伊藤塾と資格スクエアを比較!実績抜群の老舗と新興のオンライン予備校

りこ
伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座ってどっちがおすすめ?

 

こもり

合格実績のある老舗とオンラインの評判が良い新興の予備校だね。

講座の特徴が大きく違うから、人によって向き不向きがあるよ。

 

Twitterで司法試験・予備試験の講座選び中の人向けに、「どの講座が第一候補ですか?」というアンケートを実施しました。

結果は伊藤塾が第1位、6票差でアガルートが第2位、資格スクエアは第6位という結果でした。

でも、「予備試験 予備校 比較」と検索して表示される記事の大半で資格スクエアが高く評価されているので、気になっている人も多いでしょう。

そこで、圧倒的な合格実績を誇り、Twitterアンケートでも人気のあった伊藤塾と、比較記事で高い評価が多い資格スクエアを比較しました。

 

この記事では、伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を徹底比較し、各予備校が向いている人を紹介します。

 

司法試験・予備試験のある予備校8校を比較したい場合は、下の記事を読んでみてください。

司法試験予備試験の予備校・通信講座8校を比較!【2020年9月最新版】

 

伊藤塾と資格スクエアの司法試験・予備試験講座

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を比較

伊藤塾と資格スクエアは予備試験講座を開講しているが、目標もカリキュラムも大きく異なります。

 

伊藤塾の予備試験講座

 

伊藤塾は、司法試験や予備試験を目指す人なら知らない人はいない有名予備校です。

伊藤真先生や呉明植先生などの有名講師による質の高い講義とテキストは、法律初学者にも分かりやすいと定評があります。

予備試験講座は他講座とはけた違いの合格実績を誇り、2019年度には最終合格者の5人に4人が伊藤塾出身という実績を叩き出しています。

 

一方で、800時間を超える講義や網羅性を重視したカリキュラムには「効率が悪い」という意見もあります。

また、近年は予備試験講座でもオンライン学習が人気ですが、伊藤塾のオンラインはレベルが高いとは言えません。

 

メリットデメリット
・けた違いな合格実績
・質の高い講義とテキスト
・総勢16名の圧倒的な講師陣
・網羅性を重視した受講時間800時間を超えるカリキュラム
・eラーニングシステムの質が低い

 

伊藤塾
4



伊藤塾の予備試験講座は、圧倒的な合格実績と、伊藤真先生や呉明植先生などの看板講師による質の高い講義が魅力です。テキストも他講座の受講生が購入するレベル、サポート体制も充実しています。

 

資格スクエアの予備試験講座

 

資格スクエアは、2013年にサービス提供を開始したオンライン予備校です。

元LEC講師の鬼頭政人先生が立ち上げた予備校で、巧みな広告戦略や人気講師による講義などが口コミで話題になり、有名予備校となっています。

予備試験講座は、高野泰衡先生と吉野勲先生という2人の有名講師による講義と、業界トップレベルのeラーニングシステムの評価が高いです。

 

ただし、論文講義がやや手薄なうえに説明が難しいと言われています。

また、他講座では無料で利用できる音声ダウンロードが有料であったり、割引セールが少ないことも気になる点です。

 

メリットデメリット
・2人の人気講師による講義
・優秀なeラーニングシステム
・効率性を重視したカリキュラム
・音声ダウンロードが有料
・論文講義がやや手薄

 

こもり

2020年8月31日には他出版社の書籍を不正利用していたことが発覚しました。

以前は「オリジナルテキスト」もメリットとされていましたが、オリジナルではありませんでした。

 

資格スクエア
4

資格スクエアの予備試験講座は、効率化されたカリキュラムと学習機能が豊富なeラーニングが魅力です。LECや伊藤塾で活躍した有名講師による分かりやすい講義にも定評があります。

 

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を6つの基準で比較

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を比較したnote

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を「6つの基準」で比較します。

 

こもり
公式サイトでは特徴も価格も記載がバラバラですが、6つの基準で比較すると自分に合った講座がどちらか見えてきますよ。

 

伊藤塾と資格スクエアの比較基準

6つの比較基準は次のとおりです。

基準内容
価格講座の購入にかかる費用
運営会社講座を運営する会社の業績など
実績過去の合格者数など
講座の質教材の質
オンラインオンライン講義の質
サポート学習サポート体制
各比較規準について3段階で評価しています。
・◎:とても良い
・〇:普通
・△:イマイチ

 

価格

伊藤塾資格スクエア

1,114,900円~

877,800円
価格表示は税込価格です(赤字が2020年9月時点の税込価格)

【価格表示してある初学者向けの基本コース】
・伊藤塾:司法試験入門講座 司法試験(予備試験・難関法科大学院共通)コース
・資格スクエア:逆算プラン

講座の価格が安いのは資格スクエアです。

伊藤塾と比較すると約25万円の差があります。

また、資格スクエアの講座は、割引セールや割引クーポンでさらにお得な価格での購入が可能です。

資格スクエアの割引セール・クーポン情報!キャンペーンや各種制度で費用を抑える方法

 

伊藤塾も、割引制度やセールを利用すれば数万円単位で安くはなりますが、定価が高いので割引されても100万円以下で受講できることはほぼありません。

 

こもり
割引制度と割引セールを併用すれば100万円以下に抑えられるケースもありますが、条件があるので全員に当てはまるわけではありません。

 

運営会社

伊藤塾資格スクエア

株式会社法学館

株式会社サイトビジット

伊藤塾を運営する株式会社法学館は、サービス開始から何十年も安定した運営を続けています。

資格スクエアを運営する株式会社サイトビジットも、経営状態に大きな問題は見られませんが、運営実績は法学館と比較すると浅いです。

 

こもり
株式会社サイトビジットは、書籍の不正利用の問題があるので、今後運営状態に変化が生じる可能性があります。

 

実績

伊藤塾資格スクエア

2019年度最終合格者476名中
376名が伊藤塾の受講生

予備試験の累計合格者数200名以上

合格実績があるのは伊藤塾です。

 

2019年度の司法試験予備試験では、最終合格者476名のうち376名が伊藤塾の受講生でした。

予備試験ルートからの司法試験合格者も、315名中266名(5人に4人)が伊藤塾の受講生と圧倒的な実績です。

伊藤塾の司法試験予備試験の合格実績

 

こもり

伊藤塾の合格実績は他講座とはけた違いです。

他の大手予備校と比べても高い合格実績で、合格実績の高さに惹かれて伊藤塾を選ぶ人は多くなっています。

 

資格スクエアも、予備試験の合格実績を公表しています。

サービス開始から2019年度予備試験までの累計合格者数が200名以上という実績です。

資格スクエア司法試験予備試験講座の合格実績

サービス開始から10年未満なので急成長がうかがえる数値ですが、伊藤塾には遠く及びません。

 

こもり

公式サイトには2019年度の合格者数が147人だと書いてあり、合格者の声が多数掲載されています。

近年は知名度が急激に高まって受講者数が増えているので、実績もさらに伸びる可能性はあります。

 

講座の質

伊藤塾資格スクエア
総    合:◎
講    師:◎
教    材:◎
講    義:◎
カリキュラム:△
総    合:〇
講    師:〇
教    材:〇
講    義:〇
カリキュラム:〇

講座の質は、評価が難しいところではあります。

でも、「講師」「教材」「講義」「カリキュラム」の4つに分けると評価をつけやすいです。

 

講師

講師は伊藤塾が優秀です。

 

伊藤先生や呉先生など有名講師を含む総勢16名の講師が予備試験講座を担当します。

予備試験講座ではアガルートの14名を超える最大の講師数です。

基本コースでは7名の講師が、呉コースでは呉先生が講義を担当しており、他の講師も受講生サポートなどで活躍しています。

 

 

資格スクエアは、看板講師の高野泰衡先生と吉野勲先生がメイン講義を担当しています。

大手予備校の看板講師を長年務めてきた2名の講師による講義は質が高く、講師目当てに資格スクエアを受講する人がいるほどです。

ただし、予備試験講座の講師数は4~5名程度で、高野先生と吉野先生以外に有力な講師が少ないことは課題と言えます。

 

こもり
吉野先生はBEXAに軸足を移されており、書籍不正使用の問題が発覚したときも資格スクエアの運営上の課題を指摘されていたので、7期で続投されるかどうか不透明です。

 

教材

教材は伊藤塾が優秀です。

 

伊藤塾のテキストをバイブルにしている受験生は多く、独学の受験生の間でも人気があります。

合格に必要な情報から弁護士の実務に役立つ情報まで幅広く掲載されているので、若手弁護士がデスクに伊藤塾のテキストを入れておくという逸話があるくらいです。

近年は、他講座のテキストを意識してフルカラー化し、グラフや図表、イラストを多用した分かりやすさ重視になっています。

 

資格スクエアのテキストは、合格に必要な情報が厳選して掲載されており、効率的に合格を目指したい初学者は重宝します。

ただし、オンライン予備校では、講師手作りのフルカラーオリジナルテキストを採用しているアガルートの評判が高いです。

また、資格スクエアも「オリジナルテキスト」を標榜していましたが、書籍の不正使用が発覚しています。

 

講義

講義の質は伊藤塾が優秀です。

 

基本コースでは、伊藤先生を含む7人の講師が各自の専門分野の講義を担当しています。

呉コースでは、看板講師の呉先生が一貫して講義を担当し、呉基礎本を使った独自色あふれる指導を受けることが可能です。

「初学者には分かりにくい」という口コミもありますが、初学者の一発合格が他講座より多いことから偏った意見と言えます。

 

資格スクエアは、高野先生と吉野先生の講義が分かりやすいと評判です。

難しい論点もかみ砕いて説明されるので、初学者でも無理なく理解することができます。

ただし、初学者向けのコースは一つしかなく講義によって講師が変わるので、1人の講師から一貫指導を受けることはできません。

 

こもり
吉野先生の講義を集中して受けたいならBEXAの講座を受講する方法があります。

 

カリキュラム

伊藤塾のカリキュラムは網羅的な学習を重視しています。

実務家の養成を意識しているので、合格に必要な情報だけでなく幅広い法律知識を学ぶことが可能です。

長い目で見るとありがたいのですが、受講時間が800時間を超える長大なカリキュラムなので、働いている人や効率的に合格を目指したい人には向きません。

 

資格スクエアのカリキュラムは、合格に必要な情報だけを学べる効率重視になっています。

講義時間は約500時間とコンパクトなので、効率的に合格したい人向けです。

ただし、論文講座が約200時間とやや短く、「論文対策が手薄だった」という受講生が少なくありません。

 

こもり
論文講座は辰已法律研究所の評判が良く、論文だけ辰已を受けたという資格スクエア生もいます。

 

オンライン

伊藤塾資格スクエア

オンラインが優秀なのは資格スクエアです。

オンライン講義の画面を見比べてみましょう。

伊藤塾
伊藤塾の通信講座
資格スクエア
資格スクエアの通信講座

出典:伊藤塾(左)、資格スクエア(右)

 

伊藤塾のオンライン講義は、通学生向け講義の録画をWeb上で閲覧できるだけです。

インターフェイスも古めかしく、倍速くらいしか機能がありません。

オンラインの質は予備試験講座で最低レベルです。

 

一方で、資格スクエアのオンライン(eラーニングシステム)は、予備試験講座で最高レベルです。

講義画面はオンラインレジュメが表示され、書き込みやマーカー引きも自由にできます。

学習フローや進捗管理、問題演習といった学習サポート機能が充実しているのも魅力です。

 

こもり

資格スクエアのオンラインはスタディングと並ぶレベルです。

スマホ視聴ではスタディングに一歩及びませんが、PC利用が中心なら快適に利用できますよ。

 

サポート

伊藤塾資格スクエア

サポート体制が優秀なのは伊藤塾です。

 

通学講座の場合、受講生の学習相談や個別カウンセリングなどを手厚くしてもらえます。

講師との距離が近く親身に相談に乗ってもらいやすいのも魅力です。

通信講座の受講生へのサポートも充実しています。

 

資格スクエアは、講義中に講師への質問を送信できるほか、毎月のフォローアップも充実しています。

学習の進捗管理や学習指導などを定期的にしてもらえるので、モチベーションやスケジュール管理に困りません。

オンライン独特の距離感はありますが、慣れれば快適に利用できます。

 

伊藤塾と資格スクエアはどっちがおすすめ?

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座を比較する人

伊藤塾と資格スクエアを「6つの基準」で評価した結果をまとめました。

講座伊藤塾資格スクエア
価格
運営会社
実績
講座の質
オンライン
サポート

「運営会社」「実績」「講座の質」「サポート」で選ぶなら伊藤塾です。

長年の運営で蓄積されたノウハウと実力派講師による質の高い講義、手厚いサポート体制と、その結果としての高い合格実績は、伊藤塾ならではの強みと言えます。

ただし、「価格」が高く「オンライン」の質も低いのが課題です。

 

「価格」と「オンライン」で選ぶなら資格スクエアです。

また、講座の質はトータルで見ると伊藤塾に及びませんが、効率的に合格を目指せるカリキュラムという点では資格スクエアの方が優秀と言えます。

ただし、論文講座がやや手薄なのと、「初学者には難しい」という口コミもあるのが気になるところです。

 

こもり

オンライン講座で基礎から論文まですべて学習したい人にはアガルートが向いています。

基礎講座を資格スクエア並みに抑える一方で、論文講座は伊藤塾並みに時間を割くカリキュラムが好評です。

 

伊藤塾がおすすめな人

伊藤塾がおすすめな人は、次のとおりです。

・法律の知識を網羅的に学習して合格を目指したい人
・合格実績や有名講師で予備校を決めたい人
・手厚いサポート体制を求める人

伊藤塾の網羅的なカリキュラムが向いているのは、十分な学習時間が確保できて、効率性よりも網羅性を重視したい人です。

また、有名講師による講義で勉強したい、高い合格実績のある講座を受講したい、手厚いサポートを受けたいという人も伊藤塾が向いています。

一方で、スケジュールやモチベーション管理がある程度自分でできて、効率的に合格を目指したいという人は「過保護だし時間がかかりすぎる」と思うかもしれません。

 

資格スクエアがおすすめな人

資格スクエアがおすすめなのは、次のような人です。

・忙しくて勉強に割ける時間が少ない人
・効率的に短期合格を目指したい人
・学習コストを抑えたい人

効率性に特化した資格スクエアの予備試験講座が向いているのは、忙しくて時間がなく、短い時間でも効率よく学習を進めたい人です。

また、学習コストを抑えたい人にも向いています。

 

こもり

学習コストという点ではアガルートの方が価格が安く、割引セールも頻繁に実施しています。

答練・添削の通数が少なくても良いなら、アガルートの方が低コストです。

 

伊藤塾と資格スクエアの比較のまとめ

伊藤塾と資格スクエアの予備試験講座は特徴が大きく異なり、学習時間やスタイルによって向き不向きがはっきり分かれます。

ザックリ言えば、十分な学習時間を確保できる学生などは伊藤塾、忙しく働いていて学習時間の確保が難しい社会人は資格スクエアがおすすめです。

まずは気になった講座の公式サイトにアクセスし、無料講義の視聴やサンプルテキストの閲覧をして、自分に合った講座を試してみてください。

 

圧倒的な合格実績と有名講師陣で選ぶなら

 

価格とオンラインの使い勝手で選ぶなら

 

こもり

私はフルタイム勤務で残業も多い仕事をしているので、オンライン予備校の資格スクエアを検討しました。

でも、論文講座が手薄という口コミが多く、実際にカリキュラムを見ると物足りなさを感じたので、アガルートを受講しています。

ちなみに、働いていなければ伊藤塾も有力な選択肢でした。