フォーサイト 社労士講座の口コミ・評判【2021年最新・2022年合格目標】

フォーサイトの社労士講座の口コミ評判
・フォーサイトの口コミ・評判
・フォーサイトが向いている人

 

国家資格のハードルが上がるなかで社労士試験も難関資格化しており、対策講座を受講して合格を目指す人が増えています。

通信講座の社労士講座で人気なのがフォーサイト。

評価する口コミが多い一方で、気になる評判も見かけるので、受講するかどうか迷う人もいるようです。

 

この記事では、フォーサイト社労士講座の口コミ評判とメリット・デメリットについて解説します。

 

社労士講座の予備校・通信講座7校をリサーチした結果も踏まえて書いています。

 

公式サイトをチェック

E2336J.W53344G

 

フォーサイトの社労士講座

フォーサイトの社労士講座を受講するPC

フォーサイトは、資格試験の対策講座を開講している通信講座です。

長年の運営実績と合計28万人を超える受講者数、大手予備校に比べてリーズナブルな価格設定が人気で、毎年多くの受験生が受講しています。

開講している講座は16と通信講座の中では少ない方ですが、どの講座も質の高いカリキュラムと合格実績があります。

 

フォーサイトの社労士講座は、累計で約7万人が受講している人気講座です。

全国平均よりも高い合格率や使い勝手の良いオンライン学習システム、全額返金保証などが口コミで評判になっています。

「社労士講座と言えばフォーサイト」と言われるほど知名度も高く、受講生は通信講座でトップレベルです。

 

フォーサイト社労士講座の一覧(2021年版・2022年合格目標)

フォーサイトでは次のような社労士講座を開講しています。

講座 内容 価格
バリューセット1 基礎+過去問 76,800円
バリューセット2 基礎+過去問+直前対策 107,800円
バリューセット3 基礎+過去問+直前対策+過去問演習 DVDなし
118,800円
DVDあり
130,800円
税込定価を表示しています。

 

初学者向けなのは、過去問演習や直前対策のついたバリューセット3です。

基礎講座と過去問講座だけで十分ならバリューセット1、直前対策までで良ければバリューセット2が選択肢に入ります。

 

また、学習経験のある中上級者の場合、学習レベルに応じて単品講座を受講することもできます。

  • 基礎講座:57,800円
  • 過去問講座:57,800円
  • 直前対策講座:54,000円
  • 模擬試験講座:49,800円
  • 直前期集中応援セット(模擬試験講座+直前対策講座):59,800円
直前対策講座は5講座あり、合計価格を表示しています。
・法改正対策編
・白書・統計対策編
・横断まとめ編
・択一対策編
・選択対策編
1講座ごとの受講だと10,800円/講座です。
表示価格は税込(カッコ内は税抜)です。

 

フォーサイト社労士講座の価格

フォーサイト社労士講座の価格(定価)は、大手予備校の半額程度ですが、オンライン予備校や通信講座と比べると平均的です。

予備校 アガルート スタディング 資格スクエア フォーサイト クレアール LEC TAC
価格(税込) 107,800円
(217,800円)
79,200円 173,800円 118,800円 192,000円
92,160円
285,000円 282,000円
フォーサイトはバリューセット3、他の講座は初学者向けのコースの税込定価を表示しています。

 

20万円を超える大手予備校と比べると半額以下です。

定価で比較すると最安値のスタディングや、第2位のアガルートの社労士講座には一歩及びませんが、大きな差はありません。

 

フォーサイトの講座価格を安いと評価している記事を見かけますが、詳しく読むとバリューセット1の価格を表示しているところがほとんどです。

他講座については高めのプランを表示しているので、相対的に見るとフォーサイトが安く見える仕組みです。

でも、初学者がフォーサイトを利用して合格を目指すなら、少なくともバリューセット2を受講しないと厳しく、そうなるとスタディングより高く資格スクエアとは同じくらいの価格になります。

 

セールやクーポンを利用するとさらにお得に

フォーサイトはよくセールを実施したりクーポンを配布しており、利用すればお得に講座を受講できます。

例えば、新講座のリリース時などには、講座価格が最大1万円引きになるクーポンを発行されています。

フォーサイト社労士講座の割引クーポン

・バリューセット1:3,000円割引
・バリューセット2:5,000円割引
・バリューセット3:10,000円割引

 

また、新年度の講座リリース時や試験まで一定期間を切った後などにセールが開催されます。

クーポンと割引制度を併用すれば、さらにお得です。

 

全額返金保証制度

フォーサイト社労士講座の全額返金保証

フォーサイトには、「全額返金保証制度」という独自のキャッシュバック制度があります。

フォーサイトの社労士講座を受講して試験に不合格なら全額キャッシュバックされるという制度です。

 

合格特典としてキャッシュバックやお祝い金を設定している講座は多いですが、不合格者への保証があるのはフォーサイトくらいです。

つまり、フォーサイトを受講した人は「合格するか」「不合格になって全額キャッシュバックしてもらうか」の2択しかありません。

 

対象となるのはバリューセット3のみです。

制度を利用するにはフォーサイトが規定する条件を満たす必要があるので、公式サイトE2336J.W53344Gをチェックしてください。

 

教育訓練給付金制度

教育訓練給付金制度とは、国が指定する講座を一定の条件を満たして修了した人を対象に、ハローワークから給付金が支給される制度です。

教育訓練給付制度

出典:厚生労働省

講座費用はいったん全額を支払う必要がありますが、修了後にハローワークで手続きをすれば費用の20%が給付金として戻ってきます。

 

対象となるのはバリューセット1とバリューセット2です。

バリューセット3は対象外であることに注意が必要です。

詳細な条件は公式サイトE2336J.W53344Gを確認してください。

 

フォーサイト社労士講座の合格率

フォーサイト社労士講座は、合格率を公表しています。

フォーサイト社労士講座の合格率

出典:フォーサイト

 

2020年の合格率は、25.7%(全国平均の4.02倍)です。

「母数が分からないと合格率の意味はない」と思うかもしれませんが、フォーサイトでは母数も公表しています。

2020年だと、合格者は190人です。

 

このほか、受験回数や勉強時間、使っていた問題集など詳細な情報が公表されています。

受講生のアンケート結果を集計したものではありますが、ここまで詳細なデータを公表している講座は大手予備校にもありません。

 

社労士講座の気になる口コミ評判

フォーサイトの社労士講座を受講している女性

フォーサイト社労士講座は歴史と実績がありますが、気になる口コミ評判も散見されます。

  • カリキュラムがコンパクトすぎる
  • 過去問の掲載量が少ない
  • 質問回数に制限がある

 

ただし、誤解に基づく口コミもあります。

 

カリキュラムがコンパクトすぎる

口コミ

ブログ
フォーサイトは合格点を取ることを目的にしたカリキュラムを組んでおり、他講座より内容がコンパクトです。

効率的と言える反面、やや学習量が少なすぎて不安になるところがあります。


Twitter
フォーサイトの社労士講座、内容絞り込みすぎじゃない?

ちょっとこれじゃ合格できる気しない…

フォーサイトに関するネガティブな口コミで目立つのが、カリキュラムがコンパクトすぎるというものです。

フォーサイトの社労士講座は、満点ではなく合格点を取ることを目的としてカリキュラムが組まれています。

そのため、忙しい人でも短期間で合格を目指せる一方で、情報量が少なく「これだけで合格できるのか」と不安になる人もいます。

 

実際に講座を受講すると講義で説明される情報はかなり絞られています。

また、テキストに掲載されている判例や通達も他講座と比較すると少なく、具体歴もパターンが少ない印象です。

でもこれは重要なポイントを徹底的に絞り込んだ結果であり、講座で得られる知識を身につければ合格ラインに到達できるようになっています。

 

過去問の掲載量が少ない

口コミ

ブログ
フォーサイトの過去問対策は、問題の掲載量や演習量が多くありません。

資格試験では問題数に当たることが重要なところ、過去問や演習の少なさはフォーサイトのデメリットです。


Twitter
フォーサイトの社労士講座って過去問の掲載数が少ないよね。

クレアールとか20年分は載ってた気がするけど。

 

クレアールの社労士講座は過去問の掲載数が少ないという口コミもあります。

他講座だと過去20年分の過去問を収録しているところもありますが、フォーサイトは10年分だけです。

これだけ見ると確かに情報量が不足しているように思えるかもしれません。

 

でも、資格試験の出題傾向って年度によって変化していくので、古すぎる過去問を解いても効果はあまりありません。

重要なのは頻出の論点や用語を確実に理解し、出題される可能性が高い問題を繰り返し解いて正解率を上げておくことです。

フォーサイトのカリキュラムはこの点を重視しているので、必要以上に過去問を掲載していません。

 

質問回数に制限がある

口コミ

ブログ
フォーサイトの社労士講座は、質問回数に制限があります。

勉強に行きづまったときに質問できる制度はありがたいですが、回数制限があるとつい躊躇してしまいます。


Twitter
フォーサイト、質問26回以降は500円て、変なとこで金取るなあ。

フォーサイトには質問サービスがありますが、25回まで無料という制限回数が設定されており、26回目からは質問1回につき500円がかかります(バリューセット3の場合)。

大手予備校の講座などは制限を設けていないところが多いので、フォーサイトのデメリットとして指摘されることが多いです。

 

でも、社労士講座の受講期間は長くても1年程度です。

また、フォーサイトは講義もテキストも初学者向けで分かりやすく、「質問したい」と思う機会があまりありません。

受講生に話を聞いても、「10回も質問しなかった」という人が大半です。

 

他の講座でも同じですが、通信講座の質問サービスって返事がもらえるまでに日数がかかるので、あまり利用されていないのが実情です。

そのため、フォーサイトの質問回数の制限も大きなデメリットとは言えません。

 

フォーサイトの社労士講座の良い口コミ評判

フォーサイトの社労士講座の口コミ評判

フォーサイトの社労士講座に関する良い口コミ評判は次のとおりです。

  • テキストには合格に必要な情報だけが掲載されている
  • eラーニング「ManaBun」と「道場破り」の使い勝手が良い
  • 動画講義が見やすく聴きやすい

 

テキストには合格に必要な情報だけが掲載されている

口コミ

ブログ
フォーサイトの社労士講座はテキストが秀逸です。

「情報量が少ない」という批判があり、私もテキストを受け取った当初は不安になりましたが、勉強するうちに必要十分な情報が掲載されていることに気づきました。


Twitter
フォーサイトのテキストは薄くて良いね。

変な圧迫感がないし、必要なことはちゃんと書いてあるし使いやすい。

 

フォーサイトのテキストはコンパクトにまとまっていて分かりやすいと評判です。

フォーサイト社労士講座のテキスト 出典:フォーサイト

「狙うのは満点ではなく、合格ライン!」と公式サイトに明記されているとおり、合格点を取るために必要な情報だけが厳選して掲載されています。

ポイントを絞って学習できるので、忙しい人でも無理なく学習を進めることが可能です。

 

また、フルカラーでイラストや図表による解説がたくさんあるので、初学者でも難しい法律や制度を理解しやすいです。

アメリカの心理学者の実験で、白黒よりフルカラーの方が記憶定着率が良いという結果が得られており、より効率的に情報を知識を吸収できます。

参考文献:The Influence of Colour on Memory Performance: A Review

 

最近はフルカラーテキストを採用する講座が増えてきましたが、フォーサイトはその先駆者です。

内容も社労士講座のテキストでは最も分かりやすく、重要ポイントや頻出ポイントが一目で分かるようになっています。

 

eラーニング「ManaBun」と「道場破り」の使い勝手が良い

口コミ

ブログ
フォーサイトにはマナブンと道場破りという2つのeラーニングシステムがあります。

どちらも社労士講座のシステムとしては抜群に使いやすく、学習の効率を高めてくれます。


Twitter
フォーサイトのeラーニングが使いやすい。

別のオンライン講座も使ったことがあるけど、使い勝手が全然違う!

 

フォーサイトは、「ManaBun(新)」と「道場破り(旧)」という2つのオンライン学習システムを導入しています。

似た仕組みを持つシステムなのですが、2020年度までは「道場破り」、2021年度からは「ManaBun」を利用することになります。

利用できる主な機能は次のとおりです。

  • 講義視聴
  • Webテキスト
  • 過去問演習
  • 確認テスト
  • 合格カード
  • 学習スケジュール
  • 進捗管理
  • メール質問

 

道場破りもManaBunも基本的な機能に大きな違いはありませんが、操作性や各機能の性能がManaBunの方が高くなっています。

 

フォーサイトのシステムはマルチデバイス対応なので、PC、タブレット、スマホのどれでも全ての機能を利用できます。

他講座のシステムにはスマホでの使い勝手がイマイチなものもありますが、フォーサイトのシステムは端末に関わらず快適な操作性が担保されています。

オンライン学習システムの使い勝手では、スタディングとフォーサイトが最高レベルです。

 

動画講義が見やすく聴きやすい

口コミ

ブログ
フォーサイトの動画講義は見やすさも聴きやすさも別格です。

専用のスタジオでハイテク機器を駆使して撮影・録画されているので、快適に視聴できます。


Twitter
フォーサイトの講義ってすごく聴きやすい。

フォーサイトの動画講義は、撮影のプロが専用のスタジオで専用機器を使って撮影・録画しています。

そのため、他の講座の講義に比べて画質も音質も良く、視聴性という点で学習効率が高まります。

 

また、講義はテキストの大写し+講師の説明で進行するので、見ているだけで内容が頭に入ってきます。

講師
フォーサイト社労士講座の講義画面
テキスト
フォーサイト社労士講座の講義画面

スタディングの講義はスライド+講師の説明で進行しますが、フォーサイトのテキストもスライドのように重点項目がまとめられているので、見ているだけで内容が頭に入ってきます。

スマホ視聴を念頭に置いて設計された講義スタイルなので、通勤中や仕事の合間の受講も快適です。

フォーサイトの社労士講座が向いている人

フォーサイトの社労士講座を受講するPC

フォーサイトの社労士講座が向いているのは、次のような人です。

  • 予備校に通う時間がない人
  • 学習コストをできるだけ抑えたい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人

 

予備校に通わず社労士試験に合格したい人はフォーサイトが選択肢に入ります。

フォーサイトの講座は大手予備校に比べて安いので、コストを抑えたい人にも向いています。

スマホ学習も快適なオンライン学習システムがあるので、忙しい人にもおすすめです。

 

こんな人には向いていない

  • 時間とお金を気にせずじっくり勉強したい人
  • 従来型の紙ベースの勉強が好きな人
  • スケジュール管理が苦手な人

 

学生のように時間が十分にあるなら、独学か予備校通いが可能です。

また、オンライン学習が苦手な人だとフォーサイトの学習スタイルは向かないかもしれません。

学習サポート機能は充実していますが、基本は独学なので、スケジュール管理が苦手な人だと学習の継続が難しいケースもあります。

 

また、手厚いサポートを求める人にも向きません。

通信講座でサポート体制が手厚い講座が良いなら、アガルートの社労士講座が向いています。

 

フォーサイトの社労士講座のまとめ

フォーサイトの口コミ評判に基づいてメリットとデメリットをまとめました。

フォーサイト 内容
メリット
  • テキストには合格に必要な情報だけが掲載されている
  • eラーニング「ManaBun」と「道場破り」の使い勝手が良い
  • 動画講義が見やすく聴きやすい
デメリット
  • カリキュラムがコンパクトすぎる
  • 過去問の掲載量が少ない
  • 質問回数に制限がある

 

フォーサイトの社労士講座が向いているのは、次のような人です。

  • 予備校に通う時間がない人
  • 学習コストをできるだけ抑えたい人
  • スキマ時間で効率的に学習したい人

 

ただし、講座選びは「自分に合っているかどうか」を重視する必要があります。

いくら優れた講義やテキストでも、合わないと学習効率が下がりますし合格も遠のいてしまいます。

そのため、まずは公式サイトへ行って資料請求や講義視聴を試してみてください。

 

コスパ・合格実績・優れた学習システムの3拍子揃った講座なら

E2336J.W53344G

「資格のこもり部」の司法試験・予備試験コンテンツ

 

こもり
司法試験・予備試験の予備校・通信講座の比較レビューです。
司法試験・予備試験の予備校比較
予備校8校の比較 アガルートvs資格スクエア
伊藤塾vsアガルート 伊藤塾vs資格スクエア

「人気予備校ランキング」と「おすすめ予備校ランキング」も作成しています。

・人気予備校ランキング:受験生へのアンケート結果を元に作成
・おすすめ予備校ランキング:8つの基準で予備校を比較した結果に基づいて作成

 

こもり
各予備校の口コミ・評判です。
予備校の口コミ・評判
伊藤塾 アガルート
LEC 資格スクエア
辰已法律研究所 スタディング
Wセミナー BEXA

 

こもり
割引セール・クーポン情報です。
割引セール・クーポン情報【2021年最新】
アガルート 資格スクエア
スタディング オンライン説明会

 

こもり
私のような社会人受験生が司法試験・予備試験の合格を目指す方法についても書いています。