スタディングとフォーサイトを徹底比較!オンラインが優秀なのはどっち?

スタディングとフォーサイトの比較
・スタディングとフォーサイトの比較結果
・あなたに向いている通信講座

 

自宅学習の人気が高まるなかで注目されているのがスタディング(STUDYing)とフォーサイト(foresight)です。

2校とも低価格や勉強の手軽さが口コミで評判になっており、受講者が増え続けています。

一方で、どっちも人気講座なので「選べない」という人も少なくありません。

 

この記事では、スタディングF2191961 c(STUDYing)とフォーサイトE2336J.K53329W(foresight)を比較します。

 

この記事は、行政書士司法書士予備試験などの予備校をリサーチした結果に基づいて書いています。

 

\公式サイトをチェック/

F2191961 c

 

\公式サイトをチェック/

E2336J.K53329W

スタディング(STUDYing)とフォーサイト(foresight)とは

スタディング講座を視聴するパソコン

まず、スタディングとフォーサイトの基本情報を確認しておきます。

すぐ比較結果を知りたいという人は、目次から比較結果の項目に移動してください。

 

スタディング(STUDYing)とは

スタディング

スタディング(STUDYing)とは、資格の対策講座を取り扱うオンライン通信資格講座です。

価格の安さや手軽さが口コミで評判になり、代表的なオンライン学習サービスの一つとして知られるようになっています。

「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」というコンセプトどおり、スマホ一つで勉強が完結するのが大きな特徴です。

 

司法試験・予備試験や司法書士などの難関資格の勉強がスマホ一つで完結するのは、スタディングくらいです。

 

メリット デメリット
  • スマホだけで学習できる
  • スキマ時間を有効活用できる
  • オンライン学習の使い勝手が抜群
  • 効率化に役立つ機能が豊富
  • 講義時間が少ない
  • 講師に質問できない
  • 論文問題の添削指導がない

 

\公式サイトをチェック/

F2191961 c

フォーサイト(foresight)とは

フォーサイト

フォーサイト(foresight)とは、資格の対策講座を取り扱う通信講座サービスです。

1993年のサービス開始時は通学メインの予備校でしたが、現在は通信講座がメインになっています。

2018年にはオリコンで宅建通信講座のランキング1位を獲得するなど実績があります。

 

メリット デメリット
  • 実績がある
  • 質問サービスがある
  • 視聴期限がなくオフラインで視聴できる
  • 基礎講義は丁寧で分かりやすい講義が多い
  • 過去問や応用問題が使いにくい
  • テキストの内容が薄い
  • 講義の質にばらつきがあり、質の低い講義もある

 

\公式サイトをチェック/

E2336J.K53329W

スタディング(STUDYing)とフォーサイト(foresight)の比較

スタディングとフォーサイトの比較

スタディングとフォーサイトの比較項目は次のとおりです。

項目 内容
講座数 講座の数
会員数 会員の数
価格 料金システム、コスパ
オンライン オンラインの使い勝手
サポート サポート体制
初心者へのおすすめ度 通信講座の初心者におすすめできるか

 

講座数

スタディング フォーサイト
26 17

講座数はスタディングの方が多くなっています。

 

スタディングの講座一覧です。

スタディングの有料講座

 

フォーサイトの講座一覧です。

フォーサイトの講座一覧

 

スタディングとフォーサイトの両方にある講座と一方にしかない講座を確認しておきましょう。

スタディング フォーサイト
中所企業診断士
技術士
販売士
危険物取扱者
宅建
マンション管理士/管理業務主任者
賃貸不動産経営管理士
建築士
通関士
旅行業務取扱管理者
診療報酬請求事務能力認定
年金アドバイザー
司法試験・予備試験
司法書士
行政書士
社会保険労務士
弁理士
ビジネス実務法務検定試験®
知的財産管理技能検定
個人情報保護士
税理士
簿記
FP
外務員(証券外務員)
ITパスポート
基本情報技術者
コンサルタント養成講座
データサイエンティスト基礎講座
公務員
裁判所事務菅
TOEIC®TEST対策
インテリアコーディネーター

 

スタディングは、司法試験・予備試験など難関資格の取り扱いが多くなっています。

フォーサイトは、行政書士など法律系の視覚の取り扱いはありますが、ビジネスや不動産関連の資格講座が多めです。

 

会員数

スタディング フォーサイト
10万人以上 30万人以上
会員数はフォーサイトが圧倒的に多いです。

 

ただし、サービス開始年はフォーサイトが1993年、スタディングが2008年(改称前の通勤講座の開始年)となっています。

スタディングは通勤講座からの改称後に会員数が伸びており、2021年に10万人を突破した後も伸び続けている状況です。

フォーサイトの方が多い状況に変わりはありませんが、確実に差は縮まっています。

 

価格

スタディング フォーサイト

スタディングもフォーサイトも、好きな講座を購入して利用する買い切り型です。

購入価格が高めですが、月額制のように毎月料金を支払う必要がありません。

 

スタディングとフォーサイトの両方が開講している講座の価格です。

スタディング フォーサイト
中所企業診断士 57,900円

(1次2次合格セット)

61,800円

(1次合格セット)

危険物取扱者 4,500円 23,800円
宅建 18,500円 56,800円
マンション管理士/管理業務主任者 36,800円 56,800円
行政書士 59,800円 104,800円
社会保険労務士 75,000円 109,800円
簿記 19,980円

(2級3級セット)

37,800円

(2級3級セット)

FP 29,980円

(2級3級セット)

56,800円

(2級3級セット)

ITパスポート 5,980円 14,800円
公務員 59,800円 18,800円

(一般知能)

フォーサイトの公務員試験講座は一般知能のみ対応しています。

 

講座の価格が安いのはスタディングです。

フォーサイトと比較すると1/2~1/3の講座もあり、かなりお得感があります。

キャンペーンや割引クーポンを利用すればさらに安く購入することができます。

 

ただし、フォーサイトはスタディングよりもセールを頻繁に開催しています。

セール期間中なら、スタディングに近い価格で受講できることもあります。

 

フォーサイトの教育訓練給付

フォーサイトが開講している講座の一部は、一定の条件を満たすと教育訓練給付制度(一般教育訓練)が適用されます。

教育訓練給付制度(一般教育訓練)とは、条件を満たした方が、厚生労働大臣が指定する講座を受講し、修了した際に、
修了までに支払った学費の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付される制度です。

引用:フォーサイト公式サイト

 

フォーサイトの講座を修了した後にハローワークに申請することで、講座購入にかかった費用の20%が給付されます。

詳しい条件はハローワークで確認できます。

 

教育訓練給付制度の対象となるのは、次の講座です。

  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 宅建
  • FP(2級)+AFP
  • 簿記検定
  • マンション管理士・管理業務主任者
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 通関士
  • 旅行業務取扱管理者
  • A・F・T色彩検定
  • 東商カラーコーディネーター検定

 

教育訓練給付制度の申請する流れは、次のとおりです。

  1. 講座申込時に「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」を利用することを伝える
  2. フォーサイトから教材と制度利用に関する書類を受け取る
  3. 必要書類と身分証明書をフォーサイトに提出する
  4. 受講する
  5. 受講を修了する
  6. ハローワークで給付金申請手続きをする
  7. 受給する

 

講座を申し込む段階で制度利用を申し出ておく必要があります。

また、フォーサイトのeラーニング「道場破り®」の「確認テスト」全てで80点以上の得点をすることが条件です。

 

条件は厳しいですが、受講料の20%が給付されるのは大きいです。

対象講座を受講する場合は、講座を申し込むときに忘れずに申し出ておきましょう。

 

スタディングは合格お祝い金

スタディングの講座は教育訓練給付制度の対象外ですが、独自に合格お祝い金という制度を設けています。

スタディングの対策講座を受講した後に試験に合格すると、講座ごとに決まった金額がキャッシュバックされる制度です。

 

対象講座と給付金の金額は次のとおりです。

スタディング 合格お祝い金
中所企業診断士 10,000円
技術士 10,000円
販売士 3,000円

(2級のみ)

危険物取扱者 2,000円

(Amazonギフト券)

宅建 5,000円

(Amazonギフト券)

マンション管理士/管理業務主任者 マンション管理士:5,000円

管理業務主任者:5,000円

(Amazonギフト券)

賃貸不動産経営管理士 3,000円
建築士 10,000円
司法試験・予備試験 司法試験:10,000円

予備試験:10,000円

司法書士 総合コース:10,000円

記述式対策コース:5,000円

行政書士 10,000円
社会保険労務士 10,000円
弁理士 10,000円
ビジネス実務法務検定試験® 3,000円

(2級のみ、Amazonギフト券)

知的財産管理技能検定 5,000円

(2級のみ、Amazonギフト券)

個人情報保護士 2,000円
税理士 10,000円

(受講科目ごと)

簿記 3,000円

(2級のみ)

FP 5,000円

(2級のみ/Amazonギフト券)

外務員(証券外務員) 3,000円

(1種・2種/Amazonギフト券)

ITパスポート 3,000円

(Amazonギフト券)

基本情報技術者 5,000円

(Amazonギフト券)

公務員 10,000円

 

お祝い金はキャンペーンの一環として実施されており、金額や対象講座は頻繁に変わります。

スタディングの公式サイトで簡単に確認できるので、こまめにチェックしておきましょう。

 

スタディングのキャンペーンは1ヶ月ごとに変わり、お祝い金の有無や金額も変動します。

クーポンの有無や割引率も踏まえて最もお得に購入できるタイミングを見極めることが大切です。

 

スタディング 割引クーポンとキャンペーン【2021年最新版】

 

合格特典は、アガルートの行政書士講座が最も豪華です。

合格すると、全額キャッシュバックまたはお祝い金がもらえます。

 

オンライン学習

スタディング フォーサイト

 

フォーサイトは、「道場破り®」や「ManaBun」を利用した最先端のオンライン学習システムを取り入れています。

申し込んだ講座に応じて講義、テキスト、確認テスト、単語カードなどをオンラインで利用でき、学習がオンラインで完結します。

専用のスタジオで撮影した講義は画質・音質ともに高く、オンライン講座の中で最高レベルです。

 

スタディングもオンライン学習に特化したサービスです。

講義動画はストリーミング再生、テキストもWebテキストなので、オンライン上で学習が完結します。

スマホ学習を前提に設計されているので、パソコンがなくてもスマホ一つで快適に学習することができます。

 

重要な項目が書かれたスライドを見ながら講師の説明を聞くという講義形式なので、外出先やスキマ時間でも「見て学ぶ」ことが可能です。

スタディングの主な機能は次のとおりです。

  • Webテキスト
  • 検索機能
  • メモ機能
  • マイノート機能
  • スマート問題集
  • 問題横断復習機能
  • 暗記ツール
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 勉強仲間
  • アプリ

 

サポート

スタディング フォーサイト
なし あり

 

スタディングには講師に質問できる窓口がありません。

難関資格の対策講座を取り扱うオンライン予備校などには必ずあるサービスですが、スタディングにはありません。

 

画面の使い方やアプリのダウンロード方法など、操作に関する質問ができる窓口はあります。

 

一方のフォーサイトにはメールで質問できるサービスがあります。

回数制限があり、回答の内容も限定的なところはありますが、行き詰まったときに質問できる窓口があるのはありがたいことです。

 

スタディングもフォーサイトも、サポート体制は手薄です。

サポートが充実している講座を選びたいなら、講師に回数制限なく質問できるアガルートの行政書士講座が有力な選択肢になります。

 

初心者へのおすすめ度

スタディング フォーサイト

オンライン学習や通信講座の初心者におすすめなのはスタディングです。

 

まず何より価格が圧倒的に安いです。

「安かろう悪かろう」を心配する人もいますが、どの講義も合格者を輩出している実績があります。

また、勉強の全てがオンラインで完結しますし、外出先でもスマホ一つで勉強できる手軽さはスタディングの大きな魅力です。

 

\公式サイトをチェック/

F2191961 c

 

\公式サイトをチェック/

E2336J.K53329W

 

スタディングとフォーサイトはこんな人におすすめ

スタディングとフォーサイトの受講者

スタディング フォーサイト
  • 難関資格の対策講座を受講したい人
  • オンラインメインで学習したい人
  • できるだけ費用を抑えたい人
  • オンラインメインで学習したい人
  • サポートを利用したい人
  • スタディングにない講座を受講したい人

価格はスタディングの方が安いです。

ただし、フォーサイトは頻繁にセールを開催しており、セール期間中はスタディング並みの安さになることがあります。

司法試験・予備試験や司法書士などの難関資格についてはフォーサイトには講座がなく、スタディングを利用することになります。

 

一方でフォーサイトは製本テキストが充実しており、書き込みながら学習したい人には向いています。

フォーサイトのテキストには合格に必要な情報が厳選して掲載してあるので、効率的に学習を進めることができます。

またフォーサイトでは、通関士や裁判所事務菅などスタディングにはない講座も取り扱っています。

 

スタディング(STUDYing)とフォーサイト(foresight)の比較のまとめ

スタディングとフォーサイトの違いは次のとおりです。

項目 スタディング フォーサイト
講座数 26 17
会員数 10万人以上 30万人以上
価格
オンライン
サポート なし あり
初心者へのおすすめ度

それぞれの特徴をもっと知りたい場合は、講座を無料体験してみてみください。

 

\公式サイトをチェック/

 

F2191961 c

\公式サイトをチェック/

E2336J.K53329W