底ぶりです。

 

同じ年度内でも、最新の判例や学説がこまめに更新されています。

他の予備校だと少なくとも1年ごとの改訂ですが、アガルートは数ヶ月単位も珍しくありません。

 

テキストや問題集の特徴は4つです。

  • フルカラーで図表が多い
  • 講義や他の教材とリンクしている
  • 論点マップが使いやすい
  • 重問は3段構成

 

アガルートのテキストは、「とにかく分かりやすい」と評判です。

文章の分かりやすさは他校のテキストでも工夫されていますが、アガルートのテキストは視覚的な分かりやすさにもこだわっています。

パッと見て分かる図表が多く、初学者でも難解な法律知識に取っつきやすいのがメリットです。

 

講義を視聴しながら書き込みができるよう、余白が多めにとってあるのもポイントが高いです。

 

こもり
カリキュラムのテキストだけでなく、一問一答など市販のテキストの評判も高いのがアガルートの特徴です。

 

アガルートのテキストは、他の講義や教材・問題集と密接にリンクしています。

そのため、「講師の説明とテキストの内容がズレている」という「予備校あるある」な問題が起こりません。

 

分かりやすいのが他の教材とのリンク。

総合講義テキストの余白には、関連する教材の関連ページや問題番号が付されています。

同じ知識をインプット、論証、問題演習と複数の角度で学習するのに役立つ工夫です。

 

 

こもり

関連する判例と判例百選の情報も余白に掲載されているので、判例を探す手間も省けます。

 

常に最新情報が掲載されている点もメリットです。

教材の背表紙に最終更新年月日が表示されているので、いつ時点で作成されたテキストなのかも一目で分かります。

 

アガルートのテキスト巻末には、2種類の論点マップが掲載されています。

  • 論点マップ:重要論点と、それがどのテキストの何ページに記載されているかの一覧表
  • 論文過去問論点マップ:司法試験・予備試験・旧司法試験で、「どの分野」の「どの論点」が「いつ」出題されたかの一覧

 

どちらの論点マップも、重要論点の知識や論証を復習したり、頻出論点を確認したりするのに欠かせません。

特に論点マップは、全ての論点を①基本知識、②重要問題、③論証の3つの知識を一元的に把握するのに絶大な効果を発揮します。

予備校の分厚いテキストは威圧感がありますが、アガルートのテキストは学校の教科書レベルなので取っつきやすいです。

 

次の講座には、工藤先生が書き下ろした論証集が付属します。

  • 総合講義300
  • 総合講義100
  • 論証集の「使い方」(論証集の「あり」「なし」選択可)

これらの講座が含まれる、予備試験1年合格カリキュラムなどにも論証集は付属します。

 

論証は、論文問題を解くのに必要なフレーズ・文章をまとめたものです。

論文対策に必須の論証ですが、初学者にはなじみが薄く、覚えるのに相当苦労することになります。

 

アガルートの論証集は工藤先生の書き下ろしで、必要なフレーズや文章が無駄なくコンパクトにまとまっているのが特徴です。

他の教材ともリンクしているので、基本知識や過去問と並行して学習することで効率的に正しい知識が身につきます。

 

論証集と言えば、資格スクエアの論証集も評判です。

私は資格スクエアの論証集も使っていましたが、「正確に覚えるべきフレーズ」と「変化させられる文章」が明確に区別されているアガルートの論証集の方が使い勝手が良かったです。

 

アガルート予備試験講座の中でも特に人気なのが重問(重要問題習得講座)です。

重問のテキストは、問題、解説、解答例の3段構成です。

問題とポイントを押さえた解説の後に工藤先生が作成した解答例がついているので、重問を一問一問潰していくのに役立ちます。

 

こもり
重問講座は受験生の間でも高い人気を誇っており、他校メインで勉強している人でもアガルートの重問を利用している人が多くなっています。

 

アガルートの評判③:個別指導(マネオプ)が充実

アガルートは、講師によるサポートが充実した予備校として有名です。

特に、初学者向けの「予備試験1年合格カリキュラム」のサポート体制は、予備校を含めても司法試験講座で最も充実しています。

比較 オプションなし 予備試験1年合格カリキュラム
あり
(通信)
あり
(ラウンジ)
税込価格
(割引価格)
1,020,800円
714,560円
1,977,800円
1,384,460円
2,665,300円
1,865,710円
質問
サポート
Facebookグループ Facebookグループ
Skype
Facebookグループ
Skype
ラウンジ
添削指導 100通程度 +150通程度
合計250通
+150通程度
合計250通
定期サポート カウンセリング
月1回・30分程度
対応:講師
講師による
個別指導
週1回・1時間程度
方法:Skype
週1回・1時間程度
方法:Skype・ラウンジ
講師による
進捗管理

 

マネージメントオプションを利用すると、週1の個別指導や講師による進捗管理など手厚いサポートを受けられます。

  • 個別指導:週1回1時間程度、講師がマンツーマンで学習指導や答案指導をしてくれるサポート
  • 進捗管理:学習スケジュールをアレンジして個人プランを作り、進捗状況を細かく管理してくれるサポート

 

マネージメントオプションは価格の高さが目立ちますが、実は非常にコスパが高いオプションです。

マネージメントオプション「なし」と「あり」の違いは次のとおり。

  • 添削通数:100通→250通
  • 講師による指導:月1回30分のカウンセリング→週1回1時間の個別指導
  • 講師による進捗管理:「なし」→「あり」

 

週1回1時間も講師による個別指導が受けられるなんて、家庭教師並みのサポート体制です。

驚くのは、マネオプ生の合格率。

2020年度試験では、全国平均4.16%の4.9倍にあたる20.29%の合格率を叩き出しています。

 

受講生の5人に1人以上が合格できており、コスパは高いと言えるでしょう。

分割払い(最大60回)を利用すれば、一般的な習い事の月謝感覚で利用できるのも嬉しいところです。

 

注意したいのは、マネージメントオプション(ラウンジ指導)は、申込者が一定数になると販売が中止されること。

直近では、2021年11月に急きょマネオプの販売停止が発表され、個別指導を希望しながら申し込めない人が相次いでいます。

 

こもり
マネオプの申込みを検討しているなら、販売停止のリスクを考慮して早めの判断が大切です。

 

「予備校でも同じレベルのサポートが受けられる。」と思うかもしれません。

確かに、同じサポートを受けることは可能です。

でも、アガルートのマネージメントオプションよりはるかに高くなります。

 

例えば、伊藤塾。

マンツーマン指導を受けるには、有料オプションを利用する必要があります。

予備論文の添削指導が7回で226,800円なので、毎週1回の指導を1年間続けると合計1,587,600円かかります。

 

初学者向けコースが110~135万円程度なので、合計すると軽く250万円を超える計算です。

 

マンツーマン指導の合計価格は次の条件で計算
・1ヶ月4週(=1年間48週とする)
・毎週マンツーマン指導を利用
・1年間で7回(指導回数は49回):226,800円×7=1,587,600円

 

似たサービスでも、伊藤塾よりもコスパが優れていることが分かります。

 

公式サイトに確認したところ、マネージメントオプションの利用者は合計500名以上との回答がありました。

また、2022年合格目標だけでもマネオプ生が200名以上、2023年合格目標もすでに150名を突破しているということです。

つまり、週1で個別指導を受けて講師と二人三脚で合格を目指している強力なライバルが、2022年なら200名以上、2023年なら150名以上いて、さらに増えているということです。

 

アガルートの評判③-2:マネオプなしの評判(ホームルーム広場(ひろば)など)

2022年1月現在、マネージメントオプションは通信・ラウンジともに販売を中止しています。

そこで湧いてくるのが、「マネオプなしでもサポートが充実しているの?」という疑問です。

結論から言うと、アガルートはマネオプなしでも他校より講師によるサポートが充実しています。

 

マネオプなしで受けられるサポートは次の4つです。

  • 質問サポート:受講生限定のFacebookグループで回数資源なしに講師に質問できるサポート
  • 添削指導:オンライン添削で、講師が答案を添削してくれるサポート(100通)
  • 定期カウンセリング:月1回30分程度、講師が進捗状況の聞き取りや疑問への回答、アドバイスをしてくれるサポート
  • ホームルーム:月1回、講師が学習方法の説明や受講生の疑問質問への回答をするサポート

 

回数制限のない質問サポートや月1回の定期カウンセリングがあるので、行き詰まりを感じることなく学習を継続できます。

また、添削指導もオプション料金なしで100通も受けることができるため、論文式試験の対策が物足りないと感じることもありません。

 

こもり
アガルート公式サイトには、マネオプなしで合格した人の体験談もたくさん掲載されています。

 

特に注目されているのが、2023年合格目標(2021年リリース)から始まったホームルームです。

ホームルームでは、アガルートの講師が学習の進め方を紹介したり受講生の質問に答えたりする動画が、月1回マイページに配信されます。

事前アンケート結果を踏まえて講師が内容を組み立てており、自分の疑問や質問を取り上げてもらえるのが大きなメリットです。

 

こもり
受講生の疑問や質問をくみ取って丁寧に解説する仕組みは、対面型の予備校では一般的なことですが、通信講座で実践しているのはアガルートだけです。

 

アガルートの評判④:カリキュラム(学習スケジュール)が優秀

アガルートは最短ルート合格をうたっています。

初学者向けコースの名称は「予備試験1年合格カリキュラム」で、短期合格を目指せる内容であることは明らかです。

アガルートのCMでも「最短ルート」が強調されています。

 

カリキュラムを見ると、試験前年の6月から学習を始めて約1年で合格できる学習スケジュールが組まれています。

「初学者の予備試験合格には2年はかかる」というのが常識ですが、アガルートでは実際に1年合格する初学者が続出しています。

 

ポイントは4つです。

  • 旧司法試験ではなく新司法試験を基準にしている
  • インプット講義は約300時間で知識を3周させる
  • インプットとアウトプットを同時並行で学習する
  • 論文対策は初期から、短答対策は中盤から始める

 

最大のポイントは、新司法試験とその予備試験の合格を意識したカリキュラムになっていることです。

講師は全員が新司法試験の合格者で、旧司法試験にとらわれず新試験対策に特化したカリキュラムを提供しています。

 

インプット講義に500時間以上かける予備校もありますが、アガルートは約300時間とコンパクトにまとめています。

厳選された合格に必要な知識について①基本知識、②応用・横断的知識、③過去問と3周するので、初学者でもスモールステップで知識を習得できるのが特徴です。

 

また、インプット講義「総合講義」と並行して、論証や論文答案の書き方などアウトプット学習もこなします。

インプットした知識を忘れる前にアウトプットすることで、学習効率を飛躍的に高めているのです。

 

基本知識の習得とほぼ同時に論文対策を始めることも特徴です。

論文対策は時間がかかるうえ、短答式試験の前になるとそちらに時間を取られてしまいます。

そこで、論文対策を初期から開始し、短答対策を中盤以降に持ってくることで、無駄なく学習できるように工夫してあるのです。

 

試験の順番は短答式→論文式なので、勉強も同じ順に進めるのが良いと思うかもしれません。

でも、短答式試験の方が細かい知識を問われるので、大枠を論文式対策で先に習得しておくのは合理的です。

 

アガルートの評判④-2:単品講座(総合講義300や重問、論証集等)が充実

アガルートは予備試験1年合格カリキュラムが人気ですが、それ以外にも豊富な単品講座を提供しています。

対策の種類 対象講座
総合対策 ・総合講義300(入門講座・基礎講座)
・総合講義100
・論証集の「使い方」
論文対策 ・論文答案の「書き方」
・重要問題習得講座
論文答練 ・予備試験答練
・司法試験答練
・旧司法試験 論文過去問セレクト答練
・予備試験 論文過去問セレクト答練
短答対策 ・ショートアンサー知識修了講座I
・ショートアンサー知識修了講座II
過去問対策 ・旧司法試験 論文過去問解析講座
・予備試験 論文過去問解析講座
・司法試験 論文過去問解析講座
・司法試験・予備試験 短答過去問解析講座
・法律実務基礎科目・一般教養科目対策
・法律実務基礎科目対策講座
・法律実務基礎科目答練
選択科目対策 ・選択科目 3講座パック

論文対策を重視したい人は「重問」や「論文答案の「書き方」」、選択科目の勉強をしたい人は「選択科目3講座パック」というように、自分に合った講座だけ選んで受講できます。

当然、伊藤塾やLECリーガルマインド、資格スクエアなど他の予備校や通信講座と併用することも可能です。

また、学習プラットフォーム「BEXA(ベクサ)」の講座と組み合わせたり、合格者の個別指導と併用したりする受験生も増えています。

 

こうした「学習のカスタマイズ性」の高さもアガルートの特徴と言えます。

 

こもり
定期カウンセリングやFacebook質問サポート、オンライン添削などのサポートを利用できる講座もあるので、アガルート単体でも無理なく学習できます。

 

アガルートの評判⑤:論文式対策が充実

「通信講座は論文対策が手薄」という人もいますが、アガルートには当てはまりません。

論文対策の講座は論文答案の「書き方」から答練・添削指導まで10以上あり、予備校を含めても充実しています。

複数の講座を組み合わせたカリキュラムでも、論文対策が手薄なものは一つもありません。

 

特に、オンライン添削の質の高さは評判で、「論文対策が強い伊藤塾や辰已法律研究所の添削より質が高い」と評価する人もいるほどです。

ポイントは3つ。

  • 1通1通、講師が添削している
  • 解答冊子では分からない指摘がもらえる
  • 学習の進捗状況や理解度を踏まえている

 

オンライン添削は、講師が1通1通添削しています。

解答冊子に書いてある一般論ではなく、答案のクセや傾向を踏まえて、個別に「次につながる指摘」をもらえるのがポイントです。

予備試験1年合格カリキュラムのマネージメントオプションを利用していれば、科目の進捗状況や理解度を踏まえた指摘までもらえます。

 

大手予備校でも通信講座でも、解答冊子を見れば分かるような添削をする講座は少なくありません。

この点、アガルートは一通一通プロ講師が全力で添削してくれるので、得られるものが非常に多いです。

 

アガルートでは、司法試験・予備試験に必要な知識のインプットを300時間で習得することを目指します。

基礎講座に500時間以上かける講座もありますが、時間がかかりすぎて短期合格は困難ですし、記憶の維持も簡単ではありません。

インプットばかりだと、勉強へのモチベーションの維持も難しいです。

 

そこで、基礎講座を300時間まで圧縮し、論文式の対策により多くの時間を充てています。

効率化と短期合格を目指したい人にはピッタリのカリキュラムと言えるでしょう。

 

アガルートの司法試験・予備試験対策では、勉強開始から5ヶ月目(6月開始の場合は10月)から短答式試験の対策を始めます。

論文式試験の対策が受講後すぐ始まるのとは対照的ですが、これには理由があります。

一言で言えば、論文式試験の対策にあてる時間を増やすためです。

 

短答式対策を初期から始める講座が多いなか、論文式試験の対策に時間をかけるために短答式対策の開始時期が遅めです。

「論文式試験の対策はアガルートが充実している」という口コミ評判は多いのは、こうしたカリキュラムの影響もあります。

 

「短答式試験の勉強時間が短くならないの?」と思うかもしれませんが、短答式対策は短期集中でやるのが合格者のセオリーです。

初期から取り組んでも試験前に覚えた知識を忘れるので、試験の半年前から集中して取り組むのが効果的と言われています。

 

アガルートのカリキュラムでは「短答知識完成講座」や「短答過去問解析講座」で集中的に対策できるので、試験の時期に最も良い状態に仕上げやすいです。

 

2022年度試験から予備試験(論文式)で一般教養科目が廃止され、選択科目が導入されます。

  • 労働法
  • 経済法
  • 倒産法
  • 知的財産法
  • 租税法
  • 国際関係法(公法系)
  • 国際関係法(私法系)
  • 環境法

アガルートでは全科目の対策講座が開講されており、各科目に精通した人気講師が担当しています。

法律基本7科目と同じ通信講座で自分の好きな選択科目を選べるのは、アガルートだけです。

インプット学習の「総合講義」、過去問対策の「過去問解析講座」、論証を身に付ける論証集の「使い方」の3つ全てが揃っているので、互いにリンクさせながら効率的に学習できます。

 

アガルートの評判 予備試験の悪い口コミ|価格・費用やWeb

アガルートの悪い評判やひどい口コミについて見ていきます。

  • 価格・費用が高い
  • 講師の説明が聞きづらい
  • 機能が乏しい

 

アガルートの悪い評判①:価格・費用・料金が高い

アガルートの料金(価格・費用)を他校と比較してみました。

予備校 LEC 伊藤塾 アガルート 資格スクエア  スタディング Wセミナー 資格スクール大栄 Wセミナー
価格
(税込)
1,062,870円~ 1,114,900円~

1,020,800
714,560円

877,800円 142,780円 835,300円
896,170円
649,000円
589,000円
分割払い 〇(最大36回) 〇(最大60回) 〇(最大60回) 〇(最大:不明) 〇(最大36回) 〇(最大60回) 〇(最大:不明) 〇(最大36回)

各予備校・通信講座の初学者向けコースの税込定価(赤字は割引価格)。

オプションなしだと税込1,020,800で、LECや伊藤塾よりは安い価格設定です。

ところが、マネージメントオプションをつけると、税込1,977,800円~2,665,300円になり、予備校よりも費用がかさむようになります。

「アガルートは高い」という評判が立つのは、マネオプの高さによるものです。

 

でも、アガルートは大幅割引セールやキャンペーンを頻繁に実施しています。

また、その他の割引制度も充実しているので、実際はかなり安く利用できます。

例えば、新年度版カリキュラムはリリースと同時に30%割引セールが始まるので、税込714,560円で申し込めます。

 

こもり

こもり部限定キャンペーンを利用すれば、さらにお得に利用できます。

詳細はコチラ

 

いきなり高額なカリキュラムを申し込むのが難しいなら、まずは単品講座だけ申し込む方法もあります。

実は、アガルート生の多くが最初は単品講座に申し込み、「自分に合う」と判断してから予備試験1年合格カリキュラムに変更しています。

 

初学者に人気の講座は次の3つ。

講座 説明 価格
総合講義300 300時間でインプットを完成させる講座 【全7科目】
323,400円
226,380円
【1科目】
45,650円~68,420円
45,650円~68,420円
※全7科目受講すると論証集が付属
論証集の使い方 オリジナル論証集と講義のセット 【論証集あり】
35,750円
25,025円
【論証集なし】
22,550円
15,785円
重要問題習得講座(重問) 法律基本7科目の重要問題(合計450問)の解説講義と模範解答のセット
(オンライン添削オプションあり)
【全7科目】
107,800円
75,460円
【1科目】
15,400円~23,100円
10,780円~16,170円
赤字は割引価格

 

単品講座からカリキュラムに変更した場合、カリキュラム価格-支払済の講座価格でカリキュラムを受講できます。

例えば、総合講義300を受講中に予備試験1年合格カリキュラムに変更する場合、1,020,800円(714,560円)-323,400円
226,380円)=697,400円(488,180円)です。

 

こもり
私の場合、インプット講義の総合講義300だけを申し込み、続けられそうだったのでカリキュラムに変更しました。

 

まずは無料で講義やテキストをチェックしたい場合は、無料体験を受ける方法もあります。

基礎講義の動画が20日間も無料で視聴でき、関連するテキストも無料でもらえます。

 

アガルートの悪い評判②:講師の説明が聞きづらい

工藤北斗先生の説明が聴き取りづらいという口コミ・評判が散見されます。

「声が小さくて聴こえない」「早口なのが気になる」という口コミもありました。

ただし、いずれも2018年以前の口コミで、2019年以降の口コミでは見当たりませんでした。

 

また、「話が分かりにくい」という口コミも見かけます。

これ実は、総合講義300以外の単品講座から受講を始めた初学者にありがちな評価です。

 

例えば、初学者のうちに重要問題習得講座だけ受講して、「工藤先生の講義は分かりにくい」と評価する人は少なくなりません。

でも、重要問題習得講座は完全初学者向けの講座ではありません。

公式サイトにも、「本講座は、すでに基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している人を対象として」とはっきり書かれています。

 

初学者向けでない講座なので、初学者が分かりにくいと感じるのは当然です。

ブログやSNSで「分かりにくい」という評価を見つけたら、発信者が初学者かどうか、初学者向けの講義を受けたうえで評価しているかチェックしてみてください。

 

一方で、初学者向けカリキュラムで最初に視聴する「総合講義300」における工藤先生の講義は、初歩的な知識から分かりやすく説明されています。

総合講義300から受講すれば、「分かりにくい」と感じる人は少ないでしょう。

心配な場合は、公式サイトで工藤先生の無料講義を視聴してみてください。

 

アガルートの悪い評判③:オンライン機能が乏しい(アプリがない)

アガルートのオンライン学習システムは、「講義とテキストを持ち歩く」がコンセプトです。

講義はオンラインで快適に視聴でき、テキストも講義画面に表示されますが、「学習進捗管理」や「問題演習」といった機能は搭載されていません。

資格スクエアや辰已法律研究所のようなアプリもありません。

 

ただし、効率的な学習に役立つ次の機能やオプションがあり、働きながらでも不便さを感じることなく学習を進められます。

  • 短いチャプター
  • 音声ダウンロード
  • USBメモリオプション
  • デジタルブック
  • 視聴期限の長さ

 

短いチャプター

動画講義は10~20分程度の短いチャプターで構成されており、スキマ時間でも集中して視聴できます。

講義画面にテキストが表示されるので外出先でも学習しやすいですし、8段階(最大3倍速)の倍速機能を使えばより効率的です。

無駄な機能が一切ないシンプルな作りなので、オンライン学習が初めての人でもすぐに使い慣れます。

 

こもり
移動しながら、ランチを食べながら、家事をしながらといった「ながら学習」にもピッタリです。

 

音声ダウンロード

個人的に最も重宝しているのが、講義の音声だけを端末に無料ダウンロードしてオフライン再生できる機能です。

講義画面から1クリックでダウンロードできますし、チャプター単位または一括を選択できます。

通勤で使う電車やバスの中で論証集や重問を聞き流したり、一度視聴した講義を家事をしながら復習したりするのにピッタリです。

 

こもり
ダウンロードした講義音声には視聴期限がなく、動画の期限が切れた後も聴くことができるのもメリットですね。

 

USBメモリオプション

一部の講座やカリキュラムでは、講義データが入ったUSBメモリを利用することができます。

音声ダウンロードと違い、音声だけでなく講義動画そのものを期限なしで視聴できるようになるオプションです。

通常の講義動画は約1年の期限を過ぎると視聴できなくなるので、数年かけて予備試験合格を目指したい人は講義データを入手しておくと安心です。

 

こもり
私は、行き帰りの電車・バス内や昼食時、家事をしているとき、入浴中に講義音声をオフラインで聴講しています。

 

総合講義300や重要問題習得講座(重問)などを7科目セットで購入したときに利用できるオプションです。

単価目だけでは利用できないので注意してください。

 

ただし、アガルートの講義動画は毎年最新の内容に更新されています。

そのため、入手したデータが古くなり、最新の試験に対応しにくくなるという問題は生じます。

もし、過去にアガルート利用歴があり、改めて最新の講座で勉強したい場合は、新講座を70%OFFで利用できる再受講割が利用できます。

 

デジタルブック

ウェブ上でテキストを閲覧できるのがデジタルブック機能です。

マイページから1クリックで表示できるので、外出時でもテキストを持ち歩く必要がありません。

2021年合格目標のテキストから、順次掲載されています。

 

こもり
講義画面にもテキストが表示されますが、視聴していないときでもデジタルブック機能を使ってテキストを読むことができます。

 

ただし、Wi-Fiなどのネットが弱いと読み込みに時間がかかります。

そのため、テキストをPDFファイル化してタブレットなどに保存する人も増えています。

この辺りは、デジタルブックの今後の課題ですね。

 

視聴期限の長さ

アガルートの動画講義は、視聴期限が約2年に設定されています。

司法試験予備試験の合格には2000~8000時間くらいの学習時間が必要と言われていますし、1発合格できるのは一握りの受験生だけです。

特に、働きながら勉強する場合は勉強時間の確保が難しいので、視聴期限が長く設定されているのはありがたいです。

 

こもり

2023年合格目標の講義は2024年7月まで視聴できるので、2024年度の論文式試験まで対応できます。

 

また、状況によって視聴期限を延長してもらえるのもアガルートの特徴です。

例えば、2020年に司法試験予備試験が延期されたときは、当初の期限より長く動画講義を視聴できるように変更されました。

複数の予備校が視聴期限を延長せず利用者から不満が出ていたことを考えると、ユーザーファーストの運営方針と言えます。

 

アガルートの割引セール(価格・費用を抑える方法)

悪い評判・口コミでチェックしたように、アガルートの価格は決して安いとは言えません。

でも、頻繁にアガルートは割引セールやキャンペーンを実施していますし、それらと併用できる割引制度の種類も豊富です。

各種割引をうまく利用すれば、通常価格の半額程度まで受講費用を抑えることができます。

 

アガルートには、4つの割引セール・キャンペーンがあります。

割引セール・キャンペーン 割引率
早期申込割引(早割) 30%オフ
リニューアルセール 10%オフ
アウトプットセール 30%オフ
臨時セール 10〜30%オフ

人気コースの予備試験1年合格カリキュラム(マネージメントオプション)は、リリースから試験が近くなるまで30%OFFの割引セールを利用できます。

 

また、アガルート予備試験1年合格カリキュラムを申し込む場合、次の割引制度も利用できます。

割引制度 割引率
友人紹介制度 ・申込者:5%OFF
・紹介者:現金2万円
グループ割引 ・3人以上5人:10%OFF
・5人以上10人:15%OFF
・10人以上:20%OFF
家族割引 ・5%OFF
他資格試験合格者割引 ・10%オフ
他校乗換割引 ・10%オフ
受講生限定割引 ・30%

 

割引セール・キャンペーンと割引制度は併用できるので、タイミングが良ければ割引セール価格からさらに最大20%OFFで利用できます。

 

こもり

「こもり部限定キャンペーン」を併用すれば、さらにお得になります。

詳細はコチラ

 

アガルートアカデミーの評判の合格特典

アガルートのカリキュラムや講座は、有名予備校に近い価格帯に設定されていますが、割引セールやキャンペーン、各種割引制度を利用することで安くなります。

つまり、公式サイトやSNSでキチンと情報を仕入れれば、お得に利用できる予備校なのです。

 

また、合格へのモチベーションを高める仕組みとして、合格特典を設けています。

アガルート予備試験1年合格カリキュラム等を利用して予備試験に合格すると、司法試験講座がもらえます。

 

2020年までは費用全額がキャッシュバックされていましたが、現在は講座プレゼントのみです。

ただし、司法試験講座20万円分とお得なので、予備試験合格後に引き続きアガルートを利用したい人にはピッタリの特典と言えます。

 

予備試験講座以外では、合格特典として受講費用の全額返金やお祝い金がもらえる講座もあります。

  • 司法書士:全額返金 and お祝い金3万円
  • 行政書士:全額返金 or お祝い金5万円
  • 弁理士:全額返金 and お祝い金3万円
  • 社労士:全額返金 or お祝い金3万円
  • 宅建士:全額返金 or お祝い金1万円
  • マンション管理士・管理業務主任者:全額返金 or お祝い金2万円
  • 賃貸不動産経営管理士:全額返金 or お祝い金2万円
  • 土地家屋調査士:全額返金 or お祝い金3万円
  • 公務員:全額返金 or お祝い金5万円
  • 国内MBA:お祝い金10万円 and TOEIC講座無料受講

 

こもり

新しい講座ほど合格特典が豪華で、合格実績が高くなると特典が減っていく仕組みです。

合格率20%超の予備試験講座で全額返金がなくなったのは、残念ですが納得ですね。

 

アガルートアカデミーの評判・口コミまとめ

評判や口コミを踏まえると、アガルートアカデミーの予備試験講座のメリット・デメリットは次のとおりです。

アガルート 評判・口コミ
良い評判
  • 講師力が高い
  • テキストの質が高い
  • 講師のサポートが充実
  • カリキュラムが優秀
  • 論文式対策が充実
悪い評判
  • 価格・費用が高い
  • 説明が聞きづらい
  • 機能が乏しい

 

良い評判や悪い評判を踏まえると、アガルートが向いているのは次のような人です。

  • 効率的に短期合格したい人
  • 合格実績のある講座を利用したい人
  • 講師と二人三脚で着実に合格力を身に付けたい人

 

アガルートは、社会人でも学生でも、最短ルート合格を目指す受験生にぴったりの通信講座です。

短い講義時間や音声ダウンロード機能、コンパクトなテキストなどスキマ時間での勉強を意識したコンテンツが充実しています。

また、講師による定期カウンセリングや個別指導や業界トップレベルのオンライン添削など、合格率の高さを支えるサポートも魅力です。

 

一方で、次のような人には向いていません。

  • 大手予備校に通って勉強したい人
  • 合格後を見すえた知識まで得たい人
  • 講師による手厚いサポートを受けたい人

 

歴史ある大手予備校で勉強したい人には向きません。

また、合格後後に役立つレベルの法律知識を得たい人は、網羅的なカリキュラムを採用している伊藤塾やLECが向いているでしょう。

 

【こもり部限定キャンペーン】2万円分のAmazonギフト券プレゼント

予備試験1年合格カリキュラムは、高い実績を背景に毎年値上げされており、2022年度版(2023年合格目標)は人気予備校の伊藤塾に近くなっています。

実際に利用してみて、短期合格を狙えるカリキュラムであることは間違いなかったので、価格の高さがネックで申込みをためらうのはモッタイナイです。

そこで、これから受験される方が少しでもお得に申し込めるよう、アガルートと交渉して資格のこもり部限定のタイアップキャンペーン(申込特典キャンペーン)を始めました。

 

こもり部限定キャンペーン(アガルート申込特典)

 

こもり部から予備試験1年合格カリキュラム(マネオプなし/マネオプあり)を申し込むと、2万円分のAmazonギフト券をプレゼントします。

公式サイトの割引セール・キャンペーンや割引制度とも併用できます。

割引セール・制度 税込価格・費用
定価 1,020,800円
割引セール(30%OFF)のみ 714,560円
694,560円
割引セール(30%OFF)
+割引制度(友人紹介割)
659,832円
639,832円
割引セール(30%OFF)
+割引制度(グループ割10人以上)
571,648円
551,648円

赤字がこもり部限定キャンペーン利用時(こもり部経由で申し込んだ場合)の実質の価格

 

\30%割引+Amazonギフト券プレゼント/

W2454464 Q

キャンペーンの詳細はコチラ

 

こもり
テキストや問題集の購入などに充ててもらえれば嬉しいです。