【割引クーポン・セール等と併用可】アガルートの申込みで最大35000円分ギフトコードプレゼント 詳しく見る

スタディングの評判は?悪い口コミが予備試験講座に多い理由|2024年最新

スタディングの評判と口コミ

スマホ一つで完結するオンライン学習システムが魅力のスタディング。

司法試験予備試験講座の通信講座と言えば口コミで評判のアガルート資格スクエアですが、コスパ重視の受験生はSTUDYingにも注目しています。

この記事では、スタディング(STUDYing)の予備試験講座の評判と口コミを紹介します。

\無料登録で最大15%OFFクーポンもらえる/

目次

スタディングの評判は?

スタディング(STUDYing)は、資格試験の対策講座を提供しているオンライン学習サービスです。

働きながら資格取得を目指す社会人をメインターゲットとして2008年に「通勤講座」という名称でスタートし、その後、スタディングに改称されています。

最大の特徴は、圧倒的な低価格にもかかわらず講義や教材が充実しており、社労士、行政書士、宅建士などの難関資格試験で毎年多くの合格者を輩出していることです。

また、スマホ一つで完結するオンライン学習システムも人気です。

難関資格の対策予備校ほどオンライン化が遅れている状況で、スタディングは異次元レベルで使いやすいシステムを採用しています。

スタディングの評判とよい口コミ

スタディング(STUDYing)のよい評判や口コミ6つです。

  1. 料金が圧倒的に安い
  2. スマホだけで学習できる
  3. スライド形式で見て分かる
  4. Webテキストのみ
  5. スキマ時間を有効活用できる
  6. 効率化やモチベーション維持に役立つ機能が豊富

スタディングの評判①:料金が安い

スタディング最大のメリットは、他の予備試験講座と比較して料金が圧倒的に安いことです。

スタディングには予備試験を受講する人向けの対策コースが2つ、法科大学院生向けの対策コースが1つありますが、いずれもとにかく価格設定が低く抑えられています。

合格コース(基礎)

基礎コースは、法律基本7科目の基礎知識についてインプットとアウトプットを繰り返して定着させるものです。

基礎コースには次のコンテンツが含まれます。

  • 法律基本7科目のオンライン講義
  • スマート問題集
  • セレクト過去問
  • 学習Q&Aチケット

オンライン講義を視聴して問題集で確認することを繰り返し、効率的に知識を定着させるのがスタディングスタイルです。

総合コース

総合コースは、予備試験合格を目指す人向けです。

基礎コースに加えて次のコンテンツが含まれます。

  • 法律実務基礎科目のオンライン講義
  • 論文対策講座基本フォーム編
  • 論文対策講座予備実践編

短答式だけでなく論文式の対策まで行い、最終合格を狙えるだけの実力がつくようになっています。

スタディングは本当に安い?

スタディングが本当に安いのか調べるために、他校の料金と比較しました。

スクロールできます
予備校税込価格(割引価格)分割払い
スタディング128,000円有(最大36回)
資格スクエア759,000円
アガルート【2022年版】
・通常版:768,460円(691,614円)
・ライト版:657,800円(592,020円)
【2023年版】
・通常版:932,800円(839,520円)
・ライト版:822,800円(740,520円)
有(最大60回)
12回払いまで手数料0円
伊藤塾1,182,700円~有(最大60回)
LEC1,062,870円~有(最大36回)
辰已法律研究所835,300円有(最大60回)
Wセミナー439,000円~有(最大36回)
加藤ゼミナール657,800円有(最大24回)

スタディングは総合講座でも税込134,200円で、伊藤塾の司法試験予備試験講座とは約8倍の差があります。

アガルートと資格スクエアはコスパ重視のオンライン予備校ですが、それでもスタディングの方が圧倒的に安いです。

スタディングの評判②:スマホだけで学習できる

スタディングはスマホ学習に特化した設計になっており、スマホ一つでいつでもどこでも学習が可能です。

講義も教材もすべてオンラインなので、参考書や六法を持ち歩かなくて済むのはもちろん、PCやタブレットさえ必要ありません。

実は、資格スクエアやアガルートでもスマホ学習は可能ですが、講義画面の見やすさや操作性はスタディングが上です。

資格スクエアの講義画面はPCではスタディングとそん色ありませんが、スマホだと画面が小さくなって使い勝手が悪くなります。

スタディングは、学習時間を十分に確保しにくい人がスマホで「ながら学習」する前提でシステム、講義、教材を作成しているため、スマホでも快適に受講できます。

もちろん、タブレットやパソコンでも快適に学習できるため、やる気になったときにすぐ学習可能です。

スタディングの評判③:講義がスライド形式

スタディングの講義は、通勤中や通学中でも目と耳で効率的に学習できるように、専用のスライドを用いて講義が進行します。

講師の分かりやすい説明に合わせてスライドを目で追うだけで、知識が自然とインプットされていく仕組みです。

講師が淡々と説明をしたり、がむしゃらに板書したりする昔ながらの講義スタイルとは根本的に異なり限られた時間でも着実に学習を進めることができます。

スタディングの評判④:Webテキストのみ

スタディングのテキストは、Web版のみで製本版は提供されていません。

効率化重視のスタディングらしく必要な情報がコンパクトにまとめてあり、初学者でも馴染みやすいのが特長です。

また、重要キーワードのチェック機能が充実しており、使い慣れると冊子版のテキストには戻れなくなります。

講義ではテキストを使用せず、講義視聴後の復習用というのも、他の予備校と異なるところです。

動画講義で復習するのは再生箇所を探すのが大変ですが、Webテキストなら気になる箇所だけ読み返せるので便利です。

スタディングの評判⑤:スキマ時間を活用できる

「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という理念に基づき、忙しい人がスキマ時間で学習しやすい工夫がされています。

  • 講義時間が短い
  • 音声ダウンロードできる

講義時間が短い

スタディングのオンライン講義は1つ30分前後です。

大手予備校だと1講義あたり2時間30分程度はあるので、スキマ時間に視聴するのは難しく、分けて視聴すると内容を忘れてしまいます。

でも、1講義あたり30分前後のスタディングの講義なら、仕事の昼休みや子供の昼寝中などのスキマ時間でも視聴できます。

途中で中断しても、30分程度の短い内容なら中断前の内容を覚えておきやすいです。

講義中はスライドを見て講師の説明を聴いていればよく、テキストもいらないので文字通り「いつでもどこでも」気軽に勉強できます。

音声をダウンロードできる

スタディングのオンライン講義は音声をダウンロードしてオフライン再生できます。

最近流行している「本を聴くオーディオブック」のように、移動中や家事中に音声だけ聞いて勉強することが可能です。

また、オンライン講義は視聴期限が決まっているため、期限を過ぎると改めて購入する必要がありますが、ダウンロードした音声は半永久的に視聴できます。

スタディングの評判⑥:機能が豊富

Webテキストや音声ダウンロードについて書きましたが、それ以外にもスタディングの講座には学習に役立つ機能が充実しています。

検索

スタディングの検索機能は、講座、テキスト、問題などをキーワードで検索できる機能です。

例えば、講義の中に聞き覚えのないキーワードが出てきたときに利用すれば、そのキーワードが記載されているテキストなどの場所が表示されます。

机上学習の場合はテキストの索引を調べたり六法を紐解いたりする必要がありますが、スタディングなら検索機能ですぐ調べられます。

「講座、ビデオ、問題、冊子、WEBテキスト、メモ」の6項目から絞り込みを書けることも可能です。

予備試験や司法試験で覚えるキーワードって膨大な量があるので、一発検索できるのは学習の効率化に役立ちます。

メモ

スタディングのメモ機能は、講座に貼り付けて情報を書き込んでおける機能です。

画像のように付せん形式になっていて、気になったことなどを自分の言葉で書きこんでおけます。

重要なキーワードや理解不足の内容などを書いておけば、後で見返して復習できます。

最大3つまで作って保管しておくことができますし、修正や削除も簡単にできます。

オンラインなので、ペンも紙も不要です。

マイノート

スタディングのマイノートとは、講座を視聴しながらオンライン上でまとめを作ることができる機能です。

受講中や問題集を解いている最中に気になったことを書き留めておき、後から調べるのに役立ちます。

クラウド型なので、同期した複数の端末で同じノートを閲覧することができます。

ファイルごとにまとめておけるので整理が簡単で、後で見返したいときもすぐに探せて便利です。

受講中に呼び出すことも可能なので、「あ、この話は前にも聞いてノートにしておいたはず」と思ったときにすぐ確認できます。

マイノート機能は、講義の視聴期間が過ぎてもスタディングを退会しない限り使い続けられるのも特徴です。

スマート問題集

スタディングのスマート問題集は、講義で得た知識をアプトプットすることで定着度を確認できる機能です。

  • 練習モード:問題と解答が交互に表示される
  • 本番モード:制限時間が設定されて本番さながらの緊張感が出る
  • 復習モード:前回間違った問題だけが出題される

スマート問題集を利用すると「問題データ欄」に過去最高得点や「全受講者の平均」が表示されるので、比較すると自分のレベルを知ることができます。

問題に関連する講義へのリンクも表示されるので、復習も簡単です。

問題横断復習

問題横断復習とは、複数の講義で勉強した内容をまとめて復習できる機能です。

復習機能は以前からありましたが、1講義ごとに復習することしかできませんでした。

横断復習機能を利用すると、問題復習機能で複数の講義の内容が出題されるようになります。

しかも、「前に間違えた問題」や「要復習にチェックした問題」だけを選んで出題させることも可能で、効率的に復習することが可能です。

スキマ時間で苦手なところだけ復習したいときに重宝します。

合格者には、最終調整のために利用したという人も少なくありません。

暗記ツール

スタディングの暗記ツールは、外出先でもスマホ一つで暗記学習ができる機能です。

スタディングの暗記ツールがあれば、単語帳や書籍を持ち歩く必要がなくなります。

暗記ツールを開くと、重要なキーワードやテキストが赤枠で隠されて表示されます。

まず自分で赤枠内の内容をイメージし、クリックして枠を消して内容を確認するというのが基本的な使い方です。

ワンタッチで起動できてすぐ暗記学習ができるので、電車の待ち時間などわずかなスキマ時間を活用できます。

学習フロー

スタディングの学習フローとは、あなたに最適な学習の順番を自動で示してくれる機能です。

机上学習だと「さて今日は何を勉強しようかな」と考える一手間がかかりますが、スタディングなら学習フローに従って進めるだけで効率よく知識が身につきます。

基本は講義受講によるインプットと問題解答によるアウトプットがセットになっています。

問題については、基礎的なところから入って実践的な演習に取り組むといったフローも準備されています。

学習レポート

学習レポートとは、スタディングでの学習の進捗状況をグラフ化できる機能です。

自動的に集計された学習時間や進捗がグラフ化されて表示されるので、モチベーション維持や学習の習慣化に役立ちます。

資格別、コース別、講座別などで細かく確認できるのも魅力です。

勉強仲間

スタディングの勉強仲間とは、学習の時間や内容を投稿したり、仲間を作って交流したりすることができる機能です。

いいねやコメントのやりとりを通して仲間意識を深め、一緒にガンバルことでモチベーションを高めることができます。

予備試験の勉強は孤独な戦いなので、勉強仲間機能で「頑張ってるのは一人じゃない」と思えることは大きなメリットです。

スタディングの悪い評判は?

評判や口コミから分かるデメリットも見ていきます。

  • 実績が非公表
  • 講義時間が少ない
  • 講師に質問できない
  • 論文問題の添削指導がない
  • スタディング講座以外に費用がかかる

スタディングの悪い評判①:実績が非公表【改善済み】

予備試験や司法試験の予備校の多くは、過去の合格者数を公式サイトで公開しています。

例えば、アガルートや伊藤塾は公式サイトに毎年の合格実績を掲載していますが、スタディングはこれまで公表してきませんでした。

しかし、近年は難関資格試験を中心に合格者数を公表するようになっています。

スタディングの合格実績

司法試験予備試験講座についても、公式サイト内の「合格者の声」に合格者の感想や人数が公表されるようになっています。

人気校と比較すると微々たる実績ですが、実績が伸びていることは確認できます。

スタディングの悪い評判②:講義時間が少ない

他講座と比較して講義時間が少ないという口コミ評判もあります。

基礎講座だけで500時間を超える伊藤塾は、講義時間が長すぎて非効率と言われていますが、スタディングは逆に短すぎるという口コミが多いです。

通信講座のアガルートや資格スクエアと比べても1/2程度しかなく、「これだけで大丈夫なのか」と不安になる人もいます。

ただし、「受講時間が短い=合格できない」ではありません。

スタディング公式サイトには合格者の声が掲載されていますし、やり方次第で合格を目指すことは可能です。

論文式試験についてはカリキュラムの手薄さがネックという声もありますが、短答式試験についてはスタディングで合格できたという口コミ・評判はSNSでも見かけます。

スタディングの悪い評判③:質問できない【改善済み】

予備試験講座を開講している予備校の多くは、メールやSNSで講義やテキストについて質問可能です。

勉強で行きづまったときに質問窓口があることは難関資格の勉強の時ほど心強く、他校は予備校・通信講座問わず質問サポートがあります。

アガルートは、Facebookグループ内で回数制限なく質問でき、必ず講師が回答をくれるという手厚さです。

スタディングの予備試験講座には、これまで質問サポート機能がありませんでしたが、現在は学習チケットを使用した回数制限付きのサポートが始まっています。

他校に比べて回数制限がネック、回答が遅いといった声もありますが、価格を考えるとサポート制度を創設したこと自体が驚きです。

スタディングの悪い評判④:添削指導がない

スタディング司法試験予備試験講座には、他の予備校や通信講座の初学者向けコースには必ず含まれる論文式試験の答練・添削がありません。

添削を有料オプションにしている予備校もありますが、アガルートや資格スクエアは100通以上の添削がオプションなしで利用できます。

この点は、予備試験最終合格を目指す人にとって大きな問題です。

スタディングをメイン教材とする場合でも、論文式試験の対策は他校を利用したり、個別の添削指導を受けたりする人が多くなっています。

スタディングの悪い評判⑤:費用がかかる

スタディングの予備試験講座は講義時間が短く、質問サポートや添削指導のサービスもありません。

そのため、勉強中に生じた疑問を自力解決できず、答えを求めてスタディング以外のテキストや講座を購入する人もいます。

テキストくらいなら誤差の範囲ですが、別の講座に入りなおすと相当な費用がかさみます。

他の講座を検討するなら、最初からスタディング以外を選択した方がコストを抑えられます。

スタディング(STUDYing)が向いている人・向いていない人

スタディング(STUDYing)で予備試験の勉強をするのに向いているのは、次のような人です。

  • 学習コストを抑えたい人
  • まとまった学習時間を取りにくい人
  • オンライン学習で効率的に合格を目指したい人

本気で司法試験や予備試験に合格したいけど忙しくて時間がとれない人にとっては、スキマ時間を活用できるスタディングはピッタリです。

再受験者など法学の知識がすでにある人が、復習やアウトプットのために受講するのにも向いています。

スタディング(STUDYing)とアガルートの併用

上に書いたとおり、スタディングの予備試験講座には論文問題の答練や添削がありません。

予備試験の突破には論文問題の点数を伸ばすことが不可欠なので、「スタディングを受講したいけど、答練や添削を受けられないのは不安」という人もいるでしょう。

その場合は、答練と添削については他の予備校の演習講座を申し込む方法があります。

予備校よりリーズナブルな価格設定ながら、論文の答練・添削講座が充実しているのがアガルートアカデミーです。

初学者向けの総合カリキュラムを受講していなくても、論文式対策講座を受講すれば添削指導を受けられます。

もちろん、個別相談や答練・添削など手厚いサポートを最初から受けたい人は、最初からアガルートに申し込むのもありです。

\【2024年3月17日まで】20%OFFセール中/

【2026年・2027年合格目標】予備試験最短合格カリキュラム販売中

【当サイト限定特典】最大3,5万円分アマギフプレゼント(割引クーポンやセールと併用可)
アガルート割引キャンペーン

当サイト経由で以下のカリキュラムを申し込むと、Amazonギフトコード35,000円分をプレゼントします。

3つの特長

①公式割引と併用可
 ・クーポン:LINE・メルマガの2%OFFクーポンなど(※友人紹介割を除く)
 ・セール:受験生応援セールなど
 ・キャンペーン:教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーンなど
②面倒な手続きなし
 特典リンクからアガルートの対象講座を申し込むだけ(無料会員登録は必要)
③期限なし(※公式割引の期限には要注意)

A5C8B570 206D 41FA 83B4 AC51472718EC

申込み後、基本書や参考書、ロー、個別指導の使い方など予備校以外の勉強法も知りたくなったという人には、予備試験合格者の体験記(非アガルート生)をご案内します。

詳細はキャンペーンページをご確認ください。

司法試験・予備試験講座

NEW【2026年・2027年合格目標】
・予備試験最短合格カリキュラム/フル
・予備試験最短合格カリキュラム/ライト

【2025年・2026年合格目標】
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション

法科大学院(ロースクール)入試講座

【2026年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム
【2025年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム

個人別マネージメントオプションはキャンペーン対象外です。
友人紹介割引との併用はできません。
(その他のクーポン、セール、キャンペーン、割引制度とは併用できます。)

キャンペーンの詳細はこちら

人気カリキュラムが月7万円から教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーン

スタディングの評判と口コミまとめ

スタディング予備試験講座のメリットとデメリットを整理しました。

スクロールできます
メリット料金が圧倒的に安い
スマホだけで学習できる
スライド形式で見て分かる
Webテキストのみ
スキマ時間を有効活用できる
効率化やモチベーション維持に役立つ機能が豊富
デメリット実績が非公表
講義時間が少ない
講師に質問できない
論文問題の添削指導がない
スタディング講座以外に費用がかかる

興味がある人は、スタディングの公式サイトに無料登録し、スタッフに相談してみてください。

\無料登録で最大15%OFFクーポンもらえる/

S2191960 r

コメント

コメントする

1 × one =

目次