アガルート司法書士講座の口コミ評判を試験合格者が解説【2020年10月最新版】

りこ
アガルートの司法書士講座の口コミ評判ってどうなの?

 

こもり

講座の質の高さとテキストを評価する口コミが多いけど、気になる口コミもあるよ。

 

独学で司法書士試験に合格するには2000~3000時間はかかると言われています、

十分な学習時間がとれる人でも1~2年はかかるので、働きながら独学で合格を目指すのはハードルが高いと言わざるを得ません。

 

そこで、効率的に学習を進めて短期間で合格を目指したい人が利用するのが予備校です。

実は、法学部出身者も大半が予備校を利用して司法書士試験の合格を目指しています。

 

近年特に注目を集めているのがアガルートの司法書士講座です。

法律系資格の対策講座のあるオンライン予備校で、講座の質の高さと価格の安さからコスパが良いと口コミで評判になっています。

 

この記事では、アガルートの司法書士講座の口コミ評判とメリット・デメリット、向いている人について解説します。

 

・アガルート司法書士講座の口コミ評判が知りたい人
・効率的に学習して短期間で合格を目指したい人
・アガルートの司法書士講座を詳しく知りたい人

 

司法書士の予備校・通信講座の比較とおすすめ人気ランキングについては下の記事にまとめています。

 

こもり
私が司法書士講座を選ぶときにリサーチした予備校・通信講座7校について、最新情報や口コミを踏まえて解説します。

 

アガルートの司法書士講座

アガルート

アガルートとは、難関資格の対策講座を中心に取り扱っているオンライン予備校です。

元LEC講師の工藤北斗(岩崎北斗)先生が代表を務めています。

サービス開始から10年未満ですが、司法試験・予備試験や司法書士講座を中心に質の高い講義やテキストが評判になり、今では法律系資格の代表的な予備校の一つです。

 

アガルートの司法書士講座は、講義とテキストが連動した質の高い講義とコスパの良さ、記述過去問解析講義の質の高さが評判です。

1講義の時間が短くスキマ時間でも視聴できることや、無料で音声ダウンロードができることも社会人を中心に好評を得ています。

 

アガルートの司法書士講座一覧

アガルートでは次のような講座を開講しています、

講座内容価格
2021年合格目標

入門総合講義/入門総合カリキュラム

・入門総合講義(300時間~350時間)

【以下、入門総合カリキュラムのみ】

・記述式試験の「解き方」講座(10時間)
・記述過去問の「歩き方」講座(5時間)
・記述過去問解析講座(40時間)

・入門総合講義:140,800円
・入門総合カリキュラム:173,800円
アウトレット 2020

入門総合講義/入門総合カリキュラム

同上・入門総合講義:98,560円
・入門総合カリキュラム:121,660円
2020年合格目標

演習総合講義/演習総合カリキュラム

・演習総合講義(約200時間)
・記述解答力完成講座(約70時間)
・実力確認答練(全8回)
・模擬試験(全2回)
・演習総合講義:90,860円
・演習総合カリキュラム:152,460円
民法改正強化パック【初学者向け】

・入門総合講義(民法,不動産登記法)
・記述過去問解析講座(不動産登記法)
・記述解答力完成講座(不動産登記法)

【中上級向け】

・演習総合講義(民法,不動産登記法)
・記述過去問解析講座(不動産登記法)
・記述解答力完成講座(不動産登記法)

・初学者向け:60,060円
・中上級向け:52,360円
記述解答力完成講座・不動産登記法&商業登記法・60,060円
 記述過去問解析講座・不動産登記法
・商業登記法
・不動産登記法:21,780円
・商業登記法:21,780円
・両方:39,380円
価格は、2020年10月時点の税込価格を表示しています。

 

総合パックコースは初学者向けと中上級向けの2種類、その他に強化パックや単品講座があります。

 

アガルートでは毎年、新年度のコースが出ると前年度のコースがアウトレットセール価格になります。

定価の30%くらいは割引されるのでかなりお得です。

 

アガルートの司法書士講座の気になる口コミ評判(デメリット)

アガルートの司法書士講座を視聴している人

アガルートの司法書士講座で気になる口コミ評判は次のとおりです。

  • eラーニングシステムがイマイチ
  • 講師の話が聞き取りづらい
  • スマホだと見づらい

 

eラーニングシステムがイマイチ

口コミ

Twitter
アガルートのオンライン講義って、テキストは表示されるけど書き込みとかできないから紙製のテキスト持ち歩いてる

パソコンとテキスト持って移動するのめっちゃ重い…


ブログ

他の予備校のWebテキストは書き込みなどができますが、アガルートはただ見ることしかできません。

そのため、重要ポイントをメモしたりマーカーを引いたりするには製本テキストを持ち歩くことになります。

学習サポート機能もほとんどないので、学習計画の立案も進捗管理も自分でやらなければなりません。

アガルートの学習スタイルは「講義とテキストを持ち歩く」です。

その言葉どおりオンライン講義画面にはテキストが表示されますが、書きこんだりマーカーを引いたりすることはできません。

講座を視聴しているとメモやマーカー引きをしたくなりますが、オンラインテキストには書き込めないので、製本テキストを持ち歩く必要があります。

 

「通学生向け講義の録画をオンラインで視聴できるだけ」の大手予備校と比べると高機能ですが、オンライン予備校のスタディングや資格スクエアと比べると物足りません。

例えばスタディングの場合、講義中にノートやメモを取れる機能が充実しています。

eラーニングシステムには学習フロー、進捗管理、問題演習などの学習サポート機能があり、スマホ端末だけで学習を完結させることが可能です。

オンライン予備校であることを考えると、eラーニングシステムのレベルは課題と言えます。

 

ただし、1年合格カリキュラムでマネジメントオプションを申し込むと、講師が進捗管理や個別指導など細やかなサポートをしてくれます。

他のオンライン予備校がeラーニングでする部分を講師が対応するかたちです。

大手予備校と同じスタイルで、システムよりも講師にサポートを任せたい場合は、eラーニングのレベルはそれほど気にならないでしょう。

 

講師の話が聞き取りづらい

口コミ

Twitter
アガルートの講義って声が聞き取りにくい。

講師のせいなのか機材のせいなのか分からないけど。


ブログ
アガルートの講義は、講義の音声が聞き取りにくいことがあるという人がいます。

私はそれほどでもないのですが…

「講師の声が聞き取りづらい」という口コミが散見されます。

司法書士講座以外にも似た口コミがあり、講師の声質や喋り方の問題、機材の問題などが指摘されています。

 

でも、実際に講義を視聴すると、講師の声が聞き取りづらいということはありません。

講師によっては話し方に特徴があると思うことはありますが、講義の内容はしっかり聞き取れます。

聞き取りにくいのはユーザー側(イヤフォンなど)に問題がある可能性はあるでしょう。

 

こもり
個人差が大きい部分なので、公式サイトにアクセスして無料講義を視聴して見てください。

 

講義が聴きとりづらいという口コミを見つけたら、発信者のブログやTwitterをチェックして見てください。

高い確率で他講座をおすすめしており、ブログには比較記事やランキング記事があって広告が貼り付けてあります。

資格ビジネスの常とう手段なので、口コミを鵜呑みにしないことが大切です。

 

スマホだと見づらい

口コミ

ブログ
アガルートの講座はマルチデバイス対応ですが、スマホだと画面が小さく見にくくなります。


Twitter
アガルートの講義はスマホだと見にくい。

視聴はできるけどパソコンと比べると画面が小さすぎてテキストなんて読めたもんじゃない。

アガルートの講義はスマホでも視聴できますが、PCで視聴する時と比べると見にくくなります。

スマホ学習に特化しているスタディングの講義画面と見比べてみてください。

アガルート
アガルートの通信講座
スタディング
スタディングの通信講座

スタディングのオンライン講義画面は、重要項目が書かれたスライドが大きく映し出されており、スマホでも問題なく文字を読むことができます。

操作ボタンも大きいので、スマホ表示でも押し間違いにくいです。

アガルートにはこうしたスマホを意識した工夫がなく、見やすさも操作性も今一つです。

 

こもり

スマホ学習ではスタディングのeラーニングが一番です。

資格スクエアや他の予備校もアガルートと似たレベルですね。

 

アガルートの司法書士講座の良い口コミ評判(メリット)

アガルートの司法書士講座を視聴している人

アガルートの司法書士講座の良い口コミ評判は次のとおりです。

  • 価格が安い
  • 全額返金&お祝い金制度
  • 1講義の時間が短い
  • 音声ダウンロードできる
  • テキストが見やすく分かりやすい
  • 記述過去問解析講義が分かりやすい
  • サポート体制が手厚い

 

価格が安い

口コミ

Twitter
アガルートの司法書士講座は内容が充実しているのに驚くほど安い!


ブログ
コスパという点で最も優れているのはアガルートです。

資格スクエアもコスパは良いですが、講義内容と価格を踏まえるとアガルートには及びません。

 

アガルートの司法書士講座は、他の予備校の講座と比べて低価格で提供されています。

予備校スタディングアガルート資格スクエアクレアール伊藤塾LEC
価格117,700円
(107,000円)
102,000円
(92,000円)
173,800円
(158,000円)
201,700円
(183,363円)
340,000円
(309,090円)
187,500円
(170,454円)
499,000円
(453,636円)
467,700円
(425,181円)
評価

いずれも初学者が一から学んで合格力を身につけるための講座の価格です。

価格表示は黒字が税込定価(カッコ内は税抜)、赤字が2020年10月時点の税込価格(カッコ内は税抜)です。
定価と2020年9月時点の価格が同じ場合は、赤字で表示しています。
青字は、講座の入れ替えなどの事情により2020年10月時点で販売されていない講座)
※LECは別売テキスト購入が必要なので、講座価格(税込434,700円)+テキスト価格(税込33,000円)を表示

大手予備校と比べると3倍以上安く、同じオンラインの資格スクエアやクレアールと比べてもダントツで安くなっています。

 

スタディングが桁違いの低価格ですが、受講時間を見るとアガルートのコスパの良さが分かります。

予備校スタディングアガルート資格スクエアクレアールWセミナー伊藤塾LEC
講義時間約150時間約350時間約375時間約590時間462時間507時間390時間

アガルートの受講時間が360時間に対してスタディングは180時間です。

約2倍の受講時間で価格差は6万円くらいなので、コスパではアガルートが優秀と言えます。

 

受講時間だけでなく、カリキュラムも充実しています。

アガルートの司法書士講座のカリキュラム

出典:アガルート公式サイト

 

割引セール

アガルートは、頻繁に割引セールを実施しています。

割引セール割引率
新講座リリース記念セール10%
アウトレットセール30%
臨時セール10~30%

いずれの割引セールも2~3ヶ月程度は続くので、期間中であれば定価より安く講座を購入できます。

 

こもり
臨時セールは不定期で実施されるので時期が読みにくいですが、割引率が大きいので見かけたら購入のチャンスです。

 

割引制度でさらにお得に

アガルートには次のような割引制度があります。

講座対象割引率
司法書士試験受験生割引制度司法書士の受験歴がある人10%off
他資格試験合格者割引制度宅地建物取引士、行政書士・社会保険労務士、土地家屋調査士、マンション管理士・管理業務主任者の合格者10%off
他校乗換割引制度他の予備校、通信講座、スクールなどで有料講座を受講していた人10%off
いずれの割引制度も、対象講座は2021入門総合講義と2021入門総合カリキュラムです。

 

司法書士の受験歴、特定の資格保有、他校からの乗り換えのいずれかに当てはまる場合は、講座価格が10%offになります。

 

全額返金&お祝い金制度

アガルートの合格特典

口コミ

Twitter
アガルートの合格特典が衝撃的!

予備校に通って収入がもらえるってどういうこと?


ブログ
合格特典が最も大きいのはアガルートです。

何とアガルートの講座を受講して司法書士試験に合格すると講座費用が全額返金されます。

それだけでなくお祝い金として3万円ももらえるので、予備校に通って儲かることになります。

 

アガルートの司法書士講座には、合格すると講座費用を全額返金+合格お祝い金3万円という特典があります。

全額キャッシュバックだけでも驚きですが、お祝い金で収支がプラスになるんです。

 

対象講座は次のとおりです。
・入門総合講義/全科目
・入門総合カリキュラム
演習総合講義/全科目
・演習総合カリキュラム
また、合格特典を得るには次の条件を満たす必要があります。
・合否通知書(成績通知書)データを提出
・合格体験記を提出
・合格者インタビュー出演・成立

 

こもり
インタビュー会場への交通費は自己負担などの要件もあるので、事前にアガルート公式サイトで確認しておきましょう。

 

1講義あたりの時間が短い

口コミ

Twitter
講義一つひとつが短いからスキマ時間でも勉強しやすい。


ブログ
アガルートの司法書士講座は1つの講義が短く、忙しくてまとまった勉強時間を取れない人に向いています。

 

アガルートの講義は、1つ30分前後に設計されています。

自宅学習が中心だと「短いな」と感じるかもしれませんが、スキマ時間でも学習することができるので、仕事や家事育児で忙しい人には好評です。

 

また、集中力という点からも30分の講義はメリットがあります。

私たちの集中力は90分が限界で、15分ごとに集中力の切れ目があると言われています。

1講義30分というのは集中力の切れるタイミングと一致しているので、効率的に学習するのに向いています。

 

25分作業して5分休むのが良いというポモドーロ・テクニックも知られています。

ただし、学校や大学など学びに関する時間は15分単位で設定されていることが多いです。

 

音声ダウンロードできる

口コミ

ブログ
アガルートは講義の音声を無料でダウンロードすることができます。

有料オプションにしている予備校もあるので良心的と言えます。


Twitter
通勤で講座を聴けるのはありがたい。

音声ダウンロードしておけば地下鉄とかネット接続が悪いところでも安心。

 

アガルートでは、講義音声を無料でダウンロードすることができます。

講義映像の音声をダウンロードすることができます。このデータには,視聴期限はありません。音楽プレーヤーやスマートフォン,タブレット等のデバイスでインターネットに接続することなく,講義を聴くことができます。

引用:アガルート公式サイト

 

音声をダウンロードできれば地下鉄や飛行機に乗っていても視聴できます。

また、講義には視聴期限がありますが、ダウンロードデータは半永久的に聴き続けることが可能です。

ちなみにスタディングは無料で音声ダウンロードができますが、資格スクエアは有料オプションになっています。

 

こもり

司法書士試験は合格率3%という狭き門です。

もし合格できず講義の視聴期限が切れても、音声を聴き続けられるのはお得ですね。

 

テキストが見やすく分かりやすい

口コミ

ブログ
司法書士試験のテキストと言えば伊藤塾と言われてきましたが、最近はアガルートのテキストも優れています。

フルカラーで図やグラフを多用したテキストは、法律初学者でも分かりやすいです。


Twitter
アガルートのテキストはとにかく見やすい。

法律のややっこしい概念も分かりやすい図にしてくれてるからスッと入って来る。

アガルートのテキストは、講義を担当する講師が自ら作っているので講義との連動性が高くなっています。

また、グラフや図表がたくさん使われており、「見て分かる」と評判です。

 

特徴は5つあります。

  • フルカラー
  • 図表が多い
  • 情報を集約
  • 記載例や書式が多い
  • 重点事項にアイコン設置

 

まず、アガルートのテキストは全てフルカラー仕様で見やすいです。

アガルート テキスト

図表がたくさん使われているので、難しい概念でも見て理解することができます。

重要事項をアイコンで示してくれたり、情報が一か所に集約されていたりと知識が効率的に身につく工夫がされています。

記載例や書式も多く、テキストを読むだけで自然に記述式対策にもなります。

 

こもり

アガルートは最短ルートで合格を目指すカリキュラムを組んでおり、テキストも合格に必要な情報だけを厳選して掲載しています。

そのため、1冊1冊がとても薄く、初学者でも威圧感を感じずに読み込むことができます。

 

記述過去問解析講義が分かりやすい

口コミ

ブログ
アガルート司法書士講座の入門総合カリキュラムには記述過去問解析講義がついています。

見ているだけで解き方が身につくので、記述式に苦手意識があるなら必見です。


Twitter
アガルート以外の予備校を受講してるけど、記述式対策が弱いから記述式過去問解析だけ受講した。

講師が実際に問題を解くのを見て学ぶ斬新な講義だったよ。

 

アガルートの司法書士講座で特に評価が高いのが記述過去問解析講義です。

記述過去問解析講義では、過去10年分もの記述式試験の過去問を使い、講師が実際に問題を解く様子を見て学びます。

講師は記述式試験を上位で突破した浅野先生。

 

講義のポイントは3つです。

  • 講師のマネをすれば基準点以上を得点できるようになる
  • ミス予防法など試験で役立つノウハウが身につく
  • 10年分の記述式過去問に触れられる

 

法律初学者でも分かりやすいように手取り足取り説明してくれるので、視聴するだけで合格力が身につきます。

スタディングや資格スクエアの受講者の中には、「記述式対策をみっちりやりたい」と考えてアガルートの記述過去問解析講義を受講する人が一定数います。

 

こもり
実際の講義の様子を確認したいときは、アガルート公式サイトでサンプル動画を視聴できます。

 

サポート体制が手厚い

口コミ

ブログ
アガルートの司法書士講座は、サポート体制が充実していることでも有名です。

受講生限定のFacebookグループ内で、講師に対して回数制限なしに質問することができます。

講師からは全ての質問に丁寧な回答をもらえますし、他の受講生がした質問や回答も閲覧できるので、とてもありがたいです。


Twitter
去年まで予備校で勉強してて、通信だとサポートは期待できないだろうと思ってたんだけど、思い違いだった。
些細な質問でも講師が全力で返してくれるし、何なら予備校より対応早いこともある。

 

アガルート司法書士講座は、受講生のサポート体制に力を入れています。

 

講座を申し込むと受講生限定のFacebookグループに入れるようになり、そこで回数制限なしに質問できるようになります。

質問には担当講師が対応するので、講義の細かい内容で行き詰まっても丁寧に教えてもらえます。

また、他の受講生が書き込んだ質問や、それに対する講師の回答が閲覧できるのも魅力です。

 

「サポート体制では大手予備校には及ばないだろう」と思うかもしれません。

確かに、予備校の通学コースは講師との距離が近くタイムリーかつ直に相談することも可能で、その点は及びません。

でも、予備校の通信講座ではこうした対応はできず、Eメールやシステムを使ったサポートがメインです。

 

また、講師以外のスタッフが回答する講座もあり、満足できる回答が得られないケースもあります。

アガルート司法書士講座のサポート体制は、予備校の通学コースには及びませんが、通信講座内では最高レベルと言えます。

 

アガルートの司法書士講座に向いている人

口コミ評判に基づくメリット・デメリットを踏まえると、アガルートの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • オンラインで司法書士試験の勉強をしたい人
  • コスパの良い司法書士講座を受講したい人
  • 記述式対策にも力を入れたい人

 

オンラインメインで学習したいなら、アガルートは選択肢の一つになります。

他にも資格スクエアやスタディング、クレアールなどもありますが、コスパで考えるならアガルートです。

記述式対策を重視したいならアガルートかクレアールが候補になりますが、コスパで上回るアガルートが有力です。

 

アガルートをおすすめできない人

スマホ学習をメインに考えているなら、スマホ視聴の見やすさや操作性が今一つのアガルートはおすすめできません。

スマホ特化のスタディングが有力でしょう。

 

また、オンラインだけで学習を完結させたい場合も、Webテキストの使い勝手が良い資格スクエアの方がおすすめです。

アガルートのWebテキストは見れるだけなので、書き込みなどをしたいときに製本テキストを持ち歩く必要があります。

 

法律初学者でもOK

アガルートの司法書士講座は、講義の内容やテキスト、カリキュラムどれをとっても法律初学者が合格するのに役立ちます。

記述式対策も充実しているので、アガルートの講座だけで合格を目指すことは十分に可能です。

 

こもり
アガルートの記述式講座は、他の予備校の受講生も受講するほどの評判なので安心ですね。

 

アガルートの司法書士講座のまとめ

口コミ評判に基づいて、アガルートの司法書士講座のメリットとデメリットをまとめました。

スタディング(STUDYing)内容
メリット
  • 価格が安い
  • 全額返金&お祝い金制度
  • 1講義の時間が短い
  • 音声ダウンロードできる
  • テキストが見やすく分かりやすい
  • 記述過去問解析講義が分かりやすい
  • サポート体制が手厚い
デメリット
  • オンライン予備校なのにテキストは製本
  • 講師の話が聞き取りづらい
  • スマホだと見づらい

 

アガルートの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • オンラインで司法書士試験の勉強をしたい人
  • コスパの良い司法書士講座を受講したい人
  • 記述式対策にも力を入れたい人

 

コスパ重視でオンライン講座を考えているなら、一度はアガルートを検討してみてください。

 

コスパの高さと合格特典で選ぶなら