アガルート総合講義300の評判・口コミ|総合講義100との違いは?

アガルート総合講義300
・総合講義300の評判・口コミ
・総合講義300が向いている人

 

司法試験予備試験の学習で最初に立ちはだかるのが膨大な法律知識のインプットです。

かつては500時間以上かけて網羅的にインプットするのが一般的でしたが、最近は合格に必要な知識を必要なだけインプットする講義が人気を集めています。

その代表的なものが、アガルートの総合講義300です。

 

この記事では、アガルートの総合講義300を受講したレビューと評判・口コミを紹介します。

 

こもり
私は、アガルート予備試験1年合格カリキュラムを受講しており、同カリキュラムに含まれる総合講義300でインプット学習しました。

 

\10%割引中【10月27日まで】/

M2447903 1

 

アガルート総合講義300の評判(講座の特徴)

総合講義300は、アガルート司法試験予備試験講座の初学者向けインプット講座です。

試験突破に必要な法律基本7科目の知識を、300時間の動画講義とテキストで身に付けることができます。

インプット講義に500時間以上かける予備校が多いなか、圧倒的に短い時間で合格に必要な知識が身につくと注目されています。

 

総合講義300の基本情報

総合講義300 説明
対象者 初学者
対応試験種 ・司法試験
・予備試験
・法科大学院入試
価格(税込) ・全7科目:323,400円(291,060円)
・上三法/科目:68,420円(61,578円)
・下四法/科目:45,650円(41,085円)
オプション価格(税込) USBメモリ:411,400円(370,260円)
※講義データが入ったUSBメモリを入手
講師 工藤北斗
教材 ・フルカラー
・講師自作のオリジナル
・製本テキスト
(法律の基礎知識はPDFのみ)
・論証集が付属
講義時間 ・法律の基礎知識:約4時間
・憲法:約50時間
・行政法:約36時間
・民法:約61時間
・商法:約31時間
・民事訴訟法:約30時間
・刑法:約48時間
・刑事訴訟法:約40時間
サポート ・質問:Facebookグループ
・フォローアップ:定期カウンセリング

 

こもり
USBメモリオプションとFacebookグループによる質問サポートは、全7科目を受講した場合のみ利用できます。

 

論証集が付属

アガルート論証集

総合講義300には、アガルートの論証集が付属します。

メイン講師の工藤先生が書き下ろしたオリジナルで、合格者の口コミで評判になっている教材です。

論証集だけを購入することもできますが、総合講義300のテキストとリンクしているので一緒に使用すると効率的に学習が進みます。

 

総合講義300と総合講義100の違い

アガルートは、総合講義300とは別に総合講義100という講座もリリースしています。

総合講義100は、インプット学習を100時間に凝縮した講座です。

総合講義300との違いは次のとおり。

総合講義300 総合講義100
対象者 初心者 学習経験者
対応試験種 ・司法試験
・予備試験
・法科大学院入試
・司法試験
・予備試験
・法科大学院入試
価格 ・全7科目:323,400円(291,060円)
・上三法/科目:68,420円(61,578円)
・下四法/科目:45,650円(41,085円)
・全7科目:156,200円
・上三法/科目:24,200円(21,780円)
・下四法/科目:36,300円(32,670円)
講義時間 約300時間 約100時間
講師 工藤北斗 工藤北斗
教材 ・総合講義テキスト
・論証集
・総合講義テキスト
・論証集
サポート ・Facebookグループ
・定期カウンセリング
(月1回30分)
・Facebookグループ
USBメモリオプションとFacebookグループによる質問サポート、定期カウンセリング(総合講義300のみ)は、全7科目を受講した場合のみ利用できます。

 

総合講義300が初学者向けの講義内容でサポートも手厚いのに対し、総合講義100は学習経験者が短時間で知識を再整理することに特化しています。

 

アガルート総合講義300の評判・口コミ(メリット)

総合講義300を利用した人のよい口コミ・評判から見ていきます。

  • 内容が分かりやすい
  • 情報がコンパクトにまとまっている
  • 1科目を3周する方式でステップアップできる

 

総合講義300の評判:内容が分かりやすい

総合講義300最大の特徴は、講義とテキストの内容が分かりやすいことです。

法律初学者を対象とした講座だけに、難解な法律知識が図表や具体例を用いて分かりやすく説明されるので、楽しみながら学習を進めることができます。

初学者がつまづきやすいポイントにつき、講義で先回りしてフォローアップしたり、テキストで厚く説明してあるのもポイントが高いです。

 

総合講義300の評判:情報がコンパクトにまとまっている

アガルートの講座はどれも、「合格に必要な情報を必要なだけ」学習するカリキュラムを組んでいるのが特徴です。

総合講義300も例にもれず、新司法試験に合格している講師が過去問を徹底的にリサーチし、合格に必要な情報だけを講義とテキストに盛り込んでいます。

そのため、他校では500~600時間もかかるインプット学習が、約半分の300時間まで凝縮されています。

 

りこ
半分の時間で十分な知識が身につくの?

 

こもり
トータルの時間が短いけど、試験に出題される法律知識や論点、判例などは予備校の講義以上に網羅されているよ。

 

学習時間が短い理由は、情報に明確なメリハリが付けてあるからです。

出題可能性が高い情報は深く掘り下げて解説され、そうでない情報は浅く学習するか切り捨てられています。

そのため、予備試験の合格に必要な情報だけを効率的に定着させやすいのです。

 

総合講義300の評判:1科目を3周する方式でステップアップできる

300時間でインプット学習を完成させるのに大きく貢献しているのが、1科目を3周する学習方式です。

法律学習で重要なのは、全ての分野を学んで入り組んだ構造を理解し、反復学習によって知識を定着させることです。

でも、多くの予備校が分野ごとに学習する旧式のスタイルを採用し、結果としてインプット学習に長い時間を割いています。

 

総合講義300は、効率的に重要な知識を定着させるため、次の方法で1科目につき3周する方式を採用しています。

  1. 分野(単元)ごとの基本的な知識を学習
  2. 1周目の復習+応用的・横断的な知識を学習
  3. 司法試験や予備試験の過去問を解く

3周繰り返すことで楽しく法律知識を理解し、理解した知識を使って過去問が解けるようになっていきます。

 

こもり
最初は半信半疑で、1周目終わった時点では過去問見ても全く解けなかったのですが、3周目に入ると、基本的な問題なら少しずつ解けるようになっていきました。

 

アガルート総合講義300の評判・口コミ(デメリット)

総合講義300の評判・口コミのうち、気になるものは次のとおりです。

  • 講義時間が短すぎる
  • 1科目だとサポートが手薄

 

総合講義300の評判:講義時間が短すぎる

インプット学習が約300時間と聞いて短すぎると感じる人もいます。

特に、予備校を利用したことがある学習経験者は長大なインプット学習に慣れているため、本当に300時間で足りるのかと不安になる人が多いです。

でも、過去問で出題された情報は網羅的に説明されており、頻出ポイントについては予備校より手厚く説明されています。

 

こもり

他校のインプット学習が長いのは、情報の優先順位の付け方が甘く、それほど重要でない内容まで学習するカリキュラムになっているからです。

この点、アガルートは無駄を徹底的にそぎ落としているので、短い時間でも合格するための情報は必要十分にえらることができます。

 

総合講義300の評判:1科目だとサポートが手薄

総合講義300では、全7科目を申し込んだ場合に限って定期カウンセリングやUSBメモリオプションを利用できます。

1~6科目の申込みではFacebookグループを利用した質問サポートしか利用できず、この点をネガティブに評価する口コミも確かにあります。

 

でも、他校のインプット学習講座を申し込むと、アガルートの総合講義300の2倍近い費用がかかります。

単価目が税込45,650円(41,085円)から申し込める講座は他に見当たらず、コスパは相当に高いと言えます。

価格が安い分だけサポートが限られるのは致し方ないところでしょう。

 

こもり
サポートがない予備校もあるので、Facebookグループの質問サポートが利用できるだけでもサポート体制は整っている方だと言えます。

 

アガルート総合講義300の評判・口コミまとめ

アガルート総合講義300のメリットとデメリットをまとめました。

アガルート 口コミ・評判
メリット
  • 内容が分かりやすい
  • 情報がコンパクトにまとまっている
  • 1科目を3周する方式でステップアップできる
デメリット
  • 講義時間が短すぎる
  • 1科目だとサポートが手薄

 

総合講義300が向いているのは、次のような人です。

  • ゼロから法律を勉強する人
  • 楽しみながら法律を学びたい人
  • 短時間でインプット学習を完成させたい人

 

\10%割引中【10月27日まで】/

M2447903 1

短答式試験や論文式試験に合格するためのアウトプット学習まで一貫して学びたい場合は、アガルート予備試験1年合格カリキュラムが向いています。

資格のこもり部なら、公式サイトよりお得に利用できるこもり部限定の申込み特典があるので、チェックしてみてください。

 

こもり
司法試験予備試験のコンテンツはコチラ。

 

 

こもり
私が利用しているアガルート予備試験講座の情報はコチラ。