スタディング(旧通信講座)司法書士講座の口コミ評判!格安価格でも合格者が多い理由

スタディング 割引セール

11月30日まで!「受講料10,000円OFFキャンペーン実施中

スタディングは割引セールが多くないので、2021年~2022年の合格を狙うなら今がお得です。

スタディング(旧通勤講座)は、2008年にサービスを開始したオンライン学習サービスです。

司法書士試験をはじめとする難関資格の対策講座を中心に開講しており、圧倒的な安さと手軽さが口コミで評判になっています。

特にスキマ時間にスマホで学習したい社会人に人気で、受講者数が急伸中です。

 

この記事では、スタディングの司法書士講座の口コミ評判とメリット・デメリット、向いている人を解説します。

 

・司法書士試験の対策講座を受講したい人
・どの対策講座を受講するか悩んでいる人
・スタディングの司法書士講座を詳しく知りたい人

 

こもり

私はスタディングの司法書士講座を受講して試験に合格しました。

受講するにあたって7つの司法書士講座を徹底リサーチしましたが、働きながら合格を目指すにはスタディングが一番だと判断し、無事に合格できています。

 

働きながら司法書士試験に合格したい人向け

 

スタディング(STUDYing)の司法書士講座

スタディングとは、難関資格の対策講座を中心に取り扱っている通信講座(オンライン学習サービス)です。

「あなたの可能性を現実に」をコンセプトに忙しい人がスマホ一つで学べるシステムを導入し、口コミで評判になっています。

また、圧倒的な低価格と「見て分かる」質の高い講義に定評があり、2020年には登録者が8万人突破してさらに増加中です。

 

スタディングで開講している講座は次のとおりです。

スタディングの有料講座

合計26講座中、司法書士を含む法律関係が8講座あります。

 

スタディングの司法書士講座は、講座価格の安さとオンライン学習システムの使いやすさ、

 

・講座価格が業界トップレベルで安い
・働きながら学習して短期合格を狙える
・スマホだけで講義視聴から問題演習まで完結する
・Webテキストなどの学習サポート機能が使いやすい
・インプット→アウトプットの流れがスムース

 

スタディング司法書士講座の特徴

スタディング特徴
講座名司法書士 総合コース[2021+2022年度試験対応]
価格(税込)117,700円(106,700円)
赤字2020年11月末までの割引セール価格
運営会社KIYOラーニング株式会社
実績非公表
講座の質講師山田 巨樹
教材フルカラーテキスト
Webテキスト(冊子版は有料オプション:税込21,780円)
講義形式:ストリーミング再生
音声ダウンロード:可
収録:通信講座専用に収録
進行:スライドを見ながら講師の説明を聴く
長さ:20~30分程度
カリキュラム講義時間:150時間
特徴:インプットとアウトプットを高速で回して効率的に知識定着
オンライン学習サポート機能:有
・Webテキスト
・スマート問題集
・セレクト過去問集
・学習フロー
・学習レポート
・マイノート機能
・検索機能
・問題横断復習機能
・メモ機能
・勉強仲間機能
サポートなし
ほぼオンライン学習システムで対応可能
総合評価スタディング司法書士講座
公式サイト

 

スタディングの司法書士講座一覧

スタディングには次のような司法書士講座があります。

コース内容価格
合格コース [2021年度試験対応]基本講座、Webテキスト、暗記ツール、スマート問題集、セレクト過去問集、81,400円
総合コース[2021年度試験対応]合格+記述式対策101,200円
総合コース[2021+2022年度試験対応]合格+記述式対策117,700円
冊子版オプション紙のテキスト21,780円
【更新版】総合コース(合格コース+記述式コース)再受講者向け32,890円
【更新版】合格コース再受講者向け28,380円

総合コース2021+2022は、2021年度に合格できなかった場合に2022年度も引き続き受講できるコースです。

2年で合格を目指すなら、1年ごとに受講するより費用を安く抑えられます。

スタディングのみを受講するなら、基本講座と記述式対策講座の両方が入った総合コースを受講するのが基本です。

他の講座を併用するなら、合格コースまたは記述式対策コースのみを受講する方法もあります。

 

こもり

司法書士は難関資格なので、一年で合格するのが難しそうなら総合コース2021+2022を選ぶのもありですね。

再受講割引よりも15,000円くらいお得です。

 

圧倒的な低価格×効率化カリキュラム×洗練されたスマホ学習システムなら

スタディングの司法書士講座の気になる口コミ評判とデメリット

スタディングの司法書士講座を視聴するスマホ

スタディングの司法書士講座を受講していて気になるところは次のとおりです。

  • 実績が不明
  • 講義時間が短い
  • テキストが別売
  • スマホに特化している
  • 講義への質問対応がない

 

こもり
口コミ評判も踏まえて確認していきます。

 

実績が不明

スタディングの口コミ評判で多いのが、実績が分からないというものです。

 

口コミ

Twitter
最近スタディングを始める人が増えてるんだけど、実績分からないって不安じゃないの?


Twitter
スタディングって実績公表してないの?

人気がすごいから興味あるんだけど、どれくらい合格者いるとか誰か知らない?

 

 

スタディングを受講するかどうか決めるときにまず気になるのが、実績が不明なところです。

他の予備校やオンライン学習サービスでは、公式サイトで合格実績を公表しているところがあります。

伊藤塾の合格実績

出典:伊藤塾公式サイト

 

でも、スタディングでは司法書士試験の合格実績が公表されていません。

スタディング公式サイトの「合格者の声」では司法書士講座を受講して合格した人の声を確認できますが、合格者が何人なのかは不明です。

 

りこ
実績が分からないと「この講座で大丈夫かな」って思っちゃうね…

 

こもり
少なくても実績があることが分かる方が安心できるよね。

 

講義時間が短い

スタディング最大のデメリットとされているのが講義時間の短さです。

 

口コミ

Twitter
スタディングと資格スクエアの司法書士講座を比べると講義時間が倍くらい違う!

さすがにスタディング短すぎやろ…


ブログ
スタディングの司法書士講座は講義時間が極端に短く内容が薄いです。

司法書士試験に合格するには1000時間以上かかると言われていますが、そのうち講義が180時間くらいしか受けられないのは心もとないと言わざるを得ません。

 

私が司法書士試験の対策講座を選ぶときに比較した5校の受講時間を確認しておきます。

予備校スタディングLEC伊藤塾アガルート資格スクエア
講義時間180時間380時間400時間360時間380時間
各講座とも基本コースの受講時間の合計です。

 

他の4校は全て350時間なのに対して、スタディングは180時間と約1/2です。

 

司法書士試験に合格するには、次のような法律を学ぶ必要があります。

民法、不動産登記法、会社法、商法、商業登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、供託法、司法書士法、刑法、憲法

知識をインプットするだけでなく記述式試験に備えてアウトプットの練習も必要になるので、他の4校は350時間以上という長い時間になっているのです。

 

一方のスタディングは180時間とかなりコンパクトにまとまっています。

理由は2つの理由から徹底的に効率化しているからです。

  • モチベーションを維持して勉強を続けさせるため
  • 忙しい人にも無理なく合格する力をつけさせるため

 

実は、司法書士試験の初学者の大半は途中で勉強に挫折し、講座を申し込んだのに通わなくなる人も少なくありません。

また、仕事や家事育児が忙しく、勉強したいけどできなくなったという人もいます。

スタディングは、こうした挫折者を出さないようにあえて講義時間を短くしているのです。

 

司法書士試験に合格できるかどうかは、勉強した時間ではなく合格できるだけの知識とスキルを身につけたかで決まります。

「スタディングの講義は短すぎてボリュームが少ない」という口コミ評判は多いですが、合格に必要な情報量は十分に盛り込まれています。

 

こもり

私はスタディングの司法書士講座だけで合格しました。

確かに最初は「これだけの情報で合格できるのかな」と思いましたが、受講するうちに情報が厳選されていることに気づき、安心して勉強を続けられました。

 

テキストが別売

口コミ

Twitter
オンライン学習サービスなのは分かるけど、テキストは欲しかった…


ブログ
スタディングは講義もテキストも全てオンライン対応なので紙のテキストがありません。

個人的には講義の視聴はオンライン、テキストは書き込みができる紙媒体が好きなので、少し困りました。

 

スタディングの講義は「画面に映し出されたスライドを見ながら講師の説明を聴く」というのが基本スタイルで、テキストを使わなくても学習ができるようになっています。

そのため、講座を購入しても紙媒体のテキストは付属せず、復習用にWebテキストが準備されています。

 

紙のテキストが欲しい場合は講座とは別に購入する必要があります。

 

 

りこ
紙のテキストが好きな人は使いにくいのかな。

 

こもり
マイノートやメモ機能を使えばオンラインで書きこめるし、Webテキストには重要キーワードへのリンクもあって便利なんだけどね。

 

スマホに特化している

口コミ

Twitter
スタディングってスマホ特化をウリにしてるけど、スマホで勉強することなんてまずない。


ブログ
スタディングのメリットの一つはスマホ一つで勉強できることです。

しかし、司法書士という難関資格の勉強をスマホでやる人がどれだけいるのかという疑問はあります。

 

スマホ学習しやすいのはスタディングの大きなメリットですが、スマホ学習を考えていない人は「それがなに?」と思うでしょう。

 

講義への質問対応がない

口コミ

Twitter
スタディングのデメリット①:講師に質問できない


ブログ
他の予備校の司法書士講座では、講義に対して質問することができますが、スタディングには質問サービスがありません。

疑問や質問をぶつける相手がなく自力で解決しないといけないというのは、時間のロスですしストレスもたまります。

スタディングには他の講座を含めて質問サービスがありません。

運営に確認したところ、「講座価格を下げるためにコストを最大限に削った結果」という回答が得られました。

 

こもり

受講する前は、「司法書士という難関資格の講座で質問できないのはツラいな」と思っていました。

でも、講義が法律初学者にも分かりやすくWebテキストも使いやすいので、質問したくなることがほぼありませんでした。

 

記述式試験の対策については添削指導を受けることができます。

 

スタディングの司法書士講座の口コミ評判(メリット)

スタディングの司法書士講座を視聴するスマホ

次にスタディングの司法書士講座のメリットを書いていきます。

  • 受講料が安い
  • スマホだけで学習できる
  • 「見て分かる」スライド形式
  • Webテキストなどの機能が使いやすい
  • インプット→アウトプットの流れがスムース

 

受講料が安い

口コミ

Twitter
スタディングはとにかく講座が安い!

他にも検討すべき要素はあるけどまず安い!ここ重要!


ブログ
スタディングの司法書士講座で最も魅力的なのは価格の安さです。

 

スタディングの司法書士講座は、他の予備校と比べて圧倒的に安くなっています。

私が司法書士試験を受験するときにスタディングと比較した講座の価格は次のとおりです。

予備校スタディングアガルート資格スクエアクレアール伊藤塾LEC
価格117,700円
(107,000円)
102,000円
(92,000円)
173,800円
(158,000円)
201,700円
(183,363円)
340,000円
(309,090円)
187,500円
(170,454円)
499,000円
(453,636円)
467,700円
(425,181円)
評価

いずれも初学者が一から学んで合格力を身につけるための講座の価格です。

価格表示は黒字が税込定価(カッコ内は税抜)、赤字が2020年8月時点の税込価格(カッコ内は税抜)です。
定価と2020年8月時点の価格が同じ場合は、赤字で表示しています。
青字は、講座の入れ替えなどの事情により2020年8月時点で販売されていない講座)
※LECは別売テキスト購入が必要なので、講座価格(税込434,700円)+テキスト価格(税込33,000円)を表示

価格表示している講座のコースは次のとおりです。
・スタディング:司法書士 総合コース[2021+2022年度試験対応]
・アガルート:司法書士試験|2021年合格目標 入門総合カリキュラム
・資格スクエア:【2021年向け】初学者向け合格フルパック(Web教材のみ)
・クレアール:合格ルート超短期コースWeb通信
・伊藤塾:2022年合格目標 司法書士入門講座 本科生プラス 秋冬コース
・LEC:2022年合格目標:新15ヵ月合格コース<秋生>スタンダード イン+アウト一括 通信

 

資格スクエアだと約2倍、LECや伊藤塾とは4倍以上も安くなっています。

 

スタディングの司法書士講座

スタディングの料金司法書士講座
合格コース記述式対策総合
通常価格81,400円
(74,000円)
50,600円
(46,000円)
101,200円
(92,000円)
2020+2021117,700円
(107,000円)

2年受講できる総合コース2020+2021を受講しても107,000円、紙媒体のテキストを注文してもプラス約2万円なので、圧倒的な安さに変わりありません。

 

司法書士試験にかかる費用の相場は独学なら15万円、予備校を利用すると50万円程度ですが、スタディングなら独学以下の費用で受講できます。

コスパにおいてスタディングを上回る予備校やオンライン学習は他になく、はずば抜けてトップです。

 

「安かろう悪かろう」を心配する人もいるかもしれませんが、講義内容の濃さは他の予備校に引けを取りません。

また、スマホ学習においては他の講座にはない機能がたくさん搭載されています。

 

りこ
比べてみると確かに圧倒的な安さだね。

 

こもり
この価格なのに講義内容は他の予備校と同じレベルだからスゴイよね。

 

合格お祝い金制度を利用しよう

合格お祝い金とは、スタディングの講座を受講して試験に合格すると受講料の一部がキャッシュバックされる仕組みです。

司法書士講座の場合、合格すると1万円がキャッシュバックされます。

他の予備校と比べると少額ですが、元の講座価格が安いので1万円でもキャッシュバック率は高めです。

 

りこ
確かに金額は少ないね。
アガルートは合格すれば全額返金になってたはず…

 

こもり

初期費用を抑えたいならスタディング、合格キャッシュバックを狙うならアガルートとか他の予備校かな。

他の予備校は価格が高いし、よほど自信がないとギャンブルだけど…

 

教育訓練給付は対象外

講座価格を安くする制度に教育訓練給付があります。

教育訓練給付とは、厚生労働大臣が指定した講座を一定の条件を満たして修了した人に、ハローワークが給付金を支給する国の制度です。

終了までに支払った費用の20%が支給される制度ですが、スタディングの司法書士講座は対象外です。

 

こもり
教育訓練給付がなくてもスタディングの司法書士講座は最安値です。

 

スマホだけで学習できる

スタディングの司法書士講座で最も良い口コミ評判が多いのが、スマホだけで学習できるというところです。

口コミ

Twitter
スマホさえあれば手ぶらでOKだから、昼休みとか通勤中に学習できて便利。


Twitter
スマホ学習ってとにかく手軽。

外出先でも自宅のリビングでも「勉強しよう」と思った場所ですぐ勉強できる。

スマホ=ネットかゲームだったけど、最近はスタディング見てる(笑)

 

「あなたの可能性を現実に」というコンセプトのとおり、忙しい人でもスマホ一つで学習できる環境が整っています。

講義動画もテキストもオンラインなので、スマホさえあればいつでもどこでも手ぶらで学習できます。

少し前まで法律資格の定番だった、重い参考書と六法を持ち歩くスタイルは必要ありません。

 

他のオンライン学習サービスでも講義をスマホで視聴することは可能です。

例えば、アガルートや資格スクエアの講義もスマホで視聴することができます。

 

でも、見やすさや使い勝手が違います。

スタディングがスマホ視聴を前提としてマルチデバイス対応しているのに対し、他のサービスはPC視聴を前提に「スマホでも視聴できる」という程度です。

画面の見やすさも操作性もスタディングには遠く及びません。

 

講義時間も短いので視聴しやすい

スタディングの講義は1講義30分程度なので、昼休みで家事育児の合間でも講義を最後まで視聴することができます。

仮に途中で中断することになっても、30分程度なら記憶にとどめておきやすいでしょう。

 

「見て分かる」スライド形式

口コミ

Twitter
スタディングのスライド講義が分かりやすすぎる。

テキスト読まなくても見てるだけで頭に入って来る。


ブログ
スタディングの講義は、スマホでも見やすいようにスライドを利用して進行します。

重要項目がまとめてあり、説明に合わせて動くので、とても分かりやすいです。

 

スタディングの通信講座

スタディングの講義は、スライドを見ながら講師の説明を聴くかたちで受講するのが基本です。

画面の大部分にスライドが映し出されているので、スマホの小さい画面でも十分に内容を確認できます。

重要項目がまとめてあるのでテキストを開かなくても合格に必要な情報が見て分かります。

 

スライドは自由に動かせるようになっており、講師の説明に応じてこまめに変えることができます。

動きのついたスライドもあり、飽きずに視聴し続けられるのも特徴です。

 

りこ
視覚化って仕事でもトレンドだけど、しっかり取り入れているんだね。

 

こもり
スマホ学習に特化してるって言われてるけど、PC画面で学習するときもとても便利だよ。

 

講義のスタンスが根本的に違う

司法書士試験の勉強は、テキストを見ながら講義を聴くというスタイルが一般的です。

でもスタディングの講座では、講義動画の視聴だけで学習してテキストで復習するというスタイルを採用しています。

 

当然ですが、テキストなしで合格に必要な情報をインプットさせるのは簡単ではありません。

掲載する情報の厳選、見やすく分かりやすいスライド作り、スライドに合った説明などが工夫されています。

 

その結果、ユーザーは視聴するだけで重要な情報を効率的にインプットできます。

また、ノートを作ったり六法を開いたりせず視聴に集中できるのもメリットです。

 

Webテキストなどの機能が使いやすい

口コミ

Twitter
スタディングのオンライン機能が便利。

マイノートとメモがあればペンも紙もいらない。


ブログ
スタディングの司法書士講座には勉強の進捗を管理してくれる機能や、複数の範囲をまとめて復習できる問題集があって便利です。

 

スタディングには司法書士講座の勉強に役立つ機能が多数搭載されています。

  • 重要なキーワードを講座やテキストなどから検索できる
  • オンラインでWebテキストを閲覧できる
  • 講義中にメモが取れる
  • 講義中にオリジナルのノートを作成できる
  • オンラインで問題集を解いてアウトプットができる
  • 複数範囲をまとめて復習できる
  • オンラインで暗記学習ができる
  • 学習フローをナビゲートしてくれる「学習フロー」が使える
  • 進捗状況が視覚的に分かる「学習レポート」がある
  • 司法書士を目指す仲間とつながれる「仲間機能」が使える

 

重要なキーワードを講座やテキストなどから検索できる

スタディングの検索機能

スタディングには、気になるキーワードを講座や問題、テキストから見つけられる検索機能が搭載されています。

GoogleやYahoo!の検索エンジンと同じく検索ページにキーワードを入力して検索するだけで、様々な場所に記載されているキーワードを一発で見つけられます。

場所ごとに検索結果が表示されるので、自分がインプットしやすい方法で確認できるのがありがたいです。

 

講座、ビデオ、問題、冊子、Webテキスト、メモなど検索する場所を絞ることもできます。

 

オンラインでWebテキストを閲覧できる

スタディングのWebテキスト

スタディングでは、オンラインでフルカラーのWebテキストを閲覧することができます。

合格に必要な情報を厳選したテキストで、講義を聴いた後の復習用に使用することを想定されていますが、講義中に閲覧することも可能です。

イラストや図表がたくさん使われていて講義のスライドと同じく「見て分かる」内容が多く、法律にありがちな難しい理論や概念もスッと頭に入ります。

 

オンラインなのでいつでもどこでも確認できますし、重要キーワードもチェックできるようになっているので使い勝手は抜群です。

資格スクエアの司法書士講座にもオンラインレジュメがありますが、スタディングは価格が安いにもかかわらず負けず劣らずの高品質になっています。

 

講義中にメモが取れる

スタディングのメモ機能

メモ機能というのは、講義中に気になった内容を付せんのようなボックスに書き残しておける機能です。

3つまで残しておくことができるので、後で見返して復習するのに向いています。

次に開設するマイノート機能と合わせて使えば、ペンと紙を使ってnoteを作るのと同じようなことがオンラインでできます。

 

講義中にオリジナルのノートを作成できる

スタディングのマイノート

スタディングには、講義中に自分オリジナルのノートを書き込むマイノート機能があります。

講義画面の右側にマイノートスペースが表示されるので、重要ポイントやキーワードを書き込むことで自分だけのノートを作成できます。

マイノートに書きこんだ内容はスタディングのサーバーに残るので、同期すれば異なる端末で確認することが可能です。

 

りこ
ノートもとれるんだ。

 

こもり

スマホでも書き込みやすいよ。

私みたいに手を動かしながら学習したいって人にはおすすめ。

 

オンラインで問題集を解いてアウトプットができる

スタディングのスマート問題集

スタディングのスマート問題集は、講義気インプットした内容をアウトプットして効率的に知識を定着させるのに役立ちます。

3つのモードがあるので状況に応じて使い分けます。

  • 練習モード:問題と解答が交互に表示
  • 本番モード:本番と同じく制限時間内に連続して出題
  • 復習モード:設定した範囲内で出題

 

復習モードでは「前回間違えた問題」や「要復習にチェックした問題」を設定できるので、弱点を克服するのに向いています。

 

複数範囲をまとめて復習できる

スタディングの問題集復習横断機能

スタディングの問題横断演習とは、複数範囲の問題をまとめて出題してくれる演習機能のことです。

問題演習といえば、分野ごとに個別に出題されるのが一般的です。

スタディングの演習機能も、以前は分野ごとの出題しかできませんでした。

 

しかし現在は、選択した複数分野の問題をまとめて出題できるようになっています。

問題横断演習

 

こもり

科目だけでなく「前回間違えた問題」や「要復習にチェックした問題」も選択できるので、苦手分野だけを復習することも可能です。

学習の効率化にはもってこいの機能です。

 

オンラインで暗記学習ができる

スタディングの暗記ツール

スタディングには暗記機能も搭載されています。

重要箇所が赤枠で隠されており、紙媒体の暗記帳のような使い方ができます。

ワンタップで切り替えできるので暗記帳よりも手軽に操作でき、スマホ内で完結するので荷物も少なくて済みます。

 

暗記ツールには用語確認の要点暗記ツールと、記述式対策のひな型暗記ツールの2種類あります。

 

学習フローをナビゲートしてくれる「学習フロー」が使える

スタディングの学習フロー

スタディングの学習フローとは、各過程で学習することを自動的に示してくれる機能です。

上の画像のようにフローが表示されるので、「今日はどこから勉強しようか」と迷うことがありません。

 

インプット直後のアウトプットで知識を定着させるのがスタディング式なので、学習フローも講義と演習が交互になっているものが多いです。

 

進捗状況が視覚的に分かる「学習レポート」がある

スタディングの学習レポート

スタディングの学習レポートには、あなたの学習状況が自動的に数値やグラフで表示されます。

勉強の期間、毎日の学習時間や平均、講義を終了した数などが一目で分かります。

独学や通学メインの講座の場合、これらのデータは自分で管理することになりますが、スタディングなら視覚化してくれるのでモチベーションを維持しやすいです。

 

司法書士を目指す仲間とつながれる「仲間機能」が使える

スタディングの勉強仲間

スタディングには、司法書士講座を受講する人同士でつながれる機能もあります。

コメントをやりとりしたり、いいねを押したりして互いに励まし合うことができるので、モチベーション維持に役立ちます。

SNSを使って受験仲間を探す人もいますが、スタディングの仲間機能を使えばより簡単に仲間が見つかります。

 

仕事につながることもある仲間機能

司法書士の仕事は横のつながりが非常に重要です。

受験生の頃に知り合った仲間と合格後も交流を続け、仕事を始めた後にビジネスパートナーになるというケースは珍しくありません。

仲間機能を使って受験生に積極的に声をかけておけば、合格後も長く付き合ったり仕事を始めてから役に立ったりする関係が築きやすくなります。

 

りこ
通学メインの予備校なら簡単だけど、オンラインだとなかなか仲間はできないよね。

 

こもり

そうなんだよね…

だからスタディングの仲間機能はすごくありがたかったよ。

 

インプット→アウトプットの流れがスムース

口コミ

Twitter
スタディングで勉強始めてからインプットとアウトプットのバランスが格段に良くなった。


Twitter
講義を視聴してすぐ演習というスタイルは最初慣れなかったけど、今では定着してるし効果も感じる。

 

インプット→アウトプットのサイクルをとにかく回すのがスタディングの基本スタイルです。

1講義30分と短く、復讐のための機能が充実しています。

  • スマート問題集
  • セレクト過去問講座
  • 暗記ツール

 

基本的には講義を視聴→スマート問題集で復習というサイクルを繰り返すことで知識を定着させていきます。

もう少し詳しく書くと、次のようなサイクルです。

  1. 講義を視聴
  2. 暗記ツールで用語確認と記述式対策
  3. スマート問題集
  4. セレクト過去問

 

通信メインの予備校の場合、予備校で講義を受けて家で復習というパターンが多いです。

また、独学の場合はインプットがメインになりがちです。

 

でもスタディングなら、講義を聴いた後にすぐツールを使って復習し、次の講義に進むというサイクルが自然に身につきます。

私たちは覚えたことの半分くらいを短時間で忘れてしまうので、すぐ復習して定着させるアクションは学習の効率化には不可欠です。

 

音声ダウンロードでオフラインでも学習できる

口コミ

ブログ
スタディングの大きな特徴として、講義音声をダウンロードしてオフラインで学習できることが挙げられます。


Twitter
通勤中に地下鉄に乗ると電波が悪くなるんだけど、スタディングならオフラインにしとけば問題なし。

 

スタディングでは、講義の音声データを無料でダウンロードすることができます。

メリットは2つです。

  • オフラインで講義が聴ける
  • 視聴期限後も音声は聴ける

音声ダウンロードしたデータは、外出中などオフラインの状態でも聴くことができます。

また、スタディングの講座は視聴期限が決まっていますが、ダウンロードしておけば半永久的に聴くことが可能です。

 

こもり
「本を聴く」オーディブルが流行っていますが、音声ダウンロードを利用すれば「講義を聴く」という新しい学習スタイルを実践できます。

 

圧倒的な低価格×効率化カリキュラム×洗練されたスマホ学習システムなら

スタディング(STUDYing)の司法書士講座をおすすめできる人

スタディングの司法書士講座の口コミ評判を視聴する人

受講経験や口コミ評判を踏まえると、スタディングの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • 司法書士試験の勉強をお金をかけずにしたい人
  • スキマ時間を活用して勉強したい人
  • スマホ学習をメインにしたい人

 

スタディングの司法書士講座はとにかく低価格なので、試験勉強にお金をかけたくない人にはピッタリです。

講義の内容は他の予備校と同じレベルに充実しているので、安心して受講できます。

 

また、スマホ学習に特化しているので、忙しくて予備校に通ったりPCの前に座ってジックリ勉強したりする時間がない人にも向いています。

もちろんPC画面の見やすさや操作性も良いので、PCとスマホの両方で学習したい人でもOKです。

 

法律初学者でも合格力が身につく

「スタディングだけじゃ合格は難しい」なんていう意見も見聞きします。

でも、法律初学者の私でもスタディングの司法書士講座を受講して合格できたので、難しいことはありません。

 

もちろん難関資格なので一定の学習時間は必要ですし、苦手科目の克服や記述対策も必須です。

法律の勉強をした経験のある人に比べると合格のハードルが高いのは確かですが、それは他の予備校でも同じです。

スタディングの講座でインプットとアウトプットを繰り返せば、誰でも合格するだけの実力をつけることはできます。

 

スタディングの司法書士講座の口コミ評判のまとめ

スタディングの司法書士講座について、私の受講経験と口コミ評判を踏まえてメリットとデメリットをまとめました。

スタディング(STUDYing)内容
メリット
  • 受講料が安い
  • スマホだけで学習できる
  • 「見て分かる」スライド形式
  • Webテキストなどの機能が使いやすい
  • インプット→アウトプットの流れがスムース
  • 音声ダウンロードでオフラインでも学習できる
デメリット
  • 実績が不明
  • 講義時間が短い
  • テキストが別売
  • スマホに特化している
  • 講義への質問対応がない

 

スタディングの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • 司法書士試験の勉強をお金をかけずにしたい人
  • スキマ時間を活用して勉強したい人
  • スマホ学習をメインにしたい人

 

スタディングを含めほとんどのオンライン学習サービスは、申し込んだ後のキャンセルができません。

申し込みの前に必ず無料講座を試しておきましょう。

 

社会人向け司法書士講座で人気No.1