伊藤塾とアガルートを比較!予備試験講座の人気第1位と第2位の予備校

伊藤塾とアガルートの予備試験講座を比較
りこ
伊藤塾とアガルートの司法試験・予備試験講座って人気だよね。

 

こもり

アンケートでも「受講を考えている講座」の1位と2位だったからね。

でも、2校とも人気と実力があるから、どちらにするか迷っている人も多いよ。

 

先日、司法試験・予備試験の講座選びをしている人を対象に、「どの講座が第一候補ですか?」というアンケートを実施しました。

結果は伊藤塾が第1位、6票差でアガルートが第2位という結果でした。

実は、私が予備試験講座のある8校を「6つの基準」で徹底比較した結果も、アガルートが第1位で伊藤塾が第2位です。

受験生が受講を考えている予備校も、私が比較調査した結果も「伊藤塾」と「アガルート」なんです。

 

でも、こう書くと「どっちがオススメなんだ?」と思うでしょう。

そこで、この記事では、伊藤塾とアガルートの司法試験・予備試験講座を6つの基準で比較し、各講座が向いている人を紹介します。

 

こもり

実は、共通点が多い伊藤塾とアガルート。

どちらにするか迷っている人もかなり多くなっています。

 

 

伊藤塾とアガルートの司法試験・予備試験講座

伊藤塾とアガルートの予備試験講座を比較している男性

伊藤塾とアガルートは、どちらも司法試験・予備試験講座を開講している予備校ですが、特徴が大きく異なります。

 

伊藤塾の司法試験・予備試験講座

伊藤塾

伊藤塾は、法律系資格の対策講座を中心に開講している予備校です。

塾長の伊藤真先生やトップ講師の呉明植先生など16名の講師による講義と圧倒的な合格実績が評判で、毎年多くの受験生が入塾しています。

司法試験講座のオリジナルテキストは、バイブルとして愛用する人もいるレベルです。

 

ただし、網羅的なカリキュラムを設計していて講義時間は900時間を超えるので、働きながら短期間で合格したい人には向きません。

また、通信コースのオンライン(eラーニング)やサポートに課題が多いのもネックです。

 

メリットデメリット
・圧倒的な合格実績
・質の高い講義とテキスト
・有名講師を含む業界トップレベルの講師陣
・カリキュラムが網羅的で講義時間が800時間以上
・オンラインのレベルが低い

 

伊藤塾
4



・圧倒的な合格実績
・トップレベルの講師陣
・網羅的なカリキュラム

 

アガルートの司法試験・予備試験講座

アガルート

アガルートは、元LEC講師の工藤北斗(岩崎北斗)先生が立ち上げたオンライン予備校(通信講座)です。

サービス開始は2015年と新しいですが、質の高い講義やサポート体制が評判になり、今では人気講座の一つとなっています。

基礎講座と演習講座のバランスが良いカリキュラムや講師手作りのテキスト、そして何より司法試験講座で最も手厚いサポート体制が評判です。

 

一方で、オンライン学習システムが充実していないという課題があります。

また、急速に実績を伸ばしていますが、まだ伊藤塾には及びません。

 

メリットデメリット
・効率性と充実した中身を兼ね備えたカリキュラム
・質の高い講義と講師自作のフルカラーテキスト
・司法試験講座で最も手厚いサポート体制
・オンライン学習システムの使い勝手がイマイチ
・伊藤塾ほどの実績はない

 

詳細は、アガルート司法試験・予備試験講座の口コミ・評判に書いています。

 

伊藤塾とアガルートを比較(6つの基準)

伊藤塾とアガルートの予備試験講座を比較している人

伊藤塾とアガルートの予備試験講座を6つの基準で比較しました。

 

こもり

予備試験講座のある予備校8校も「6つの基準」で比較しています。

基準を決めて比較すると、自分に合った講座を選びやすいのでおすすめです。

 

伊藤塾とアガルートの比較基準

比較する基準は次の6つです。

基準内容
価格講座の購入にかかる費用
運営会社講座を運営する会社の業績など
実績過去の合格者数など
講座の質講師、教材、講義、カリキュラム
オンラインオンライン講義の質
サポート学習サポート体制
各比較規準について3段階で評価しています。
・◎:とても良い
・〇:普通
・△:イマイチ

 

価格

伊藤塾アガルート

1,148,000円~1,364,900円

652,960円~1,345,960円
932,800円~1,922,800円
税込価格(赤字は割引価格)を表示。

【価格表示してある初学者向けの基本コース】
・伊藤塾:伊藤塾司法試験入門講座2年合格コース
・アガルート:【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラム

講座の価格(定価)が安いのはアガルートです。

税込定価でも約20万円安く、割引セール中なら伊藤塾の半額以下の価格で受講できます。

伊藤塾も割引セールやクーポン発行をしていますが、価格が100万円を下回ることはほぼありません。

 

|今なら30%OFF|

アガルートのマネージメントオプション

アガルートの予備試験講座はマネージメントオプションをつけると価格が上がることです。

アガルート司法試験予備試験

マネジメントオプションをつけると、通信指導だと税込1,845,800円、ラウンジ指導だと税込1,922,800円で、伊藤塾より高額です。

 

ただし、マネージメントオプションを使うと合格率も跳ね上がります。

例えば、2019年度試験では、オプション利用者の合格率は17.7%で、全国平均4.04%の実に4.4倍でした。

週1回1時間の個別指導により、進捗管理から答案指導、悩み相談まで担当講師が手厚くサポートしてくれます。

 

マネージメントオプション並みのサポートは、通信講座では他に例がなく、予備校でも実施できているところはわずかです。

しかも、オンライン対応なので、サポートを受けるために予備校に通う必要もありません。

費用はかかりますが、受講生の5.6人に1人が合格できるサポート体制は魅力です。

 

こもり

オプションなしでも合格はできますが、手厚いサポートという点では課題が残ります。

大手予備校の合格者の多くが通学生で、講師の個別指導などをうまく使いこなした人であることを考えると、予備校以上に充実したサポートをオンラインで受けられるのは大きなメリットです。

 

アガルートを受講するなら、講座価格が30%OFFになる割引セール中が狙い目です。

割引セールが終わると、コースによっては伊藤塾より高額になるので注意してください。

 

伊藤塾でアガルート並みのサポートを受けるのに必要な費用

伊藤塾の初学者向けコースには、アガルートのマネージメントオプションのような150通の添削指導や定期カウンセリング・個別指導サポートはありません。

予約制の無料カウンセリングは利用できますが、頻繁に使うことはできません。

 

添削指導や添削指導を受けたい場合、別にオプションや講座の利用が必要です。

例えば、個別指導については「マンツーマン指導」という有料オプションがあります。

伊藤塾の司法試験・予備試験講座マンツーマン指導

 

上の表を見ると、マンツーマンで予備論文添削指導を受けると、7回で226,800円かかります。

アガルートのマネージメントオプションのように週1回の指導を受けると、1年間で1,587,600円かかる計算です。

初学者向けコースの費用を加えると、軽く250万円以上かかってしまいます。

1ヶ月4週とすると1年間48週(実際は52.177457週だが概算)なので、マンツーマン指導を7回(49回)受けると想定して計算。

 

アガルートは最高でも税込1,345,960円(割引中)なので、実に2倍くらい差があります。

アガルートのマネージメントオプションは、伊藤塾と比較しても定価が高めです。

でも、サポートの中身を詳しく見ると、価格以上の価値が詰まった講座であることが分かります。

 

こもり
司法試験の合格者が1年以上も週1で個別指導してくれて、合格率も跳ね上がることを考えると、コスパは非常に高いと言えます。

 

|今なら30%OFF|

 

運営会社

伊藤塾アガルート

株式会社法学館

株式会社アガルート

伊藤塾もアガルートも運営会社の経営状態に大きな問題はありません。

運営年数や事業規模を踏まえて伊藤塾を高く評価していますが、アガルートもここ数年で急成長しています。

 

こもり

運営会社の経営状態はサービスの質に直結するのでチェックしておきましょう。

特に不祥事やトラブル、規模縮小などがあった予備校は要チェックです。

 

実績

伊藤塾アガルート

2019年度最終合格者476名中
376名が伊藤塾の受講生

2019年度最終合格者は29名以上

実績は、伊藤塾が圧倒的に優勢です。

 

2019年度の司法試験予備試験では、最終合格者476名中376名が伊藤塾の受講生という驚異的な合格実績を叩き出しています。

伊藤塾の司法試験予備試験の合格実績

 

また、予備試験ルートからの司法試験合格者も315名中266名(5人に4人)が伊藤塾の受講生です。

アガルートを含む他の予備校は肩を並べることさえ難しい状況となっています。

 

アガルートも、司法試験合格者の占有率では34.8%という高い数値です。

アガルート司法試験予備試験の合格率

予備試験講座の合格実績は公表していませんが、公式サイトには2019年度の合格者29人の声が掲載されています。

全員が回答していない可能性があるので、少なくとも29名以上の合格者がいると考えられます。

また、合格率は17.7%で、全国平均の4.4倍と高い数値です。

 

伊藤塾にはまだ及びませんが、新しい通信講座としては驚くべき実績です。

 

合格実績を重視する人は多いですが、各予備校が公表している基準が違うので単純比較はできません。

例えば、伊藤塾は合格者数を公表していますが、合格率は公表していません。

受講者数がけた違いに多いので、合格者数が多くても合格率は高くないからです。

一方のアガルートは、受講者数や合格者数では伊藤塾に及びませんが、受講生の合格率が高いので合格率を公表しています。

合格実績は、予備校の「忖度(そんたく)」がある数値なので、参考程度に見ておきましょう。

 

講座の質

伊藤塾アガルート
総    合:◎
講    師:◎
教    材:◎
講    義:◎
カリキュラム:△
総    合:◎
講    師:〇
教    材:◎
講    義:〇
カリキュラム:◎

講座の質は、総合評価では優劣をつけにくいですが、個別にチェックすると特徴が異なることが分かります。

 

講師

講師力に優れているのは伊藤塾です。

合計16名と予備試験講座で最大の講師数を揃えていることに加え、伊藤先生や呉先生など有名講師が多いのも大きな魅力となっています。

また、一貫指導コースを持っている呉先生はもちろん、多くの講師が専門分野を活かして講義を担当しているところもポイントが高いです。

 

アガルートは、講師数だけ見ると伊藤塾に次ぐ11名が在籍しています。

でも、メイン講義の大半を工藤先生が担当しており、他の先生はサブ講義やサポート対応が中心です。

工藤先生の講義の質は高いですが、講師の総合力という点では伊藤塾には及びません。

 

教材

伊藤塾とアガルートの教材は、いずれもフルカラーテキストで利用者の評判も高いのですが、特徴は大きく異なります。

 

伊藤塾の教材は、網羅性に優れています。

伊藤塾 テキスト

情報量がとにかく多く、予備試験の合格に必要な知識はもちろん、法曹として働くときにも活かせる知識まで書いてあります。

「若手弁護士が勤務先の机に伊藤塾のテキストを忍ばせている」というのはよく聞く逸話です。

 

アガルートのテキストは、合格に必要な情報だけが厳選されています。

アガルート テキスト

講師が過去問分析から出題予測をして合格に必要な情報だけをピックアップしており、伊藤塾のテキストと比較すると驚くほど薄いです。

「これだけで合格できるのか」と思うレベルの薄さですが、合格に必要な情報は漏れなく掲載されています。

また、講師が全て手作りしているので、講義との連動性が高いのもメリットです。

 

講義

伊藤塾とアガルートの講義は、いずれも初学者に分かりやすい内容です。

ただし、選択という点で伊藤塾の方が優れています。

 

伊藤塾の初学者向けコースには、伊藤先生を含む講師7人が担当する「基本コース」と呉先生が一貫指導する「呉コース」があります。

いずれのコースも多数の合格者を輩出しており、受講生は講義やテキストが自分に合っている講座の選択が可能です。

 

一方のアガルートは、初学者向けのコースは1年合格カリキュラム1つで、メイン講義の多くは工藤先生の担当です。

工藤先生の講義は初学者にも分かりやすいと評判ですが、どんなに評判の講義でも合わない人はいます。

工藤先生の講義との相性が良くない場合、アガルートでは他に選べる選択肢がありません。

 

こもり
講師との相性は、申し込みの前に講義をチェックしておけばOKです。

 

カリキュラム

カリキュラムはアガルートの方が優れています。

 

伊藤塾のカリキュラムは、網羅性が特徴です。

学習の目標が「実務家に必要な知識を付与すること」なので、試験では出題されない実用的な知識まで学習するカリキュラムが組まれています。

法曹として活躍するためには有益なのですが、試験に合格するという目標で考えると効率性に課題が残ります。

 

アガルートのカリキュラムは、予備校と通信講座の良いとこどりです。

通信講座のカリキュラムは、「論文式対策が手薄」という課題を抱えており、論文式対策だけ多講座を受講する人も少なくありません。

でも、アガルートの講座は、基礎講座を300時間にまとめ、論文式対策に同程度の時間を充てています。

 

こもり
基礎講座から論文対策まで1つの予備校で対抗できるのは、通信講座の中でアガルートくらいです。

 

オンライン

伊藤塾アガルート

オンライン(eラーニングシステム)の質は、アガルートの方が優秀です。

実際の講義画面を見比べると違いが一目で分かります。

伊藤塾
伊藤塾の通信講座
アガルート
アガルートの通信講座

出典:伊藤塾(左)、アガルート(右)

 

伊藤塾のオンライン講義画面は、初期のWindowsメディアプレーヤーをイメージさせるインターフェースです。

学習サポート機能は倍速機能くらいで、音質も画質も高いとは言えません。

講義は通学生向けの録画で、オンライン視聴向けの工夫は何もありません。

 

アガルートのオンライン講義画面は、講師とWebテキストが表示されています。

講師の説明に合わせてWebテキストが切り替わるので、目と耳で効率的に情報を得ることが可能です。

外出先にテキストを持ち歩く必要もありません。

 

サポート

伊藤塾アガルート
◎(通学コース)
△(通信コース)

伊藤塾は、受講生の学習相談やアドバイス、カウンセリングなど通学生向けのサポート体制が整っています。

ただし、通信講座の受講生へのサポートは、質問受付と無料カウンセリングくらいで、他の通信講座と大差ありません。

また、添削指導やマンツーマン指導を利用するには、初学者向けコース以外の講座や有料オプションが必要になります。

 

こもり
通学コースなら講師との距離も近く、勉強仲間もできるので、モチベーションを維持しやすいです。

 

アガルートは、サポート体制が充実しています。

  • 質問サポート:Facebookグループ(回数制限なし)
  • 個別カウンセリング:月1回30分
  • 添削指導:100通

 

また、マネージメントオプションをつけると、司法試験講座で最も手厚いサポートを受けられるようになります。

  • 質問サポート:Facebookグループ(回数制限なし)
  • 個別指導:週1回1時間
  • 進捗管理:答案指導:同上
  • 添削指導:150通

こうしたサポートが、通学(ラウンジ)でも通信でも同じように受けることが可能です。

 

伊藤塾で同じサポートを受けるには、アガルートの2倍程度の金額がかかります。

 

こもり

通信講座のサポート体制は、アガルートが優秀です。

他の講座だと資格スクエアもサポートが充実していますが、アガルートには及びません。

 

伊藤塾とアガルートはどっちがおすすめ?

伊藤塾とアガルートの予備試験講座を比較している人

伊藤塾とアガルートの特徴を「6つの比較基準」ごとにまとめました。

講座伊藤塾アガルート
価格
運営会社
実績
講座の質
オンライン
サポート◎(通学コース)
△(通信コース)

講座の質は2校とも司法試験講座でトップレベルなので、どちらを選んでも合格できる力が身につきます。

網羅性を重視するなら伊藤塾、効率性を重視するならアガルートでしょう。

その他で比較すると、「運営会社」「実績」で選ぶなら伊藤塾、「価格」「サポート」の良さで選ぶならアガルートです。

 

ただし、6つの比較基準のどれを重視するかは個人差があるので、自分なりに重みづけして検討してみてください。

 

こもり
伊藤塾とアガルートの予備試験講座をおすすめできる人の例を挙げておきます。

 

伊藤塾がおすすめな人

伊藤塾の予備試験講座がおすすめなのは、次の条件に当てはまる人です。

・予備校に通学して予備試験合格を目指したい人
・合格実績のある予備校で勉強したい人
・有名講師による講義を受けたい人

伊藤塾のカリキュラムは網羅的なので、時間をかけてじっくり勉強できる人に向いています。

合格実績や講師を重視して講座を選ぶ人も伊藤塾がおすすめです。

ただし、働きながら勉強する場合、通学にせよ通信にせよ800時間以上も講義を受講する必要があるので、短期間での合格は難しいと言えます。

 

|詳しくはこちら|

 

アガルートがおすすめな人

アガルートの予備試験講座がおすすめなのは、次の条件に当てはまる人です。

・効率的に学習して短期間で予備試験合格を目指したい人
・講師の手厚いサポートを受けて勉強したい人
・忙しくて予備校に通う時間のない人

アガルートは通信講座で、合格を目標として学習内容を徹底的に絞り込んだカリキュラムを採用しています。

そのため、予備校に通う時間がなく、効率的に学習して短期間で合格を目指したい人向けです。

また、司法試験・予備試験の講座で最も手厚いサポートが受けられるので、講師と二人三脚で合格を目指したい人にも向いています。

 

|詳しくはこちら|

 

こもり

アガルートと資格スクエアは司法試験・予備試験講座の2強ですが、特徴も向いている人も大きく異なることが分かってもらえたでしょうか。

 

伊藤塾とアガルートを比較のまとめ

伊藤塾とアガルートの司法試験・予備試験講座は、どちらも受講生の評価が高く、受験生が注目度も高い講座です。

でも、詳しく比較すると講座ごとに特徴が大きく違うので、自分に合った講座を選ぶことが大切になります。

 

働きながら最短ルートで合格を目指すなら、アガルートが向いています。

高い合格率を支える質の高い講義とテキスト、他のどの講座よりも充実したサポート体制が魅力です。

論文式対策も伊藤塾並みに充実しているので、アガルートだけで短答式・論文式両方の合格を目指せるのも魅力と言えます。

 

|詳しくはこちら|

 

一方で、専業で1~2年くらい勉強できる環境があるなら伊藤塾がおすすめです。

圧倒的な合格実績と人気講師による講義は、他の講座にはない大きなメリットと言えます。

ただし、合格者の多くは通学コースの受講生なので、通信コースなら伊藤塾を選ぶメリットはそう多くありません。

 

|詳しくはこちら|

 

まずは、気になる講座の公式サイトにアクセスし、講座やテキストをチェックしてみてください。

 

こもり

私は、仕事が忙しくまとまった勉強時間の確保が難しいのと、効率的に学習して短期合格を目指したかったので、伊藤塾ではなくアガルートを選びました。

最初は迷いましたが、講義が分かりやすいので知識がすぐ定着しますし、講師の手厚いサポートのおかげでモチベーションも維持できているので、選んで正解だったと思っています。

「資格のこもり部」の司法試験・予備試験コンテンツ

 

こもり
司法試験・予備試験の予備校・通信講座の比較レビューです。
司法試験の予備校比較
予備校8校の比較アガルートvs資格スクエア
伊藤塾vsアガルート伊藤塾vs資格スクエア
「人気予備校ランキング」と「おすすめ予備校ランキング」も作成しています。

・人気予備校ランキング:受験生へのアンケート結果を元に作成
・おすすめ予備校ランキング:6つの基準で予備校を比較した結果に基づいて作成

 

こもり
各予備校の口コミ・評判と特徴をまとめた記事はこちらです。
予備校の特徴と口コミ・評判
伊藤塾アガルート
LEC資格スクエア
辰已法律研究所スタディング
WセミナーBEXA

 

こもり
予備校をお得に利用するための割引情報も、講座ごとにまとめてあります。
お得な割引情報
アガルート資格スクエア
スタディングオンライン説明会

資格スクエアは、オンライン説明会の参加特典が豪華です。

お得に利用したいなら、参加特典で割引クーポンなどをもらっておきましょう。

また、アガルートは、「アガルート講師が相談に乗ってくれる」受講相談が人気です。

資格スクエアほどの特典はありませんが、受講を考えているなら参加してみる価値はあります。

 

こもり
私のような社会人受験生が司法試験・予備試験の合格を目指す方法についても書いています。