【割引クーポン・0円キャンペーン等と併用可】アガルート申込みで最大35000円分のアマギフプレゼント! 詳しく見る

アガルート重問の評判と使い方|重要問題だけで合格できる?|2024年最新

アガルート重要問題習得講座(重問)の評判と使い方は?

アガルートで最も評判の講座が重問(重要問題習得講座)。

司法試験予備試験合格に欠かせない問題を学習できる講座で、アガルート生以外の利用者も増えていますが、「重問の使い方や回し方が分からない」、「重問だけで合格できるの?」と悩んでいる人もいます。

この記事では、アガルートの重問(重要問題習得講座)の評判と使い方を受講生が紹介します。

\【2024年5月30日まで】10%OFFセール中/

【2026年・2027年合格目標】予備試験最短合格カリキュラム販売中

アガルート割引キャンペーン
【当サイト限定特典】最大3,5万円分アマギフプレゼント(割引クーポンやセールと併用可)

当サイト経由で対象カリキュラムを申し込むと、Amazonギフトコード35,000円分をプレゼントします。

3つの特長

①公式割引等と併用可
 ・クーポン:LINE・メルマガの2%OFFクーポンなど(※友人紹介割を除く)
 ・セール:受験生応援セールなど
 ・キャンペーン:教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーンなど
 ・合格特典:合格すると受講料全額返金
②面倒な手続きなし
 特典リンクからアガルートの対象講座を申し込むだけ(無料会員登録は必要)
③期限なし(※公式割引の期限には要注意)

司法試験・予備試験講座の対象カリキュラム

NEW【2026年・2027年合格目標】
・予備試験最短合格カリキュラム/フル
・予備試験最短合格カリキュラム/ライト

【2025年・2026年合格目標】
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション

法科大学院(ロースクール)入試講座の対象カリキュラム

【2026年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム
【2025年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム

個人別マネージメントオプションはキャンペーン対象外です。
友人紹介割引との併用はできません。
(その他のクーポン、セール、キャンペーン、割引制度とは併用できます。)

キャンペーンの詳細はこちら

【注意】「他サイト経由の申込みは対象か」との問い合わせが増えていますが、当サイト以外からの申込みは対象外です。

A5C8B570 206D 41FA 83B4 AC51472718EC

申込み後、基本書や参考書、ロー、個別指導の使い方など予備校以外の勉強法も知りたくなったという人には、予備試験合格者の体験記(非アガルート生)をご案内します。

詳細は comolivecontact@gmail.com までご連絡ください。

人気カリキュラムが月7万円から教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーン!

【高校在必見!】高校在学中なら高校生割引制度で5%OFF!

目次

アガルート重問(重要問題)の評判

重問(重要問題習得講座)は、総合講義300、論証集の使い方と並ぶアガルート司法試験予備試験講座の人気講座です。

工藤北斗先生が厳選した重要問題についてポイントを絞った講義とテキストで学ぶもので、論文問題をスムースに解答する力を養うのに役立ちます。

他校にも似た講座はありますが、合格に必要な情報だけが整理されていることや、他教材とのクロスリファレンスが優れていることか口コミで評判になっています。

司法試験予備試験の個別指導講師にも評価されており、指導教材として使用する人も増えています。

重問の基本情報

スクロールできます
総合講義300基本情報
対象基本的な知識と論文答案の書き方を身に付けている人
対応試験種・司法試験
・予備試験
・法科大学院入試
価格・全7科目:107,800円(97,020円)
・上三法/科目:23,100円(20,790円)
・下四法/科目:15,400円(13,860円)
講師工藤北斗
教材・フルカラー
・講師自作のオリジナル
・製本テキスト
(法律の基礎知識はPDFのみ)
・論証集が付属
講義時間・憲法:約14.5時間
・行政法:約9時間
・民法:約15.5時間
・商法:約12時間
・民事訴訟法:約10時間
・刑法:約16.5時間
・刑事訴訟法:約10時間
【合計】約87.5時間
サポート・添削オプション34通
・質問制度(Facebookグループ)
※いずれも全科目受講者のみ

全7科目450問の重要問題を網羅

アガルートの重問は、合格を目指すなら必ず解いておくべき重要問題を全7科目450問ピックアップしています。

1科目40~70問の論文問題について、新司法試験を突破した人気講師の答案作成の思考過程をトレースすることで、論文を解く力を高めることができます。

後半には範囲横断的な問題も取り扱っており、より実践的な実力を培うことも可能です。

重問は初学者向けか?

口コミで評判が広まったことで、重問から勉強を始めようとする法律初学者が増えています。

でも、重問ははっきり言って初学者向けではありません。

法律基本7科目のインプット学習がある程度進み、論文式試験の答案の書き方の基本を身に付けた人向けです。

公式サイトには、次のとおり明記されています。

本講座は,既に基本的知識と基本的な論文答案の書き方を習得している方を対象として,問題演習と約87.5時間の講義で論文問題を速やかに処理する力を養成する講座です。

アガルート公式サイト

アガルートは講義が難しいという口コミを見かけますが、大半が重問から勉強を始めた初学者によるものです。

基本的な知識と答案の書き方を身につけていれば、重問により論文問題の解き方を効率的に学習できます。

学習経験者向けか?

重問の素材は基本知識や基本論点を問う問題なので、「法律の学習経験があると物足りない」という人もいます。

でも、アガルートの重問は、合格に必要な情報を必要な限度で学べるよう設計されており、とにかく無駄がありません。

確かに法律基本7科目の知識を網羅的に学べる講座ではありませんが、難しい合格に必要な論点に絞って深く学習できるので、こと合格に特化した学習にはぴったりです。

実際のところ、学習経験者でも、基本知識や論点を整理して問題をスムーズに処理する力を高めるために重問を利用する学習経験者は少なくありません。

短答式合格後に論文式対策として利用する他校生も多く、基本が身についた人には幅広く役立つ講座と言えます。

アガルート重問の使い方

アガルートの重問は、最短合格カリキュラムにおいて学習の序盤から終盤まで使用する基幹講座の一つです。

アガルート最短合格カリキュラムの学習スケジュール

基礎知識をある程度インプットした後に、総合講義・論証集の使い方とセットで学習することで、インプット学習、論証、過去問の3つを効率よく習得できます。

初学者の使い方:論点抽出

法律基本7科目の基礎をインプットした上で、まずは重問の事例を読んで論点を抽出し、解説で確認することから始めます。

最初から過不足なく論点を抽出できなくても、演習問題に慣れ、解説を何となく理解できるレベルで十分です。

工藤先生が書き下ろした解答例も一度は目を通し、各論点の解答イメージを思い描いておくのも有効と言えます。

学習経験者の使い方:答案構成と答案作成

インプット学習が進み、論点抽出にも慣れてきたら、答案構成に取りかかります。

答案構成とは、事例から抽出した論点を答案にまとめるための骨子(設計図)です。

1問につき10分程度で構成する練習を繰り返すことで、本試験の時間内に答案を構成する力が身についていきます。

多くの問題で答案構成ができるようになったら、実際に答案を作成する段階です。

頭をフル回転させ、手を動かして答案を書きあげることで、論文式試験の実践力が身に付きます。

論文式試験前の使い方:演習

短答式試験から論文式試験までの間には、重問から無作為に問題を選んで解いてみる方法が有効です。

本試験さながらに問題をピックアップし、論点の抽出から答案の構成を経て実際に作成する作業を繰り返すことにより、答案作成のパターンが定着していきます。

自分の弱点や課題もはっきりするので、修正もしやすいです。

アガルート講師の重問の使い方

アガルート現役講師が、重問の使い方について言及されています。

制限時間や答案構成はもちろん、不明点のチェックや疑問点のメモなども重要なことが分かります。

アガルートの重問の評判

アガルート重問のよい評判を見ていきます。

  • コンパクトなのに網羅性が高い
  • 合格者の添削指導を受けられる
  • 他の講義・教材とリンクしている

アガルート重問の評判:コンパクトなのに網羅性が高い

論文式試験の出題範囲は非常に広く、基本的な知識や論点に抜けがあると思うように得点が伸びません。

そのため、多くの問題を解いて漏れをなくすのがセオリーとされていますが、膨大な時間がかかってしまいます。

アガルートの重要問題習得講座は、全7科目で450問、1科目につき40~70問と問題数をかなり絞っています。

新司法試験に合格した人気講師が、基本知識・論点を問う問題を選んで端的に説明しており、少なくても合格に必要な情報は網羅的に身に付けることができます。

問題数は少ないのに必要な情報は網羅的に学べるのが、重問人気の最大の理由です。

重問の評判:合格者による添削指導を受けられる

添削オプションを利用すれば、新司法試験の合格者の添削指導を受けることができます。

添削課題は、人気講師の工藤北斗先生がピックアップした「1度は書いておくべき問題」全34問です。

  • 憲法:6問
  • 行政法:4問
  • 民法:6問
  • 商法:4問
  • 民事訴訟法:4問
  • 刑法:6問
  • 刑事訴訟法:4問

添削課題に取り組むことで、講義とテキストだけでは体験しにくい「理解しているつもりなのに、実際に書いてみたら上手く表現できない。」という感覚が得られます。

合格者の添削指導を受けることで、答案のどこがどのように評価され、評価されないのか分かるのもメリットです。

「重要問題・典型問題の処理パターンを身に着けること」という目的に沿った問題ばかりなので、スモールステップで実力を底上げできます。

重問の評判:他の講義・教材とリンクしている

アガルートの講義や教材は、他の講義や教材と互いにリンクし合っているのが大きな特徴です。

重問も、インプット講座の総合講義300や論証集の講義やテキストと密接にリンクしています。

例えば、論証集のテキストには、重問の問題番号や総合講義300の該当箇所のページが表示されています。

アガルート予備試験講座テキスト

総合講義300、重問、論証集を合わせて使うことで、基本知識、論文答案の処理、論証をまとめて学習できます。

インプットとアウトプットを同時併行で行うことで学習効率を高めているアガルートならではの工夫です。

重問は、アガルート予備試験最短合格カリキュラムに含まれる講座で、同カリキュラムの複数の講座と併用することで学習の効率性が加速します。

重問単体でも、過去問出題情報、判例索引、論点表・論点マップなど学習に役立つ情報が随所に盛り込まれています。

アガルートの論点マップ
  • 過去問出題情報:過去の論文式試験の過去問情報
  • 判例索引:問題の素材判例を検索するための索引
  • 論点表・論点マップ:出題論点を端的に記載

アガルート重問の悪い評判

ネガティブな口コミ・評判をブログやSNSから探してみましたが、見当たりませんでした。

ただし、受講すると気になる点はいくつかあります。

  • 動画を探しにくい
  • オンライン添削は慣れが必要

重問の悪い評判:動画を探しにくい

アガルートの動画講義はマイページにログインして視聴するのですが、講座ごとにフォルダ分けされていません。

また、同じ講座でも科目ごとに分類されており、重問だと7つの動画が表示されます。

さらに、最後に視聴した動画から順に表示されるので、視聴したい動画を探すのに少し時間がかかります。

重問の悪い評判:オンライン添削は慣れが必要

アガルートではオンライン添削を採用しています。

予備校に通わなくても合格者の添削を受けられる画期的なシステムですが、使いなれるまでに少し時間がかかります。

例えば、答案の提出方法やシステムにアップロードされた添削結果の閲覧など、何度かやって慣れる必要があります。

アガルートの重問だけで合格できるか

結論から言うと、当然ですが学習レベルによります。

知識、論証、過去問の学習を一通りこなした経験があるなら、論文式対策として重要問題に集中して取り組んでも合格を勝ち取ることはできるでしょう。

手を広げすぎない範囲で他の教材を併用するのが一般的ですが、実際のところ、重問だけ勉強した人もいます。

一方で、初学者が重問だけで合格するのは困難です。

そもそも、インプット学習なしで重要問題に取り組んでも理解が難しく、挫折してしまいかねません。

アガルート重問(重要問題習得講座)の評判と使い方まとめ

アガルートの重問の評判を整理しました。

スクロールできます
メリットコンパクトなのに網羅性が高い
合格者の添削指導を受けられる
他の講義・教材とリンクしている
デメリット動画を探しにくい
オンライン添削は慣れが必要

重問が向いているのは、次のような人です。

  • 法律基本7科目の基本知識や論文答案の書き方の基本を身に付けた人
  • 少ない問題数で合格に必要な知識や論点を網羅的に学習したい人
  • 知識や論証とリンクさせて効率的に学習したい人

学習の序盤から終盤まで幅広く使える講座なので、少しでも気になったなら、サンプルテキストや無料講義をチェックしてみてください。

\【2024年5月30日まで】10%OFFセール中/

【2026年・2027年合格目標】予備試験最短合格カリキュラム販売中

アガルート割引キャンペーン
【当サイト限定特典】最大3,5万円分アマギフプレゼント(割引クーポンやセールと併用可)

当サイト経由で対象カリキュラムを申し込むと、Amazonギフトコード35,000円分をプレゼントします。

3つの特長

①公式割引等と併用可
 ・クーポン:LINE・メルマガの2%OFFクーポンなど(※友人紹介割を除く)
 ・セール:受験生応援セールなど
 ・キャンペーン:教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーンなど
 ・合格特典:合格すると受講料全額返金
②面倒な手続きなし
 特典リンクからアガルートの対象講座を申し込むだけ(無料会員登録は必要)
③期限なし(※公式割引の期限には要注意)

司法試験・予備試験講座の対象カリキュラム

NEW【2026年・2027年合格目標】
・予備試験最短合格カリキュラム/フル
・予備試験最短合格カリキュラム/ライト

【2025年・2026年合格目標】
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラム
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション
・司法試験|予備試験最短合格カリキュラムライト
 +法科大学院入試(ロースクール入試)対策オプション

法科大学院(ロースクール)入試講座の対象カリキュラム

【2026年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム
【2025年4月入学目標】
・法科大学院入試(ロースクール入試)専願カリキュラム

個人別マネージメントオプションはキャンペーン対象外です。
友人紹介割引との併用はできません。
(その他のクーポン、セール、キャンペーン、割引制度とは併用できます。)

キャンペーンの詳細はこちら

【注意】「他サイト経由の申込みは対象か」との問い合わせが増えていますが、当サイト以外からの申込みは対象外です。

A5C8B570 206D 41FA 83B4 AC51472718EC

申込み後、基本書や参考書、ロー、個別指導の使い方など予備校以外の勉強法も知りたくなったという人には、予備試験合格者の体験記(非アガルート生)をご案内します。

詳細は comolivecontact@gmail.com までご連絡ください。

人気カリキュラムが月7万円から教育クレジットローン分割手数料0円キャンペーン!

【高校在必見!】高校在学中なら高校生割引制度で5%OFF!

論文答案の処理だけでなく、法律知識や論証までまとめて学習したい人は、アガルート予備試験最短合格カリキュラムが向いています。

お得に購入したい場合は、アガルートとのタイアップキャンペーンもご確認ください。

コメント

コメントする

four × two =

目次