【割引クーポン・セール等と併用可】アガルートの申込みで最大35000円分ギフトコードプレゼント 詳しく見る

30代のおすすめ国家資格11選|人生やり直し向きの資格は男女で違う?

30代で取得におすすめの国家資格

個人の力が問われる時代になった今、働きながら勉強をするのは社会人の「当たり前」です。

スキルアップやリスキリングのために30代から資格取得を目指す人は、男女ともに増え続けています。

でも、「どの資格を取れば転職や昇給・昇進につながるのか分からない。」という人も少なくありません。

この記事では、30代の男女が取得できるおすすめ国家資格について紹介します。

\【5月31日まで】10%OFF&分割手数料0円!/

【全て併用可】アガルート割引セール・クーポン・キャンペーン

①受験生応援セール:人気カリキュラムが10%OFF

②分割手数料0円キャンペーン:教育クレジットローンの手数料が0円

(12回払いなら月57,634.5円∼、分割手数料合計66,017円が0円)

③【限定特典】キャンペーン:35,000円分Amazonギフトコードプレゼント

【期限】2023年5月31日まで

割引を併用して最もお得に申し込む方法は、アガルートの割引セール・クーポン情報にまとめています。

目次

30代男性・女性が取得するのにおすすめの難関国家資格

30代におすすめできる難関国家資格は、次のとおりです。

難関資格勉強期間勉強時間
司法試験・予備試験2年~
(1.5年~)
3000時間∼
(2000時間∼)
司法書士1.5年~
(1年~)
3000時間
(2000時間)
弁理士1.5年~
(1年~)
3000時間
(2000時間)
行政書士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
社労士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
中小企業診断士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
土地家屋調査士9ヶ月~
(6ヶ月~)
1000時間
(600時間)
税理士1科目3ヶ月~1科目150時間∼
宅建士3ヶ月~
(2ヶ月~)
300時間
(200時間)
管理業務主任者3ヶ月~
(2ヶ月~)
300時間
(200時間)
賃貸不動産経営管理士2ヶ月~
(1ヶ月~)
150時間
(100時間)

勉強期間と勉強時間は、働きながら学習した場合の標準的な期間(カッコ内は予備校や通信講座を利用した場合)です。

税理士の選択科目は、相続税法、消費税法、酒税法、国税徴収法、住民税、事業税、固定資産税の7科目です。

最も簡単な国税徴収法は150時間(3ヶ月)程度、最も難関の相続税法は500時間(5ヶ月)程度の勉強が必要になります。

30代男女が取得できる難関国家資格の解説

では、30代で取得できる難関国家資格について、一つずつ紹介します。

2019年の平均年収は436万4000円(国税庁「令和元年分民間給与実態統計調査結果」)です。
難関資格の有資格者の平均年収と比較してみてください。

司法試験・予備試験

スクロールできます
勉強期間2年∼(1.5年∼)
勉強時間3,000時間∼(2,000時間∼)
試験時期短答式は5月、論文式は7月、口述は10月
(2023年から変更)
合格率1.8~4.0%(2011~2022年度)
平均年収7,190,000円(+2,830,000円)

司法試験は、弁護士・検察官・裁判官になる資格が得られる、日本の最難関資格の一つです。

有資格者(弁護士)の平均年収は、一般的な社会人の平均年収より283万円も高くなっています。

予備試験とは、司法試験の受験資格を得るための試験です。

ロースクールを卒業していない場合、予備試験に合格して司法試験を受験する資格を得る必要があります。

予備試験ルート

出典:伊藤塾

予備試験には短答式試験、論文式試験、口述式試験の3種類あり、全てに合格する必要があります。

合格率は1.8~4.16%と司法試験より低く、最難関試験の一つです。

0

法律初学者が独学で予備試験に合格するには約5000時間かかりますが、対策講座を受講すれば効率的に勉強できます。

例えば、受講生の口コミで評判のアガルートの司法試験予備試験講座なら通信講座で最短ルート合格を目指せます。

専業で受験勉強ができるなら伊藤塾も選択肢に入ります。

独学で合格する猛者もいますが、専業の受験生や法学部出身者でも予備校や通信講座を利用するのが一般的です。

法律初学者が働きながら独学で合格するのは現実的とは言えず、自分に合った講座を利用することが重要になります。

多くの受験生が利用しているのは、高い合格実績を誇るアガルートと伊藤塾の司法試験予備試験講座です。

司法試験予備試験が向いている人

・弁護士になりたい人
・法律のプロとして独立したい人
・最難関資格にチャレンジしたい人

司法書士

スクロールできます
勉強期間1.5年∼(1年∼)
勉強時間3,000時間(2,000時間)
試験時期7月の第1日曜日
合格率2.8~4.4%(2010~2022年度)
平均年収4,510,000円(+146,000円)

司法書士は、 登記申請の書類の作成や法務局への提出を行う専門職です。

合格率は2.8~4.4%と低く難関資格の中でも特に狭き門で、雇われ勤務の年収は平均を少し上回るレベルですが、独立・開業して年収1000万円以上を稼ぐ人もたくさんいます。

司法書士試験に合格するには独学で約3000時間かかるので、働きながら勉強するなら予備校や通信講座を利用するのが一般的です。

講座を利用すれば、約2000時間まで勉強時間を短縮できます。

また、近年は働きながら合格を目指せる通信講座がいくつも登場し、社会人受験生にはありがたい状況となっています。

特に、スタディングの予備試験講座は、価格の安さやスマホ一つで学習できるシステムが社会人に人気です。

司法書士が向いている人

・司法書士になりたい人
・登記分野で独立したい人
・法律事務所や司法書士事務所の勤務経験がある人

弁理士

スクロールできます
勉強期間1.5年∼(1年∼)
勉強時間3,000時間(2,000時間)
試験時期5月中旬~下旬
合格率6.5∼10.7%(2010年~2022年度)
平均年収5,760,000円(+1,400,000円)

弁理士は、特許権や実用新案権などの知的財産の専門家です。

合格率は6.5~10.7%で司法書士試験よりは高いですが、資格試験の中では低い部類に入ります。

平均年収は576万円ですが、太いクライアントの数や経験年収によって年収が大きく異なり、大手企業の知財部勤務や特許事務所を開業している弁理士なら年収1000円超も珍しくありません。

司法書士と同じく独学で合格するには3000時間程度かかるため、知財関連の仕事をしている人でも予備校や通信講座を利用するのが一般的です。

人気なのは、過去の実績と高い合格実績を誇るLEC東京リーガルマインドです。

弁理士試験が向いている人

・弁理士になりたい人
・知的財産分野で独立したい人
・企業知財部や特許事務所の勤務経験がある人

行政書士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期11月の第2日曜日
合格率4.8~15.7%(2010~2022年度)
平均年収3,930,000円(-434,000円)

行政書士とは、行政関係の書類の作成や提出を行う専門家です。

合格率は4.8~15.7%と差がありますが、近年は10~15%前後となっています。

平均年収は一般よりも40万円ほど低い393万円ですが、地域やジャンルにより1000万円を超える人も少なくありません。

独学での合格には1000時間程度かかり、複数回受験してやっと合格する人もたくさんいますが、予備校や通信講座を利用すれば働きながらでも短期一発合格を狙えます。

有名なのは伊藤塾フォーサイトですが、合格率や合格者数が優秀なのはアガルートの行政書士講座です。

2021年度の受講生合格率は42.14%、合格者数は217名で、合格できる通信講座という口コミが一気に広がりました。

行政書士が向いている人

・行政書士になりたい人
・行政手続分野で独立したい人
・初学者から法律系資格を取得したい人

社労士(社会保険労務士)

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期8月の第4日曜日
合格率2.6~9.3%(2010~2022年度)
平均年収4,730,000円(+366,000円)

社労士(社会保険労務士)とは、社会保険、労務管理、年金などの専門家です。

合格率は2.6~9.3%と低めで、年度によっては司法試験の合格率さえ下回ることもあります。

平均年収は473万円と一般より高めで資格給を設定している職場も多いため、働きながら勉強する人が多い資格ですが、独学で一発合格できる人はごく一部です。

合格者の多くは、通信講座や予備校を利用して効率的に学習を進めており、スマホ一つでスキマ時間に学習して合格を目指せるアガルートの社労士講座が人気を集めています。

社労士試験が向いている人

・社労士になりたい人
・社会保険・労務管理・年金分野で独立したい人
・勤務先などで社会保険や労務管理に携わっている人

中小企業診断士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期8月
合格率3.1~5.8%(2010~2022年度)
平均年収7,000,000円(+2,636,000円)

中小企業診断士は、中小企業の経営コンサルができる唯一の国家資格です。

合格率は3.1~5.8%と司法試験・予備試験並みに低い難関資格で、有資格者の平均年収は700万円(概算)と高いですが、クライアントの数や案件によって変動が大きくなっています。

働きながら資格取得を目指す人の多い資格ですが、1次試験・2次試験ともに問われる範囲が幅広く、2次試験(記述式)は試験範囲の深い理解が求められるので、独学合格はハードルが高いです。

そのため、スタディングなど診断士資格に強い通信講座を利用する人が多くなっています。

A5C8B570 206D 41FA 83B4 AC51472718EC

スタディングは診断士講座から始まった通信講座で、働きながら学習できるシステムや工夫が導入されています。

中小企業診断士試験が向いている人

・中小企業診断士になりたい人
・中小企業の経営コンサルに携わりたい人
・仕事で中小企業の経営コンサルに携わっている人

土地家屋調査士

スクロールできます
勉強期間9ヶ月~(6ヶ月~)
勉強時間1,000時間(600時間)
試験時期10月の第3日曜日
合格率7.7~9.5%(2010~2022年度)
平均年収4,260,000円(-104,000円)

土地家屋調査士とは、不動産登記と土地の境界の専門家です。

合格率は毎年10%以下と低めで、10人に1人合格できるかという難関資格と言えます。

平均年収は一般より低いですが、勤務先の規模や開業するかどうかで年収が大きく変動します。

不動産業界で働く人がステップアップのために受験することが多い資格で、受験生の大半が社会人です。

LECと東京法経学院が2強でしたが、最近はアガルート土地家屋調査士講座の評判と合格実績が高まり、予備校に通う時間がない人を中心に受講生を伸ばしています。

土地家屋調査士試験が向いている人

・土地家屋調査士になりたい人
・不動産業界への転職を考えている人
・不動産業界で登記や土地の境界の仕事に携わっている人

税理士

スクロールできます
勉強期間・科目合格:5ヶ月(3ヶ月)~
・官報合格:2.5~3年(2~2.5年)
勉強時間・科目合格:150時間(100時間)~
・官報合格:2450~2800時間(2000~2300時間)
試験時期8月上旬
合格率12.8~17%(2010~2022年度)
平均年収8,920,000円(+4,566,000円)

税理士になるには、11科目中5科目に合格(官報合格)する必要があります。
平均年収は公認会計士と合わせた数値。

税理士は、税務の専門家です。

合格率は12.8~17%と高めですが、税理士になるには11科目中5科目に合格する必要があり、通常は数年がかりで合格を目指すことになります。

税理士の平均年収は、難関資格の有資格者の中でも高い892万円です。

税理士試験は、試験制度の特殊性や科目の専門性の高さゆえに独学での合格は相当にハードルが高く、専業の受験生でも予備校や通信講座に通う人が多くなっています。

大手予備校のTACとLECが高い合格実績を誇りますが、働きながらの学習に向いているのは通信講座です。

特にスタディングは、スマホだけで学習の全てが完結するので、忙しい人を中心に人気です。

税理士試験が向いている人

・税理士になりたい人
・税務分野で独立したい人
・税理士事務所などで働いている人

宅建士(宅地建物取引士)

スクロールできます
勉強期間3ヶ月~(2ヶ月~)
勉強時間300時間(200時間)
試験時期10月の第3日曜日
合格率15.2~17.9%(2010~2022年)
平均年収4,000,000円(-366,000円)

宅建士(宅地建物取引士)とは、不動産取引の専門家です。

合格率は15.2~17.9%と高めで、毎年約20万人もの受験者数がいるので、合格者数も他の難関資格より多くなっています。

平均年収は400万円(概算)ですが、企業規模や他資格の有無によって大きく変動します。

3~6ヶ月程度、毎日2~3時間みっちり勉強すれば独学でも合格は可能ですが、忙しい人ほど通信講座を利用して効率的に学習しています。

働く受験生の間には、最短ルート合格が目指せるフォーサイトが人気52216990 Vです。

宅建士試験が向いている人

・宅建士になりたい人
・不動産業界に転職したい人
・不動産関連の勤務先でステップアップしたい人

管理業務主任者

スクロールできます
勉強期間3ヶ月~(2ヶ月~)
勉強時間300時間(200時間)
試験時期12月上旬の日曜日
合格率20.1~23.8%(2010~2022年)
平均年収4,500,000円(+166,000円)

管理業務主任者とは、マンション管理の委託会社に勤務して管理を請け負う専門家です。

合格率は20%以上と難関資格試験の中では高めで、有資格者の平均年収は450万円(概算)ですが勤務先や業務内容によって変動があります。

独学での合格に必要な勉強時間は300時間前後で、1日2~3時間の勉強を3ヶ月程度続けることになります。

通信講座では、スキマ時間にスマホ学習ができるスタディングが人気です。

管理業務主任者試験が向いている人

・管理業務主任者になりたい人
・賃貸住宅管理会社に転職したい人
・賃貸住宅管理会社でステップアップしたい人

賃貸不動産経営管理士

スクロールできます
勉強期間2ヶ月~(1ヶ月~)
勉強時間150時間(100時間)
試験時期11月中旬
合格率48.3~85.3%(2013~2022年)
平均年収4,200,000円(-166,000円)

賃貸不動産経営管理士とは、賃貸アパートやマンションの管理に関する専門家です。

合格率は48.3~85.3%で、資格試験ではトップレベルの高さになっています。

平均年収は420万円(概算)ですが、賃貸住宅の居住者増加に伴って重要性が高まることが見込まれており、年収も向上する可能性があります。

不動産業界で働く人なら100時間程度の独学で合格可能ですが、業界未経験だと専門的な用語に悩まされるので、通信講座を利用した方が学習を進めやすいでしょう。

2020年度試験で受講生合格率92.3%という業界No.1の数字を出したアガルートの賃貸不動産経営管理士講座が注目されています。

A5C8B570 206D 41FA 83B4 AC51472718EC

難関資格のなかでは難易度が低めですが、国家資格化して合格率が下がりつつあるので早めの取得がおすすめです。

賃貸不動産経営管理士試験が向いている人

・賃貸不動産経営管理士になりたい人
・賃貸不動産分野の会社に転職したい人
・国家資格なりたての資格を取得しておきたい人

30代おすすめ国家資格|人生やり直し向きの資格は男女で違う?

結論から言うと、おすすめ国家資格の男女差は従前ほどはありません。

女性の難関資格合格者は増えていますし、資格を生かせる仕事の第一線で活躍する女性の割合も増加しています。

「選択肢を増やしたい」、「士業として活躍したい」、「人生をやり直すために一念発起して資格の取得を目指す」といった動機は、男性も女性も似たようなものです。

ただし、難関国家資格の合格者に占める女性の割合は、依然として少ないのが実情です。

例えば、2022年の司法試験合格者は男性が72.2%で女性が27.7%、司法書士試験合格者は男性が72.3%で女性が27.6%でした。

また、土地家屋調査士試験の合格者は約95%が男性で、女性は約5%にとどまります。

これらの資格でも女性の割合が増えているのは間違いありませんが、男性との間にはまだ大きな開きがあります。

一方で、社労士、弁理士、宅建などは女性合格者の割合が30%を超えており、働きながら資格を取得してキャリアアップする人も少なくありません。

試験合格者に占める女性の割合が高いほど、その士業で活躍する女性の割合も高いと言えます。

資格合格者に占める
男性比率
合格者に占める
女性比率
司法試験72.2%27.7%
司法書士72.3%27.6%
弁理士68.9%31.1%
行政書士72.9%27.1%
社労士61.9%38.1%
中小企業診断士92.1%7.9%
土地家屋調査士91.7%8.3%
税理士77.5%22.5%
宅建士63.9%36.1%
管理業務主任者77.8%27.2%
賃貸不動産経営管理士71.0%29.0%

30代男性の場合、一般的には、難関資格であるほどキャリアアップにつながりやすいと言われています。

ただし、知識や経験のある業種や業界に関連する資格を取得した方が良いケースもあり、慎重な検討が必要です。

例えば、不動産業界の経験が豊富で、同業界でのキャリアアップを図りたいなら、弁護士や行政書士を目指すより宅建士や賃貸不動産経営管理士といった関連資格を目指す方が効率的でしょう。

30代で難関国家資格を取得する意味

30代と言えば、役職について責任ある仕事や後進の育成を任せられるようになる時期です。

プライベートでは家庭を持って子育てに励む人も増えていきます。

そんな人生のなかでも特に忙しい30代という時期に、難関国家資格を取得する意味とはなんでしょうか。

転職やスキルアップに役立つ

まず、スキルアップやリスキリングに役立つということです。

今の日本は終身雇用が当たり前ではなくなり、個人の実力が重視されるようになっており、給与や待遇の改善を求めて転職する人も増加傾向にあります。

こうした状況において、難関資格を取得することは、個人の実力を周囲に示すのに役立ちます。

知識や経験はもちろん必要ですが、難関資格の保有だけでも「詳しい人」という印象を他人に与え、転職を有利に進めやすくなります。

また、勤務先で資格給が支給されたり、希望の部署への移動が実現したりすることも珍しくありません。

将来への不安が和らぐ

現在は何かと不安の多い時代で、いつ職場の倒産やリストラで職を失うとも限りません。

難関資格を取得しておけば、いざというときに「自分には資格があるから大丈夫」という拠り所になります。

実際のところ、資格を活かせば再就職や転職もしやすいです。

独立・開業できる

司法書士や行政書士などの難関資格を取得すれば、独立して事務所を開業できます。

サラリーマンではなく、個人事業主として独立できるわけです。

サラリーマンをして資金を蓄えながら難関資格を取得し、将来の独立開業を目指す人は決して珍しくありません。

万が一、独立が成功しなかったとしても資格があれば就職先には困りませんし、タイミングを見はからって改めて独立を目指すことも可能です。

独立・開業という人生の選択肢が増えることも、難関資格を取得する大きな意味と言えます。

30代におすすめの難関資格(国家資格)のまとめ

30代におすすめの難関国家資格と、働きながら合格するのに役立つ通信講座をまとめました。

  • 司法試験・予備試験:アガルート
  • 司法書士:スタディング
  • 弁理士:LEC
  • 行政書士:アガルート
  • 社労士:アガルート
  • 中小企業診断士:スタディング
  • 土地家屋調査士:アガルート
  • 税理士:スタディング
  • 宅建士:フォーサイト
  • 管理業務主任者:スタディング
  • 賃貸不動産経営管理士:アガルート

時間とお金が十分にあれば、網羅的なカリキュラムが組まれた大手予備校が有力な選択肢になります。

でも、社会人だと勉強時間が限られていて、日々の生活を考えると学習コストもかけにくいので、スキマ時間で学習できて、予備校よりリーズナブルな価格設定の通信講座を選ぶのが一般的です。

30代は忙しい時期ですが、自分に磨きをかける絶好の時期でもあります。

あなたは30代をどう過ごしますか。

\【5月31日まで】10%OFF&分割手数料0円!/

コメント

コメントする

17 − 4 =

目次