スタディング賃貸不動産経営管理士講座の口コミ評判【2021年に国家資格化】

スタディング賃貸不動産経営管理士通信講座の口コミ・評判

賃貸不動産経営管理士は2021年に国家資格になることが決まり、不動産業界を中心に注目度が上がっている資格です。

独学で合格するには100時間以上はかかるので、効率的に合格するために通信講座を利用する人が多くなっています。

特に社会人の利用が増えているのが、低価格とスマホ学習の便利さで知られるスタディングです。

 

この記事では、スタディング賃貸不動産経営管理士講座の口コミ評判を紹介します。

 

こもり

国家資格になると試験の難易度が上がる可能性が高いので、今のうちに取得しておこうと考えている人が多いです。

賃貸不動産経営管理士講座を開講する通信講座も増えているので、要チェックですよ。

 

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座

スタディング賃貸不動産経営管理士通信講座

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座には次のような特徴があります。

・他講座よりも圧倒的に低価格
・最短ルートで合格を目指せるカリキュラム
・スキマ時間にスマホ一つで学習できるオンライン学習システム

 

学習コストを抑えて、効率的に短期間で合格が目指せるのがスタディングの通信講座の特徴です。

スマホ一つで講義視聴から進捗管理やアウトプットまで全てこなせるので、忙しい人でもスキマ時間に学習して合格力を身につけられます。

 

こもり

働きながらスキマ時間の学習で合格したいなら、スタディングは有力な選択肢です。

私もスタディングを利用して働きながら勉強し、一発合格しました。

 

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の特徴(初学者向け)

スタディング特徴
講座名賃貸不動産経営管理士 合格コース
価格(税込)実戦力アップ演習講座付セット:15,180円
スタンダードセット:12,980円賃貸不動産経営管理士講座でNo.1の安さ
運営会社KIYOラーニング株式会社
実績非公表
合格者の声15人(2019年)
講座の質講師竹原健
宅建、管理業務主任者なども担当する看板講師
教材フルカラーテキスト
Webテキスト(冊子版の提供なし)
講義形式:ストリーミング再生
音声ダウンロード:可
収録:通信講座専用に収録
進行:スライドを見ながら講師の説明を聴く
長さ:20~30分程度
カリキュラム講義時間:10時間30分
特徴:インプットとアウトプットが1サイクル
オンライン学習サポート機能:有
業界トップレベルのオンライン学習システムを採用
サポートなし
システム上でスケジューリングや進捗管理が可能
総合評価スタディング賃貸不動産経営管理士
公式サイト

 

講座価格

予備校スタディング資格スクエアアガルートLECTAC
価格15,180円29,800円87,780円
61,446円
57,640円98,000円
2020年11月時点の税込価格(赤字は割引価格)です。
スタディングは実戦力アップ演習講座付セット、他講座は初学者向けコースプランの価格を表示しています。

スタディング通信講座は、賃貸不動産経営管理士講座のなかで最も低価格です。

2番目に安い資格スクエアと比較しても1/2程度と圧倒的な安さで、大手予備校のTACと比較すると1/6程度となっています。

合格するとAmazonギフト券2,000円分がもらえますし、割引セール期間中にはさらに低価格で受講可能です。

 

こもり
学習コストの低さで選ぶなら、スタディング以上の講座はありません。

 

運営会社

スタディングを運営するのはKIYOラーニング株式会社です。

オンライン学習ブームの影響もあってスタディングが急成長しており、経営状態は良好と言えます。

 

実績

スタディング賃貸不動産経営管理士講座は、合格実績を公表していません。

ただし、公式サイトに「合格者の声」というページが設置されています。

2019年度試験の合格者は15人、累計では101人の声が掲載されており、多くの合格者を輩出していることが分かります。

 

こもり
合格実績を公表しているのはアガルートくらいで、大手予備校でも非公表です。

 

講座の質

講座の質は、講師、教材、講義、カリキュラムに分けて見ていきます。

 

講師

スタディング竹原健講師

出典:スタディング

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の講師は、竹原健先生です。

竹原先生は、ヒューマンアカデミーやクレアールで不動産関連資格の講師を20年以上も務めてきた経歴があります。

スタディングでも、賃貸不動産経営管理士以外に宅建や管理業務主任者の主任講師を掛け持ちしている看板講師です。

 

不動産関連資格を志す人なら知らない人はおらず、講師目当てにスタディングを受講する人もいます。

落ち着いた口調とメリハリの利いた説明は、初学者を中心に好評です。

 

教材

スタディングWebテキスト

出典:スタディング

スタディング賃貸不動産経営管理士講座では、オリジナルのフルカラーWebテキストを使用します。

講義ではスライドを見ながら講師の説明を聴いていればよく、Webテキストは講義後の復習用という位置づけです。

講義で説明される重要ポイントが図表とともにコンパクトにまとめてあるので、見るだけでも情報がスッと頭に入ってきます。

 

冊子版の提供はありません。

画像はスマホ版ですが、パソコンやタブレットでも閲覧できます。

 

講義

スタディングの講義は通信講座用に収録されており、講師からマンツーマンで指導を受けているような臨場感があります。

画面に大写しされたスライドを見ながら講義の説明を聴くスタイルで、スマホでも快適に視聴できるのが特徴です。

1講義が20~30分と短いので、通勤中や休憩時間でも無理なく視聴できます。

 

こもり
社会人向けに開発されたサービスだけあって、スキマ時間でスマホ学習できる工夫が凝らされています。

 

また、音声ダウンロード機能が無料で利用できるのも魅力です。

講義は視聴期限付きのストリーミング再生なので、ネット環境がないと視聴できませんし、期限が過ぎると利用できなくなります。

でも、講義音声をダウンロードしておけば、地下鉄などのオフライン環境でも視聴できますし、期限が過ぎても半永久的に利用可能です。

 

カリキュラム(入門・基礎期)

スタディングカリキュラム

出典:スタディング

 

スタディングのカリキュラムは、効率特化で最短ルート合格を目指せる内容になっています。

講義時間は10時間30分と短いですが、過去問分析で抽出された頻出ポイントは漏れなく学習できるので、合格に必要な実力が身につきます。

 

講義後に確認問題を解くインプット-アウトプットを1サイクルとしており、効率的に知識を定着させることが可能です。

動画講義は、スライドに表示される図解や簡単な説明のおかげで初学者でも理解しやすくなっています。

復習のために同じ講義を聴きなおすときは、倍速再生を利用して時短学習が可能です。

 

講義を聴いた後は、一問一答のスマート問題集を使って知識の定着度を確認します。

講義の単元ごとに出題されるので、苦手分野を見つけて克服するのにも役立つのが嬉しいところです。

学習が進んだらセレクト過去問集で実力をチェックし、解説を読んで知識を深めます。

 

こもり
問題集の結果は全てシステムの学習レポートに記録されるので、学習の進捗状況や苦手なポイントが一目で分かります。

 

試験の難易度アップへの対策も万全(実力養成期)

賃貸不動産経営管理士試験は2017年試験から難易度がアップしたと言われています。

賃貸借契約などの重要な分野で、過去に出題されたことのない問題が出題されたことが理由です。

また、2021年の国家資格化に向けて今後も難易度が上がっていくと予想されています。

 

スタディングの通信講座では、試験の難易度アップに対応するために実戦力アップ演習講座付セットを新設しています。

このセットを申し込めば、最重要ポイントに絞った講義やオリジナル予想問題が利用でき、新しい傾向と対策をつかんで得点力を底上げすることが可能です。

 

オンライン

スタディングの通信講座は、賃貸不動産経営管理士講座のなかでもトップレベルのオンライン学習システムを導入しています。

  • Webテキスト:Web上で閲覧できるテキスト
  • 学習フロー:学習スケジュールを示してくれる機能
  • 学習レポート:進捗管理をグラフ化して自動表示してくれる機能
  • 勉強仲間機能:受講生とSNSのように交流できる機能
  • 問題練習機能:スマホやパソコンで問題演習ができる機能
  • メモ機能:気づきや重要ポイントをメモできして保存しておける機能
  • 検索機能:システム内で知りたいことを検索して情報を表示できる機能
  • マイノート機能:自分用のオリジナルノートを作れる機能
  • 問題横断復習機能:複数分野の問題をまとめて復習できる機能

 

全ての機能がスマホで利用できます。

講義を視聴することはもちろん、問題を解いたり進捗情報をチェックしたりできるので、文字通り「いつでもどこでも」学習が可能です。

忙しくてまとまった学習時間が確保しにくい人でも、スタディングのシステムを利用すればスキマ時間に学習を進められます。

 

サポート

残念ながら、スタディング通信講座のサポート機能は充実しているとは言えません。

他講座には標準でついている質問サポートがなく、勉強に行きづまっても自力で解決することになります。

 

ただし、スケジュールやモチベーションの管理などは全てシステムの利用でまかなえるので、大きな問題はありません。

また、スタディングの講義は初学者向けに作られているので、スライドや説明の内容が「まったく分からない」ということは稀です。

もし分からないことがあっても検索機能でシステム内を探せば必要な情報が見つかるので、勉強に行きづまったままになる心配もありません。

 

 

スタディングの賃貸不動産経営管理士の口コミ評判

スタディング賃貸不動産経営管理士通信講座の口コミ・評判

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の口コミ評判をピックアップします。

 

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の気になる口コミ評判

気になる口コミ評判から確認します。

 

冊子版のテキストがない

口コミ

東京都:N・T(20代・女性)
スタディングの通信講座には紙のテキストがありません。

マイノート機能やメモ機能でネット上に書き込みはできるのですが、やはり紙のテキストに書き込まないと勉強した気がしないです。

オンライン学習に慣れた人なら問題ないと思いますが、紙のテキストで勉強したい人には向きません。


広島県:M・A(30代・男性)
勉強するときは全てテキストに書き込んで覚える派なので、冊子版のテキストがないのは戸惑いました。

せめて有料オプションで付けておいてほしかったです。

慣れればマイノート機能で何とかなるのですが、最初は戸惑うと思います。

スタディングの教材は全てWebのみで、冊子版がありません。

他資格の講座には有料オプションで冊子版を購入できるものもあるのですが、賃貸不動産経営管理士講座はオプションもないので注意が必要です。

マイノートやメモを駆使すれば書き込みはできますが、冊子版でないと勉強がはかどらないという人には向きません。

 

質問サポートがない

口コミ

福岡県:もんちゃ(40代・男性)
スタディングの賃貸不動産経営管理士講座には質問機能がありません。

勉強で分からないことがあったときに質問できないのは、はっきり言ってツラいです。

Webテキストを読み込んだり、動画を見直したりすれば分かることが大半ですが、手間と時間がかかります。


東京都:Z・U(30代・女性)
スタディングは質問サポートがないです。

価格を抑えるのに人件費を削っているからということですが、質問サポートは欲しいと思います。

「困ったときに質問できる」という安心感って、試験勉強では重要ではないですか。

スタディングの通信講座でネックなのが、質問サポートがないことです。

他資格の講座にも質問サポートがなく、受講生の中には不満を口にする人もいます。

 

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の良い口コミ評判

次に、良い口コミ評判です。

 

価格が安い

口コミ

大阪府:そめ(30代・女性)
最初は大手予備校を検討したのですが、価格が高いので受講を迷っていました。

たまたま見つけたスタディングの通信講座がとても安かったので勢いで受講しましたが、お得な買い物だったと思っています。


東京都:B・K(40代・男性)
スタディングはとにかく安さが魅力ですね。

他の通信講座と比べても半額近いのにボリュームはたっぷりで、言うことないです。

スタディング通信講座の安さに関する口コミはとても多いです。

大手予備校はもちろん、通信講座と比較しても安いので、学習コストを抑えたい人には特に人気があります。

 

オンライン学習システムが使いやすい

口コミ

東京都:りり(20代・女性)
去年は別の通信講座で宅建試験の勉強をしたのですが、今回スタディングを使ってみてeラーニングの使い勝手の良さに衝撃を受けました。

他のeラーニングが昭和チックに感じるくらい使いやすく、とても快適に勉強できています。


北海道:佐久間伸樹(30代・男性)
スタディングの学習システムは、動画の視聴だけでなく問題までシステム内で解くことができます。

学習フローや進捗管理もスマホでできるので、とても時短になりました。

スタディングの大きなメリットであるオンライン学習システムに関する口コミ評判もたくさんあります。

特に、働きながら勉強している人にとっては、スマホ一つで学習全てが完結するところが好評です。

 

短期間の勉強で合格を目指せる

口コミ

東京都:大谷(30代・男性)
予備校の通信講座を検討したのですが、講義が50時間以上あると聞いて止めました。

スタディングの講義は10時間くらいと短いですが、合格に必要な情報が凝縮されていて、効率的に勉強でき、3か月で無事合格できました。


東京都:U・T(40代・女性)
スタディングを受講して4か月ちょっとで賃貸不動産経営管理士試験に合格できました。

フルタイムで働きながらだったので一回では難しいかと思いましたが、スタディングを受講してからはサクサク勉強が進み、合格点を大きく上回る点数で合格できて驚いています。

効率性に特化したカリキュラムも口コミで評判になっています。

講義時間は大手予備校の半分以下ですが、合格するのに必要な情報は全て入っているので、最短ルートでの合格を目指すことが可能です。

 

スタディングの賃貸不動産経営管理士講座が向いている人

スタディング賃貸不動産経営管理士通信講座が向いている人

スタディングの通信講座が向いているのは、次のような人です。

  • 学習コストを抑えたい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人
  • 働きながらでも最短ルートで合格したい人

一言で言えば、働きながら賃貸不動産経営管理士試験に合格したい人向けです。

時間もお金も最小限で、スキマ時間を利用して短期間で合格を目指したい人にスタディングは向いています。

 

こんな人には向いていない

一方で、次のような人にはスタディングの通信講座は向きません。

  • 冊子版のテキストで学習したい人
  • じっくり時間をかけて学習したい人
  • 質問サポートのある講座を受講したい人

スタディングには冊子版のテキストがないので、書き込みながら学習したい人には向きません。

質問サポートがないので、分からないことを質問しながら進めたい人も他講座を選ぶ方が良いでしょう。

また、合格に必要な知識だけでなく、合格後も見据えた網羅的な知識を得たい人は、大手予備校の賃貸不動産経営管理士講座の方が向いています。

 

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の口コミ評判のまとめ

スタディング賃貸不動産経営管理士講座の口コミ評判(メリット・デメリット)は次のとおりです。

スタディング内容
メリット
  • 価格が安い
  • オンライン学習システムが使いやすい
  • 短期間の勉強で合格を目指せる
デメリット
  • 冊子版のテキストがない
  • 質問サポートがない

 

こうした特徴を踏まえると、スタディングの通信講座が向いているのは次のような人です。

  • 学習コストを抑えたい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人
  • 働きながらでも最短ルートで合格したい人

 

国家資格化が決まって今後は難易度が高くなると予想されているので、早いうちに取得してみてはどうでしょうか。

 

低コスト&最短ルートで合格を目指したい社会人向け