クレアールは資料請求→講座選びが必須!2つの請求フォームと資料内容を解説

りこ
クレアールって資料請求が必須だって聞くけど、どうして?

 

こもり
公式サイトが見にくいんだよね…

 

難関資格の対策講座を開講しているクレアール。

短期合格を目指せるユニークな勉強法「非常識合格法」が人気の通信講座で、学習レベルに応じた講座を豊富に取り揃えているのですが、公式サイトが見にくいという受講者泣かせな課題があります。

でも、資料請求で入手できるパンフレットを見れば、自分に合った講座を見つけることが可能です。

 

この記事では、クレアールの資料請求について解説します。

 

・クレアールの資料請求のやり方を知りたい人
・公式サイトでは講座が選べず困っていた人
・資料請求の特典が知りたい人

 

こもり
クレアールで資料請求すると最大15,000円の割引クーポンももらえます。

 

気になる講座の資料を請求する

私は行政書士講座と司法書士講座の資料請求をしましたが、他の講座でも請求方法や特典は同じです。

ただし、資料の内容と一緒に届く割引クーポンの額面は講座ごとに異なります。

 

クレアールに資料請求する方法

クレアールには2つの資料請求フォームがあります。

  • 資料請求フォーム
  • 各講座の資料請求フォーム

 

こもり
いずれのフォームでも資料請求できますが、請求したい資料によって使い分けることになります。

 

資料請求フォーム

資料請求フォームは、クレアールの全講座のうち興味のある講座の資料を請求できるフォームです。

1つの講座だけ選ぶことも複数の講座(3つまで)を選ぶこともできます。

 

こもり
行政書士と司法書士など複数の講座の資料を請求したいときに利用するフォームです。

 

クレアール公式サイトのグローバルメニュー(画像の赤枠部分)にある「資料請求」をクリックします。

クレアールの資料請求

 

 

クレアールの資料請求

 

「ご請求内容」欄で興味のある講座を3つまで選択します。

クレアールの資料請求

1回の請求で受け取れるのは3種類の資格までです。

同じ資格であれば、パンフレットとサンプル教材やDVDを請求しても1種類とカウントされます。

例えば、行政書士のパンフレットと講義サンプルDVD、中小企業診断士のパンフレット、通関士・貿易実務のパンフレットという感じでチェックを入れることができます。

(チェック項目は4つですが、講座は3つなのでOKです。)

 

講座を選んだら、氏名や連絡先と簡単なアンケートに答えて内容を送信すれば完了です。

2~3日で入力した自宅宛てに資料が届きます。

 

こもり

私は、行政書士講座を選ぶときに司法書士講座の資料もまとめて請求しました。

行政書士に合格した後、最新の情報が欲しくて再び司法書士講座の資料を請求しましたが、問題なく送ってもらえました。

 

離島や海外への発送サービスはないようです。

 

各講座の資料請求フォーム(行政書士講座の場合)

各講座の資料請求フォームは、講座ごとの資料を請求できるフォームです。

例えば、クレアール行政書士講座のページから同講座の資料を請求することができます。

 

こもり

資料請求したい講座が決まっているときに利用します。

また、講座によっては非常識合格法という書籍が無料でもらえるところもあり、これに応募するときも各講座の請求フォームからになります。

 

クレアール公式サイトのトップページから各講座のページに移動し、ページ内の資料請求バナーから資料を請求します。

クレアールの資料請求

 

行政書士講座のページの場合、サイドバーにある資料請求バナーをクリックします。

クレアールの資料請求

 

こもり
他の講座もPC表示だとサイドバー、スマホ表示だとページ下部に資料請求バナーがあります。

 

請求方法は、全講座の資料請求フォームと同じです。

講座ごとに請求フォームが異なっていて、他の講座を選ぶ欄はありません。

 

クレアールに請求して届く資料の内容

クレアールの資料請求で届く資料の内容

クレアール行政書士講座の資料請求で届く内容は、次のとおりです。

  • 資料送付のご案内(案内文書)
  • 行政書士講座のパンフレット
  • 令和〇年合格目標はじめての行政書士試験(合格ナビゲーション)
  • 講座紹介の広告
  • 割引クーポン
  • 講義DVD

 

クレアールの行政書士講座のパンフレットはフルカラーで紙質もよく、講座内容がコンパクトに分かりやすく説明されています。

公式サイトでは講座の全容を掴むことさえ難しいのですが、パンフレットを見れば自分に合った講座を簡単に見つけることが可能です。

 

講義DVDは公式サイト内で閲覧できる内容と同じなので、サイトで視聴しても問題ありません。

また、合格ナビゲーションもサイトの各講座トップページに書いてある内容と大差ないです。

 

こもり

講座のリサーチをしたときに公式サイトで情報を得ようとかなり粘ったのですが、届いた資料を見て「最初から資料請求しておけば良かった」と後悔しました。

他の予備校や通信講座も資料を発行していますが、講座内容や自分に合った講座の見つけやすさはクレアールの資料が一番です。

 

割引クーポンがもらえる

クレアールの資料請求をすると、講座価格が最大15,000円引きになる割引クーポンがもらえます。

割引セールやその他割引制度と併用できるので、クーポンをもらわず講座を申し込むとかなり損です。

必ず講座を申し込む前に資料請求をしておきましょう。

 

クレアールの割引制度については、別の記事にまとめています。

クレアールの割引セール!クーポン併用で2万円以下で行政書士講座が受講できる!

 

クレアールの合格メソッド「非常識合格法」の書籍が無料でもらえる

クレアールの非常識合格法

クレアールの行政書士講座などの資料請求をすると、講師が執筆した合格メソッド「非常識合格法」の書籍がもらえます。

非常識合格法には、各講座の看板講師が編み出した「短期間で試験に合格するノウハウ」が記載されています。

購入すると1,500円以上するので、資料請求と一緒にもらっておくとお得です。

 

先着100名様と書かれていますが、頻繁に募集しているので、募集が締め切られても少し待てばチャンスがやってきます。

 

 

こもり
2020年6月中旬に資料請求してみたところ問題なく受け取ることができました。

ただしいつ終了するか分からないので、クレアールを受講する可能性があるなら早めに請求しておきましょう。

 

資料請求して非常識合格法と割引チケットをもらう

資料請求のデメリットってある?

「資料請求したら強引な勧誘があるんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、私が行政書士と司法書士の資料請求をしたときは勧誘の連絡は全くありませんでした。

資料以外に講座の購入を促すような書面が届くこともなく、電話もかかってこなくて拍子抜けしたくらいです。

 

資料請求時に登録したメールアドレスにメールが届くことはありますが、配信停止にすればOKです。

 

ホームページ上でも同じ情報が入手できる?

実は、公式サイトをくまなく閲覧すれば、資料請求で届くパンフレットの情報は全て手に入ります。

でも問題は、情報がサイト内にバラバラに配置されていて見つけにくいということです。

パンフレットなら講座情報が全て一冊の中に収まっていますし、見たいページをすぐに開けます。

 

講座選びの時間を短縮するためにも、公式サイトの閲覧に時間をかけるより早めに資料請求しておくことをおすすめします。

 

クレアールの資料請求のまとめ

クレアールは学習レベルに応じて講座を選べるようになっていますが、公式サイトが見にくいので自分に合った講座を選びにくいのが難点です。

一方で、資料請求して届くパンフレットが秀逸です。

講座内容がスッと頭に入ってきますし、受講すべき講座も迷わず決められます。

 

クレアールの講座を受講するなら、分かりにくい公式サイトと睨めっこして時間を潰すのではなく、早めに資料請求してパンフレットを見ながら講座を選びましょう。

 

資料請求して「非常識合格法」と割引チケットをもらう