【割引クーポン・0円キャンペーン等と併用可】アガルート申込みで最大35000円分のアマギフプレゼント! 詳しく見る

社会人が1年で取得できるおすすめ国家資格5つ【2022年合格目標】

社会人が1年で取得できる国家資格

働きながら資格を取得する人は、年々増えています。

司法試験などの難関資格にチャレンジする人もいますが、1年以下で合格を目指せる資格を狙う人が大半です。

3ヶ月以下で合格できる資格も人気ですが、本気でキャリアアップを目指す人は、もう少し上の資格を目指す傾向があります。

この記事では、社会人が1年以下で取得できる資格を紹介します。

\【5月31日まで】10%OFF&分割手数料0円/

42188844 Uお得な申込方法はアガルートのクーポン・割引セールまとめ

目次

社会人が1年で取得できるおすすめ国家資格5つ

社会人が1年で取得できるおすすめ資格は、次のとおりです。

難関資格勉強期間勉強時間
行政書士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
社労士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
中小企業診断士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
土地家屋調査士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
税理士1科目3ヶ月~1科目150時間∼
宅建士3ヶ月~
(2ヶ月~)
300時間
(200時間)
管理業務主任者3ヶ月~
(2ヶ月~)
300時間
(200時間)
賃貸不動産経営管理士2ヶ月~
(1ヶ月~)
150時間
(100時間)

税理士試験は、11科目中5科目(簿財2科目、所得税法、法人税法、選択科目1科目)に合格すると、官報合格となり、税理士資格が得られます。
働きながら1年で官報合格するのは難しいですが、1~2科目の合格は可能です。

社会人が1年で取得できる国家資格の解説

社会人が1年で取得できる国家資格の特徴について、一つひとつ紹介します。

行政書士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期11月の第2日曜日
合格率4.8~15.7%(2010~2022年度)
平均年収3,930,000円(-434,000円)

法律系の難関資格として知られる行政書士ですが、働きながらでも1年未満で資格を取得できます。

独学だと合格するのに約1000時間の勉強が必要ですが、対策講座を使って効率化することが可能です。

合格率は他の難関資格と比較すると高めですが、試験の難易度は一昔前より上がっています。

十分な学習時間が確保できれば独学合格は可能ですが、時間が制限される社会人にはハードルが高いと言わざるを得ません。

スキマ時間に学習して短期合格を目指すなら、予備校や通信講座を使うのが無難です。

対策講座の最安値は、スタディングの税込65,780円です。

また、合格率が最も高いのは、大手予備校ではなく通信講座のアガルートアカデミーです。

予備試験講座が人気のアガルートアカデミーですが、行政書士講座も高い実績と人気があります。

社労士(社会保険労務士)

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期8月の第4日曜日
合格率2.6~9.3%(2010~2022年度)
平均年収4,730,000円(+366,000円)

社労士(社会保険労務士)も、9ヶ月~の学習期間で取得を狙える国家資格です。

合格率が10%以下と行政書士より低く、1年程度で合格を狙える国家資格の中では狭き門と言えます。

でも、社会保険、労務管理、年金など需要のある分野の専門職なので、毎年5万人前後が申し込んでいます。

働きながら試験勉強する人が多い資格で、独学では1000時間くらいかかるので、対策講座を受講する人が多いです。

2010年前後から質の高い通信講座が相次いで開講され、予備校に通学する時間のない人の需要を満たしています。

特に、短いカリキュラムで高い合格実績を出しているアガルートアカデミーの社労士講座が人気です。

中小企業診断士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期8月
合格率3.1~5.8%(2010~2022年度)
平均年収7,000,000円(+2,636,000円)

中小企業診断士は、1年以下で取得を目指せる国家資格の中では最も難関です。

合格率は3~5%で、司法試験・予備試験や司法書士試験並みに低くなっています。

独学での標準的な学習期間は1000時間と言われていますが、知識や経験によって必要な時間は異なります。

少し前まで、1次・2次試験両方の対策講座があるのは大手予備校だけで、働きながら目指すのはハードルが高めでした。

でも近年は、2次試験対策のある通信講座が登場し、社会人でも資格取得を目指しやすくなっています。

社会人には、リーズナブルな価格が特徴のスタディングが人気です。

土地家屋調査士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期10月の第3日曜日
合格率7.7~9.5%(2010~2022年度)
平均年収4,260,000円(-104,000円)

土地家屋調査士は、不動産資格の中でトップレベルに難しい国家資格です。

合格率は毎年10%以下となっています。

学習時間は不動産業界の経験者でも、1000時間前後はかかります。

独学での取得は難しく、予備校や通信講座を利用するのが一般的です。

少し前までは東京法経学院とLECが2強でしたが、現在はアガルートアカデミーの土地家屋調査士講座が加わって3強体制になっています。

税理士(科目合格)

スクロールできます
勉強期間・科目合格:5ヶ月(3ヶ月)~
・官報合格:2.5~3年(2~2.5年)
勉強時間・科目合格:150時間(100時間)~
・官報合格:2450~2800時間(2000~2300時間)
試験時期8月上旬
合格率12.8~17%(2010~2022年度)
平均年収8,920,000円(+4,566,000円)

税理士資格は、11科目中5科目に合格することで得られます。

各科目とも一度合格すれば一生残るので、数年かけて数科目ずつ取得する人が多いです。

1年という期限付きで合格を目指せるのは、1~2科目くらいでしょう。

税務関係の仕事をしていても独学での合格は難しく、通常は予備校や通信講座を利用します。

資格の大原が圧倒的な合格実績を誇りますが、合格者の大半が通学講座の受講生です。

働きながら通学するのはハードルが高いので、社会人の間では通信講座のスタディングを選ぶ人が増えています。

スタディングは、選択科目の中でも難易度が低い国税徴収法の講座があるので、効率的に合格したい人に人気です。

伊藤塾やアガルートアカデミーなどの予備校を利用すれば、最難関資格の司法試験予備試験も約1年程度から合格を目指すことができますが、勉強のために生活を犠牲にする覚悟が必要です。

社会人が1年で取得できる国家資格5つのまとめ

1年程度で取得できる国家資格を紹介しました。

国家資格は転職や昇給・昇進に有利に働くので、キャリアプランの選択肢が増えます。

この記事で紹介した国家資格は、働きながら独学で勉強するにはハードルが高い資格ばかりです。

でも、通信講座を利用すれば、仕事以外の時間で効率的に勉強して資格取得を目指せます。

費用はそれなりにかかりますが、資格を取得するメリットは大きいので、人生をより良くするためにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

\【5月31日まで】10%OFF&分割手数料0円/

42188844 Uお得な申込方法はアガルートのクーポン・割引セールまとめ

コメント

コメントする

thirteen + six =

目次