【申込特典あり】アガルート予備試験1年合格カリキュラムライトの評判・口コミ

アガルート予備試験1年合格カリキュラムライトの評判・口コミ

アガルートの予備試験講座は、ここ数年、最新版のカリキュラムがリリースされるのと同時に前年版が「カリキュラムライト」として再販されています。

2022年7月には予備試験最短合格カリキュラムがリリースされ、前年版が予備試験1年号カリキュラムとして再販されました。

ライト版は価格がリーズナブルになるなどのメリットがある一方で、気になるデメリットもあります。

 

この記事では、予備試験1年合格カリキュラムライトの評判・口コミ・特徴を紹介します。

 

\人気カリキュラムをお得価格で!/

G2701199 a

 

りこ
8月21日までは限定クーポンコード「agr08shiho」を入力すると3%OFFで申し込むことができます。

 

分割払いで申し込むなら、教育ローンの分割手数料0円キャンペーンもお得です。

 

アガルート評判の割引クーポン・キャンペーン

 

当サイト限定キャンペーン(当サイト経由の申込みでAmazonギフト券35,000円分プレゼント)の対象講座です。

詳細は、トップページをご確認ください。

 

アガルート予備試験1年合格カリキュラムライトの特徴

アガルートと言えば予備試験講座が有名ですが、その中でも初学者を中心に人気が高いのが予備試験1年合格カリキュラムです。

2024年合格目標から予備試験最短合格カリキュラムに名称が変更されましたが、2023年合格目標がライト版として再販されています。

 

フルカリキュラムとライトカリキュラムの違い

公式サイトには、フルカリキュラム(リリース当時のカリキュラム)とライトカリキュラム(再販後のカリキュラム)の比較表が掲載されています。

アガルート予備試験1年合格カリキュラムライト

出典:アガルートt2701171 m

 

ライト版の主な変更点は3つです。

  • 定価の引下げ
  • 一部講座の講義提供なし
  • 講義時間の短縮(約850時間→約600時間)

 

定価の引下げ

フルカリキュラム(オプションなし)の定価は税込1,020,800円でしたが、ライト版は税込614,460円です。

約40万円も引き下げられており、相当リーズナブルに購入できます。

フルカリキュラムの早割30%OFFセール期間中の割引価格(税込714,560円)、最新版の定価(税込768,460円)と比較しても10万円以上安く、学習コストを抑えたい人にはピッタリです。

 

りこ
よりお得に申し込みたい場合は、アガルートの割引クーポン・セール情報もご確認ください。

 

一部講座の講義提供なし

次の3講座につき、フルカリキュラムでは講義とテキストが提供されていたものが、ライト版ではテキストのみの提供に変更されています。

  • 旧司法試験論文過去問解析講座
  • 短答知識完成講座Ⅱ
  • 短答過去問解析講座

 

いずれもテキストを用いた独学で対応できる講座ですが、動画講義で学習したい人は物足りなさを感じるかもしれません。

 

講義時間の短縮

上記3講座の動画講義が提供されなくなったことで、講義時間がフルカリキュラムの約850時間から約600時間まで短縮されます。

約250時間も短くなっていますが、初学者向けのインプット講座「総合講義300(約300時間)」は視聴できますし、短答式や論文式に必要な知識を習得する講座も全て提供されています。

他校生にも大人気のアガルート重問(重要問題習得講座)論証集の使い方講座も受講可能です。

 

予備試験1年合格カリキュラムライトの特徴

カリキュラムライトの特徴は、つぎの3つです。

  • 人気講師の講義と教材
  • 充実した論文式対策
  • 手厚いサポート体制

 

人気講師の講義と教材

アガルート予備試験講座を担当しているのは、業界最多の合計27名の講師です。

人気予備校の伊藤塾でさえ16名なので、その多さが際立っています。

しかも、全員が新司法試験合格者で、上位合格者や新試験の制度に詳しい講師ばかりです。

 

講義の多くを担当しているのが、代表講師の工藤北斗先生です。

LEC予備試験講座の黄金時代に活躍した人気講師で、アガルートをスタートした後も自ら講義を担当されています。

合格に必要な情報だけを伝える無駄を削ぎ落した説明が評判ですが、一方でスーパーサイヤ人に触れるなど思わずニヤッとするような話も講義中に織り交ぜられています。

 

その他、マネオプで絶大な支持を得ている谷山政司先生、新司法試験4位合格者の渡辺悠人先生、SNSで人気の石橋侑大先生などの人気講師など、講師層の厚さも評判です。

講師一人ひとりが自分の強みを活かして講義やサポートを担当しているところが、アガルートの大きな魅力の一つと言えます。

 

充実した論文式対策

アガルートは、最短ルート合格のためにアウトプットを重視したカリキュラムを組んでいます。

インプット学習は総合講義300の約300時間にまとめ、インプットと同時並行でアウトプット学習を始めて長い時間をかけることが特徴です。

特に、論文式対策に重点を置いており、初学者が短い期間で合格レベルに到達できるようになっています。

 

また、2022年の予備試験から選択科目が導入されましたが、いち早く全科目の対策講座をリリースしています。

各科目を得意とする講師が講義を担当しており、どの科目も初学者から経験者まで分かりやすい内容に仕上がっています。

 

りこ
ライト版では一部講座がテキストのみの提供となっていますが、基幹講座は全て視聴できます。

 

手厚いサポート体制

アガルートと言えば、最新版の有料オプションであるコーチングオプションやマネージメントオプションの手厚いサポートが人気です。

でも、マネオプは価格が高騰して約400万円となり、経済的に余裕がないと手を出しにくくなりました。

コーチングはマネオプに比べるとリーズナブルですが、それでも100万円を超えています。

 

予備試験1年合格カリキュラムライトにはオプション販売がありませんが、オプションなしでも次のようなサポートを受けることができます。

  • 質問制度(Facebookグループ)
  • ホームルーム(月1回の動画配信)
  • オンライン添削(約100通)
  • 定期カウンセリング(月1回30分のフォローアップ)

 

これだけのサポートが約60万円で受けられる予備校は、通信講座を含めても他には見当たりません。

似たサポートを展開しているのは資格スクエアですが、フォローアップの時間が短く、ホームルームのようなサポートはありません。

また、近年、人気講師が相次いでBEXAや加藤ゼミナールへ移っていることも懸念材料です。

 

予備試験1年合格カリキュラムライトと最短合格カリキュラムを比較

予備試験1年合格カリキュラムライトの比較対象になるのは、最新版である予備試験最短合格カリキュラム(オプションなし)です。

 

最短合格カリキュラム(オプションなし)と比較

講義内容やフォローアップの内容を比較して一覧表にまとめました。

比較項目
最短合格
カリキュラム
1年合格
カリキュラムライト
講義 〇(892.5時間+選択科目) 〇(約600時間)
製本テキスト
デジタルブック 〇(一部講座除く) 〇(一部講座除く)
音声ダウンロード 〇(無料) 〇(無料)
フォロー 質問制度 〇(Facebookグループ) 〇(Facebookグループ)
ホームルーム 〇(月1回) 〇(月1回)
オンライン添削 約100通 約100通
定期カウンセリング × 〇(月1回)
視聴期限 2025年9月 2024年9月

 

票を見て分かるとおり、異なるのは定期カウンセリングの有無と視聴期限です。

 

最新版では定期カウンセリングが廃止されましたが、ライト版では残っています。

月1回30分、無料で学習相談することができ、学習のモチベーションやリズムの維持に役立つサポート制度です。

 

一方で、講義の視聴期限はライト版の方が約1年短くなっています。

最短合格カリキュラムは約2年の視聴期限が設定されていますが、ライト版は1年強です。

とはいえ、2023年の予備試験論文式まで視聴することができるため、2023年合格を目指すなら検討する余地はあるでしょう。

 

【参考】最短合格カリキュラム(オプションあり)と比較

予備試験1年合格カリキュラムライトにはオプション設定がなく、講師等によるサポートでは最短合格カリキュラムには遠く及びません。

ちなみに、最新版にオプションをつけた場合のサポート内容は次のとおりです。

最短合格カリキュラム コーチング
オプション
マネージメント
オプション
指導者 新司法試験合格者(担任制) プロ講師(非担任制)
指導ペース 隔週(2週間に1回) 毎週(1週間に1回)
指導時間 30分/回 1時間/回
添削通数(合計) 約100通+75通(オプション分)=約175通 約100通+150通(オプション分)=約250通
添削通数(各回) 1通(4枚答案)/回 2通/回
オンライン添削進捗管理 ×
コーチング
ティーチング ×
オンラインチューター利用 ×
ラウンジ自習室利用
指導方法 オンラインのみ オンライン、ラウンジ
学習時間目安 20時間以上/週 30時間以上/週

 

オプションには、プロ講師や司法試験合格者から手厚いサポートを受けることができ、合格レベルに到達しやすくなるという大きなメリットがあります。

一方で、カリキュラムの価格が跳ね上がり、お財布には優しくありません。

特に、マネージメントオプションは約400万円と高額で、一般的な社会人や学生には手が届きにくくなっているというのが実情です。

 

アガルート予備試験1年合格カリキュラムライトの評判・口コミ

ライト版がリリースされて間がなく、SNSやブログで評判・口コミは見当たりません。

ただし、フルカリキュラム(2023年合格目標)は約1年前にリリースされており、受講生の評判・口コミがたくさんあります。

一部講座以外にライト版と差がないので、申込みを検討する場合は参考になるはずです。

 

詳細は、アガルートの評判・口コミにまとめています。

 

アガルート予備試験1年合格カリキュラムライトの評判・口コミまとめ

予備試験1年合格カリキュラムライトは、リーズナブルな価格でアガルート予備試験講座を利用したい人向けです。

視聴期限が約1年、一部講義が視聴できないというデメリットはありますが、最新版より10万円以上も安く、サポート体制が充実しています。

「アガルートを利用したいが最新版は高いと感じる」という人にとっては、有力な選択肢になるでしょう。

 

\人気カリキュラムをお得価格で!/

G2701199 a