資格スクエアの司法書士講座の口コミ評判!三枝りょう講師の評価は賛否ある?

りこ
資格スクエアの司法書士講座がコスパ良いって聞くけど、実際のところどうだった?

 

こもり
価格と講座内容のバランスはトップレベルだよ。

 

司法書士講座を開講している予備校はたくさんありますが、コスパの良さで注目されているのが資格スクエアです。

講義時間が大手予備校並みなのに価格が安いとという口コミでも評判になっています。

一方で、「安かろう悪かろう」を不安がる声もあります。

 

この記事では、資格スクエアの司法書士講座の口コミ評判とメリット・デメリット、向いている人について解説します。

 

・予備校の司法書士講座の受講を考えている人
・資格スクエアの司法書士講座について詳しく知りたい人

 

こもり
この記事は、司法書士講座を選ぶときに調べた資格スクエアの情報と最新の口コミ評判に基づいて書いています。

 

有名講師とオンラインの使い勝手で選ぶなら

 

司法書士講座の比較とおすすめ人気ランキングについては下の記事にまとめています。

司法書士の予備校・通信講座7校の比較・おすすめランキング【2020年9月最新版】

 

資格スクエアの司法書士講座

資格スクエアとは、難関資格の対策講座を取り扱っているオンライン学習サービスです。

2013年にサービスを開始してから10年足らずですが、質の高い講義や実績が口コミで評判になり、今では代表的な予備校の一つになっています。

 

資格スクエアが開講している講座は次のとおりです。

資格スクエアの講座一覧

予備試験や司法試験など独学では合格が難しい試験の講座が中心です。

 

こもり
私は、予備試験の演習講座を資格スクエアで受講しています。

 

資格スクエアの司法書士講座一覧

資格スクエアの司法書士講座は次のとおりです。

コース内容価格
【2021年向け】

初学者向け合格フルパック

(製本教材あり)

  • 【2020年向け】初学者向け基礎講座
  • 択一問題集(10年間分)
  • 択一問題集(10年間分)
  • Aランク 択一問題集(10年間分)
  • Bランク 【2021年向け】
  • 初学者向け基礎講座
267,700円
【2021年向け】

初学者向け合格フルパック

(Web教材のみ)

同上201,700円
2020択一ここ出る!

出題徹底分析講座

9,900円
2020民法改正のポイント解説講座9,900円
記述過去問実況中継講座29,800円
初心者向けのコースは「初心者向け合格フルパック」のみで、製本教材をつけるかどうかで価格が変わります。

 

製本教材の内容はWeb教材と同じなので、オンラインで学習を完結させたいなら(Web教材のみ)でOKです。

「テキストは紙媒体でないと」という人は製本版を購入してください。

 

「2020択一ここ出る!出題徹底分析講座」、「2020民法改正のポイント解説講座」、「記述過去問実況中継講座」は単品講座です。

独学や他の予備校を受講中の人で、「ココだけは重点的に勉強したい」という人向けに単品で購入できるようになっています。

 

こもり

私は去年「記述過去問実況中継講座」を受講しました。

三枝先生の分かりやすく熱気のこもった講義のおかげで、苦手だった記述式問題のポイントをうまくつかめました。

 

資格スクエアの司法書士講座の気になる口コミ評判(デメリット)

資格スクエアの司法書士講座の口コミ評判から分かるデメリットは次のとおりです。

  • 製本テキストが別料金で高い
  • 音声ダウンロードが有料
  • 記述講義が短い
  • 答練がない

 

誤解に基づく口コミもあったので、一つひとつ確認していきます。

 

製本テキストが別料金で高い

口コミ

Twitter
資格スクエアの司法書士講座ってテキスト別売、しかも高い


ブログ
注意したいのは、製本テキストが別料金だということです。

講座自体は他の予備校と比べて格安ですが、製本テキストの高さがどうしても気になってしまいます。

 

資格スクエアの司法書士講座「【2021年向け】初学者向け合格フルパック」は201,700円(Webテキストのみ)ですが、製本テキストをつけると267,700円に跳ね上がります。

テキストだけで66,000円もかかる計算です。

 

13冊のテキストはそれぞれ重要ポイントが厳選して掲載してあり、学習の役に立つのは間違いありません。

でも、内容はWebテキストと同じなので、あえて購入するかどうかは要検討です。

 

こもり

1冊1冊がそれなりに分厚く持ち歩きも大変です。

「製本テキストでないと勉強できない」という人以外は必要ないでしょう。

 

 

音声ダウンロードが有料

口コミ

Twitter
資格スクエアの講座って音声ダウンロードが有料なのか…

無料なら通勤中とかに聴きたかったのに。


ブログ
資格スクエアの司法書士講座は音声ダウンロードが有料です。

それも44,000円と高額なので、利用するかどうか検討が必要になります。

 

資格スクエアの音声ダウンロード機能は有料です。

実は、サービス開始当初は音声ダウンロードができなかったのですが、最近になって有料オプションに追加されました。

資格スクエアの音声ダウンロード

 

司法書士講座の音声ダウンロード価格は44,000円です。

講座の安さというメリットがかすんでしまう価格設定になっています。

 

こもり
他の講座では音声ダウンロードが無料でできるキャンペーンがありますが、司法書士講座では見かけません。

 

オフライン学習の機会が多いなら、無料で音声ダウンロードができるスタディングやアガルートの司法書士講座が向いています。

 

記述講義が短い

口コミ

Twitter
受講してから言うのもなんだけど、資格スクエアの司法書士講座、もう少し記述式を手厚くやってほしい。


ブログ
資格スクエアの司法書士講座は択一重視の傾向があります。

記述式に苦手意識を持っている受験生が多いので、もう少し記述対策にも手をかけてほしいです。

 

確かに資格スクエアの司法書士講座は択一を重視したカリキュラムになっていますが、司法書士試験が択一重視の試験だからです。

択一式記述式
210点(午前午後の合計)満点70点満点

択一式の問題で全体の配点の75%を占めています。

択一式の占める割合が高いので、資格スクエアの司法書士講座でも択一対策を重視しているのです。

 

「基準点の問題があるでしょう」という人もいるでしょう。

もちろん試験区分ごとの基準点(下回ると点数合計が合格点を超えていても不合格)を超えるための対策は必要です。

でも、基準点が厳しいのは択一式の方です。

択一式記述式
午前:75点/105点

午後:66点/105点

32.5点/70点満点

参考:平成31年度(2019年度)司法書士試験筆記試験の結果等について|法務省

 

択一式は午後でも70%近い点数を取る必要がありますが、記述式は50%程度でOKです。

基準点を踏まえても、択一を重視した試験対策を立てることが重要になってきます。

 

こもり

記述式対策を本格的にやりたいという人は、追加で「記述過去問実況中継講座」を受講する方法があります。

29,800円かかりますが、受講しても他の予備校のパックコースより20万円くらいお得です。

 

答練がない

口コミ

Twitter
コスパで選ぶなら資格スクエアなんだけど、答練がないんだよな~

つけてくれないかな答練、今からでもw


ブログ
資格スクエアの司法書士講義には記述式試験の答練がありません。

記述式に関する単品講座はありますが、答練はついていないので注意しましょう。

 

資格スクエアの司法書士講座で最も不満の声が多いのが「答練がない」というところです。

記述式に不安を抱えていると、答練がない講座はなかなか選びにくいという声が少なくありません。

 

こもり
いくら択一式重視の試験だから択一対策を重視するといっても、記述式対策の基本である答練がないと不安になりますよね。

 

記述式の答練を受けたいなら、答練だけ他の予備校を利用する方法があります。

複数の予備校が開講していますが、実績があって内容が充実しているのは伊藤塾の演習コースです。

 

資格スクエアの司法書士講座の良い口コミ評判(メリット)

資格スクエアの司法書士講座の良い口コミ評判から分かるメリットは次のとおりです。

  • コスパが良い
  • 看板講師の評価が高い
  • 複数の端末で視聴できる
  • 「講義を聴く」学習ができる
  • オンライン機能が充実している

 

コスパが良い

口コミ

Twitter
資格スクエアの司法書士講座に決めた!

理由はコスパの良さ!

大手並みの講義時間で価格が半値以下とかお買い得感しかない!!


ブログ
大手の予備校と比べて圧倒的にコスパが良いのが資格スクエアの特徴です。

オンライン予備校のアガルートよりは若干高めですが、内容の充実度も踏まえるとコスパはかなり高いといえます。

 

資格スクエアの司法書士講座の口コミで最も多いのが「コスパが良い」というものです。

私が司法書士講座を選ぶときに比較した予備校の価格と見比べてみましょう。

予備校スタディングアガルート資格スクエアクレアール伊藤塾LEC
価格117,700円
(107,000円)
102,000円
(92,000円)
173,800円
(158,000円)
201,700円
(183,363円)
340,000円
(309,090円)
187,500円
(170,454円)
499,000円
(453,636円)
467,700円
(425,181円)
評価
いずれも初学者が一から学んで合格力を身につけるための講座の価格です。
価格表示は黒字が税込定価(カッコ内は税抜)、赤字が2020年8月時点の税込価格(カッコ内は税抜)です。
定価と2020年8月時点の価格が同じ場合は、赤字で表示しています。
青字は、講座の入れ替えなどの事情により2020年8月時点で販売されていない講座)
※LECは別売テキスト購入が必要なので、講座価格(税込434,700円)+テキスト価格(税込33,000円)を表示

価格表示している講座のコースは次のとおりです。
・スタディング:司法書士 総合コース[2021+2022年度試験対応]
・アガルート:司法書士試験|2021年合格目標 入門総合カリキュラム
・資格スクエア:【2021年向け】初学者向け合格フルパック(Web教材のみ)
・クレアール:合格ルート超短期コースWeb通信
・伊藤塾:2022年合格目標 司法書士入門講座 本科生プラス 秋冬コース
・LEC:2022年合格目標:新15ヵ月合格コース<秋生>スタンダード イン+アウト一括 通信

 

大手予備校のLECや伊藤塾と比べると1/2以下という圧倒的な安さです。

でも、最も安いのはオンライン学習サービスのスタディング、次いでオンライン予備校のアガルートで、資格スクエアは3番目。

スタディングは資格スクエアの1/2以下の価格設定になっています。

 

講義時間を確認してみましょう。

予備校スタディングLEC伊藤塾アガルート資格スクエアクレアール
講義時間180時間380時間400時間360時間380時間400時間

 

資格スクエアの講義時間はスタディングの2倍を超えており、アガルートよりも長くなっています。

つまり、価格と講座内容のバランスが良いのが資格スクエアの特徴で、だからこそ「価格が安い」ではなく「コスパが良い」という口コミが広まっているわけです。

 

もちろん講義時間が長いだけでなく、択一重視という司法書士試験の特徴を踏まえたカリキュラムになっています。

資格スクエアの司法書士講座

 

また、資格スクエアにはクーポンや各種割引制度があるので、利用すればさらに低価格で講座を購入できます。

 

無料体験講義でさらにお得に

資格スクエアの無料体験講座

 

司法書士講座の無料体験講義を受講すると、講座価格が30%offになるクーポンがもらえます。

無料体験するだけで初学者向け合格フルパック(Webテキストのみ、201,700円)が141,190円で購入できます。

 

2020年5月の情報です。

割引率や無料受講できる講義の内容は変更されることがあります。

 

有名講師とオンラインの使い勝手で選ぶなら

割引制度を利用する

司法書士講座で利用できるのは次の制度です。

割引制度対象割引率
他資格割宅建、行政書士、社労士などの他資格合格者20%off
乗換割他の予備校や通信講座から資格スクエアに乗り換えた人20%off
再受講割資格スクエアで学習歴のある人30%off

 

他の割引制度と併用できないことに注意してください。

例えば、無料体験講義でもらったクーポンと割引制度を同時に使うことはできません。

したがって、複数の割引制度が利用できる場合、割引率の高いもの1つだけを利用することになります。

 

合格時10万円返金保証制度

資格スクエアの合格時返金保証制度

資格スクエアの司法書士講座を受講して試験に合格すると10万円が返金されます。

201,700円の講座を受講したなら約半額が返ってくる計算です。

無料体験講義でもらった30%offのクーポンを使えば講座価格は141,190円なので、支出は約4万円のみということになります。

 

こもり
他の割引制度を利用して講座を購入しても、合格すれば10万円はもらえます。

 

実は、同じオンライン予備校のアガルートには、合格すると講座費用を全額返金+お祝い金3万円というとんでもない制度があります。

対策講座を受講して支出0どころか+3万円なんて他の予備校では考えられません。

価格もアガルートの方が安いので、価格や合格特典を重視するならアガルートがおすすめです。

 

模擬試験代金負担制度

模擬試験代金負担制度

資格スクエアでは司法書士の模擬試験は実施していませんが、他校の模擬試験を受けたときの代金を負担してくれる制度があります。

模擬試験は自分の実力や立ち位置を知るのに重要ですが、母数が少ないと後者の有効なデータが得られません。

そこで、受講生に大手予備校が実施する模擬試験を受けさせて立ち位置を把握するために、模擬試験代金負担制度を設けているのです。

 

2020年6月時点で、代金を負担してもらえるのは模擬試験2回分です。

3回目以降は実費になるので注意してください。

 

看板講師の評価が高い

口コミ

Twitter
三枝りょう講師の講義分かりやすすぎる!


Twitter
今年から資格スクエアの講座を受講してるんだけど、同じ内容なのに講師でこうも教え方が違うのかと驚く。

三枝講師の教え方が神過ぎて…

 

資格スクエアの司法書士講座の看板講師は三枝りょう先生です。

資格スクエアの三枝りょう先生

出典:資格スクエア

 

三枝先生は18年以上の講師経験があり、口コミ評判でも圧倒的に人気の講師です。

LECやクレアール、小泉司法書士予備校時代から手腕を発揮されていましたが、資格スクエアに移ってからは看板講師としてさらに評価を高めています。

三枝先生の講義は初学者から再受講者まで分かりやすいと人気が高く、講師を理由に講座を選ぶ人もいるほどです。

 

資格スクール大栄の司法書士講座本講義にも採用されているところからも、三枝先生の凄さが分かります。

資格スクエアの三枝先生の講義

出典:資格スクエア

 

ただし、万人受けする講師は存在しません。

どれだけ人気があっても「自分に合わない」講師の講義を聴くのは苦痛ですし、学習効率も下がります。

まずは無料体験講義を受講して相性を確認してみてください。

 

有名講師とオンラインの使い勝手で選ぶなら

複数の端末で視聴できる

口コミ

ブログ
資格スクエアのオンライン講義はPC以外にも対応しています。

PC視聴が基本ですが、タブレットやスマホでも快適に視聴できます。


Twitter
勉強したいと思ったときに手元にあるデバイスで簡単に勉強を始められるのが良い。

 

資格スクエアの講義は全てPC以外のデバイスにも対応しています。

PCでの視聴を基本に設計されていますが、タブレットやスマホでも視聴することができます。

ネット環境さえあれば職場でも外出先でも利用できますし、自宅でもPC以外で視聴することが可能です。

 

通学メインの予備校にもPC以外で視聴できる通信講座はありますが、視聴しやすさや操作性では資格スクエアには及びません。

 

ただし、スマホ視聴の快適さや使い勝手という点においてはスタディングが優れています。

スタディングのオンライン講義は「スマホで快適に利用できること」を重視して設計されており、スマホ視聴に最適化されているからです。

講義も「スライドに重要事項を表示して講師が説明する」というスマホ視聴に適した形式です。

 

したがって、スマホ学習を中心にするつもりならスタディングが第一候補となります。

 

「講義を聴く」学習ができる

口コミ

ブログ
資格スクエアは音声ダウンロードが有料オプションになっていますが、オンラインで音声のみ聴く機能があります。

ネット環境は必要ですが、動画と比べると容量が少なくて済むので外出中などは重宝しています。


Twitter
ボタン一つで聴講に切り替えられるのは便利!

 

資格スクエアのオンライン講義は、視聴中に音声のみに切り替えることができます。

電車内や移動中など動画を見れない状況で音声のみに切り替えれば、データ通信量が節約できます。

家事育児で忙しくても、「講義を聴きながら」他の作業を続けることが可能です。

 

こもり
資格スクエアは音声ダウンロードが有料ですが、音声切り替えを利用すればダウンロードを似た使い方ができるようになります。

 

オンライン機能が充実している

口コミ

ブログ
資格スクエアの講義はオンライン機能がとにかく充実しています。

通学メインの予備校の通信講座と比べると雲泥の差で、オンラインメインを考えているなら資格スクエア一択です。


Twitter
資格スクエアの司法書士講座、機能が充実しすぎ。

講義視聴しながら同じ画面でレジュメが見れるし、講師に質問までできる。

 

オンライン予備校だけあって、資格スクエアの講座はオンライン機能が充実しています。

  • オンラインレジュメ
  • 条文リンク
  • 講義中に質問
  • 問題演習
  • 論証集
  • 単語帳

 

オンラインレジュメ

資格スクエアのオンラインレジュメ

出典:資格スクエア公式サイト

 

資格スクエアのオンライン講義では、右側にオンラインレジュメが表示されます。

講義を見ながらレジュメに目を通せるだけでなく、紙のノートのようにマーカーを引いたり付せんをつけたりすることが可能です。

レジュメに書き足した内容は保存されるので、いつでもどこでも確認できます。

 

紙のノートのように書きこむスペースがなくなったり、字が汚くて読めなかったりする心配もありません。

 

こもり
テキストを変更することもできるので、自分だけのオリジナルノートを作れます。

 

条文リンク

資格スクエアの条文リンク

司法書士講座のオンラインレジュメには条文リンク機能が搭載されています。

条文リンク機能とは、レジュメ内の条文リンクをクリックすると条文全文が表示される機能です。

司法書士試験の勉強では折に触れ条文にあたることが重要ですが、条文リンク機能があれば六法を持ち歩かなくても手軽に条文を確認できます。

 

こもり
勉強のために重いテキストや六法を持ち歩かなくて良いのは助かります。

 

講義中に質問

資格スクエアの質問

資格スクエアのオンライン講義では、視聴中に講師に質問することができます。

ふと思い浮かんだ疑問や質問をすかさず書き込めるので、後になって忘れてしまう心配がありません。

他の予備校でも講師への質問はできますが、視聴中に質問できるのは資格スクエアだけです。

 

リアルタイムで回答がもらえるシステムではありません。

基本的には録画された動画を見て学習するので、視聴中に書き込んでも回答が返ってくるまでに1週間程度はかかります。

あくまで視聴中に浮かんだ疑問や質問をすぐ質問するための機能です。

 

問題演習

資格スクエアでは3つの段階で問題演習ができるようになっています。

  1. 各講義ごとの理解度チェック
  2. 複数講義から確認テスト
  3. 科目別問題演習

講義を視聴し終えたら理解度チェックで講義の理解度を確認します。

理解度チェックは4択式になっていて、初回以降は自動的に理解度の低い問題が優先して出題されるので、効率的に知識を定着させられます。

 

一定の講義を受けた後は確認テストで理解度を確認します。

確認テストでは、各講義後の理解度チェックで理解度が低かったところを中心に出題されます。

本番と同じ読解問題形式なので、試験の出題形式に慣れるのにも役立つ機能です。

 

こもり

過去10年分の試験の問題など10,000肢以上が収録されているボリュームたっぷりの問題集ですが、スキマ時間にサクサク解けます。

通勤時間や家事育児の合間に解くのにピッタリですよ。

 

最後の仕上げが科目別問題演習です。

全講義が終わった後の総復習として、本番と同じ読解問題形式の問題が時間制限付きで出題されます。

簡単な模擬試験のような感じなので、本番に臨む気持ちで取り組むことになります。

 

進捗管理

資格スクエアの進捗管理

進捗管理とは、講義の進み具合や演習の成績などが自動的にグラフ化される機能です。

自分の立ち位置と合格ラインまでの距離も分かるので、モチベーションを維持・向上させるのに役立ちます。

 

こもり
苦手ポイントも一目で分かるので、「どの範囲を重点的にやれば良いかな」と考える手間も省けますし、学習の方向性を定めやすくなります。

 

単語帳

資格スクエアの単語帳

オンラインで単語帳を作成する機能も搭載されています。

紙媒体の単語帳と同じく表に単語、裏に解説を書き込めるようになっていて、ボタン一つで切り替え可能です。

閲覧もオンラインなのでスマホがあればいつでもどこでも単語チェック学習ができます。

 

こもり
学習の全てがオンラインで完結するので、極端な話スマホさえあればいつでもどこでも学習可能です。

 

資格スクエアの司法書士講座に向いている人

口コミ評判に基づくメリット・デメリットから、資格スクエアの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • コスパの良い司法書士講座を受講したい人
  • スキマ時間を活用して勉強したい人
  • 三枝先生の講義を聴きたい人

 

価格ではスタディングやアガルートに及びませんが、講義時間や内容の充実度を含めてみると、資格スクエアの司法書士講座はコスパが非常に高いです。

また、オンライン講座なので場所や時間を選ばずに学習しやすいですし、ちょっとしたスキマ時間も活用できます。

そのため、忙しくてPCの前に座ってジックリ学習する時間がない人に向いています。

 

また、司法書士講座のカリスマである三枝先生の講義が聞き放題というのも大きなメリットです。

三枝先生がカリスマたるゆえんは分かりやすく熱意のこもった講義にあり、講義スタイルが好きなら資格スクエアの受講をおすすめします。

「受講したことがないから良さが分からない」という人は、まず無料体験講義を受講してみてください。

 

有名講師とオンラインの使い勝手で選ぶなら

初学者でも問題なく勉強できる

司法書士は合格率3%前後の難関資格です。

「初学者じゃムリ」と思って学習する前から諦めてしまう人が多いほど、一般的にはハードルが高いと思われています。

でも、資格スクエアの講義は法律初学者が合格を目指せるように設計されており、効率よく学習すれば初学者から合格を勝ち取ることは十分に可能です。

 

こもり
私も法学初心者だったので最初は戸惑いましたが、1年と少しで合格できました。

 

こんな人には向かない

資格スクエアの司法書士講座はコスパが良くすぐれた講座ですが、万人受けするわけではありません。

 

例えば、スマホ学習をメインに考えている人は、資格スクエアよりもスマホ学習に特化したスタディング
が向いています。

また、合格の自信があり費用をかけたくない人には、全額返金やお祝い金制度のあるアガルート の方が良いでしょう。

 

通学メインの予備校が良いとなると資格スクエアでは希望はかないません。

伊藤塾やLECなど大手予備校を検討することになります。

 

この記事は資格スクエアの講座に限って書きましたが、司法書士講座は他にもたくさんあります。

複数の講座を調べて慎重に選ぶようにしましょう。

 

「司法書士 予備校 おすすめ」「司法書士 予備校 ランキング」と検索すると、特定の予備校をおすすめする記事がいくつも出てきます。

また、「資格スクエア 司法書士講座 評判」だと、資格スクエアをべた褒めする記事が上位表示されます。

でも、司法書士試験を受けるのはあなた自身です。

他人の評価を収集するのは良いとして、鵜呑みにするのは避けてください。

私の記事も同じです。

判断材料の一つとして読み、他の情報と照らし合わせて講座を選ぶようにしてください。

 

資格スクエアの司法書士講座のまとめ

口コミ評判を示しながら、資格スクエアの司法書士講座のメリットとデメリットをまとめました。

スタディング(STUDYing)内容
メリット
  • コスパが良い
  • 看板講師の評価が高い
  • 複数の端末で視聴できる
  • 「講義を聴く」学習ができる
  • オンライン機能が充実している
デメリット
  • 製本テキストが別料金で高い
  • 音声ダウンロードが有料
  • 記述講義が短い
  • 答練がない

 

メリットとデメリットを踏まえると、資格スクエアの司法書士講座に向いているのは次のような人です。

  • コスパの良い司法書士講座を受講したい人
  • スキマ時間を活用して勉強したい人
  • 三枝先生の講義を聴きたい人

 

まずは無料体験講義を受講してみて、あなたに合うかどうかチェックしてみてください。

有名講師とオンラインの使い勝手で選ぶなら