資格スクエアとクレアールの司法書士講座を比較!合格しやすい通信講座はどっち?

資格スクエアとクレアールの司法書士講座を比較
・資格スクエアとクレアールの比較結果
・あなたにピッタリの通信講座

 

資格スクエアとクレアールは、どちらも短期合格に特化したカリキュラムや有名講師による講義が人気の通信講座です。

この記事では、資格スクエアとクレアールの司法書士講座を8つの基準で徹底比較します。

 

こもり

私は、通信講座を利用して司法書士試験に一発合格しました。

ポイントは、自分にピッタリな講座を選び、マイペースで勉強できたことです。

 

|公式サイトをチェック|

D2252S.A52898 5

 

|公式サイトをチェック|

他校との比較は、司法書士試験の予備校・通信講座を比較にまとめています。

o2187873 o

資格スクエアとクレアールの司法書士講座【2021年最新】

最初に、資格スクエアとクレアールの司法書士講座の特徴を見ていきます。

 

資格スクエアの司法書士講座

資格スクエア割引情報

資格スクエアは、鬼頭政人先生が代表講師をしているオンライン予備校です。

効率特化カリキュラムやeラーニングシステムが口コミで評判になり、短期間で効率的に学習したい人に人気があります。

 

司法書士講座は、業界屈指の有名講師による質の高い講義と充実したサポート体制が特徴です。

特に、大手予備校での実績が豊富な三枝りょう先生の講義は人気が高く、講師で資格スクエアを選ぶ人も少なくありません。

2021年度口座からはサポート体制もトップレベルになり、高い満足度を誇ります。

 

メリット デメリット
  • 看板講師の評価が高い
  • 「講義を聴く」学習ができる
  • オンライン機能が充実している
  • 音声ダウンロードが有料
  • 価格が高い

 

|公式サイトをチェック|

D2252S.A52898 5

 

クレアールの司法書士講座

クレアール割引情報

クレアールは、資格対策講座を提供している老舗の通信講座です。

「非常識合格法」という短期合格を目指せる独自メソッドが評判で、社会人を中心に高い人気があります。

 

司法書士講座も、非常識合格法に基づくカリキュラムやテキストが特徴です。

最短ルートで合格を目指せるので、働きながら勉強する人をはじめ忙しい人に注目されています。

通信講座のなかでは運営歴が長いので、昔からある信頼性の高い講座を選びたい人にも人気です。

 

メリット デメリット
  • 非常識合格法
  • 有名講師による講義
  • 充実したサポート体制
  • 公式サイトが見にくい
  • 教材が古い

 

|公式サイトをチェック|

o2187873 o

 

資格スクエアとクレアールの司法書士講座を比較

資格スクエアとクレアールの司法書士講座を8つの基準で比較します。

基準 内容
価格 講座の費用
運営会社 経営状態など
実績 過去の合格者数など
講師 人気講師や講師数
教材 テキストや問題集の質
講座の利便性 講義の視聴性や学習サポート機能など
カリキュラム カリキュラムの特徴
サポート サポート体制
それぞれの比較規準は3段階で評価しています。
・◎:とても良い
・〇:普通
・△:イマイチ

 

資格スクエアとクレアール 比較①:価格・料金

価格 資格スクエア クレアール
税込価格
(割引価格)
382,800円 360,000円
190,800円
評価

赤字は早割価格。

価格を表示しているコースは次のとおり。
・資格スクエア:【2022年合格目標】逆算プラン
・クレアール:2022年合格目標 合格ルート1年スタンダードコース

※どっちも各予備校の基本コース。

資格スクエアとクレアールの料金は、定価では大きな差はありません。

でも、クレアールは頻繁に割引キャンペーンを実施しており、期間中は半額程度で受講できます。

例えば、2021年4月の場合、税込190,800円と資格スクエアの半額以下です。

 

資格スクエアは、無料オンライン説明会D2252S.E62867 Lに参加すると割引クーポンなどがもらえることがあります。

クレアールほどの割引はありませんが数万円単位で安くなるので、資格スクエアを検討しているなら一度は参加しておきましょう。

 

資格スクエアとクレアール 比較②:運営会社

運営会社 資格スクエア  クレアール
会社 株式会社サイトビジット 株式会社クレアール
評価

株式会社サイトビジットは、鬼頭政人先生が代表を務める会社です。

オンライン予備校の資格スクエアのほか、ワンストップ契約サービス「NINJA SIGN」や人材エージェント「Legal Engine」を提供中です。

通信講座の運営会社としては新しいですが、ここ数年で一気に知名度が高まっています。

 

株式会社クレアールは、何十年もクレアールを運営している会社です。

通信講座の運営会社としては歴史があり、長年クレアールを安定して運営してきた実績も評価されています。

経営状態には大きな問題は見当たりません。

 

企業の経営状態は、講座のサービスや教材の質に直結します。

必ずチェックしておきましょう。

 

資格スクエアとクレアール 比較③:実績

実績 資格スクエア クレアール
合格実績 非公表 非公表
評価

2校とも司法書士講座の合格実績は公表していません。

ただし、公表しているのは予備校の伊藤塾とLECくらいなので、資格スクエアとクレアールが特殊というわけではありません。

公表している予備校も合格者占有率や複数年度の合格者数という出し方なので、参考程度にしかなりません。

 

クレアールは、公式サイトに合格者の体験記を掲載しているので、合格者数を推測することは可能です。

年度ごとの合格者数は分かりませんが、2012年度からだと合計180名近い合格体験記が掲載されています。

 

資格スクエアは、公式サイトに合格実績は公表されていませんが、SNSを見ると合格者の声がいくつも見つかります。

 

資格スクエアとクレアール 比較④:講師

講師 資格スクエア クレアール
人気講師 三枝りょう 清水誠
講師数 2~3名 2~3名
評価

2校とも講師数に大きな差はありません。

 

講師としての知名度や実績があるのは、資格スクエアの三枝りょう先生です。

資格スクエア 三枝りょう

出典:資格スクエア

 

クレアールや小泉予備校など大手の司法書士講座での講師経験が長いカリスマ講師で、合格者を多数輩出してきた実績があります。

資格スクエアに参画した後も高い人気を誇り、三枝先生の講義を受けるために資格スクエアを選ぶ人もいるほどです。

 

緻密な過去問分析と実務経験を踏まえた分かりやすい説明と独特な語り口が特徴で、受講生のほとんどが高い評価をつけています。

また、「資格スクール大栄」が三枝先生の司法書士講座を導入しており、講義の質の高さは大手予備校が認めるレベルです。

 

クレアールは、清水誠先生を含む2~3名の講師が司法書士講座を担当しています。

非常識学法に基づくメリハリの効いた講義は人気があり、合格者の口コミでクレアールを選んだという人も少なくありません。

ただし、講師の知名度や実績は資格スクエアレベルとは言えません。

 

資格スクエアとクレアール 比較⑤:教材

教材 資格スクエア クレアール
テキスト オリジナル
2色刷り
Web
オリジナル
2色刷り
冊子/PDF
問題集 オリジナル
冊子/Web
オリジナル
冊子
評価

教材の質が優れているのはクレアールです。

クレアール司法書士講座のテキスト

出典:クレアール

 

最大の特徴は、非常識合格法を意識して「合格に必要な情報だけ厳選して掲載」していることです。

司法書士試験の出題範囲は膨大ですが、頻出のジャンルや知識だけをテキストに盛り込み、それ以外は大胆にカットしてあります。

必要な情報だけを効率的にインプットすれば足りるので、網羅的に学ぶよりも学習効率が飛躍的に高くなるのがメリットです。

 

合格に必要な情報だけを厳選したテキストとしては、アガルートの司法書士講座のテキストも優秀です。

クレアールのテキスト以上に情報が厳選してあることに加え、講義担当の講師自らフルカラーで作成しているの大きな特徴と言えます。

 

資格スクエアのテキストは、評価が定まっていないというのが実情です。

というのも、資格スクエアの司法書士講座は2021年度版(2022年合格目標)から大幅にリニューアルされ、テキストも大幅改定されているからです。

受講者のSNSでの発信やインタビュー結果ではおおむね高評価ですが、まだ数が少ないので他講座と同じように評価はできません。

 

こもり
個人的にはコンパクトで初学者向けな印象ですが、テキストは意見が分かれるところなので参考程度にとどめておいてください。

 

資格スクエアとクレアール 比較⑥:利便性

講義 資格スクエア  クレアール
講義画面
倍速機能
1.0~3.0倍まで21段階

最大2倍速
学習サポート機能
進捗管理など(後述)
音声ダウンロード
有料

無料
スマホアプリ

評価

学習の利便性では、資格スクエアが優秀です。

まず講義画面。

資格スクエア司法試験予備試験の講義画面

出典:資格スクエア

司法試験・予備試験の画面

講義画面には動画講義とオンラインレジュメが表示され、端末上で講義を聴きながらレジュメを見て学習できます。

レジュメは書き込みやライン引きができるので、ノート感覚で使えるのも特徴です。

また、単語帳の作成や重要条文へのリンクをボタン一つで行う機能や、講義中に質問できる機能なども搭載されています。

 

講義以外では、ユーザー理解度に応じて問題を出題してくれる問題演習アプリや、AIによる出題予測サービス「未来問」も利用できます。

全て初学者向けの学習プランの料金内で利用できるので、オプション課金で出費がかさむ心配もありません。

 

クレアールは、予備校の通信コースと比較すると講義画面が見やすく、学習サポート機能も豊富です。

ただし、資格スクエアと比べると簡素で、使い勝手も優れているとは言えません。

強いて言えば、資格スクエアが有料提供している講義音声のダウンロードサービスを無料で利用できるので、講義を聴講したい人には向いています。

 

資格スクエアとクレアール 比較⑦:カリキュラム

カリキュラム 資格スクエア クレアール
講義時間 約401時間 約545時間
評価

2校とも効率重視のカリキュラムを採用していますが、より短期合格を目指しやすいのは資格スクエアです。

 

資格スクエアの司法書士講座は、徹底した過去問分析に基づいて合格に必要な情報だけ習得できるカリキュラムが組み、三枝先生が分かりやすくかみ砕いた説明をすることで、高い学習効率を実現しています。

総講義時間は約401時間で、クレアールと比較すると約150時間も短いです。

働きながらでも約1年で合格を目指せる内容になっており、社会人を中心に高い人気を誇ります。

 

クレアールは、効率特化と言いつつ講義時間は大手予備校と同じくらいボリュームがあります。

また、カリキュラム表を見れば分かるとおり、約1年半をかけて合格を目指すカリキュラムになっています。

クレアール司法書士講座のカリキュラム

出典:クレアール

そのため、1年程度で合格したい人には向きません。

一方で、時間がかかっても良ければ、通信講座のなかでは選択肢の一つになります。

 

資格スクエアとクレアール 比較⑧:サポート

サポート 資格スクエア クレアール
質問サポート
添削指導
定期サポート
評価

サポート体制は資格スクエアが優れています。

 

資格スクエアの司法書士講座には、大きく3つのサポートがあります。

  • 質問サポート:講義画面から回数無制限で質問できるサポート
  • フォローアップ:月1回15分程度、専門スタッフが学習進捗確認や悩み相談をしてくれるサポート
  • 個別指導:月2回15分程度、合格者に電話で質問できる制度(逆算プランプレミアムのみ)

司法試験は合格率3~4%の難関資格で学習期間も長くなるので、サポートが手厚いほどモチベーションや学習効率を維持しやすいです。

この点、資格スクエアのサポートは非常に充実していると言えます。

特に定期フォローアップは、モチベーションの維持や学習のペースメーカーとして優秀です。

 

クレアールは、質問サポートが充実しています。

学習上の疑問はもちろん、悩みや不安の相談にも親身に応じてもらえると評判です。

ただし、資格スクエアのような定期サポートはありません。

 

サポート体制という点では、アガルートの司法書士講座が最も充実しています。

定期サポートの時間が資格スクエアより長く、価格もリーズナブルなので、サポートを重視したい人の受講が急増中です。

 

資格スクエアとクレアールはどっちがおすすめ?

比較結果をまとめました。

講座 資格スクエア クレアール
価格
運営会社
実績
講師
教材
講座の利便性
カリキュラム
サポート

資格スクエアとクレアールの司法書士講座は、どちらもメリットとデメリットがあり、何を重視するかによって向き不向きが異なることが分かるでしょう。

「講師の質」「講義の利便性」「効率重視のカリキュラム」「手厚いサポート」で選びなら、資格スクエアが向いています。

一方で、「価格の安さ」「実績」「教材の質」で選ぶならクレアールです。

 

資格スクエアがおすすめな人

資格スクエアの司法書士講座が向いているのは、次のような人です。

・三枝先生の講義を受けたい人
・スキマ時間に効率的に学習したい人
・サポート体制の充実した講座が良い人

 

|公式サイトをチェック|

D2252S.A52898 5

 

クレアールがおすすめな人

クレアールの司法書士講座が向いているのは、次のような人です。

・学習コストを抑えたい人
・歴史と実績のある講座を選びたい人
・質の高い教材を使って勉強したい人

 

|公式サイトをチェック|

o2187873 o

合格しやすい司法書士講座のはどっち?

合格体験記で合格者がいることを確認できるのはクレアールです。

ただし、SNS上では資格スクエアを利用して合格したという人がたくさんいます。

 

2校の特徴が大きく異なるので、学習スタイルによって合格しやすさは変わってきます。

そのため、重要なのは自分に合った講座を選ぶことです。

どっちも無料講義を公開しているので、視聴してみて自分に合うかどうかチェックしてみましょう。

 

もし、2校とも合わないと感じたら、他の司法書士講座の予備校・通信講座も検討してみてください。

 

資格スクエアとクレアールの比較まとめ

資格スクエアとクレアールの司法書士講座を8つの基準で比較し、向いている人を紹介しました。

資格スクエアが向いている人 資格スクエアが向いている人
・三枝先生の講義を受けたい人
・スキマ時間に効率的に学習したい人
・サポート体制の充実した講座が良い人
・学習コストを抑えたい人
・歴史と実績のある講座を選びたい人
・質の高い教材を使って勉強したい人

 

有名講師による講義や充実したサポート体制に魅力を感じるなら、資格スクエアが向いています。

働きながらでも効率的に学習できるカリキュラムとシステムが充実しているので、社会人にもおすすめです。

 

|公式サイトをチェック|

D2252S.A52898 5

 

リーズナブルな料金で質の高い教材を利用したいならクレアールが向いています。

歴史と実績という点でも魅力的な通信講座です。

|公式サイトをチェック|