Wセミナー(TAC)司法書士講座の口コミ評判!答練や添削の評判が悪いって本当?

Wセミナー司法書士講座の口コミ評判
・Wセミナーの口コミ・評判
・Wセミナーが向いている人

 

Wセミナーは、TACが運営する資格試験対策講座を開講している予備校です。

司法書士講座も開講しており、伊藤塾と並んでテキストや講師の質の高さが評判になっています。

一方で、気になる口コミ・評判も少なくありません。

 

この記事では、Wセミナー(TAC)の司法書士講座の口コミ評判とメリット・デメリットについて解説します。

 

講座の比較については、司法書士の予備校・通信講座の比較にまとめています。

 

Wセミナーの司法書士講座

Wセミナー(早稲田セミナー)は、法律系資格の対策講座を中心に取り扱っている予備校です。

司法書士講座のほか、予備試験や公務員試験の講座などを開講しています。

2009年から大手予備校のTACが運営するようになり、WセミナーとTACの講座を合わせると日本最大規模の講座数・受講者数です。

 

Wセミナーの司法書士講座は、看板講師の山本浩司先生による講義が圧倒的な人気を誇ります。

また、「大手予備校で有名講師の講義を受けて勉強しているから大丈夫」と言う安心感が得られるのも魅力と言えるでしょう。

 

Wセミナーの司法書士講座の一覧

Wセミナーでは、次のような初学者向け講座を開講しています。

講座 内容 価格
<山本オートマチック>
20ヵ月総合本科生プラス Web通信講座
1年8ヶ月で合格を目指す山本オートマティックの基本コース 577,000円
477,000円
<基礎総合コース>
20ヵ月本科生 Web通信講座
【基礎論点】→【基礎+応用論点】→【アウトプット+知識の整理】の3 段階学習 661,000円
561,000円
<山本オートマチック>
8ヵ月速修本科生 Web通信講座
「オートマチックシステム」で最短距離で合格を目指すコース 500,000円
465,000円
<山本オートマチック>
10ヵ月速修総合本科生プラス Web通信講座
「オートマチックシステム」で短期間で合格を目指すコース 500,000円
<基礎総合コース>
8ヵ月速修本科生 Web通信講座
【基礎論点】→【基礎+応用論点】→【アウトプット+知識の整理】の3 段階学習 576,000円
541,000円
<基礎総合コース>
10ヵ月速修本科生 Web通信講座
同上 576,000円
<新竹下合格システム>
ベーシック本科生
新竹下合格システムの基本コース 325,000円

初学者が一から勉強して司法書士試験の合格を目指す人には、「<山本オートマチック>20ヵ月総合本科生プラス Web通信講座」が人気です。

看板講師である山本浩司先生が「オートマチックシステム」を踏まえて指導してくれる講座で、「難しい法律理論もスッと頭に入って記憶に定着する」と初学者に評判です。

また、姫野先生の「<基礎総合コース>20ヵ月本科生 Web通信講座」や、竹下先生の「<新竹下合格システム>ベーシック本科生」を受講する人も多くなっています。

 

短期合格を目指すなら、<山本>オートマチック>の速習本科生コースや、<基礎総合コース>の8ヵ月速修本科生も選択肢に入ります。

ベースは20ヶ月コースと同じですが、1年未満の短期合格を目指すことが可能です。

ただし、1日当たりの学習時間はどうしても長くなるので、働きながら受講するのは難しいところがあります。

 

カリキュラムをよく見比べると分かるのですが、社会人でフルタイム勤務していると、速習本科生コースは時間的にもボリューム的にも厳しいです。

 

Wセミナーの司法書士講座の価格

Wセミナーの司法書士講座は、他講座と比較すると高めの価格設定です。

予備校 スタディング アガルート 資格スクエア クレアール Wセミナー 伊藤塾 LEC
価格 117,700円
106,700円
173,800円 382,800円
440,000円
240,000円
577,000円
477,000円
499,000円
419,000円
503,350円
483,350円
初学者向けコース・プランの税込定価(赤字は割引価格)です。

税込定価では伊藤塾やLECといった大手予備校よりも高くなっています。

割引セール・キャンペーンをよく開催しており、期間中は大手より安く受講できますが、オンライン予備校や通信講座と比較するとそれでも割高です。

 

大手予備校のブランドや人気講師の知名度の高さを考えると納得の価格設定ですが、他講座と比較するとどうしても高く感じてしまいます。

 

割引制度

Wセミナーの司法書士講座では、次のような割引制度を利用できます。

名称 対象 割引率
再受講者割引 「本科生」または「パック生」を受講した人 大幅
他資格受講者割引 TACで以下の講座に申し込んだ人
・宅建士
・行政書士
10%
他資格合格者割引 過去に以下の試験に合格した人
・宅建士
・行政書士
10%
他資格受講者割引 過去に他校で司法試験講座を受講した人
入門本科生割引 初学者対象の本科生 10%
NEXT割引 TAC・Wセミナーの「0」または「9」から始まる会員番号を所持し、司法書士講座以外の講座を受講した人 5%

 

割引制度は、「他の割引きと併用可能かどうか」「対象となる条件」などが細かく設定されています。

利用される場合は、Wセミナー公式サイトで条件をチェックしてください。

 

Wセミナーは割引制度が充実しているので、上手に利用すればお得に利用できます。

申し込む前に公式サイトでチェックしておきましょう。

 

Wセミナーの司法書士講座の合格実績

Wセミナー司法書士講座は、合格実績を公表していません。

 

ただし、公式サイトには合格実績のページがあり、「合格者の喜びの声(感想)」が掲載されています。

感想の数を数えると2018年は81人分、2019年には95人分あり、この数以上の合格者がいると考えられます。

3桁近い合格者数を輩出している講座は珍しく、実績は司法書士の予備校でトップレベルです。

 

Wセミナーの司法書士講座の気になる口コミ評判

Wセミナー司法書士講座の口コミ評判をチェックする人

Wセミナーの司法書士講座には、次のような気になる口コミ評判があります。

  • eラーニングがイマイチ
  • 授業料が高め

eラーニングがイマイチ

口コミ

ブログ
Wセミナーの司法書士講座はWeb通信やDVDによる講義視聴ができますが、あくまで講義が視聴できるレベルです。

倍速機能はついていますが、他に目立った学習サポート機能がなく、他のeラーニングと比較すると物足りません。


ツイッター
WセミナーのWeb通信講座を受講しているんだけど、前近代的…

確かに講義は視聴できるんだけど、画質も音質もイマイチで機能もほとんどない。

Wセミナーの司法書士講座は、eラーニングに関する気になる口コミがたくさんあります。

その多くが「eラーニングがイマイチ」というものです。

通学生向け講義の録画を視聴できるだけですし、画質や音質もオンライン予備校の講義と比べると良くありません。

 

実はeラーニングのレベルの低さは、大手予備校の通信講座と同じデメリットです。

伊藤塾やLECも、講義の質は高いのですがeラーニングのレベルが低くなっています。

eラーニングのレベルは学習効率に直結するので、オンライン学習が中心になる人にはおすすめしにくいです。

 

資格スクエアやアガルート、スタディングなど新興の講座と見比べるとレベルの低さがよく分かります。

講義のレベルが高いだけにもったいないです。

ただし、近年はeラーニングにも力を入れており、デジタルテキストなどの機能が充実してきています。

 

授業料が高め

口コミ

ブログ
Wセミナーの司法書士講座は受講料が高めです。

伊藤塾やLECと比べても高く、オンライン予備校と比較すると2倍にもなります。

有名な講師や評判のテキストなど受講生を惹きつける要素は満載ですが、価格を比較すると受講を少しためらってしまうかもしれません。


Wセミナー
Wセミナーって大手にしてはリーズナブルな価格設定がウリだと思っていたんだけど、司法書士講座は高いね。

山本講師とか有名な講師が多いからかな。

 

Wセミナーの司法書士講座は、他の司法書士講座と比較して高めの価格設定です。

司法書士試験を目指す人なら知らない人はいない山本先生が担当であることや、他にも有名な講師がたくさん在籍していることが大きな理由でしょう。

割引制度を利用すれば安く購入することはできますが、それでもオンライン予備校と比較すると割高です。

 

ただし、有名講師陣による集客効果はとても高く、毎年たくさんの受験生がWセミナーを受講しています。

2019年の「合格者の喜びの声」には90人を超える合格者の感想が掲載されており、合格実績の高さ(正式な数は非公表)も人気の高さの一員と言えます。

 

ネット上で司法書士講座を検索すると、Wセミナーの講座を高く評価していない記事が目立ちますが、リアルの口コミ評判ではおおむね好評です。

他校も現実とネットの口コミが大きく異なることがありますが、どちらを参考にするかは慎重に検討しましょう。

 

Wセミナーの司法書士講座の良い口コミ評判

Wセミナー司法書士講座の口コミ評判をチェックする人

Wセミナーの司法書士講座には、次のような良い口コミ評判があります。

  • 山本先生の講義が分かりやすい
  • オリジナルテキストが優秀
  • サポート体制が充実している

 

山本先生の講義が分かりやすい

口コミ

ブログ
Wセミナーの魅力は、何といっても講師です。

特に看板講師の山本講師は評価が高く、講師目当てでWセミナーを受講する人もたくさんいます。

Wセミナーを受講しない人でも、山本講師が執筆された「オートマチックシステム」をバイブルにしている受験生は非常に多くなっています。


ツイッター
司法書士講座を講師で選ぶならWセミナー。

資格スクエアの三枝りょう講師も有名だけど、知名度で言えば山本講師が上でしょう。

Wセミナーの司法書士講座の良い口コミで最も多いのが、講師についてです。

看板講師の山本浩司先生をはじめ、講師の評価が軒並み高くなっています。

Wセミナー(TAC)が受講生に実施したアンケートで、回答者の90%以上が講師に満足していると回答したという結果もあり、いかに講師の評価が高いかがうかがえます。

 

また、基本総合コースを担当される姫野寛之先生、ベーシック本科生コース(新竹下合格システム)の竹下貴浩先生など、他の講師陣も評価が高いのがWセミナーの特徴です。

Wセミナーには複数のコースがあり、自分に合った講師の講義を受講できるのも魅力と言えます。

 

講師 担当講座
片口翔太 ・法改正対策講座(収録担当)
・会社法で満点を目指す講座(渋谷校・収録担当)
・商業登記法で満点を目指す講座(渋谷校・収録担当)
・不動産登記法で満点を目指す講座(渋谷校・収録担当)
木村一典 ・初学者向け本科生(渋谷校・梅田校ライブ中継・収録担当)
木村祐太 ・基礎総合コース(池袋校 予定)
・基礎総合コース(池袋校)
竹内義博 ・基礎総合コース(新宿校 予定)
・基礎総合コース(新宿校)
竹下貴浩 ・ベーシック本科生(収録担当)
・アドバンス本科生(収録担当)
・ベーシック本科生A・B(渋谷校・収録担当)
・アドバンス本科生(渋谷校・収録担当)
・民法改正対策講座(渋谷校・収録担当)
中山慶一 ・基礎総合コース(梅田校)
・上級総合本科生(梅田校)
・上級総合本科生・上級本科生(なんば校)
西垣哲也 ・山本オートマチック(名古屋校)
姫野寛之 ・基礎総合コース(渋谷校・収録担当)
・上級総合本科生(渋谷校・収録担当)
・上級総合本科生・上級本科生(渋谷校・収録担当)
・答練本科生(収録担当)
山本浩司 ・山本オートマチック(水道橋校・収録担当)
・山本プレミアム上級本科生(水道橋校・収録担当)
・改正民法一刀両断!講座(収録担当)
吉田修三 ・山本オートマチック(なんば校)

 

山本オートマチック、新竹下合格システムなど、タイプの違う独自のカリキュラムが複数あるので、自分に合った講座を選びやすいです。

山本先生の知名度が頭一つ抜け出ている感じですが、姫野先生や山下先生の講義も卒業生から高く評価されています。

 

オリジナルテキストが優秀

口コミ

ブログ
Wセミナーではコースごとにオリジナルテキストがあり、講義に連動した内容になっているので非常に分かりやすいです。

有名なのは山本講師のオートマシリーズですが、他にも多数のテキストが揃っています。


ツイッター
1年目はオートマ使って独学だったけどダメで、2年目はWセミナーの山本クラスを受講したんだけど、テキスト使うだけとは分かりみが全く違う。

最初から講座受けとけばよかった…

Wセミナーの司法書士講座には、山本オートマチック、基礎総合、ベーシックという初学者向け講座があり、それぞれオリジナルテキストが準備されています。

テキストの内容がカリキュラムや講義に連動しているので、初学者でも行き詰まることなく学習を進めることが可能です。

オートマシステムの書籍は他講座の受講生にも評判ですが、講義と一緒に読むことで真価を発揮します。

 

主なテキストは次のとおりです。

  • 山本浩司のオートマシステムシリーズ
  • 山本浩司のオートマシステムシリーズ<記述式>
  • みるみるわかる!不動産登記法・商業登記法
  • 山本浩司のautoma system総集編 短期合格のツボ
  • 山本浩司のautoma system新でるトコ一問一答
  • 新版デュープロセスシリーズ
  • 直前チェックシリーズ
  • 択一・記述ブリッジシリーズ
  • 竹下流過去問攻略 分析&演習シリーズ

 

司法書士試験の受験生なら、どれも一度はチェックしたことがある書籍でしょう。

テキストだけで合格する人もいますが、講義を視聴することで学習効率が高まります。

 

サポート体制が充実している

口コミ

ブログ
Wセミナーは通信講座でもサポート体制が充実しています。


ツイッター
質問回数に制限がないし、複数の質問方法があるのも良いね。
去年は別講座を受講したんだけど質問窓口がなくて困ったから、余計にありがたく感じる。

Wセミナーでは次のような質問窓口を設置しています。

  • メール(i-supportによる24時間受付)
  • 質問カード
  • 電話

 

質問回数に制限はなく、行き詰まったときにいつでも質問することができます。

 

音声ダウンロードも可能

講義音声をダウンロードするサポートもあります。

音声をダウンロードしておけば、オフライン環境など講義を視聴できない状況でも「講義を聴く」学習が可能です。

講義には視聴期間が設定されていますが、音声ダウンロードを利用して保存したデータは半永久的に利用できます。

 

最近は「本を聴く」オーディオブックが流行っていますが、同じ感覚で講義を聴くことができる便利なサポートです。

他講座では有料オプションにしているところもありますが、Wセミナーなら無料で利用できます。

 

Wセミナーの司法書士講座が向いている人

Wセミナー司法書士講座の口コミ評判が向いている人

口コミ評判を踏まえると、Wセミナーの司法書士講座が向いているのは次のような人です。

  • 山本先生を含む有名講師の元で勉強したい人
  • 実績と知名度の高い予備校で勉強したい人
  • サポートが手厚い予備校を選びたい人

 

Wセミナー最大の魅力は、看板講師とその講師による質の高い講義です。

また、講師が執筆した講義との連動性の高いテキストも、Wセミナーのメリットとして挙げることができます。

伊藤塾やLECと並ぶ有名予備校で実績もあるので、安心して学習を進めることも可能です。

 

また、通信講座でも手厚いサポートを受けられることもポイントでしょう。

 

こんな人には向いていない

一方で、次のような人にはWセミナーはおすすめできません。

  • オンライン学習が中心になる人
  • 仕事が忙しくスキマ時間を活用して勉強したい人

 

WセミナーのWeb通信講座は、オンラインで講義を視聴できるというレベルです。

オンライン予備校のような学習サポートシステムは付属せず、テキストも製本版を使う必要があります。

そのため、場所や時間を選ばず学習できるような講座ではありませんし、学習効率という点でも課題が残ります。

 

仕事や家事育児が忙しく、スキマ時間を活用して勉強したい人にも向きません。

「Web講義ならOKじゃないか」と思うかもしれませんが、Wセミナーの講義は1講義1時間以上あります。

途中で中断すると集中力が途切れますし、再開したときに前の内容を忘れていることもあり、効率的に学習を進めにくいです。

 

スキマ時間を活用したいなら、スマホでも快適に視聴できる講義を備えたスタディングの司法書士講座が向いています。

 

Wセミナーの司法書士講座のまとめ

Wセミナーの司法書士講座のメリット・デメリットは、次のとおりです。

Wセミナー 内容
メリット
  • 山本先生の講義が分かりやすい
  • オリジナルテキストが優秀
  • サポート体制が充実している
デメリット
  • eラーニングがイマイチ
  • 授業料が高め

 

メリット・デメリットを踏まえると、Wセミナーの司法書士講座が向いているのは次のような人です。

  • 山本先生を含む有名講師の元で勉強したい人
  • 実績と知名度の高い予備校で勉強したい人
  • サポートが手厚い予備校を選びたい人

 

毎年多くの受講生を抱え、良い口コミ評判も多いWセミナーですが、100%あなたに合うとは言い切れません。

まずは公式サイトにアクセスし、講義やテキストを自分の目で見てチェックしてみてください。