司法試験・予備試験の予備校を比較|通信講座8校【2021年最新版】

司法試験・予備試験の人気予備校・講座を比較

司法試験予備試験に合格するには独学だと5000時間は必要(参考:スタディング)と言われています。

8000時間以上かかる人も珍しくありません。

 

合格率も3~4%と低く、2019年度試験の最終合格率は全体が4.04%、社会人の合格率は1.46%でした。

ただでさえ低い合格率ですが、社会人はよりハードルが高いのが実情。

そのため、予備校や通信講座を利用して、正しい学習法で合格に必要な知識を効率的に得ようと思う人が多くなっています。

 

講座選びで最も大事なのは、自分に合った講座を選ぶこと。

そのためには、講座の最新情報を収集し、基準を決めて比較検討することが欠かせません。

 

この記事では、司法試験・予備試験の予備校・通信講座8校を「6つの基準」で比較します。

 

・司法試験・予備試験の講座選びに悩んでいる人
・気になる講座の強みを知りたい人
・講座を詳しく比較したい人

 

こもり

私は、来年度の予備試験突破に向けて通信講座で勉強中です。

この記事は、私が予備試験に向けて講座を選ぶときに、8つの講座とBEXA、スクール東京をリサーチした結果に基づいて作成しています。

 

司法試験・予備試験の基本情報

勉強スタイル独学
必要な学習時間5000時間∼
(3000時間∼)
試験日2022年:短答式は5月、論文式は7月、口述は10月
合格率1.8~4.04%
(2012~2019年度)

参考:法務省:司法試験予備試験 (moj.go.jp)

 

独学の始めどき

勉強スタイル独学
1週間の学習時間32時間
(平日3時間/日、土日8.5時間/日)
42時間
(平日4時間/日、土日11時間/日)
必要な期間約39ヶ月約30ヶ月
始めどき2018年10月~2019年1月2019年8月~11月
学習時間を5000時間として計算。

 

こもり

社会人が平日に確保できる勉強時間は多くて3~4時間くらいなので、5000時間を消化するには30~39ヶ月もかかります。

法学部出身でないなら、さらに長大な時間がかかるケースが多いです。

勉強中心の生活を、少なくとも2年半は続けられる環境にないと合格は厳しいでしょう。

 

予備校・通信講座の始めどき

勉強スタイル予備校・通信講座
1週間の学習時間32時間
(平日3時間/日、土日8.5時間/日)
42時間
(平日4時間/日、土日11時間/日)
必要な期間約24ヶ月約18ヶ月
始めどき2020年6月~12月2020年10月~2021年4月

学習時間を3000時間として計算。

兼業受験生は仕事のある人ない日で確保できる勉強時間が大きく異なるので、勉強時間は1日ではなく1週間単位で表示しています。

(カッコ内)は、1週間における平日と土日の勉強時間の目安です。

こもり

予備校や通信講座を利用する場合、開始が標準的な時期から遅れても合格を目指せるスケジュールを組んでもらえるので、「始めどき」を長めにとっています。

私は週に35~40時間の勉強をして、約2年での合格を目指しています。

 

司法試験・予備試験講座の予備校・通信講座8校

司法試験・予備試験の人気予備校

司法試験予備試験の対策講座がある予備校・オンライン予備校・通信講座は8校です。

 

 

予備試験の予備校①:伊藤塾

伊藤塾

初学者向け講座2020年開講 司法試験入門講座 司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース
価格
  • 本科生+リーガルトレーニング:1,260,100 ~ 1,299,900 円
  • 本科生:1,114,900 ~ 1,148,000 円【人気】
  • 本科生+リーガルトレーニング (学習支援システムつき):1,285,100 ~ 1,324,900 円
  • 本科生 (学習支援システムつき):1,139,900 ~ 1,173,000 円

分割払い:有(最大60回)

詳細は伊藤塾公式サイト を参照

運営会社株式会社 法学館
実績・2019年度試験の合格者数:最終合格者476名中376名
・働きながら合格:82.6%
・在学在学中の合格:83.2%
講座の質講師
  • 講師数:7名
  • 人気講師
    ・伊藤 真:司法試験を志す人なら知らない人のいないカリスマ講師

伊藤塾には16名の講師がいますが、上記講座の講師は6名です。

看板講師の呉明植講師は専門コース担当です。

教材
  • テキスト:2色刷り・オリジナルテキスト、冊子
  • 問題集:冊子

独学者も愛用する、網羅的に情報が記載されたバイブル的テキスト

講義
  • 収録:通学講座向け講義の録画
  • 形式:講師の説明・黒板に板書
  • 時間:180分
カリキュラム
  • 講義時間:約800時間
  • カリキュラム
    ・体系マスター:42時間
    ・基礎マスター[法律基本科目]:510時間
    ※基礎マスター商法含む
    ・論文マスター[法律基本科目]:186時間
    ・基礎マスター・論文マスター[法律実務基礎科目]・基礎マスター:27時間
    ・論文マスター:12時間
    ・リーガルトレーニング[基礎編]・基礎マスター 短答まとめテスト:6回
    ・基礎マスター 論文答練 [添削あり]:19回
    ・基礎論文書き方 ゼミ/講義:12回
    ・リーガルトレーニング[実践編]・論文マスター答練:23回
    ・予備試験 過去問添削(2011-2018年):71回
    ・選択科目対策講義(詳細は未定
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:有
    ・短答式過去問題演習システム:過去問Web演習
    ・基礎力確認演習システム
    ・重要判例学習システム
  • 音声ダウンロード:有
サポート
  • 質問サポート:有
    ・伊藤塾マイページから質問対応
    ・回数制限なし
    ・他の受講生の相談や解答も閲覧可能
    ・学習スケジューリング
    ・カウンセリング
    ・電話またはZoomでカウンセリング
    ・講師や合格者が対応

予備試験講座で最高レベルのサポート体制

総評伊藤塾予備試験講座

3つの魅力

  1. 圧倒的な合格実績
  2. 豪華な講師陣と質の高いテキスト
  3. 司法試験・予備試験のシェアNo.1

向いている人

  1. 時間とお金をかけてじっくり勉強したい人
  2. 合格実績や講師陣を重視して講座を選びたい人
  3. 手厚いサポートを受けながら勉強を続けたい人
公式サイト伊藤塾
詳細記事伊藤塾の特徴・口コミ・評判

伊藤塾は、法律系の難関資格試験の対策講座を開講している大手予備校です。

伊藤塾の司法試験・予備試験講座は、業界シェアトップで、毎年最も多くの合格者を輩出しています。

伊藤真先生や呉明植先生など有名講師による講義やボリュームのあるテキスト、網羅的なカリキュラムなど実績を支える要素が満載です。

 

2021年の2~4月には、「司法試験 入門講座 2年合格コース(2023年合格目標)」や「司法試験 入門講座 予備試験1年合格コース(2022年合格目標)」などが開講されます。

随時情報を追加します。

 

伊藤塾の口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 圧倒的な合格実績がある
  • テキストが出題範囲をほぼ網羅している
  • 有名講師による質の高い講義が受けられる
  • 司法試験講座のトップシェアを維持している
良くない口コミ
  • 価格が高すぎる
  • カリキュラムが非効率的
  • eラーニングの性能が今一つ

 

予備試験の予備校②:アガルート

アガルートアガルートアカデミー
初学者向け講座【2022年合格目標】司法試験|予備試験1年合格カリキュラム
価格
  • オプション無し:932,800円(652,960円
  • マネジメントオプション
    ・通信指導:1,845,800円(1,292,060円【人気】
    ・ラウンジ指導:1,922,800円(1,345,960円

赤字は割引(2021年6月末までの早割価格)

詳細はアガルートの割引セール情報を参照

合格特典:司法試験講座20万円分プレゼント

分割払い:有(最大60回)

詳細はアガルート公式サイトを参照

運営会社株式会社アガルート
実績
  • 2019年度「予備試験」の最終合格率は17.7%(全国平均4.04%の4.4倍)
    ※マネジメントオプション利用者
  • 2019年度「司法試験」の合格者占有率34.8%(523名/1,502名)

通信講座では最高レベルの合格実績

講座の質講師
  • 講師数:11名
  • 人気講師
    ・工藤北斗:元LECの看板講師。予備試験講座のメイン講義を受け持つ看板講師
教材
  • テキスト:講師自作のフルカラー・オリジナルテキスト、冊子
  • 問題集:冊子
講義
  • 収録:通信講座専用
  • 形式:ホワイトボードに板書+講師の説明
    ※表示されたテキストに沿って講師が説明
  • 時間:1チャプター:10~20分前後

スキマ時間でもチャプターごとに視聴可能

カリキュラム
  • 講義時間:約700時間
  • カリキュラム
    ・総合講義300:300時間
    ・予備試験 論文過去問解析講座(9科目):45時間
    ・旧司法試験 論文過去問解析講座:50時間
    ・短答知識完成講座Ⅰ:20時間
    ・短答知識完成講座Ⅱ:123時間
    ・司法試験・予備試験短答過去問解析講座:93時間
    ・法律実務基礎科目対策講座:27時間
    ・一般教養科目対策講座:10時間
    ・選択科目対策講座:詳細未定
    ・論証集の「使い方」:30時間
    ・重要問題習得講座(オンライン添削付き):65時間
    ・予備試験答練(オンライン添削付き):28問
    ・法律実務基礎科目答練(オンライン添削付き):4問
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:無
    ・テキスト表示
    ・webテキスト
  • 音声ダウンロード:有
サポート
  • 質問サポート:有
    ・Facebookグループ
    ・回数無制限、講師対応、受講生の質問・回答を閲覧可
  • 添削指導
    ・オプションなし:100通
    ・オプションあり:150通
  • カウンセリング(オプションなし)
    ・月1回30分、オンライン
  • 講師の個別指導:(オプションアあり)
    ・週1回1時間(通信指導orラウンジ指導)
  • 講師による進捗管理・答案指導(オプションあり)

個別指導は予備校を上回るサポートレベル

総評アガルート予備試験講座

3つの魅力

  1. 全国平均の4.4倍の合格率
  2. 最短ルートで合格を目指せるカリキュラム
  3. 予備校以上に充実した添削指導や個別指導・サポート

向いている人

  1. 法律初学者で短期合格したい人
  2. 講師の手厚いサポートを受けて勉強したい人
  3. スキマ時間の勉強の積み重ねで合格力を身につけたい人
公式サイトアガルート
詳細記事アガルートの特徴・口コミ・評判

アガルートは、2013年に元LEC講師の工藤北斗(岩崎北斗)先生が立ち上げたオンライン予備校です。

法律系資格の対策講座を中心に高い実績を上げ続けており、毎年、受験生を伸ばし続けています。

予備試験講座は、工藤先生の無駄のない講義とフルカラーテキスト、司法試験業界で最も手厚いサポート体制が口コミで評判です。

 

2021年合格を目指す場合は、【2021年合格目標】2020司法試験|予備試験1年合格カリキュラムをチェックしてください。

 

アガルートの口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 工藤先生の講義とテキストの質が高い
  • 論文式試験の対策(答練・添削)が充実している
  • 司法試験講座で最もサポートが充実している
  • 効率特化のカリキュラムで初学者でも1年合格を目指せる
良くない口コミ
  • 説明が聞き取りづらい
  • eラーニングの機能が少ない
  • オプションをつけると値段が跳ね上がる

 

予備試験の予備校③:資格スクエア

資格スクエア
初学者向け講座7期セットプラン
価格
  • 逆算プランプレミアム:987,800円
  • 逆算プラン:877,800円【人気】
  • 独学プラン:547,800円

割引については資格スクエアの割引セール・クーポン情報を参照

16万5,000円相当の特典をもらうなら無料オンライン説明会に参加

分割払い:有(最大:不明)

詳細は資格スクエア公式サイトを参照

運営会社株式会社サイトビジット
実績
  • 2019年度試験の合格者数100名以上(累計200名超)
講座の質講師
  • 講師数:3名
  • 人気講師
    ・高野泰衡:LECや伊藤塾での講師経験が豊富で、分かりやすい講義に定評がある講師。
教材
  • テキスト:フルカラーテキスト、オンラインレジュメ、冊子・Web
  • 問題集:Web問題集、冊子
講義
  • 収録:通信講座専用
  • 形式:オンラインレジュメ、講師の説明・ホワイトボードへの板書
  • 時間:30分前後
カリキュラム
  • 講義時間:約530時間
  • カリキュラム
    ・予備試験入門・基礎講座Ⅰ・Ⅱ:500回(300時間)
    ・基礎問演習Ⅰ・Ⅱ:400回(70時間)
    ・過去問演習:70回(80時間)
    ・短答対策講座:50時間
    ・法律実務基礎講座:20時間
    ・一般教養対策講座:2時間
    ・導入問添削:49問
    ・基礎問添削:61問
    ・過去問答練:20問
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:有
    ・オンラインレジュメ
    ・条文リンク
    ・問題演習
    ・質問機能
    ・論証集
    ・単語帳
  • 音声ダウンロード:有(税込55,000円)

【無料】オンライン説明会で割引クーポンがもらえる

サポート
  • 質問サポート:有
    ・講義中に質問(回数制限なし)
    ・合格者がメール解答
  • フォローアップ(独学プラン以外)
    ・コンサルタントによる月1回のフォロー
    ・学習計画、学習指導、進捗確認
  • 個別指導(逆算プランプレミアム)
    ・合格者が月2回テレビ電話で質問対応(各15分)
総評資格スクエア予備試験講座

3つの魅力

  1. 人気講師による分かりやすい講義
  2. 効率特化のコンパクトなカリキュラム
  3. Web上で学習が完結するオンライン学習システム

向いている人

  1. 法律初学者で一から勉強して合格したい人
  2. コンパクトなカリキュラムで効率的に学習したい人
  3. 講義視聴から学習サポートまでオンライン完結させたい人
公式サイト資格スクエア
詳細記事資格スクエアの特徴・口コミ・評判

資格スクエアは、代表講師の鬼頭政人先生が立ち上げたオンライン予備校です。

AIによる想定問「未来問」や近年のオンライン学習ブームで注目され、短期間で人気の予備校となっています。

予備試験講座は、高野泰衡先生による分かりやすい講義やリーズナブルな値段、使い勝手の良いオンライン学習システムが評判です。

 

資格スクエアの口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 値段がリーズナブル
  • 働きながらでも無理なく勉強できる
  • eラーニングシステムが使いやすい
  • AIを活用した問題演習や模試が優秀
良くない口コミ
  • 音声ダウンロードが有料
  • 論文講座の説明が初学者には難しい
  • スマホだと講義の視聴性とシステムの操作性が落ちる

 

予備試験の予備校④:スタディング

スタディング司法試験・予備試験
初学者向け講座予備試験合格コース[2021年+2022年試験対応]
価格
  • 総合:142,780円【人気】
  • 基礎:90,750円

割引についてはスタディングの割引クーポンとキャンペーン情報を参照

分割払い:有(最大36回)

詳細はスタディング公式サイトを参照

運営会社KIYOラーニング株式会社
実績
  • 非公表(合格者の声に5名の感想あり)
講座の質講師
  • 講師数:2名
  • 看板講師
    ・小村 仁俊:実務経験が豊富な実務家講師
教材
  • テキスト:Web、フルカラー、オリジナル
    ※冊子版なし
  • 問題集
    Web(スマート問題集、セレクト過去問集)
講義
  • 収録:通信講座専用
  • 形式:スライド+講師の説明
    ※講師がスライドの前で分かりやすく解説
  • 1講義:30分前後

通勤中などのスキマ時間でもスマホで視聴可能

カリキュラム
  • 講義時間:約340時間
  • カリキュラム
    ・短期合格セミナー:1回
    ・法律基本7科目:190時間(348回)
    ・法律実務基礎科目:12時間(26回)
    ・スマート問題集 短答演習:1612問
    ・セレクト過去問集 短答演習:719問
    ・論文対策講座 基本フォーム編:73時間(105回、35問)
    ・論文対策講座 予備実践編:67時間(48回、48問)
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:有
    ・スマート問題集
    ・セレクト過去問集
    ・学習フロー
    ・学習レポート
    ・Webテキスト
    ・マイノート機能
    ・検索機能
    ・暗記ツール機能
    ・問題横断復習機能
    ・勉強仲間機能
  • 音声ダウンロード:有

スマホ一つで講義視聴から進捗管理まで全てこなせるシステム

サポート
  • 質問サポート:無
総評スタディング

3つの魅力

  1. けた違いに安い講座価格
  2. スマホ一つで学習が完結するシステム
  3. 働きながらでも短期合格を狙えるカリキュラム

向いている人

  1. 自宅学習の時間が取りにくい人
  2. スマホ学習を中心にしたい人
  3. 学習コストを抑えたい人
公式サイトスタディング
詳細記事スタディングの特徴・口コミ・評判

スタディング(STUDYing)は、2008年にサービスを開始した難関資格の対策講座を取り扱うオンライン学習サービスです。

けた違いに安い値段と、スマホで学習が完結するeラーニングが魅力です。

予備試験講座も学習費用を抑えられることとeラーニングが人気で、社会人を中心に受講者を伸ばしています。

 

スタディングの口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 値段が安い!これに尽きる
  • eラーニングが多機能で使いやすい
  • スライド形式の講義が斬新で分かりやすい
  • スキマ時間の勉強を積み重ねて合格を目指せる
良くない口コミ
  • 質問サポートがない
  • 添削指導を受けられない
  • 論文式試験に合格するには講座の中身が不十分

 

予備試験の予備校⑤:LEC

LECLEC社名ロゴ
初学者向け講座予備試験・法科大学院共通1.5年合格コース【2022年合格】
価格
  • 通信Web・音声DL可・スマホ視聴可 自宅受験:1,102,870円【人気】
  • 通信DVD 自宅受験:1,268,330円
  • 入学金:上記に+1万円

分割払い:有(最大36回)

詳細はLEC公式サイトを参照

運営会社株式会社 東京リーガルマインド
実績・1993年~2018年のLEC入門講座出身合格者数:5,134名
講座の質講師
  • 講師数:3名
  • 人気講師
    ・武山 茂樹:池袋本校の看板講師
    ・赤木 真也:梅田駅前本校の看板講師
    ・田中 正人:渋谷駅前本校の看板講師

LECには全国に数十名の講師がいますが、上記初学者向け通信講座の担当は3名です。

教材
  • テキスト:2色刷り・オリジナルテキスト、冊子
  • 問題集:冊子
講義
  • 収録:通学講座向け講義の録画
  • 形式:講師の説明・書画カメラでテキストなどを表示しながら書き込み
  • 時間:60分~180分
カリキュラム
  • 講義時間:約700時間
  • カリキュラム
    ・入門講座:107回
    ・法律実務基礎講座[講義編]:11回
    ・短答合格講座:40回
    ・合格答案作成講座:63回
    ・論文基礎力養成答練:30回
    ・ハイレベル論文答練:6回分
    ・法律実務基礎講座演習編:6回
    ・ハイレベル短答模試:24回
    ・予備試験短答ファイナル模試(2021・2022):2回

入門講座・論文基礎養成答練・合格答案作成講座は3講師から1人を選択、短答合格講座は田中講師が担当

オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:有
    ・教えてチューター:質問に専門スタッフが回答
    ・教えてメイト:受講生同士の交流ができる
    ・進捗率:各講座の受講状況が分かる
    ・カレンダー:やることリストとカウントダウンなどが表示できる
    ・カウントダウン:目標までの日数を表示
  • 音声ダウンロード:有〈無料〉
サポート
  • 質問サポート:有
    ・教えてチューター
    ・回数無制限、学習の質問から悩み相談まで専門スタッフが回答

通信講座では最高レベルのサポート体制

総評LEC予備試験講座

3つの魅力

  1. 蓄積されたノウハウに基づく充実のカリキュラム
  2. 看板講師3人から自分に合った講師を選べる
  3. 充実したサポート体制

向いている人

  1. 自分に合った講師を選びたい人
  2. 大手予備校のノウハウが詰まった講座で学びたい人
  3. 自分に合った講座を組み合わせて受講したい人
公式サイトLEC東京東京リーガルマインド
詳細記事LECの特徴・口コミ・評判

LECは、全国に展開している大手予備校です。

予備試験講座を含む多数の講座があり、全国に校舎があるので地方在住でも通学しやすいというメリットがあります。

予備試験講座は、蓄積されたノウハウと講師力に定評がありますし、最近はZoomを利用した双方向講義も注目されています。

 

LECの口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 自分に合う講師を選べる
  • 講座の種類が豊富で選択肢が多い
  • 大手予備校で勉強しているという安心感がある
  • 全国各地に校舎があるので、通学コースは通いやすい
良くない口コミ
  • 近年の合格実績が分からない
  • 講座の値段が高くて費用がかかりすぎる
  • 通信コースは充実してきたけど、通信講座と比べると課題が多い

 

予備試験の予備校⑥:辰已法律研究所

辰已法律研究所辰已法律研究所
初学者向け講座予備試験・上位LS併願スタンダードスキーム(2022年予備試験受験対策)[WEB]
価格
  • Web:835,300円
  • Web+DVD:911,700円

分割払い:有(最大60回)

詳細は辰已法律研究所公式サイトを参照

運営会社株式会社 辰已法律研究所
実績
  • 非公表
講座の質講師
  • 講師数:1名
  • 看板講師
    ・原孝至:論文対策講座の質の高さに定評があるカリスマ講師
教材
  • テキスト:白黒・オリジナルテキスト/冊子
  • 問題集:冊子
講義
  • 収録:通学講座向け講義の録画
  • 形式:講師がホワイトボードの前で説明・板書
  • 1講義:180分
カリキュラム
  • 講義時間:約467時間
  • カリキュラム
    ・司法試験 原孝至・基礎講座 2020年:103回
    ・短答オープン 第2クール(2021年対策):11回
    ・論文答練 夏期(2022年対策):15回
    ・短答オープン 第1クール(2022年対策):10回
    ・論文答練 第1クール(2022年対策):20回
    ・短答オープン 第2クール(2022年対策):11回
    ・論文答練 第2クール(2022年対策):20回
    ・予備試験 総択(2022年対策)
    ・法律科目模試
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:無
  • 音声ダウンロード:有
サポート
  • 質問サポート:有
    ・Eメール、回数制限なし
総評辰已法律研究所予備試験講座

3つの魅力

  1. テキストの質が高い
  2. カリスマ講師による一貫した指導
  3. 「論文対策は辰已」と言われるほど答練・添削の質が高い

向いている人

  1. 法律の学習経験がある人
  2. 論文式対策に力を入れたい人
  3. カリスマ講師の講義や質の高いテキストで学びたい人
公式サイト辰已法律研究所
詳細記事辰已法律研究所の特徴・口コミ・評判

辰已法律研究所は、司法試験対策講座を開講している老舗の予備校です。

近年は伊藤塾やオンライン予備校の躍進で受講生が伸び悩んでいますが、予備試験関連の書籍は独学の受験生にも評判が良く、全国模試は伊藤塾の模試より受験者数が多いなど影響力は残っています。

答練・添削の質の高さには定評があり、論文対策だけ辰已法律研究所の講座を受講する受験生は少なくありません。

 

辰已法律研究所の口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 論文式対策の質が高い
  • 論文式だけ辰已を使う人も多い
  • テキストが独学者にも愛用されている
  • 答練や模擬試験の採点のレベルが高い
良くない口コミ
  • 合格実績が非公表
  • 事業を縮小している
  • 入門講座が初学者には難しい

 

予備試験の予備校⑦:資格スクール大栄

資格スクール大栄

資格スクール大栄予備試験講座

資格スクール大栄は、社会人を対象としたスキルアップ講座を開講している全国規模の予備校です。

予備試験講座の知名度は高くありませんが、吉野勲先生の講義を採用しているので一定の質は確保されています。

ただし、サポート体制やオンライン楽手システムは充実しておらず、合格実績も非公表です。

 

・資格スクエアの吉野勲先生の講義を採用している

 

こもり

動画講義をはじめオリジナル要素はなく、大栄ならではの特筆すべき点も見当たらないので、あえて資格スクール大栄の講座を選ぶメリットはありません。

予備試験を開講している予備校として名を連ねているので紹介はしていますが、詳しい解説は省略します。

 

予備試験の予備校⑧:Wセミナー(TAC)

 

WセミナーWセミナー
初学者向け講座2022年合格目標 ハイブリッド予備合格
価格
  • フルパック【人気】
    ・Web通信講座:649,000円(609,000円
    ・DVD通信講座:781,000円(741,000円
  • スタンダードパック
    ・Web通信講座:549,000円(519,000円
    ・DVD通信講座:684,000円(654,000円
  • ベーシックパック
    ・Web通信講座:469,000円(449,000円
    ・DVD通信講座:599,000円(579,000円
  • 入会金:上記プラス1万円

分割払い:有(最大36回)

詳細はTAC公式サイトを参照

運営会社TAC株式会社
実績
  • 非公表
講座の質講師
  • 講師数:2名
  • 看板講師
    ・御堂地 雅人:社会人で司法試験に合格した非法学部出身の講師
教材
  • テキスト:2色刷り・オリジナルテキスト/冊子
  • 問題集:冊子、Web
講義
  • 収録:通学講座向け講義の録画
  • 形式:講師が黒板の前で説明・板書
  • 1講義:180分
カリキュラム
  • 講義時間:約450時間
  • カリキュラム
    ・オリエンテーション:1回
    ・基礎エッセンス講義:10回(30時間)
    ・短答プラクティス講座:53回(159時間)
    ・論文プラクティス講義<答案表現編>:20回(60時間)
    ・論文基礎答練:20回
    ・論文エッセンス講義:34回(102時間)
    ・法律実務基礎科目徹底解析講義:11回(33時間)
    ・論文プラクティス講義<予備過去問編>:22回(66時間)
    ・重要判例答練:21回
    ・短答過去問答練:教材配布のみ
    ・法改正点対応講義
    ・予備試験論文応用答練:8回
オンライン
  • マルチデバイス対応:有
  • 学習サポート機能:有
    ・短答必修アプリ
  • 音声ダウンロード:有
サポート
  • 質問サポート:有
    ・Eメール、回数制限なし
  • 個別相談制度
    ・月1回、電話で講師に疑問質問や悩み相談ができる
総評Wセミナー(TAC)予備試験講座

3つの魅力

  1. 予備校の中では価格が安い
  2. 非法学部出身の講師による分かりやすい講義
  3. 短答必修アプリで「いつでもどこでも」アウトプット学習できる

向いている人

  1. 大手予備校の講座を廉価で受講したい人
  2. コンパクトなカリキュラムで合格を目指したい人
  3. 大手予備校の蓄積されたノウハウを利用したい人
公式サイトWセミナー
詳細記事Wセミナーの特徴・口コミ・評判

Wセミナーは、大手予備校のTACが運営している予備校です。

法律系の資格試験や公務員試験の対策講座を開講しており、TACと合わせると日本で最大級の講座数があります。

非法学部出身の御堂地雅人先生や小堀信賢先生の講義が初心者に人気があるほか、大手にしてはリーズナブルな価格設定も注目です。

 

Wセミナー(TAC)の口コミ・評判・評価

良い口コミ
  • 大手予備校の安心感がある
  • カリキュラムが短く勉強しやすい
  • 予備校では最も講座の値段が安い
  • 短答必修アプリの使い勝手が良い
良くない口コミ
  • 合格実績が非公表
  • 司法試験講座は縮小傾向にある
  • 中村充先生(現BEXA講師)が抜けた

 

司法試験・予備試験の予備校8校を比較

司法試験・予備試験の人気予備校の比較

司法試験予備試験のオンライン予備校3つを選ぶときの基準は次のとおりです。

基準内容
価格講座値段・かかる費用(割引セールも含む)
運営会社運営会社の経営状態(事業規模も評価対象)
実績過去の受講生の合格者数や合格率
講座の質講師、教材、講義、カリキュラムの質の4点で評価
オンラインオンライン講義やeラーニングの質
サポート学習サポート体制の質

 

こもり
行政書士や司法書士の講座選びでも同じ基準で選び、いずれの試験にも一発で合格できました。

 

予備試験 予備校8校の比較結果

司法試験予備試験の講座がある予備校8校を「6つの基準」で比較した結果をまとめました。

講座
LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
講座価格333.545444
運営会社54444.5355
実績3.55443333
講座の質講師4.554.54343.53.5
教材45544434
講義4.554.54.54434
カリキュラム44543334
総合45543.5434
オンライン3.5344.55333.5
サポート555434.544.5

0~5まで0.5刻みの11段階で評価。

LECと伊藤塾のサポートは通学コースのみ5.

 

では、6つの基準を一つひとつ確認していきます。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較①:価格・値段・費用

司法試験・予備試験の人気予備校の価格を比較

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエア スタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
価格
(税込)
1,062,870円~1,114,900円~932,800円
652,960円
877,800円142,780円835,300円
896,170円
659,000円
分割払い有(最大36回)有(最大60回)有(最大60回)有(最大:不明)有(最大36回)有(最大60回)有(最大:不明)有(最大36回)
評価
各講座の初学者向け講座の税込定価(赤字は割引価格)を表示しています。

 

司法試験予備試験講座の価格・費用ランキング

予備試験講座の価格が最も安いのはスタディングです。

最も高い講座でも値段は税込142,780円で、伊藤塾の税込1,114,900円~と比較すると約1/8の費用で済みます。

独学にかかる費用が平均30万円なので、参考書や問題集を買い足しても独学と同じくらいの費用で済む驚きの講座です。

 

老舗の予備校では、Wセミナーがリーズナブルな価格設定です。

実は、初学者向けのフルコースは、スタディングに次いで安い値段となっています。

よりリーズナブルなコースもあるので、学習コストを重視する人向けです。

 

伊藤塾とLECの値段は、安くても100万円を超えています。

割引セールを利用すれば数万円は費用を抑えられますが、初学者向けコースで費用が100万円以下になることはほぼありません。

 

オンライン予備校では、定価だとアガルートが資格スクエアより少し高めです。

ただし、アガルートは頻繁にセール・キャンペーンを実施しており、時期によっては価格が逆転します。

例えば、2021年1月の場合、アガルートの講座は税込652,960円で販売されており、資格スクエアの逆算プランより20万円以上費用を抑えられます。

 

こもり

資格スクエアには独学向けの格安プランもありますが、動画講義と教材だけで、フォローアップも添削指導もありません。

添削なしで初学者が合格するのは難しいので、合格したいなら逆算プラン以上を選ぶことになります。

 

アガルートは割引セール中の値段に注目

アガルートは、頻繁に期間が長い割引セール・キャンペーンを開催しています。

10~30%offと割引率も大きいので、セール期間に購入すれば資格スクエアと同じ価格帯で受講できます。

例えば、2021年6月までは予備試験1年合格カリキュラムが早割で30%offです。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較②:運営会社

司法試験・予備試験の人気予備校の運営会社を比較

予備校 LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所 資格スクール大栄 Wセミナー
運営会社株式会社
東京リーガルマインド
株式会社法学館株式会社アガルート株式会社サイトビジットKIYOラーニング株式会社株式会社
辰已法律研究所
株式会社
リンクアカデミー
TAC株式会社
評価

 

司法試験予備試験講座の運営会社ランキング

「運営会社って大事なの?」と思うかもしれませんが、講座を選ぶときの重要な比較ポイントです。

経営が不安定は会社だとサービスの質が落ちやすく、受講中にサービス中断ということもあり得るからです。

事業規模や資本金で予備校の運営会社を評価すると、優秀なのは全国展開している大手予備校のLEC、資格スクール大栄、Wセミナーです。

 

伊藤塾とオンライン予備校3つは、事業規模に差はありますが大きな問題は見当たりません。

気になるのが辰已法律研究所です。

校舎の規模縮小や休校が相次いでおり、事業縮小を心配する声もあります。

 

こもり

辰已法律事務所は、圧倒的な実績を誇る伊藤塾や新興のオンライン予備校に押されているようです。

ただ、出版している書籍は独学者に高い人気がありますし、論文対策や全国模試も業界トップレベルと言われており、影響力はまだまだ高いです。

数年前に司法試験予備試験に合格した人に話を聞くと「論文対策は辰已が良い」と口をそろえていました。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較③:実績

司法試験・予備試験の人気予備校の実績を比較

予備校LEC 伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
合格実績1993年~2018年の
LEC入門講座出身合格者
5,134名
2019年度予備試験
最終合格者476名中376名
が伊藤塾の受講生
司法試験合格者占有率
34.8%
(1502名中523名)
予備試験合格者200名超
(2019年度は147名)
非公表
合格者の声:5名
(年度不明)
非公表非公表非公表
評価

 

司法試験予備試験講座の合格実績ランキング

合格実績が優秀なのは伊藤塾です。

公式サイトでは、2019年度予備試験の最終合格者476名中376名が伊藤塾有料講座の受講生だと発表されています。

伊藤塾の予備試験講座 合格実績

合格者の5人に4人が伊藤塾出身という圧倒的な合格実績です。

また、予備試験ルートから司法試験に合格した315名中266名が伊藤塾出身という実績も公表されています。

合格実績において、伊藤塾に肩を並べる予備校は他にありません。

 

伊藤塾以外では、LEC、アガルート、資格スクエアが合格実績を公表しています。

予備試験の合格者数を公表しているのは資格スクエアです。

資格スクエア司法試験予備試験講座の合格実績

公式サイトに、「資格スクエア予備試験講座有料講座から予備試験合格者200名超合格」と公表されています。

「累計だと近年の実績が分からない」と思うかもしれませんが、公式サイト内に2019年度予備試験の合格者数も表示されています。

資格スクエア司法試験予備試験講座の合格実績

「2019年、予備試験に476人が合格し、資格スクエアの受講生からは147名の合格のお声を頂きました。」とあり、合格者の3.2人に1人が資格スクエアを受講していた計算です。

単品プランの受講も含まれますが、全体の3割近い人が資格スクエアの利用歴があることになります。

 

アガルートは、司法試験合格者の占有率を公表しています。

アガルート予備試験講座の合格実績

1502名中523名がアガルートの講座を受講していた計算です。

 

また、2019年度予備試験の最終合格率は17.7%です。

アガルートの合格実績

全国平均4.04%の4.4倍高い数値で、受講生の5.6人に1人が合格している計算になります。

マネージメントオプションを利用した人の合格率で、アガルートのサポート体制の効果を証明する結果です。

 

LECは1993年~2018年の合格者数が5,134名と公表しています。

LEC合格実績

ただし、25年間の累計合格者数なので最近の合格実績は分かりません。

また、入門講座の申し込みから7年以内に実施された司法試験の合格者も含まれるので、LECを受講後に他の講座を受講して合格した人も含まれる可能性があります。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較④:講座の質

司法試験・予備試験の人気予備校の講座を比較

予備校LEC 伊藤塾 アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
講師
教材
講義
カリキュラム
トータル

講座の質については、講師、教材、講義、カリキュラムに分けて解説します。

 

司法試験予備試験講座の講座の質ランキング

 

講師

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
看板講師矢島純一
田中正人
伊藤真
呉明植
工藤北斗高野泰衡小村 仁俊原 孝至吉野勲御堂地雅人
講師柴田孝之
他6名
山本有司
他13名
谷山政司
他10名
鬼頭政人
他数名
小倉 匡洋稲村 晃伸
他6名
他数名上原 広嗣
他数名
講師数9名16名11名4~5名2~3名8名2~3名3~4名
評価
看板講師は、公式サイトのメインビジュアルや講師紹介の冒頭に紹介されている講師を表示しています。

講師力で優秀なのは、伊藤塾です。

また、アガルートやLECも高い講師力を誇っています。

 

伊藤塾は、塾長の伊藤誠先生や看板講師の呉明植(ごうあきお)先生を筆頭に、予備試験で最大の16名もの講師が在籍しています。

講師実績や書籍出版など実績のある講師が勢ぞろいで、講義の質の高さと分かりやすさも評判です。

初学者向けの基本コースは、伊藤真先生を含む講師7名が専門分野の講義を担当しています。

 

アガルートは、オンライン予備校最大の11名もの講師が在籍しています。

メイン講義は人気講師の工藤北斗先生が担当し、自作テキストと連動した講義は無駄がなく、必要な情報だけをインプットできると評判です。

工藤先生ばかりが目立ちがちですが、谷山先生や石橋先生など有名な講師が在籍しており、講義やサポートで活躍しています。

 

LECは、有名校ごとに看板講師がいるのが特徴です。

田中正人先生や矢島純一先生など合計9名の講師が在籍し、看板講師などがメイン講師を務める講義を受講できます。

自分に合った講師の指導を一貫して受けることができるので、相性の良い講師を見つければ学習効率も高まります。

 

辰已法律研究所は、看板講師の原孝至先生が有名です。

大手やオンライン予備校の講師に隠れてしまいがちですが、合計8名の講師が在籍しているのも注目です。

 

資格スクエア(7期)は、高野泰衡先生が人気講師として活躍されており、講師の知名度は高いと言えます。

高野先生は、有名予備校での講師経験が長く、図表を使った分かりやすい講義が口コミです。

受講生にも合格者にもファンが多く、講師目当てに資格スクエアを選ぶ人も少なくありません。

 

こもり

6期で高い人気を誇った吉野勲先生は、7期には参加されません。

吉野先生の講義を受講したい人はBEXAの講義を検討してみてください。

 

教材

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
テキストオリジナル
2色刷り
冊子
オリジナル
2色刷り
冊子
オリジナル
(講師自作)
フルカラー
冊子/Web
公式テキスト
2色刷り
冊子/Web
オリジナル
フルカラー
Web
※冊子なし
オリジナル
2色刷り
冊子
公式テキスト
2色刷り
冊子
公式テキスト
2色刷り
冊子
問題集オリジナル
冊子
オリジナル
冊子
オリジナル
冊子
公式
冊子
オリジナル
Web
オリジナル
冊子
公式
冊子
オリジナル
冊子/Web
模試
辰已と共催

AI出題の未来問

アガルートと共催
評価
模試については、資格ラボさんの「司法試験・予備試験の模試まとめ」を参考にさせていただきました。

 

予備試験講座の教材が優秀なのは、伊藤塾とアガルートです。

 

伊藤塾のテキストは網羅性が特徴で、とにかく分厚く情報量が多いです。

「弁護士として就職した後も机に伊藤塾のテキストを入れてある」という人がいるほど、合格後にも役立つ情報が詰まっています。

バイブルにしている司法試験・予備試験の受験生も多く、他講座を受講してもテキストは伊藤塾を使うという人もいるほどです。

 

アガルートのテキストは、講義を担当する講師が全て自作していることとフルカラー仕様が特徴です。

講師が講義内容を踏まえて作るので連動性が高く、必要な情報だけが無駄なく掲載されているので、伊藤塾と比較すると驚くほど薄くなっています。

また、フルカラーは記憶定着率を高めることが海外の実験で実証されており、その点からも学習効率を高める効果があります。

 

注目したいのがスタディングのテキストです。

スタディングの講義はスライド表示+講師の説明で進むのでテキストを使わず、テキストは復習用という位置づけになっています。

フルカラーで学習の要点がコンパクトにまとまっているので記憶の定着や知識の確認に最適で、伊藤塾やアガルートとは違った意味で優秀なテキストです。

 

こもり

資格スクエアもオリジナルテキストをウリにしていましたが、2020年8月31日に他出版社の書籍を不正利用していたことが発覚しました。

そのため、7期では大幅に改定されています。

 

講義

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
講義通学コースの録画通学コースの録画オリジナルオリジナルオリジナル通学コースの録画資格スクエアと同じ通学コースの録画
形式黒板に板書
資料の表示
講師の説明
黒板に板書
資料の表示
講師の説明
ホワイトボードに板書
テキスト表示
講師の説明
ホワイトボードに板書
テキスト表示
講師の説明
スライド表示
講師の説明
ホワイトボードに板書
資料の表示
講師の説明
黒板に板書
資料の表示
講師の説明
1講義の時間150分180分10~20分
(1チャプター)
約30分約25分180分180分
評価

予備試験講座の講義は、伊藤塾が優秀です。

 

伊藤先生の講義は「司法試験や予備試験を志すなら一度は聞いておきたい」と言われる伝説的な講義です。

基本コースを担当する本田先生や岡崎先生などの講義も丁寧で分かりやすいと評判で、初学者には高く評価されています。

また、トップ講師の呉先生の一貫指導が受けられるコースでは、自作の「呉基礎本」をフル活用した講義が評判です。

 

LECは、長年蓄積されたノウハウを現役講師がアレンジを加えて実践しており、一定の質が確保されています。

田中先生や矢島先生など看板講師が一貫指導するコースが複数あり、それぞれ特徴が異なるので、最初の講座選びが重要です。

 

オンライン予備校ではアガルートの講義が優秀です。

合格に必要な情報だけを厳選して説明するスタイルで、テキストや問題集とリンクしているので効率的にインプットできます。

特に、講義とテキストの連動性の高さは他の予備校の比ではなく、、学習経験者にも高く評価されています。

 

資格スクエアは、人気講師の高野先生の講義が人気です。

高野先生は、難しい法律用語を図表を使って初学者にも分かりやすく説明することに定評があります。

6期の人気講師であった吉野先生が抜けたのは大きいですが、初学者向け講座は高野先生が続投されるので大きな影響はありません。

 

カリキュラム

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
講義時間約700時間約800時間約700時間約530時間約340時間約467時間資格スクエアと同じ約450時間
評価

カリキュラムは、最短ルートで合格を目指せるアガルートが社会人向けです。

 

アガルートのカリキュラムは、基礎講義を「総合講義300」の300時間に抑え、論文や短答対策に十分な時間を割いているのが特徴です。

アガルート予備試験講座のカリキュラム

 

網羅的だけど効率性に課題が残る予備校と、効率特化だけど論文対策が手薄なオンライン予備校の「良いとこどり」のカリキュラムです。

初期から論文式対策を始めるのも特徴で、時間をかけてじっくり論文作成能力を身につけられます。

 

こもり

オンライン予備校は論文対策や短答対策が手薄になりがちですが、アガルートは大手並みに充実しています。

私がアガルートを選択した理由も、論文・短答対策の充実ぶりが魅力的だったからです。

 

伊藤塾のカリキュラムは受講時間が800時間以上とボリュームたっぷりです。

基礎講座だけでも500時間を超えており、予備試験合格に必要な知識を網羅的に学習できます。

ただし、十分な勉強時間が確保できる人でないと、合格まで勉強を続けるのは困難です。

 

資格スクエアは、アガルートと同じく効率性に特化したカリキュラムが特徴です。

学習の流れや使う教材を可視化した教材が複数あり、具体的にイメージしながら学習を進められます。

資格スクエア 予備試験合格ロードマップロードマップ
資格スクエア 学習シート学習シート

ただし、基礎講義は300時間程度とアガルートと同じ程度ですが、論文対策はやや手薄です。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑤:オンライン

司法試験・予備試験の人気予備校のオンラインを比較

予備校LEC伊藤塾アガルート資格スクエア スタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
マルチデバイス対応資格スクエアと同じ
学習サポート
・教えてチューター
・教えてメイト
・進捗率
・カレンダー
・カウントダウン

・短答式過去問題演習
・基礎力確認演習
・重要判例学習

・テキスト表示
・Webテキスト

・オンラインレジュメ
・条文リンク
・問題演習
・質問機能
・論証集
・単語帳

・スマート問題集
・セレクト過去問集
・学習フロー
・学習レポート
・Webテキスト
・マイノート機能
・検索機能
・暗記ツール機能
・問題横断復習機能
・勉強仲間機能

・短答必修アプリ
音声ダウンロード有(有料)
評価

オンライン学習システムが優秀なのはスタディングです。

 

司法試験予備試験講座のオンライン学習システムのランキング

 

視聴性と操作性

パソコンで視聴するなら資格スクエアやアガルートも大きな問題はありませんが、「いつでもどこでも勉強できる」という視点ではスタディングに及びません。

というのも、資格スクエアやアガルートの講義はスマホで視聴すると見やすさや操作性が落ちるからです。

画面が小さくて見にくく、各機能の操作性もパソコンよりも悪くなります。

 

スタディングは、「忙しい社会人がスキマ時間に勉強すること」を想定してスマホ学習に特化しており、講義の収録から各機能までスマホ利用を意識して作られています。

例えば、オンライン講義は画面に映し出されたスライド+講師の説明で進行するので、スマホ画面でも快適に視聴することが可能です。

Webテキストはあくまで復習用で、講義視聴はスマホだけで完結します。

 

伊藤塾やLECなど大手予備校のオンライン講義は、残念ながらオンライン予備校には遠く及びません。

通学生向け講義を録画しただけで、画質・音質も良いとは言えません。

LEC
LECのWeb講座
伊藤塾
伊藤塾の通信講座

出典:LEC(左)、伊藤塾(右)

アガルート
アガルート 講義画面
スタディング
スタディングの通信講座

出典:アガルート(左)、スタディング(右)

資格スクエアの通信講座
資格スクエア
辰已法律研究所のオンライン講義辰已法律研究所

出典:資格スクエア(左)、辰已法律研究所(右)

Wセミナーのオンライン講義Wセミナー(TAC)

出典:Wセミナー(TAC)

資格スクール大栄は資格スクエアの吉野先生の講義を使用しているので割愛

大手予備校のオンライン講義は、講師と黒板が映し出され、講師が通学生に向かって講義するのを淡々と聞くだけです。

講義がオンライン視聴できるだけでテキストは製本版を利用する必要があり、自宅以外で勉強したいときはテキストや六法を持ち歩かなければなりません。

 

こもり

オンラインの質は、オンライン特化のスタディングや資格スクエアが優秀です。

ただし、LECの田中先生がZoomによる双方向講義を開始し、伊藤塾もZoom講義を予定しており、今後は大手のオンラインの質が向上していくと予想されます。

随時、追記していきます。

 

学習サポート機能

アガルートのオンライン講義には講義画面とWebテキストが映し出されますが、特筆すべき学習サポート機能はありません。

スタディングと資格スクエアのオンライン講義は、動画が視聴できるだけでなく学習効率を高めるためのサポート機能を利用できます。

【スタディング】

  • Webテキスト
  • メモ
  • マイノート
  • スマート問題集
  • 問題演習
  • 暗記ツール

【資格スクエア】

  • オンラインレジュメ
  • 条文リンク
  • 問題演習
  • 質問機能
  • 論証集
  • 単語帳

また、システム内で学習フローを表示したり進捗管理ができたりするので、利用者は学習に集中することができます。

 

司法試験・予備試験の予備校 比較⑥:サポート

司法試験・予備試験の人気予備校のサポートを比較

予備校 LEC 伊藤塾 アガルート資格スクエアスタディング辰已法律研究所資格スクール大栄Wセミナー
質問
教えてチューター

マイページ

Facebookグループ

質問フォーム

Eメール
Eメール
個別指導など
(オプション)

【オプションなし】
カウンセリング
月1回30分
【オプションあり】
個別指導
週1回1時間

【逆算プラン】
フォローアップ
月1回15分
【プレミアム】
合格者の電話指導
月2回15分
添削指導
(オプション)

【オプションなし】
100通程度
【オプションあり】
150通程度

約200通
※独学プランは無
評価

 

司法試験予備試験講座のサポート体制のランキング

大手予備校の伊藤塾やLECは、通学コースには手厚いサポート体制が整備されています。

対面での相談やカウンセリングを受けることができますし、講師に直接質問することも可能です。

 

Wセミナーや辰已法律研究所もサポート体制には定評があります。

特に辰已法律研究所は、論文対策の答練・添削のサポート体制が手厚く、論文だけ辰已を受講するという人も少なくありません。

 

ただし、予備校の通信コースのサポートは、Eメールやシステムを利用した簡素なものがほとんどです。

添削指導やフォローアップはオンラインや電話で対応してもらえますが、通学コースほどの手厚さはありません。

講師以外が担当している講座も多く、予備校の課題として通信コースの受講生から不満の声が上がっています。

 

通信講座でサポートが手厚いのはアガルートです。

受講生限定のFacebookグループに参加すれば回数制限なしで質問でき、サポート担当の講師が必ず回答してくれます。

他の受講生の質問や、それに対する講師の回答を見れるのも魅力です。

 

また、毎月1回30分程度の講師によるカウンセリングでは、学習の進捗状況のヒアリングやアドバイスをしてもらえます。

通信講座を利用した勉強はスケジュールやモチベーションの管理が大変ですが、講師とやりとりできることでうまく調節が可能です。

 

こもり
マネジメントオプションを利用すれば、週1の個別指導や答案指導、進捗管理など予備校以上に手厚いサポートを受けられます。

 

資格スクエアも、通信講座としてはサポートが充実している方です。

月1回、15分と短いですが専門スタッフによるフォローアップが受けられます。

逆算プランプレミアムを利用すれば、月2回15分間、合格者に講義やテキストについて質問できるようにもなります。

 

司法試験・予備試験の予備校・通信講座の比較まとめ

司法試験・予備試験の人気予備校を比較のまとめ

6つの基準で司法試験・予備試験の予備校講座を比較した結果、社会人向け講座のランキングは次の通りです。

  • アガルート
    4.5

    アガルートアカデミー

    ・驚異の合格率17.7%
     (全国平均の4.4倍)
    ・予備校以上のサポート体制
    ・1年合格を目指せる質の高さ

  • 伊藤塾
    4



    ・圧倒的な合格実績
    ・トップレベルの講師陣
    ・網羅的なカリキュラム

  • 資格スクエア
    4

    ・合格者200名超
    ・効率特化のカリキュラム
    ・AIを活用したeラーニングと模試

 

専業の受験生なら、講師の豊富さや圧倒的な合格実績を誇る伊藤塾を受講するのが堅実です。

でも、社会人や大学生・ロー生が合格を目指すには、受講時間が800時間を超える伊藤塾はハードルが高いでしょう。

働きながらなど「ながら学習」で最短ルート合格を目指すなら、アガルートが向いています。

 

独学で予備試験の勉強した場合、合格するのに3000~5000時間以上かかると言われています。

3000時間でも1日5時間勉強したとして600日、10時間勉強したとしても300日かかる計算です。

とても短期間で確保できる勉強時間ではありません。

 

そのため、1~2年で合格を目指すなら予備校や通信講座の受講は必須です。

法学部生の大半が、講座を受講して勉強していることからも明らかでしょう。

 

司法試験・予備試験は日本の最難関試験の一つで、講座選びが合否を分けます。

講座選びで最も大切なのは、自分に合った講座を選ぶことです。

必ず、実際に無料講義を受けたり、オンライン説明会に参加したりして、「自分に合っているかどうか」を確認しましょう。

 

まずは、この記事で紹介したオンライン講座のうち「自分に合ってそうな」講座の公式サイトへ行き、講義や説明を視聴してみてください。

 

最短ルート合格を目指すなら

 

合格実績と網羅的なカリキュラムで選ぶなら

「資格のこもり部」の司法試験・予備試験コンテンツ

 

こもり
司法試験・予備試験の予備校・通信講座の比較レビューです。
司法試験の予備校比較
予備校8校の比較アガルートvs資格スクエア
伊藤塾vsアガルート伊藤塾vs資格スクエア
「人気予備校ランキング」と「おすすめ予備校ランキング」も作成しています。

・人気予備校ランキング:受験生へのアンケート結果を元に作成
・おすすめ予備校ランキング:6つの基準で予備校を比較した結果に基づいて作成

 

こもり
各予備校の口コミ・評判と特徴をまとめた記事はこちらです。
予備校の特徴と口コミ・評判
伊藤塾アガルート
LEC資格スクエア
辰已法律研究所スタディング
WセミナーBEXA

 

こもり
予備校をお得に利用するための割引情報も、講座ごとにまとめてあります。
お得な割引情報
アガルート資格スクエア
スタディングオンライン説明会

資格スクエアは、オンライン説明会の参加特典が豪華です。

お得に利用したいなら、参加特典で割引クーポンなどをもらっておきましょう。

また、アガルートは、「アガルート講師が相談に乗ってくれる」受講相談が人気です。

資格スクエアほどの特典はありませんが、受講を考えているなら参加してみる価値はあります。

 

こもり
私のような社会人受験生が司法試験・予備試験の合格を目指す方法についても書いています。