法曹コースとは?設置大学一覧と選ぶ基準(メリット・デメリット)を紹介

法曹コースの設置大学一覧と選び方

司法試験の受験資格を得る方法は、①法科大学院ルートと②予備試験ルートの2つあります。

このうち①を選択した場合、学部4年間+法科大学院3年又は2年を修了する必要があり、司法試験や司法修習期間を加えると、法曹になるまでに8年程度はかかっていました。

こうした長大な期間を短縮するために創設されたのが、法曹コースです。

 

この記事では、法曹コースの制度概要と設置大学一覧、選ぶ基準について紹介します。

 

\法曹コース→ロースクールを目指すなら/

 

予備試験ルートと迷っている人は、法科大学院と予備試験はどっちがおすすめ?も読んでみてください。

 

法曹コースとは

法曹コースとは、大学の教育課程と法科大学院尾既修者コースの教育課程を一貫的に行う制度です。

法曹を志す学生に対して学部生時代から効果的な教育を行い、早期に司法試験合格レベルに到達させることを目指しています。

大学法学部に3年間の教育課程として設定され、卒業後は法科大学院の既修者コース(2年)の教育課程に接続される仕組みです。

法曹コース

出典:文部科学省とは:文部科学省

 

法曹コースは何が違う?

法曹コースと今までの制度との違いは、法科大学院卒業までの最短期間が1、2年は短く済むようになることです。

従前は大学法学部4年+法科大学院2年又は3年の期間が必要だったところ、大学法学部(法曹コース3年)+法科大学院(既修者コース2年)の5年で済むようになります。

医師国家試験の受験資格を得るための期間(最短6年)より短くなるという、画期的な制度です。

 

法曹コースはいつから?

法曹コースは、2019年度以降に法曹コースのある大学に入学した人が選択できます。

また、2023年度からは、一定の条件を満たせば在学中に司法試験を受験できるようになります。

つまり、在学中に司法試験に合格すれば、司法修習も含めて最短約6年で法曹資格を得られるということです。

 

法曹コースにはどうやって入る?

法曹コースに入るには、法曹コースのある大学に進学し、コース選択で法曹コースを選ぶことになります。

選択時に筆記や面接の試験が課される大学もあり、通常の専攻選択とは異なる部分があります。

 

法曹コースは早期卒業の要件を満たす必要がある

法曹コースは、原則として、早期卒業生度を利用して大学と法科大学院を接続する運用がなされています。

そのため、3年間で大学を卒業して法科大学院に進学するには、早期卒業の要件である「優秀な成績」等を満たすことが必要です。

要件を満たさず早期卒業できなかった場合、3年経過後に1年間の学習を経て、通常どおり4年で大学を卒業するケースもあり得ます。

 

法曹コースの選び方

法曹コースを設置している大学は年々増加しており、「何を基準に選べばよいか分からない。」という人も増えています。

一般的な選び方の基準は、次のとおりです。

  • 司法試験の合格率
  • 早期卒業に必要な条件
  • 連携している法科大学院

 

司法試験の合格率

司法試験の合格率は、多くの学生が法科大学院を選ぶ際の基準にしています。

合格者数に注目する人もいますが、それよりも重視されているのが合格率です。

 

令和4年度の司法試験における法科大学院生の合格率ランキングは次のとおりです。

ランキング 法科大学院 合格率 受験者数 最終合格者数
1位 京都大学法科大学院 68.0% 175 119
2位 東京大学法科大学院 60.9% 192 117
3位 一橋大学法科大学院 60.0% 110 66
4位 慶應義塾大学法科大学院 57.5% 181 104
5位 東北大学法科大学院 56.3% 48 27
6位 愛知大学法科大学院 50.0% 4 2
7位 神戸大学法科大学院 48.6% 111 54
8位 大阪大学法科大学院 45.9% 111 51
9位 早稲田大学法科大学院 44.8% 232 104
10位 創価大学法科大学院 37.5% 32 12

出典:法務省:司法試験の結果について

 

法科大学院生全体の合格率は37.7%、合格率が50%を超えているのは第1位の京都大学法科大学院を含む5校だけです。

 

早期卒業に必要な条件

最短ルートで法曹ルートから法科大学院へ進学するには、早期卒業の条件を満たす必要があります。

早期卒業の条件は大学によって異なるため、より条件が緩い穴場の大学を目指す人もいるようです。

とはいえ、優秀な成績を修めるという条件はほぼ全ての大学で共通しているので、それほど重要な基準とはなり得ないでしょう。

 

連携している法科大学院

いくら法曹コースの早期卒業の条件が緩くても、連携先の法科大学院の司法試験合格率が低ければ法曹への道は険しくなります。

そのため、大学が連携している法科大学院や、そこの卒業生の司法試験合格率もチェックすることが大切です。

法曹コースの設置大学と連携法科大学院は、次の項目で紹介します。

 

法曹コースの設置大学一覧

法曹コースが設置されている大学と連携法科大学院の一覧です。

認定順に表示しています。

申請大学(連携法科大学院) 協定先大学(連携法曹基礎課程)
北海道大学大学院法学研究科法律実務専攻 北海道大学法学部法専門職コース法曹養成プログラム
北海道大学大学院法学研究科法律実務専攻 北海道大学法学部法専門職コース法曹養成プログラム
北海道大学大学院法学研究科法律実務専攻 北海学園大学法学部法曹養成プログラム
京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻 京都大学法曹基礎プログラム
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻 大阪市立大学法学部法学科法曹養成プログラム
関西大学大学院法務研究科法曹養成専攻 関西大学法曹コース
東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 東京大学法学部法科大学院進学プログラム
大阪大学大学院高等司法研究科法務専攻 大阪大学法学部連携法曹基礎課程
慶應義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 慶應義塾大学法学部法律学科法曹コース
創価大学大学院法務研究科法務専攻 創価大学法学部法律学科グローバル・ロイヤーズ・プログラム
立命館大学大学院法務研究科法曹養成専攻 立命館大学法学部法曹進路プログラム
千葉大学大学院専門法務研究科 千葉大学法政経学部法政経学科法学コース法曹コース・プログラム
千葉大学大学院専門法務研究科 明治学院大学法学部法律学科法曹コース
金沢大学大学院法務研究科法務専攻 金沢大学人間社会学域法学類総合法学コース法曹養成プログラム
名古屋大学大学院法学研究科実務法曹養成専攻 立命館大学法学部法曹進路プログラム
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻 立命館大学法学部法曹進路プログラム
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻 同志社大学法学部法律学科法曹養成プログラム
東京都立大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 東京都立大学法学部法学科法律学コース法曹養成プログラム
東京都立大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻 明治学院大学法学部法律学科法曹コース
学習院大学大学院法務研究科法務専攻 西南学院大学法学部法務コース
慶應義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 信州大学経法学部総合法律学科法曹養成プログラム
慶應義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 明治学院大学法学部法律学科法曹コース
日本大学大学院法務研究科法務専攻 日本大学法学部法律学科法曹コース
日本大学法学部法職課程法曹コース履修プログラム
法政大学大学院法務研究科法務専攻 法政大学法学部法律学科法曹コース
明治大学専門職大学院法務研究科法務専攻 明治大学法学部法律学科法曹コースにおける一貫教育プログラム
同志社大学大学院司法研究科法務専攻 同志社大学法学部法律学科法曹養成プログラム
同志社大学大学院司法研究科法務専攻 西南学院大学法学部法務コース
九州大学大学院法務学府実務法学専攻 西南学院大学法学部法務コース
愛知大学大学院法務研究科法務専攻 愛知大学法学部法学科法科大学院連携コース
大阪公立大学大学院法学研究科法曹養成専攻 大阪公立大学法学部法学科法曹養成プログラム
大阪公立大学大学院法学研究科法曹養成専攻 大阪市立大学法学部法学科法曹養成プログラム
一橋大学大学院法学研究科法務専攻 一橋大学法学部法曹コース
東北大学大学院法学研究科総合法制専攻 東北大学法学部法曹コース
千葉大学大学院専門法務研究科法務専攻 鹿児島大学法文学部法曹養成連携プログラム
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻 鹿児島大学法文学部法曹養成連携プログラム
九州大学大学院法務学府実務法学専攻 鹿児島大学法文学部法曹養成連携プログラム
広島大学大学院人間社会科学研究科実務法学専攻 広島大学法学部法曹養成プログラム
九州大学大学院法務学府実務法学専攻 九州大学法学部法科大学院連携プログラム
九州大学大学院法務学府実務法学専攻 熊本大学法学部法学科アドバンスト・リーダー・コース(法学特修クラス)法曹プログラム
慶應義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 明治大学法学部法律学科法曹コース
慶應義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 立教大学法学部法学科法曹コース
上智大学大学院法学研究科法曹養成専攻 上智大学法学部法曹コース
明治大学専門職大学院法務研究科法務専攻 明治大学法学部法律学科法曹コースにおける一貫教育プログラム
早稲田大学大学院法務研究科法務専攻 熊本大学法学部法学科アドバンスト・リーダー・コース(法学特修クラス)法曹プログラム
早稲田大学大学院法務研究科法務専攻 明治学院大学法学部法律学科法曹コース
早稲田大学大学院法務研究科法務専攻 立教大学法学部法学科法曹コース
早稲田大学大学院法務研究科法務専攻 早稲田大学法学部法曹コース
早稲田大学大学院法務研究科法務専攻 西南学院大学法学部法務コース
関西学院大学大学院司法研究科 関西学院大学法学部特修コース法曹養成連携プログラム
福岡大学大学院法曹実務研究科法務専攻 福岡大学法学部法律学科法律特修プログラム法曹養成連携基礎クラス
名古屋大学法学研究科実務法曹養成専攻 名古屋大学法学部法律・政治学科法曹コース
神戸大学大学院法学研究科実務法律専大学院 神戸大学法学部法科大学院進学プログラム
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻 熊本大学法学部法学科アドバンスト・リーダー・コース(法学特修クラス)法曹プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 信州大学経法学部総合法律学科法曹養成プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 熊本大学法学部法学科アドバンスト・リーダー・コース(法学特修クラス)法曹プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 鹿児島大学法文学部法曹養成連携プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 中央大学法学部法律学科法曹コースにおける一貫教育プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 明治大学法学部法律学科法曹コースにおける一貫教育プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 明治学院大学法学部法律学科法曹コース
中央大学大学院法務研究科法務専攻 立教大学法学部法学科法曹コース
中央大学大学院法務研究科法務専攻 立命館大学法学部法曹進路プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 西南学院大学法学部法務コース
東北大学大学院法学研究科総合法制専攻 新潟大学法学部法学科法曹養成プログラム
慶応義塾大学大学院法務研究科法曹養成専攻 新潟大学法学部法学科法曹養成プログラム
中央大学大学院法務研究科法務専攻 新潟大学法学部法学科法曹養成プログラム
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻 新潟大学法学部法学科法曹養成プログラム
岡山大学大学院法務研究科法務専攻 岡山大学法学部法曹プログラム

出典:文部科学大臣認定を受けた法曹養成連携協定一覧

 

法曹コースのメリット

法曹コースのメリットは次のとおりです。

  • 最短ルートで司法試験を受験できる
  • 司法試験合格を目指した一貫教育を受けられる

 

法曹コースのメリット①:最短ルートで司法試験を受験できる

最大のメリットは、最短4.5年で司法試験を受験できることです。

法曹コースを3年で卒業して法科大学院に進み、在学中に司法試験に合格すれば、最短ルートで法曹資格を得ることができます。

早期に法曹資格を得ることで、その後の選択肢やキャリアパスの可能性が広がるのは大きなメリットです。

 

法曹コースのメリット②:司法試験を目指した一貫教育を受けられる

法曹コースは、名称のとおり法曹を目指すための教育が受けられるコースです。

通常の法学部では必ずしも司法試験に向けた勉強ばかり受けられるわけではありませんが、法曹コースなら大学時代から試験に向けた勉強をして法科大学院に進むことができます。

同じ方角を学ぶ場であっても、法科大学院進学やその先の司法試験合格という明確な目標が定まっていて、それに向けた一貫教育を受けられることは、法曹コースのメリットです。

 

法曹コースのデメリット

法曹コースのデメリットは次のとおりです。

  • 大学生活が満喫しにくい
  • 費用がかかる

 

大学生活が満喫しにくい

法曹コースを3年で卒業するには優秀な成績等の条件を満たす必要があり、どうしても4年間で卒業するより勉強に割く時間や負担が増えることになります。

そのため、大学4年間という貴重なモラトリアム期間を満喫しにくいという意見もあります。

また、法曹コースは新しい制度で大学によって運用に差があり、法曹コース生の評判や口コミもまだまだ少なく、入学してから「思っていたのと違った。」と感じるリスクもないとは言えません。

 

費用がかかる

予備試験ルートで司法試験を目指す場合と比較すると、法曹コースと法科大学院の学費が高くつきます。

法科大学院を卒業するまでに数百万円の費用がかかるため、経済的に厳しいという人も少なからずいるのが現状です。

予備試験ルートでも予備校費用はかかりますが、口コミで評判のアガルート予備試験講座などリーズナブルな価格設定の通信講座も増えており、負担額には大きな開きがあります。

 

法曹コースを選ぶ基準と設置大学一覧まとめ

法曹コースは、最短ルートで法曹資格を得たい人に向いています。

ただし、早期卒業や費用の高さといったハードルがありますし、途中で志望を変えにくいというデメリットを感じる人もいるので、目指す前に慎重に検討することが大切です。

 

また、より短期間で司法試験合格を目指したいなら、予備試験ルートも選択肢に入ります。

予備試験に合格さえすれば司法試験の受験資格が得られるため、早ければ学部生のうちに司法試験にチャレンジできます。

独学での合格は難しいですが、法曹コースや法科大学院の費用を考えると安く済みます。

 

\法科大学院コースが充実している通信講座/